誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    思想・哲学

思想・哲学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「思想・哲学」のブログを一覧表示!「思想・哲学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「思想・哲学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「思想・哲学」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

歴史は反復する、されど、誰もその全てを知ることは出来ない。確実なのは、人々がもつ願いが繰り返されるということ−天安門事件の人々と、反原発デモの人々を同一化しようとは考えませんが、なにか共有するものがあるはずです1、偶像崇 ... » more
テーマ 民主主義 反(脱)原発 思想・哲学

映画によるMETオペラ中継ーワグナー「ニーベルングの指輪」感想文 。私はオペラの知識がありません。ただオペラを利用して自分自身の思想のテーマを鍛え直す問題提起をしただけです。やはり、2012年日本の危機的な状況を反映した書き方となっ ... » more
テーマ ニーベルングの指輪 オペラ 思想・哲学

<METオペラの映画中継、ワグナー指輪「ジーグフリード」の感想>「ジークフリート」は、北欧神話に依拠した物語展開。シグルドリーヴァ(古エッダElder Edda)において、Odin神に反抗したため炎の環のなかで眠り続けるValkyr ... » more

アイリッシュ・アナーキストのオスカー・ワイルドは子供のとき、父の病院にきた患者達から幾千昔話を聞いた。ワイルドの父親は眼医者。治療費が払えない貧しいアイリッシュの患者たちには、息子に昔話をひとつ聞かせてやって欲しいと言いまし ... » more
テーマ オスカーワイルド アイルランド文学 思想・哲学

所有即権利。だからたとえ公的な所有でも、図書館の所有が侵害されると、ヘーゲル的には私達は自身の権利が侵害されたと怒る。他方、これとは別に、土地や物や人格との結びつきでしか所有を考えられない法意識がある。まさしく、ネオリベ橋下がこれだ ... » more

主権国家はグローバル化した情報の網目とかかわっている。もはや国内問題は存在せずだ。「吠えズラかかせてやる」と石原犬は吠えても世界中の監視を遮断できない。狂犬は非難を受けずには1ミリも動けまい。私が心配なのは中国の人々のこと。中国政府がこの尖 ... » more

<言表主体>と<言表行為の主体>との混同、取違い。「クレタ人の嘘」の例が知られる。フーコ「外部の思考」によって展開された議論がある。現実と虚構とが境なく溶け合うそんな現実を取り扱う視点となる。政治家(ヒトラー)が俳優を真似、俳優(レーガン) ... » more

「人々は服従している。言表の主体を言表行為の主体と取り違えるという特殊な状況の中でテレビを使用したり消費しているからである」。と、ドゥルーズは、テレビ司会者を指差す。"視聴者のみなさん、番組を作るのはあなたです!"。ワグナーのワルキ ... » more

日本語を教えたときこの問題に直面した。それは、日本語には、女性だけが喋る言葉、男性だけが喋る言葉があることだ。例えば、「です」の発音には男女間に違いがある。女性はdesuと言い、男性はdes-と言う。逆ではない。男性が「そうです」so- ... » more

メトロポリタンオペラによる、ワグナー指輪の映画中継がはじまった。METは、保守的といわれる。たとえば、ウエリッシュのヴォーダンは、縁日のお祭りのおもちゃみたいなピカピカ光る超豪華な指輪をはめていたが、この米国の観客の即物的嗜好に答えたリアリ ... » more

オリンピックのメイン会場は、ロンドン東部、East Endと呼ばれる地域につくられました。East Endといえば、歴史的には、シティに住むことが許されないユダヤ人達が集住する場所でした。現在、至る所スラム化している地域で、実際 ... » more

正直言って、多くの問題をかかえた今回のデモの撮影は重い足取りでしたが、一歩一歩です ... » more

ロンドンの思い出話ロンドン時代のユダヤ人の友達によると、mは古代ヘブライ文字で水蛇の形。m音で蛇を指したはずです。mimiは耳だと告げると彼は驚愕。体の一部が蛇だったとは!よし、mimiは蛇の意にしようと提案。ばんざーい、ジャパ・イ ... » more

毎週金曜日に、悪いシナリオの映画の中に生きているとばかり霞ヶ関に集まる。原発推進派的科学的良心が肩をすくめる前に、新聞はそんな「力がないもの」を無視した。「思考」と「力」。この両者は新聞と科学において互いに癒着してきた。が、市民は、「力」に ... » more

芸術は、成長する有機体である。だから、芸術としての古典芸能の価値は、国の「お宝」の如く特権化できないものだ。とくに、台所事情が苦しいのは、非商業型の現代演劇とて同じだ。古典芸能と現代演劇との間に自明の如く線引きされる公的助成 ... » more
テーマ 民主主義 反ネオリベ 思想・哲学

