誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    宗教

宗教

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「宗教」のブログを一覧表示!「宗教」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「宗教」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「宗教」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

▲裏・歴史▼ 石見銀山に残る隠れキリシタンの痕跡!フランシスコ・ザビエルの真の目的とは!?[ミステリー#85] ... » more
テーマ 宗教 歴史 悪魔崇拝者

モンテヴェルディ(伊1567-1643)は、バロック期初期の巨人である。聖務日課用の大作「聖母マリアの夕べの祈り」が有名であるが、この中でも、その終曲であるマニフィカトが美しい。マニフィカトは2種類作曲されていて、ひとつは7声の合唱と器 ... » more

ドゥアルテ・ロボ(ポルトガル(1565-1646)は、ヴィクトリア(西1548-1611)の影響下にあった隣国ポルトガルにおけるポリフォニーの第一人者である。 彼の「レクイエム」はヴィクトリアの「死者のためのミサ曲」に劣らず、まことに美 ... » more

ジョン・ダウランド(1563-1626)は、バードともに英国におけるルネッサンス音楽の代表的作曲家である。主にリュート曲が中心。とりわけ有名なのが、「涙のパヴァーヌ(Lacrimae)」で、世俗歌「Flow my tears(流れよ我が ... » more

ヤン・ピーテルスゾン・スヴェーリンク(蘭1562-1621)は、17世紀初頭のオランダのアムステルダムの旧教会のオルガニストで、即興の名手とし、北ヨーロッパにその名を知られていた作曲家。バロック鍵盤音楽の書法を開発し、その後展開するド ... » more

地元麻生津小学校の生徒がお寺で学習 地元の小学生の地域学習ー お寺は何をするところ? お寺にはお休みあるの? お経の数は? 子どもたちは次々と質問。。。 副住職和道さんは分かりやすく説明してくれました。 ... » more
テーマ 宗教

カルロ・ジェズアルド(伊1560-1613)は、モンテヴェルディと並ぶイタルア・マドリガーレの代表的作曲家。妻と愛人を殺害した痛苦の人生を送った人のようである。ミゼレーレMiserereというのは、部下を戦場に送りその妻を奪うという ... » more

ルーカ・マレンツィオ(伊1553-1599)は、ルネッサンス末期のイタリアの作曲家でマドリガーレの大家として知られる。マドリガーレは、16世紀初頭からイタリアで現われた形式で、自由詩にあわせたメロディがポリフォニーで作られる。ヴィラ ... » more

26 また、イエスは言われた。「神の国は次のようなものである。人が土に種を蒔いて、 27 夜昼、寝起きしているうちに、種は芽を出して成長するが、どうしてそうなるのか、その人は知らない。 28 土はひとりでに実を結ばせるのであり、まず茎、次に ... » more
テーマ 宗教 説教

トマス・モーリ(Thomas Morley英1557-16029) は、ジョン ウイルビー(Jhon Wilbye 英1575-1638)、トーマス・ウィールクス(Thomas Weelkes英1576-1623)とともに ルネッサンス音楽 ... » more

戦国時代とイエズス会(字幕付き) 豊臣秀吉文書集 3: 天正14年~天正16年吉川弘文館 Amazonアソシエイト by 沈黙 (新潮文庫)新潮社 遠藤 周作 Amazonアソシエイト by 沈黙 -サイレンス-(字幕版)2017-07-12 ... » more
テーマ 宗教 歴史 悪魔崇拝者

アッレーグリ(伊1552-1652)「ミゼレーレ」は、パレストリーナの「教皇マルチェルス」とともにヴァチカンのシスティーナ礼拝堂に鳴り響いていたといわれ、その典礼でしか聞くことのできない秘曲だったそうである。その秘曲を、ローマを訪れた ... » more

長い道のりだった。しかし峠は過ぎて、やっと頂上にたどり着いた感じがした。やっと落ち着ける教会に巡り合ったのである。牧師先生もよかった。聖書の学びは楽しいし、説教も興味持てた。今までの運の悪い巡りあわせが嘘のようである ... » more

ジョバンニ・ガブリエル(伊1553-1612)は、ルネッサンスからバロックへの過渡期に、分割合唱、通奏低音などによる作曲をした人。聖マルコ寺院における宗教曲集「サクラ・シンフォニア集1,2」が、当時のドイツのハスラー、シュッツ、M.プ ... » more

