誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    戦国武将

戦国武将

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 戦国武将
テーマ「戦国武将」のブログを一覧表示!「戦国武将」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ
山梨県昭和町河西の石原盛之家は巨寧郡中郡筋の地侍の家柄で、十 通の貴重な文書が保存されている。石原氏の遠祖は在庁官人である豪 族:三枝氏だと言われている。 武田信虎時代に庶流:石原守種の長男:守.. » more
テーマ 戦国武将

『甲斐国志』によると、大輪寺を中心とした地域に、甘利氏の居館が あったとされる。初代武田信義の嫡子・一条忠頼は次子行忠を甘利庄 に封じ、甘利を姓として館を構え、詰城扇子平城を築いた。戦国時代、 .. » more
テーマ 戦国武将

甲斐守護武田信重の子:武田光重が金丸を称したのに始まる。中巨摩 郡八田村(南アルプス市徳永)領していたと言われ、金丸氏屋敷跡・ 長盛院がある。金丸光重→養子:一色藤次(武田一族を称することが 許.. » more
テーマ 戦国武将

山梨県市川三郷町上野(旧西八代郡三珠町上野)の歌舞伎文化公園 ・蹴裂(けさき)神社を中心とする一帯だとされる。 武田信虎の8男(9男?)・一条信龍(のぶたつ)が、一条氏を称した ことから始まる。.. » more
テーマ 戦国武将

平成27年(2015)7月21日に山梨県中央市(旧豊富村)大鳥居1621  の飯室山・大福寺にある。浅利与一墓の墓参りに行ってみた。 戦国時代、浅利与一義遠の子孫「浅利信種」は永禄11年(1568.. » more
テーマ 戦国武将

浅利与一義遠は、清和源氏義光流浅利氏となる。甲斐国西八代郡 浅利郷を本拠とした。甲斐浅利氏と分かれて出羽国比内郡(現秋田) を本拠とした出羽浅利氏の2流がある。 「弓馬四天王」は武田信光・小笠原.. » more
テーマ 戦国武将

平成27年(2015)7月21日、「曽根風土記の丘」から『下曽根氏 館』に行った。下曽根氏屋敷は現在の「実際寺」境内となっている。 かつて北を除く三方に土塁があったようであるが、現在は土塁か ど.. » more
テーマ 戦国武将

曽根昌世(そね・まさただ)」は、武田信玄と勝頼の二代に仕えた戦国 武将である。曽根昌世は箕輪城の城番もしている。曽根家は武田家11 代当主の信重の子孫に当たる。信重の長男信守は武田本家を継ぎ、15.. » more
テーマ 戦国武将

「勝山城は大部分が耕作地となっているが、わずかながら遺構が残  っている。」とスマホで調べた情報であった。余湖さんのHp には、「勝山城は、中央自動車道の甲府南ICの北東600mほど の所にある.. » more
テーマ 戦国武将

武田信玄時代に早川半兵衛が屋敷を構えた場所と伝わる。武田氏に 仕えた中尾軍役衆という武士団がいて、筆頭が早川弥三左衛門( 早川弥惣左衛門幸豊)である。弟は早川半兵衛である。天正10 年(1582.. » more
テーマ 戦国武将

勝沼氏館は、甲州市(旧東山梨郡勝沼町字御所)にあった中世の館 跡である。日川右岸の直に立つ崖である河岸段丘上にある。標高は 418mである。武田信虎の弟:武田信友は勝沼信友を名乗った。勝沼 信友.. » more
テーマ 戦国武将

慶応4年(1868)幕末の戊辰戦争で、近藤勇の率いる甲陽鎮撫隊の兵が 甲州街道を甲府城へ向けて進軍した。3月6日に大善寺の付近で西軍 と戦って敗退した。下に書いたブログの殆どの人物も 銅像になっち.. » more
テーマ 戦国武将

 
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ

テーマのトップに戻る