誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    江戸時代

江戸時代

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 江戸時代
テーマ「江戸時代」のブログを一覧表示!「江戸時代」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ
安政元(1854)年 清国騒乱記
当時(現在の)唐国騒乱の次第申上げる様、お尋ねの趣承知仕る。 右は道光三十年の頃より激しく相成り、広西・広東の賊徒相集まり、洪秀全・楊秀清と申す両人張本人にて、同類次第に相増し、脇徒の者少なから.. » more
テーマ 江戸時代

真田信濃守家来 高百五十石 木挽町に住宅  蘭学者 佐久間修理 右は門弟吉田寅次郎義、下田湊にて亜米利加船に乗組み居る処、与力に見つけられ召捕られ、御吟味有る処、去年六月、浦賀へ異国船渡来の節、.. » more
テーマ 江戸時代

 近年の実証的研究が明らかにした江戸幕府の「仁政」方針 ■転送歓迎■ R03.05.02 ■ 40,147 Copies ■ 7,427,314Views■ 無料購読申込・取消: http.. » more
テーマ 江戸時代

クシュンコタンとは樺太のこと。久春古丹とも書くらしい。上陸異国人はロシア人で国境線引きを有利にするためにプチャーチンが遣わしたのかもしれない。この年の松前藩は南にアメリカ人、北にロシア人と大変だったよ.. » more
テーマ 江戸時代

嘉永7年 松前表異国人一件
日本とアメリカは嘉永7(1854)年3月、日米和親条約を結び、下田と函館の開港を約束する。そして、ペリーは条約締結後すぐ、下見として箱館に現れる。その時の混乱の様子。 亜米利加船松前箱館澗方見置.. » more
テーマ 江戸時代

異国船が渡来するようになると、各大名は「固め」として沿岸警備に駆り出される。経済的負担も大きかったようだ。木下主計頭は九州の大名。石高二万五千石。 細川越中守様御門番外様組惣横目付より御物頭へ差.. » more
テーマ 江戸時代

正月廿六日 今日浦賀館対面所へ亜米利加船将官アーダムス上陸致、御菓子幷御酒下され、此の度内海へ乗入れ仕る義は御国禁に付き、浦賀港へ乗り戻し候様申し談じた処、遠路罷越、空しく日を送るは難儀に付き、御返.. » more
テーマ 江戸時代

落語の中の言葉228「彼岸・中」
     二代目三遊亭百生「天王寺参り」より  前回に続き、江戸時代の終わり頃の彼岸の様子を見ますと、 斎藤月岑『東都歳事記』(天保九年1838)には次のように書かれています。 二月 彼.. » more
テーマ 江戸時代

大目付へ 異国船渡来の節、万一異変も及ぶ様子有らば、火消屋敷に於いて早盤木を打ち、万石以上で櫓を持つ向きも、同様盤木を以て、場末迄打継べし。右を承わらば非常の場合と心得、火の元等取締致し、詰場に罷り.. » more
テーマ 江戸時代

諸家上書
嘉永6年のペリー来航後、翌年の再来航まで老中阿部伊勢守は諸家に意見を求めている。「藤岡屋日記」にはその上書の記載がある。「諸家上書 全」とありこれがすべてなのか。寺社・町・勘定奉行の連名、尾州公、仙台.. » more
テーマ 江戸時代

落語の中の言葉227「彼岸・上」
     二代目三遊亭百生「天王寺参り」より  この上方咄は、彼岸中の天王寺さん(四天王寺)の様子を描いたものです。七日間の無縁仏の供養、引導鐘、各種の縁日商人などが出て来ます。  今日お彼岸.. » more
テーマ 江戸時代

日本渡航記(番外編)
昨日掲載した露西亜書簡に登場する使臣ボウチャチン(プチャーチン)は、渡航及び交渉記録の為副官に著名な作家を同乗させていた。イワン・ゴンチャロフ。藤岡屋日記からは外れて、彼の記した「日本渡航記」の一部を.. » more
テーマ 江戸時代

 
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ

テーマのトップに戻る