誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    宗教

宗教

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「宗教」のブログを一覧表示!「宗教」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「宗教」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「宗教」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

ピエール・ド・ラ・リュ-(フランドル1460-1518)は、オブレヒトなどとともにジョスカン・デ・プレの同時代者。彼の「レクイエム」は、オケゲムのレクイエムに続く古いポリフォニーのレクイエムである。この曲は、まるで死者を柔らかく包ん ... » more

1 【マスキール。アサフの詩。】マスキールの意味は不明です。「悟る、分別がある」という動詞の分詞形だそうです。アサフは、ダビデ時代の神殿に仕えていたイスラエルの歴史の中でも屈指の賛美指導者(参照:I歴代誌6:39、II歴代誌29:30、 ... » more

yukusu40ガリレオ2 - 第1話/まとめ・感想
http://kusuyama42.amebaownd.com/posts/5284694/ ... » more

ヤコブ・オブレヒト(フランドル1450-1505)は、ジョスカン・デ・プレの同時代者で、イザーク、ラ・リューなどとともに活躍。オランダのユトレヒトでオブレヒトが楽長をしていたとき、高名なユマニストのエラスムスが少年聖歌隊員として歌ってい ... » more

イザーク((フランドル、1450−1517)は、ジョスカン・デ・プレと並び立つ実力派でである。シャンソンなどのほかに宗教音楽でも「使徒のミサ」や重厚なモテトゥスで聞くものを圧倒する。モテトゥス「至高なる羊飼いよ」などは、重厚な中にも ... » more

イザーク((フランドル、1450−1517)は、デ・プレと並び立つ大家である。「インスブルックよ、さらば」は、インスブルック冬季五輪の閉会式で歌われるなど、今も歌われていて有名であるが、「私は安楽に暮らせない」というシャンソンも、深いバ ... » more

季語は・・・神の旅曇り空 ならばゆるりと 神の旅【去年の今日】連話§ワタシの酒肴[126]ドイツ料理 ... » more
テーマ 俳句 宗教

ジョスカン・デ・プレ(フランドル、1440−1521)のシャンソン「千々の悲しみmille regrets」は、「天正の少年使節」が秀吉の前で演奏トしたとされる曲。当時スペインなどで流行、神聖ローマ帝国の皇帝カール5世が大変好きだったこ ... » more

1 モーセは、しゅうとでありミディアンの祭司であるエトロの羊の群れを飼っていたが、あるとき、その群れを荒れ野の奥へ追って行き、神の山ホレブに来た。 モーセは、エジプトの王女の子どもとして育てられますが、成人すると自分の民であるヘブライ人 ... » more

BlueBloomBlog波動を高める二つの方法
今回の記事は、自分自身の覚書として残しておきます。老化するのも、嫌な人と遭遇するのも、病気になるのも、愛する人と別れるのも人間に生まれた宿命であり、何人も避けられません。大金持ちでも絶世の美女でも避けられません。しか ... » more
テーマ 宗教 誰もついていけないBLOG 波動と引き寄せ  コメント(6)

ジョスカン・デ・プレ(フランドル、1440−1521)は、ルネッサンス音楽の最盛期の大作曲家の一人。彼の作品のなかで、とくに美しいといわれる作品。オケゲムの死を悼む曲が、オケゲムを引き継ぐデ・プレによって作られ、このように美しい5声 ... » more

ご相談 99、…幸せと感じたことがない…20代の会社員女性。今まで幸せと感じたことがありません。ずっと不幸です。名前の画数さえ大凶です。小さい頃は闘病のため好きな食べ物は禁止でした。いじめにも遭いました。大人になってからも父が借 ... » more
テーマ 宗教 人生案内

オケゲム(Johannes Ockeghemフランドル1410頃-1497)のレクイエムは、史上最古のポリフォニー・レクイエムといわれるものである。中世のあいだは死者のためのミサは、グレゴリオ聖歌によって演奏されてきたが、デュファイやオ ... » more

1 【賛歌。アサフの詩。】神はイスラエルに対して/心の清い人に対して、恵み深い。 2 それなのにわたしは、あやうく足を滑らせ/一歩一歩を踏み誤りそうになっていた。 3 神に逆らう者の安泰を見て/わたしは驕る者をうらやんだ。 4 死ぬまで彼ら ... » more

デュファイ(フランドル1400-1474)のシャンソンのなかでは、「もしも私の顔が青いなら」が、同名の彼の代表作のミサにその旋律が使われていることで有名であるが、数あるシャンソンのなかで一際印象的な旋律が、「ああ,わが悲しみ(Helas m ... » more