BlueBloomBlog龍神・天狗・稲荷の憑依特徴
セクハラしても大丈夫な人がいるのに、セクハラで破滅する人もいますし、威張って怒鳴りちらしても大丈夫な人がいるのにパワハラで破滅する人もいます。これはなぜかというと、人間の系統が違うからであります。天上レベルの神様には ... » more
テーマ 宗教 誰もついていけないBLOG 魔術  コメント(6)

レヒナー(独1550-1606)ハスラー(独1562-1612)はルネッサンスからバロック移行期のドイツの重要な作曲家である。ルネッサンス期は、音楽の後進国だったドイツが、ルターの宗教改革とともに新たな歩みを始めた。ルターは<万人司祭>の理 ... » more

ヴィクトリア(西1548-1611)のレクツイオ「我が心は生活に疲れたり」は、ヨブ記10章1−7節から歌詞が採られている。レクツイオというのは、朗読に曲をつけたものである。 聖務日課でヨブ記が歌われるというのは、結局は、自分のために ... » more

1:詩編/059編【指揮者によって。「滅ぼさないでください」に合わせて。ダビデの詩。ミクタム。サウルがダビデを殺そうと、人を遣わして家を見張らせたとき。】 58編と同様に「滅ぼさないでください」という曲調の名前と考えられるものが付加 ... » more

ここで断っておきたいのは私は全ての牧師先生のことを申しているのではない。一部の牧師先生である。私は牧師先生の説教がとても退屈である。本当の意味で、聞く者のためになるとは思われないことがある。大学の学問はこれがあまりに ... » more

ヴィクトリア(西1548-1611)は、ルネッサンス期スペイン最大の音楽家。教会音楽家でミサ曲のほかにも、「アベマリア」をはじめ印象深いモテトゥスが数多くある。「死者のためのミサ曲」は、皇帝マクシミリアン2世の皇后マリア(フェリペ二 ... » more

実際に教会に行ってみると大変驚く。始めて教会に行っても新来者はどう扱っていいのかわからない、といった態度で接しられる。おもてなし、などないのである。ほとんど相手にもしないでほんの少しだけの社交辞令を述べ、それが終わるとこちら ... » more
テーマ 宗教 人間

私は玉川平安教会、に通っていたことがある。この教会の不祥事にはほとほとあきれ果てている。東京神学大学卒業の牧師先生が、なぜあのような振る舞いをしたのか。教会は牧師先生たちと信者が裁判で争ってしまって滅茶滅茶である。血みどろの ... » more
テーマ 宗教 友人

バード(英1543-1623)の代表作は、「3声のミサ」[4声のミサ」[5声のミサ」である。いずれも余計な装飾がない端正な曲ばかりである。あまりにも完璧なハーモニーでただただ聞き従う以外にないような面もあるが、音と音が組み合わさって ... » more

キリスト教徒に悩みを打ち明けるといつもお説教をされ、叱られ、たまらない気持ちになる。人に叩かれた話では、聖書では、右の頬を叩かれたら左の頬も差し出せ、と書いてある。友人の裏切りのことを話すと、人を裁くな、と聖書には書いてある ... » more
テーマ 宗教 友人

「われらの力の神に向いて喜び歌い Sing joyfully unto God」 (詩篇第81編) は、W.バード(英1543-1623)の礼拝用アンセムのひとつ。アンセムとは、イングランド国教会の礼拝(サービス)のなかの短い合唱曲のことで ... » more

一人一人に存在の意味がある 献身的な奉仕の心に目覚めた、一握りの誠心誠意の人物が現れる必要があります。その人たちによって、多くの難問解決の道が開かれ、暗闇に光を灯す糸口がつかめるでしょう。が、そのためには、その人たちは “我” を超え、 “宗派” を超え、 “ ... » more

W.バード(英1543-1623)は、ミサの名曲があるが、コンソート・ソングの作曲者としても素晴らしい。コンソート・ソングというのは、ヴィオールの合奏(コンソート)の伴奏を持つ独唱、または2重唱の歌曲であるが、「清らかな英国半島Fai ... » more

イエス様は、神の子であり、天の父から、私たち人間を救い、父なる神様の御栄光を表すためにこの世に来てくださって、十字架に架けられて殺され、三日目に復活されて、天に昇られ、父なる神の御もとにお帰りになりました。このイエス様を私たちは、私たちの救 ... » more
テーマ 宗教 説教

 

最終更新日: 2018/09/24 09:16

テーマのトップに戻る