誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    プロヴァンス

プロヴァンス

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「プロヴァンス」のブログを一覧表示!「プロヴァンス」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「プロヴァンス」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「プロヴァンス」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

ブイヤベースとプロヴァンス・ワイン ブイヤベースですう〜ん、美味しそうカシスの白とロゼプロヴァンスのロゼと言え ... » more
テーマ プロヴァンス 名古屋ワインスクール ワインセミナー

プロヴァンス風サラダとワイン プロヴァンス風サラダカジュアルな価格帯の白・ロゼ・赤こんな色をしています{%シャンパン(ポンッ)hdeco ... » more
テーマ プロヴァンス 名古屋ワインスクール ワインセミナー

ハイライト第89回 イタリア赤1999-ワイン 左から99バローロマイネイラ00バルバレスコオデッロ99シャトーロックフォール99ティニャネッロ99ジュヴレイ・シャンベルタン99バローロオデッロブラインドの結果□が正解、○ ... » more
テーマ プロヴァンス イタリア ハイライト

ハイライト第89回 イタリア赤1999-料理 《本日の料理》☆イタリアンミートボール☆クタクタ白菜のイタリア風胡麻和え☆秋採れメークインのマッシュポテト☆焼き蓮根☆バゲット&ハイジの白いパン{%牡羊座 ... » more
テーマ プロヴァンス イタリア ハイライト

ハイライト第89回 イタリア赤1999 久々のイタリア特集00バルバレスコ99パローロ99バローロ99ティニャネッロ99ジュヴレイ・シャンベルタン99プロヴァンスワインのラベルと説明は右のアルパムか下のアドレスをクリック ... » more
テーマ プロヴァンス イタリア ハイライト

86歳とはすごい!と最初は驚きましたが、調べてみると、日本には91歳のドライバーが2人もいるそうです!さすが長寿の国・日本と誇らしげに思いたくなりますが、しかし…。タクシードライバーとしてその年まで働くことがいいことなのか、悪いことなのか。 ... » more

その時代、料金は1キロ1フランで、運転も心地良いものだった。通常、「車は少なくて、楽に道端に駐車することができたよ!」そして、客と言えば、「上流社会の人達ばかりだった。」一方で、その頃の習慣では、「彼らは目的地の前で降りることは拒否していた ... » more

臓器移植についてはいろいろな議論がなされていますが、移植することによって助からないと思われていた命が助かるのであれば大いに活用した方がいいと素人の私は思うのですが、それが全体のコンセンサスになっていないというのは、臓器の適応問題や提供者家族 ... » more

私が住んでいたストラスブールにもアルザス語という地方言語がありました。もちろんストラスブールでもほとんどの人がフランス語を話しているのですが、通りの看板をよく見てみると、フランス語との併記の形でアルザス語が記述されていたり、路面電車の駅の名 ... » more

HIVは現在のところ不治の病ですから、これを知らないうちに他人に感染させてしまうのは、傷害罪と殺人罪の間に位置するくらいに重い犯罪ではないでしょうか?HIVは感染能力が非常に弱いウィルスですから、コンドームさえつければほぼ100%感染を防ぐ ... » more

生活の中心は教会 プロヴァンスの村々 プロヴァンス紀行の後編です。火曜日にはゴルドという村でマルシェ(市場)が開かれると言うので、まずそこに車を進めていきました。リュベロン地方の村は、なぜか丘の上に築かれており、丘の一角に茶色い塊が見えてくるとそれが村。そしてその中で一 ... » more

プロヴァンス紀行 マルセイユ〜ル・カステラ マルセイユ・プロヴァンス空港。名前からしてバカンス気分を盛り上げてくれます。格安航空会社用のターミナルからメインターミナルまで3分くらい歩き、空港シャトルでマルセイユの中心部・サンシャルレ駅へ。そこから地下鉄でヨットで埋め尽くされた ... » more

日本でも最近は子供を軽々しく殺すなど信じられない事件が起こっています。また、殺人ではないのですが、10年くらい前には新潟で約10年間も監禁されて発見された女の子の事件もありましたね。同じような事件が、実は2006年にヨーロッパで起こっていて ... » more

日本でも1990年代のバブル崩壊以降から、道端で暮らす人々、もっと広く言えば貧困問題がクローズアップされるようになり、人々も、一億総中流と言われた日本にも実は貧困が存在したということを認識するようになります。小泉政権の構造改革によりこの貧困 ... » more

遺伝子組換え作物と言われると、日本ではそのプラスの面よりも、むしろマイナス面の方が強調されているような感があります。遺伝子が組み換えられた作物の人体への影響は大丈夫なのか?遺伝子が組み換えられた植物から発生する花粉が他の動植物に影響を与え、 ... » more

帰ってきた公衆トイレ/マルセイユ 街中を歩いていていきなりもよおしてきた際に、近くに公衆トイレが設置されていると便利です。まあ、日本の場合は、公衆トイレに入るのは衛生面から少し躊躇することがあり、むしろ近くの店舗に飛び込んでそこに設置されたトイレを使うことが多いですかね。私 ... » more

