誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    宗教

宗教

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「宗教」のブログを一覧表示!「宗教」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「宗教」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「宗教」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

実際に教会に行ってみると大変驚く。始めて教会に行っても新来者はどう扱っていいのかわからない、といった態度で接しられる。おもてなし、などないのである。ほとんど相手にもしないでほんの少しだけの社交辞令を述べ、それが終わるとこちら ... » more
テーマ 宗教 人間

私は玉川平安教会、に通っていたことがある。この教会の不祥事にはほとほとあきれ果てている。東京神学大学卒業の牧師先生が、なぜあのような振る舞いをしたのか。教会は牧師先生たちと信者が裁判で争ってしまって滅茶滅茶である。血みどろの ... » more
テーマ 宗教 友人

バード(英1543-1623)の代表作は、「3声のミサ」[4声のミサ」[5声のミサ」である。いずれも余計な装飾がない端正な曲ばかりである。あまりにも完璧なハーモニーでただただ聞き従う以外にないような面もあるが、音と音が組み合わさって ... » more

キリスト教徒に悩みを打ち明けるといつもお説教をされ、叱られ、たまらない気持ちになる。人に叩かれた話では、聖書では、右の頬を叩かれたら左の頬も差し出せ、と書いてある。友人の裏切りのことを話すと、人を裁くな、と聖書には書いてある ... » more
テーマ 宗教 友人

「われらの力の神に向いて喜び歌い Sing joyfully unto God」 (詩篇第81編) は、W.バード(英1543-1623)の礼拝用アンセムのひとつ。アンセムとは、イングランド国教会の礼拝(サービス)のなかの短い合唱曲のことで ... » more

一人一人に存在の意味がある 献身的な奉仕の心に目覚めた、一握りの誠心誠意の人物が現れる必要があります。その人たちによって、多くの難問解決の道が開かれ、暗闇に光を灯す糸口がつかめるでしょう。が、そのためには、その人たちは “我” を超え、 “宗派” を超え、 “ ... » more

W.バード(英1543-1623)は、ミサの名曲があるが、コンソート・ソングの作曲者としても素晴らしい。コンソート・ソングというのは、ヴィオールの合奏(コンソート)の伴奏を持つ独唱、または2重唱の歌曲であるが、「清らかな英国半島Fai ... » more

イエス様は、神の子であり、天の父から、私たち人間を救い、父なる神様の御栄光を表すためにこの世に来てくださって、十字架に架けられて殺され、三日目に復活されて、天に昇られ、父なる神の御もとにお帰りになりました。このイエス様を私たちは、私たちの救 ... » more
テーマ 宗教 説教

BlueBloomBlog最強の祈り
祈りの習慣は重要である。祈りはリアルに神に繋がる或いは自分の良心に繋がる習慣でしょう。なぜなら、祈りは要望とか引き寄せでは出来ません。引き寄せでは、寝る前に自分が宝くじに当たったイメージをすることは可能ですが、 ... » more
テーマ 宗教 誰もついていけないBLOG  コメント(4)

コヴェントリ・キャロルとは、16世紀の英国のコヴェントリで歌われてきたクリスマスキャロルで、「ラリルラ、小さき子よ(July,july thou little tiny child)」は作者不明、「ララバイ(子守唄)」は、ウィリアム・バード ... » more

ロバートホワイト(英1538-1574)は、トーマス・タリス(英1505-1585)より少し後の作曲家で、ヘンリ8世からエリザベス1世に変わる、丁度、宗教改革によってカトリックからプロテスタントのスタイルへの変更を余儀なくされた時代の人であ ... » more

1 【指揮者によって。「滅ぼさないでください」に合わせて。ダビデの詩。ミクタム。】 2 しかし、お前たちは正しく語り/公平な裁きを行っているというのか/人の子らよ。 3 いや、お前たちはこの地で/不正に満ちた心をもってふるまい/お前たち ... » more

ラッスス(フランドル1532-1594)のレクイエムも素晴らしい。ラッススのポリフォニーには、ナチュラルな美しさがある。湧き出る泉の音をいつまでも聞いているような魅力がある。「レクイエム(5声)」は、グレゴリオ聖歌の「レクイエム」と ... » more

ラッスス(フランドル1532-1594)は、パレストリーナとともにルネッサンス・ポリフォニーの完成者といわれる人である。「音楽は神の贈り物」は6声部のモテトゥスであるが、ポリフォニーに深みがあり、調和のとれた美しい曲で、題名にふさわしい ... » more

パレストリーナ(伊1525-1594)の代表的なモテット。詩篇42、詩篇137に基づくものであるが、バビロンの捕囚など、イスラエルが破壊され、旧約の神に見放されてしまう絶望の時期の詩である。敵を倒す神はもはやいない、ひたすら苦しみをとも ... » more

