誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    思想・哲学

思想・哲学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「思想・哲学」のブログを一覧表示!「思想・哲学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「思想・哲学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「思想・哲学」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

7月10日(日)夕方6時からEテレで放送された「白熱教室JAPAN」でJ・S・ミルの「自由論」が取り上げられていた。「白熱教室JAPAN」は白熱授業で有名になったサンデル教授のように、討論を取り入れている大学の講義のドキュメントであ ... » more

ジョン・スチュアート・ミルの「自由論」(On Liberty)を先週読み終えた。200ページ少々のそれほど大著ではない本だったが、内包しているものは実に豊かだった。社会と個人の関係についてこんなに考えたことはなかった。訳は多少難しか ... » more

現在読んでいるJ・S・ミルの「自由論」が半分少々まで読み進んだ。第2章が全体の約半分を占めているが、そこで論じられているのは「思想・言論の自由」である。結論していうと、反対意見に耳を傾けること、反対意見と議論をしてどの意見がなぜ正し ... » more

先日から19世紀イギリスの思想家J.S.ミル(JohnStuartMill;1806−1873)の「自由論」(原題:ONLIBERTY、1859年)を読み始めた。先日、内村鑑三の「代表的日本人」を読み終え、次に何を読もうかなと思って ... » more

こんばんはd(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ。まさやんです。皆さんいかがお過ごしですか。私は相変わらず、ブログと日々格闘しています。ブログ運営は楽しいようですが、結構大変でもありますね。記事を書いたり、コメン ... » more

最近いろんなコミュでブログを応援しあうような光景がよく見られる。私自身もあるコミュでいろんなブロガーさんと応援しあっています。応援ってある意味実にすばらしいことだけど、それはいろんな人の気持ちが応援に込められているからこそす ... » more

ブログを書いていて非常に気にしていることがあるのですが、あまり難しく考えていたりまちがったことを絶対書いてはいけないとかこういう風に記事を書かないといけないなど規制を厳しく与えすぎると、何も文章が思い浮かばず精神的に苦し ... » more

きょうで3月が終わる。明日から4月。少し遅い春だが4月の声が近づくにつれ駆け足でやってきている。この前まで気がつかなかったが、きょう近所を歩いていたらユキヤナギが満開になっていた。白い花がかたまりになっていて美しい。モクレンの紫色の花も咲い ... » more

フリーノート誠の精神
誠の精神 他のブログでもこのブログでもいろんなところで語っているかもしれないですが、私は歴史が大好きです。中でも新撰組のいた幕末が大好きです。正しいか間違っているかは別として、誠の一文字にただひたすらまっすぐなところが本当 ... » more
テーマ 思想・哲学

きょうは終戦記念日。午後7時からのテレビ東京「池上彰の戦争を考えるSP」を観た。なぜ日本が戦争を始めたのか、その戦争はどのように展開し、どう終結したのかを簡潔に、しかし丁寧に描いていた。圧巻はボスニア・ヘルツェゴビナのサラエボを池上氏が ... » more

鳩山政権発足、おめでとうございます。入閣した方々がひな壇に並ぶ姿を見て、味わったことがない感慨深い思いがしました。細川政権の時に何を思ったとか全く覚えていないもので…。ああ何と新鮮なんでしょうか。浮かれることなく、謙虚にその場にたた ... » more

野良狸の巣斜め上行く改憲論 2
斜め上行く改憲論 2 長くなってしまった、ここまで(「斜め上行く改憲論1」)が前置きです。本題。斜め上行く改憲論、と題しましたのは、護憲一辺倒にしがみつくのもどうかなと私は思っていて、勿論9条を断固守るという意思表明、運動は大事なことだと思うんですが、私自身 ... » more

野良狸の巣斜め上行く改憲論 1
政権交代で結構なんですが、憲法の問題はどうなるんだろうという疑問は拭えない。社民党は恐らく、共闘を武器に、引き換えにして、改憲は許さないぞという姿勢で向かうのだろうけど、次の選挙の後、改憲の動きは否が応にも高まるだろうと思う。民主党は護憲党 ... » more

野良狸の巣人は精神の生き物だから
現代の人間が置かれている生活環境というのは、実は生きにくくて当たり前の環境なのではないだろうかと考えます。私自身が生きにくくて生きにくくて困っています。でもみんなもそうだろうと思う。不況だとか貧困だとか最近はよく使われるけれど、それでも ... » more

椎名林檎ちゃんの作る歌の歌詞には、ズバリ哲学が満ち満ちています。生きるということに対する思いが満ち満ちています。林檎ちゃんは言わばすんばらしい哲学者です。(すんばらしい音楽家であるのは勿論のこと)こんなことを椎名林檎に対して言う人が他に ... » more