カマルグ湿原地帯とサント・マリー・ド・ラ・メール アルルの南10Kmから地中海まで広がるカマルグ湿原地帯。ここには野生の馬、フラミンゴ等の野鳥が生息しているという。茅葺き屋根に白い壁、カマルグ特有のとてもかわいい民家だ。ホテルとして使われているものもあるようだ。 ... » more
テーマ プロヴァンス カマルグ湿原地帯 サント・マリー・ド・ラメール

日本の農業は食料自給率が40%足らずという数値が示すように、農業従事者の高齢化や農山漁村の過疎化を背景に、斜陽産業として建設業とともにトップを走っている産業です。WTOやEPAなどに代表されるように、世界貿易が活発化し、経済学の比較優位の原 ... » more

マルティーグ_Martiguesとはどこにある? フランスの中でいちばん気に入った場所はと聞かれたら、迷わずこのマルティーグと答える。地中海とベール塩水湖をつなぐ3本の運河が通る、小さな区域がマルティーグである。ここの静かな運河と明るい太陽、そしてきれいに残された旧市街が本の表紙にぜひ ... » more
テーマ プロヴァンス ジエム美術館 マルティーグ

カルヴィッソンのブティ美術館 「で、ソレイヤード美術館」の続き。さて、ここからさらにカルヴィッソンに向けて猛ダッシュです。なにせこの日は最終的にアヴィニョンまで行かなくちゃならないのです。目的は、カルヴィッソンにある「ブティ美術館」。いいかげん1日にこれ ... » more

で、ソレイヤード美術館 「タラスコンでお昼」の続き。いよいよソレイヤード美術館....なんですが、お昼食べて玄関先についても、まだ向こうの昼休みが終わらない〜(/_T)......ので、炎天下の中、日陰を探してうろうろ。お昼食べたレストランはこのあ ... » more

とはずがたりblogタラスコンでお昼
タラスコンでお昼 「サン・テチエンヌ・デュグレへ」の続きそれにしても、やっぱりこの日も暑いです。サン・テチエンヌ・デュグレからタラスコン(Tarascon)に入りました。お昼はプロヴァンス料理、そして「プロヴァンスプリントの歴史を学ぶ」という名目 ... » more

サン・テチエンヌ・デュグレへ 「晩ご飯はマルセイユで」の続きさて、翌朝はエクスからサン・テチエンヌ・デュグレへ。ここにはレゾリバード(リゾリバード?レゾリヴァード?)のプリント工場があります。レゾリバードって「Les Olivades」なんですな。まずはここ ... » more

「エクスからちょいとアルルの町まで」の続きさて、アルルと聞くと何を連想するか。「アルルの女」@ビゼーですかね?ゴッホの同名の絵はちょっと思い出しません。なんでも「夜のカフェテラス」がアルルらしいんですが.....エクスじゃなかっ ... » more

エクスからちょいとアルルの町まで 「エクス・アン・プロヴァンスの町・その6」の続きさて、昼食終わってオプションでアルルへ出発。バスで1時間半揺られました。のどか〜な野っ原を走って、まずはどっかで見たような風景が。この橋がここらへんでは ... » more

10週間の研修を終え、今日から早速ストラスブールの学校で授業が再開しました。フランスのいろんな地域で同じように研修をしたクラスのみんなも元気そうで、学校の朝食会で会うたびに「Ton stage, ça s’est pass&e ... » more
テーマ プロヴァンス フランス ストラスブール

マルセイユへ!A レストランから出ると外はすでに暗くなっており、旧港を挟んで反対側の建物はきれいにイリュミネーションで飾られていたのですが、さらに見上げてみると丘の上に黄色く光で照りだされた教会らしき建物が建っているではないですか。あの高さであればおそらく ... » more

マルセイユへ!@ 今回の土日は、アヴィニョン滞在の最後の週末ということで、家族で南仏を代表する街、エクサンプロヴァンスとマルセイユを旅行することに。家族で盛り上ってホテルを予約して、レンタカーを予約して、いざ出発!はいいのですが、肝心の観光スポットを知って ... » more

フランスに来てから特に我々をいらいらさせるのが、役所の仕事の能率が非常に悪いということ。県庁に行って滞在許可証を頼むにしても、郵便局に行って手紙を出すにしても、いつもとは言いませんが窓口の前で長い行列が出来上がってしまっています。これは何故 ... » more

今日は待ちに待った嫁と赤ん坊が渡仏する日。嫁はどうやらHISで航空券を頼んだらしく、それによると日本からフランスまでの航空券はともかく、フランスのパリ空港で乗り継ぐ国内線についても無料で乗れるチケットを購入したそうなので(というか強制的に国 ... » more

 

最終更新日: 2019/06/14 09:29

「プロヴァンス」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る