出口王仁三郎の霊界物語から分かる「八岐大蛇の正体」は何?−悪徳予備校の騙し方が統一教会と同じだった ●古事記に示された「ヤマタノオロチ」という言葉とオロチの姿形から読み取れる「遠い国の赤い思想」とは何か古事記に「八岐大蛇退治」の話が出てきますが、ヤマタノオロチという化け物がいるというよりは”何かの比喩である ... » more
テーマ 宗教

この曲は、ルネッサンス後期の大作曲家パレストリーナ(伊1525-1594)の代表作。ルターの宗教改革でドイツ語による「コラール」が生まれ独自の教会音楽が育ってゆくなか、カトリックのミサの言葉が不明朗といわれた多声音楽を、言葉がよく聞き ... » more

アントニオ・デ・カベソン(西1510-1566 Antonio de Cabezon)は、モラレスなどとともにイベリア半島の大作曲家の一人。フェリペ(カール)2世に仕えた盲目の宮廷音楽家でオルガンの作曲家ある。スペインには古くからオ ... » more

トーマス・タリス(英1505-1585)は、「エレミア哀歌」で有名であるが「4声のミサ」や数々の「モテット」、「アンセム」「ミサ」が聞き応えある。バード(英1543-1623)とともに、エリザベス1世時代、カトリックから英国国教会のため ... » more

トーマス・タリス(英1505-1585)の「エレミア哀歌」は、ルネッサンス時代の英国における宗教曲の中でバードのミサ曲(3声、4声、5声)とともに特に美しいものとしてと知られる。「エレミア哀歌」は旧約聖書に出てくる預言者エレミアが、紀元 ... » more

クリストバル・デ・モラレス(西1500-1553)は、モテトゥスにおいて素晴らしい曲が多い。すべてに劇的な表現力と抑制の調和が実現されている。なかでも、「より良き生活のうちに」「羊飼いたちよ、語れ」が一層心に滲み込んでくる。「より良 ... » more

最善を尽くしていると言えるだろうか あなたも他の人と同じように、果たすべき使命があって、この物質界に生まれてきたのです。時には内省の時を持つべきです。果たしてこれが自分の本当の使命だろうか。世の中を啓発する上で、少しでも役立っているだろうか。知識の蓄積を怠って ... » more

クレマン・ジャヌカン(仏1485-1558)はフランスの世俗歌謡シャンソンの作曲家であるが、言葉に鳥や動物の擬音や擬態語を取り入れるとともに、市民の日常生活を描写した歌を作り出していて、その独特でダイナミックな音の世界に圧倒される。「鳥 ... » more

ご相談 94、…夫に浮気相手から手紙…30歳代女性。パートで働く30歳代女性。子どもが2人。夫は今春、単身赴任しました。荷造りで夫のバッグを整理したところ、浮気相手からの手紙を見つけてしまいました。同僚の既婚女性で「愛してる☆ずっと ... » more
テーマ 宗教 人生案内

2018年5月1日水戸中央教会の皆様へのクリスチャントゥディ問題についての私の所見山本隆久最近、クリスチャントゥディのことが、一部、ネット上で話題となっています。教会の方々も知らないところから、本件についてお聞きになり、大変 ... » more
テーマ 宗教

1 「わたしはまことのぶどうの木、わたしの父は農夫である。 2 わたしにつながっていながら、実を結ばない枝はみな、父が取り除かれる。しかし、実を結ぶものはみな、いよいよ豊かに実を結ぶように手入れをなさる。 3 わたしの話した言葉によって ... » more
テーマ 宗教 説教

1 【指揮者によって。「滅ぼさないでください」に合わせて。ダビデの詩。ミクタム。ダビデがサウルを逃れて洞窟にいたとき。】 サムエル記上24章に、ダビデがエンゲデイの要害に隠れていたことが書かれています。洞窟に隠れていたダビデのところへ、 ... » more

ゴンベール(フランドル1495-1560)は、ジョスカン・デ・プレの弟子であり、ジョスカンより不協和音などを積極的に取り入れた複雑なポリフォニを作っている。モテット「ムーサたちよ嘆け」は、ジョスカンの追悼曲で不協和音などの効果がよく現れ ... » more

ジャン・レリティエル(仏、伊1480-1552)はジョスカン・デプレの弟子である。彼のモテトゥス「ニグラ・スム」は、パレストリーナが、それをもとにパロディミサ「ニグラ・スム」として作曲していることから、注目されいるのであるが、レリティエ ... » more

W.コーニッシュ(英1465-1523)ルネッサンス初期のヘンリー8世時代の傑出した作曲家。このような美しい曲が、この時代になぜ作られたのかと思われるほど印象深い。特に「ああロビン」は有名で不思議な音がする曲であるが、それに劣らず ... » more
テーマ 宗教 音楽

 

最終更新日: 2018/08/18 08:14

テーマのトップに戻る