四年前、ロンドン・オリンピックのキャンペーンで、メダルを獲得した元選手たちが、広告塔としてテレビに出演した。医療と福祉の充実を求める声を押さえ込むためにだ。オリンピックは健康と衛生を追い出すと心配する声もあった。実際に、イギリスの医療と衛生 ... » more
テーマ 民主主義 反ネオリベ 思想・哲学

コモンとしての中之島図書館論理的に言って、たとえ、「今後自宅でゆっくりと検索、閲覧、保存が出­来る」からといっ­て、そのことが、中之島図書館のような、公の共有財産を私有化・資本化する合意を意味するわけでは ... » more
テーマ 民主主義 反ネオリベ 思想・哲学

ラカンが言うほどには、いまさら、されど<父の名>...民主主義は<父の名>によっては生存できないだろう7月17日は、父の誕生日だった。まさか、ラカンの<父の名>のつもりは毛頭も無いけれど、すこしは思い出してやろうと何気なくネ ... » more

公共PRといえば、ベートーヴェンの顔の上に「名演奏は迷(惑)演奏?」と教訓を示す、日本版文革ポスター。大きな音で周囲に迷惑をかけてませんか?と言いたかったのか?清潔で眺めのいい部屋を望むのに、現実とのズレに不快な小市民的良心の疼きか?。 ... » more

母国に安住していた免罪符を捨てる覚悟で、単独で外国に出る勇気を私は尊敬します。全体が見える外側から母国を見渡すと、自分と国とが対等であることに気づく瞬間があります。母国に自分が含まれていないわけですから。惨めでも、嘘が無い自分自身の姿を誰も ... » more

思想家というのは、頭が冷たく心が温かい。が、この全体主義的紋切型機械の方は、頭熱心冷。「人はそれぞれ多様な問題や権力関係においてマイノリティなのです」と、自身の言葉に酔う。人種・性・階級のマイノリティを、「人」という登録で中立化する ... » more

Sprechchorシュプレヒコールは独逸語で、舞台で一つのセリフを多人数が声をそろえて朗誦することで、また、集会やデモで、参加者が一斉にスローガンを唱えることを意味します。さて、毎週金曜日、首相官邸前に投入されてくる警察官 ... » more

子安宣邦氏の講演です。小田実と市民的介入をテーマに、いかに原発的体制を終わらせるか問題提起なさっています。1、小さな人間の位置から2、戦争の終え方、終わらせ方3、<政官財学報>体制と<民>配布資料 ... » more

みんな、集まっていますか!7月13日十二時総理官邸前からのビデオ手紙です。ご笑覧ください!! ... » more

4月からリニューアルして2年目に入ったEテレの「100分de名著」は、4月が「源氏物語」、5月がカフカの「変身」と、文学作品が続いたが、6月は17世紀フランスの物理学者・思想家であるブレーズ・パスカルの「パンセ」が取り上げられることになった ... » more

昨年から読んでいるプラトンの「国家」がようやく半分まで来た。原著が全10巻になっているが、何とか5巻まで読み終わった。毎日ではなく、時々思い出したように数ページずつ読むという感じなので、一向に進まないが、それでも岩波のプラトン全集第 ... » more

先月から読んでいたアランの「幸福論」を読み終えた。最初のうちは1日に2,3編(1編が3ページ前後)のペースで読んでいたが、最後は2、3日で一気に読み終えた。NHKのEテレ「100分de名著」で取り上げられたときに、解説の合田氏(明治 ... » more

アランの「幸福論」を読み始めた 先日から、フランスの哲学者アランの「幸福論」(PROPOSSURLEBONHEUR、1928年)を読み始めた。アランの「幸福論」は、ヒルティの「幸福論」、バートランド・ラッセルの「幸福論」と並んで三大幸福論といわれている。このう ... » more

NHK・Eテレの「100分de名著」(毎週水曜午後10時)、11月の名著はフランスの哲学者アランの「幸福論」だ。解説は明治大学文学部教授の合田(ごうだ)正人氏。アラン(1868−1951)はフランスのノルマンディー地方に生まれ、エコ ... » more

今月から、「プラトン全集第11巻国家」(岩波書店、1976年刊)を読んでいる。20代から30代の初めくらいのころ、世界中の主な作家や思想家の著作を全部読んでみたいと思っていた。いつの間にか、そんな夢(願望?)は消えてしまったが…。若 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/24 06:28

「思想・哲学」のブログ関連商品

» 「思想・哲学」のブログレビュー をもっと探す

「思想・哲学」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る