新潮社さんの「webでも考える人」で連載を始めました!「インドの神話世界」というタイトルです。古代神話だけでなく、現代と神話のこと、ゲームや、映画のバーフバリなど、いろいろ書いていこうと思います。ぜひご覧になってみてくだ ... » more
テーマ 宗教 神話 神話学

モテトゥス「聖霊よ、来たりたまえVeni Sancte Spiritus/創り主なる聖霊よ、来たりたまえVeni creator Spritus」 ジョン・ダンスタブル(英1390-1453)は、中世末期イギリスの最大の作曲家といわ ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

ギヨーム・ド・マショー(仏1300-1377)は、ポリフォニーの本格的なミサ曲を最初に作曲した人である。一人の作曲家がミサの通常文をすべて作曲する「通作ミサ」の最古のものがマショーの「ノートルダム・ミサ」である。古楽の黎明期であるゴシッ ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

スペイン・バルセロナ郊外のモンセラート山の黒い聖母像で知られるモンセラート修道院に伝承される14世紀の朱い写本(1399製作)には、巡礼者たちによって歌い踊られた10曲の歌が残されている。民謡や賛歌などで、単旋律、2声、4声のポリフォニ ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

まだ多声音楽の中心がフランスにあった13世紀ころに、作者不詳の「夏は来たりぬ」など6声で輪唱による世俗歌がイギリスに存在していた。音楽史上奇跡に近いといわれている。民謡風の素朴なリズムが多声で躍動する。この頃の数々のマリア賛歌の ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

スラヴ典礼はビザンツ典礼の流れをくむギリシャ正教の典礼である(スラヴ諸国において独自の民族的色彩のもとに発展したビザンツ=スラヴ典礼)。楽器を使用しない、独特の旋律をつなぎ合わせた旋法という特徴がある。大地の香りというか、海岸に打ち ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

グレゴリオなど聖歌は癒しの音楽といわれるが、何度も聞きたくなる歌というのは必ずしも多くない。繰り返し聞いたり謳いたくなる聖歌を挙げてみる。(グレゴリオ聖歌)◆サルヴェ・レジーナSalve,Regina◆来たれ,造り主なる聖霊よV ... » more
テーマ 宗教 音楽 中世

1 【ソロモンの詩。】神よ、あなたによる裁きを、王に/あなたによる恵みの御業を、王の子に/お授けください。 2 王が正しくあなたの民の訴えを取り上げ/あなたの貧しい人々を裁きますように。 3 山々が民に平和をもたらし/丘が恵みをもたらします ... » more
テーマ 宗教 説教

バッハ(独1685-1750)の「フーガの技法」は、一つの主題を複数の声部が追いかけるのであるが、そこには反行、縮小、二重、3重、鏡影、カノンなどさまざまなフーガが展開する。やや衒学的で、感覚に訴える要素を犠牲にしても、対位法の技を極限にま ... » more

バッハ(独1685-1750)のこの有名な曲は、フリードリッヒ2世がバッハに与えた主題により作曲し王にプレゼントした作品である。魅力はこの主題の旋律。この一連の作品のなかで、やはり「フルート・トラヴェルソ、ヴァイオリンと通奏低音のため ... » more

「11月6日のブログ」に書きましたが、昭和44年に結婚した時、家内のお母さんから勧められて「霊友会」に入会しました。毎年秋には各支部ごとに「弥勒山大祭」が開催され家内と参加しています。今年は11月2日(金)3日(土)に開催され家内と二人で車 ... » more

バッハ(独1685-1750)の「無伴奏チェロ組曲」は、聞けば聞くほど、いつの間にか自分の内面の声を聞いているような気分になってくる。言葉にならない音楽の言葉が語られてゆく。私はその言葉にうなずきながら聞く。6曲のすべて、前奏曲が、滑り ... » more

霊友会「弥勒山大祭」に家内と参加しました。(第一日) 「2017年11月16日のブログ」に書きましたが、昭和44年に結婚した時、家内のお母さんから勧められて「霊友会」に入会しました。毎年秋には各支部ごとに「弥勒山大祭」が開催され家内と参加しています。昨年は家内と一緒に車で参加しました。今年 ... » more

バッハ(独1685-1750)のこの曲は、誰もが一度は心酔する名曲である。パルティータ第2番のシャコンヌは、深い感動を与えてくれる。一方、ソナタも素晴らしい。第1番の2楽章フーガの始まりの部分や3楽章のシチリアーノの柔らかな響き、第 ... » more

バッハ(独1685-1750)のこの有名な「イタリア協奏曲」は、いわゆるソロと管弦楽の協奏曲ではなく、2段鍵盤(チェンバロ)による協奏曲的な形式原理を持ったソロ器楽曲である。ヴィヴァルディなどのイタリアの合奏協奏曲の作曲原理を取り入れて ... » more

 

最終更新日: 2018/12/15 09:18

テーマのトップに戻る