野良狸の巣インフルエンザ過剰反応
いやいやいやいや。新型インフルエンザの話題全盛期ですか?いやいやいやいや。私、インフルエンザ怖くないです。まあ今は関東に及んでいないという話だからというのもあるかもしれないけれど、例えこれで関東でも感染者発見!って始まっても、動 ... » more

野良狸の巣自分さえ良ければいい社会
中川(酒)氏が結局、辞任した。もうちょっと引きずるかと思っていた、これまでのパターンなら。安倍氏が首相だった頃と似た風景だなぁ、と今日思っていた。中川(酒)氏と言えば私にとっては安倍氏とセットでNHK番組改変問題に関わる人物という存在。 ... » more

野良狸の巣老いて尚働こう
首相になってから良い事無しの麻生さんですが、かつて発言していたことで私もそう思うと思っていたことが一つあります。それは、元気な老人は働こうということ(表現はちょっと違うと思いますが)。どんな意味においても良いことだと思うんです。 ... » more

優しい風にふかれてお宮参り
お宮参り お宮参り昨日お宮参りに行ってきました。額に印を刻みなんかありがたいでしょう。この輝きをいつも忘れず、私も今生の初心にかえりましょう。 ... » more

野良狸の巣盗撮行為に思うこと
女と男では、盗撮に対する気持ちが大分違うだろうと思う。ともかく、女性が被害者になる。どの女性にしろ、その危険性から逃れられない今の世の中です。私は女であるので、盗撮の被害に合う可能性はある。そしてそのことに対して普段どのように考えて ... » more

私の記憶では「実るほど頭を垂れる(こうべをたれる)稲穂かな」だと思っていました。前回のブログで調べてから載せようと思ったら実は「実るほど頭の下がる(あたまのさがる)稲穂かな」だったのです。昨日もテレビの中で「実るほど頭を垂れる稲穂かな」 ... » more

自然体で生きたいといつも思う。山口修源氏の人間改造講座を受けて、いかにそのことが大事かわかってきた。では、自然体とは?どういうことか、これもまた、私には難題である。自然そのものにも、今は温暖化が進み、異常現象が起きている。うーん自然 ... » more

優しい風にふかれてウサギのラン
ウサギのラン 以前紹介したロビンの友達のランです。いつも一緒なので、こころを許しあっているようです。そんな様子を見せてくれて、ありがとう。動物は、言葉がないけど、感情はしっかりありますよね自由 ... » more

優しい風にふかれて隣りのおじいさん
隣りのおじいさん 麦畑の持ち主からすると木は必要あり とは言い難い場所にある。私は、おじいさんの名字しか知らない。時々お茶をしたり、春に竹ノ子をいただいたりした。ある日、父の家に行く途中のお寺で、お通夜をしていた。看板にはおじいさんと同じ名字が書 ... » more

優しい風にふかれて夫婦愛って
前回につづけておじいさんの声は、本当に優しかった。その声を思い出しながらちょっと考えてみたの。いくら、表面的に愛してると思っていても、自分の欲が働いたとたん、ムカついたり、さらには喧嘩に発展してしまう。 ... » more

郵便局で自分の番を待っていたら、親しげに会話する声が耳に入った。二人のおじいさんの声は、低くゆっくり温かみを持って、辺りに響いている。「あ~どうもどうも・・・大変だったね~」「はい、お世話になりました。」「どれくらいになったかね」「 ... » more

野良狸の巣ズルは得か?
道路特定財源の話題を聞いていて。結局、政権与党の政治家、官僚、関係者、真っ黒けのけだなあと、改めて思う次第です。そんなことは日本においては小学生だってそう思っているだろうけれど。ところで。ズルをして得をするものだろうか?私は ... » more

野良狸の巣生きててなんぼ
とっても入力しづらい携帯端末からの投稿です。思いついて、書きたいと思ったので。私の父は長いこと病院に入院していましたが昨年他界しました。父が亡くなったことによって私は、人間の生死について、それ以前の時にはあまり思わなかったこと、考えなか ... » more

以前書きました「哲学が楽しい」中の、哲学者池田さんのお名前を間違って書いておりました。「昌子」さんではなくて、「晶子(あきこ)」さんなんですね。大変失礼いたしました。書いた後、だいぶしばらくしてからそのことに気づき、訂正しなくては、と思 ... » more

野良狸の巣哲学が楽しい
哲学を学んだことはありません。本も読んでません。知識はほとんどありません。でも、「哲学」らしきことを考えていることはすごく楽しいです。最近の私は政治熱が幾分か冷めてしまい(そんなことではいけないとお叱りを受けるかもしれませんけど)、その ... » more

 

最終更新日: 2016/11/24 06:28

「思想・哲学」のブログ関連商品

» 「思想・哲学」のブログレビュー をもっと探す

「思想・哲学」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る