誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    思想・哲学

思想・哲学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「思想・哲学」のブログを一覧表示!「思想・哲学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「思想・哲学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「思想・哲学」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

野良狸の巣戦争責任者の問題
戦争責任者の問題伊丹万作最近、自由映画人連盟の人たちが映画界の戦争責任者を指摘し、その追放を主張しており、主唱者の中には私の名前もまじつているということを聞いた。それがいつどのような形で発表されたのか、くわしいことはまだ聞いてい ... » more

NHKのEテレで放送されている「100分de名著」を久しぶりに観た。2011年4月から放送が開始されたこの番組も今年で6年目となり、長寿番組の仲間入り(?)をしたようだ。今月の名著はルソーの「エミール」。「社会契約論」と並ぶルソーの代表的著 ... » more

野良狸の巣2015夏の国会前デモに対して
(末尾に音声版あります。)国会前のデモ。これに初参加する前に、私は早稲田で行われた、田原牧さん白井聡さんの講演、対談を聞きに行った。6/19(金)。そもそもデモに参加しようという思いを抱いたのは、津田大介さんが参加したの ... » more

1年余り前から読んでいたカントの「純粋理性批判」を今週読了することができた。カントはいつかは読んでみたいと思っていたが、あまりにも難解なので先延ばししてきたが、そろそろ大丈夫かと思い挑戦することにした。イマヌエル・カント(1724− ... » more
テーマ 思想・哲学

11月もあと1週間になり、今年も終わりが近づいてきた。なんか今年も仕事だけで一年が終わったという感じが強い。かといって、強烈に「これがやりたい」ということがあるわけでもないが…。先日から読んでいる、森鴎外の「渋江抽斎」とカントの「純 ... » more

駄話女性の人生、無理ゲー論
「婚期が遅れる」という言葉は今はあまり使われなくなったように思うけど、妊娠・出産に年齢の限界がある女性にとっては、人生において重要なことだと思う。大学へ進学した場合、卒業するのが22歳くらい。そこから就職して社会人になって働き出すけ ... » more

Amazonでカントの「純粋理性批判」(岩波文庫)を購入 通販サイトAmazonから哲学者カントの代表的著作である「純粋理性批判・上」(岩波文庫)を購入した。新刊で買うと945円だが、中古本で100円(プラス送料250円)という安さで購入できた。Amazonで本を購入するのはこれで2度目だ ... » more
テーマ 思想・哲学

NHKのEテレで毎週水曜夜11時から放送されている「100分de名著」は、古今東西の哲学や文学等の名著を、1回25分、4回の放送(計100分)で毎月1冊ずつ紹介するという番組だが、6月はいよいよ世界文学の最高峰、トルストイの「戦争と平和」を ... » more

ルソーの「社会契約論」を読み終えた ルソーの「社会契約論」を読み終えて10日ほど経過した。約1か月で読み終えることができたので、遅読の私としては早いほうかもしれない。内容については要約を書けるほど理解したとは言い難いのでやめることにしたいが、君主制、貴族制、民主制の違 ... » more

先日からルソーの代表的著作「社会契約論」を読んでいる。学生時代、フランス語の外書講読で原書で途中まで読み、いつか全文をフランス語で読みたいと思っているうちに40年近くがたってしまっていた。「社会契約論」(LeContratSocia ... » more

一昨年の8月に読み始めた「プラトン全集第11巻国家、他」(岩波書店刊)を先日遂にというかようやくというか読み終えることができた。あまりにも長期間かかってしまったため、読み終わる頃には前半の内容を忘れてしまったほどだ。プラトンの著作と ... » more

「反原発のドイツとイタリアから感化を受けた、、日本の反原発運動が自身を取り返す条件はなんだろうか?」についてはじめまして。書かれていること、全く同感です。大きな間違った人間を小さな無関心の人間が作り上げてしまっているやるせない側面も考 ... » more

1、ここで、緊急の問題提起。英語の国と戦争すると英語がつかえなくなったわけだが、漢字の国と戦争すると漢字がつかえなくなるのか?漱石が憂いた様に言文一致の近代文学の方向に沿って、漢文的エクリチュール性が剥ぎ取られてしまった漢字が中 ... » more
テーマ 民主主義 デリダ 思想・哲学

みんなの楽しいアルファベット(本多敬作)アルファベットは、一体何者か?軽蔑すべき奴隷だ。アルファベットは何ができるのか?なにも・・・アルファベットは何を望んでいるのか? ... » more

言葉と表現と射影のブログスイス見聞
スイス見聞1、今回旅したスイスは、私が知っていたどの国とも違うという印象を持ちましたから大変新鮮でした。ところで、アングロサクソンといえば、Vandalismバンダリズム。芸術文化の破壊行為や蛮行をいいます。ちなみに、破壊と ... » more

いまさら日本国憲法、されど日本国憲法・・・われわれの憲法を書いたのはインディアンたちである1、英語はコミュニケーションの手段に過ぎないのに、なにかアメリカとイギリスの価値観に従わなければならないとする勘違いがあります。と ... » more

文中で子安宣邦氏がひいている「溝口」とは、日本の中国研究者・溝口雄三のことです。溝口の<中国論>は、中国人研究者たちの間に一定の影響力を持ち始めているのだそうです。この溝口の<中国論>は、<多元的世界>として展開する言説です。た ... » more

THE ROUND TABLE OF TREE HERMITS by takashi honda Hermit of the wind The tiger in speed, swift to attack, ... » more

正直、台湾からもこんなに反発されると予測できなかったのでしょうか?ところで新聞は経済に関して、中国がダメなら東南アジアがあると非常に楽観的のようですが、しかし世界史を鑑みて一般的に言えることは、情報はモノによって運ばれます。そうして近代の大 ... » more

1970-1990; postmodernism is no less resistance to authority than modernism, just because it refuses utopian vision. ... » more
テーマ 歴史 ポストモダニズム 思想・哲学

反原発のドイツとイタリアから感化された、日本の反原発運動が自身を取り返す条件はなんだろうかと私なりに毎日考えます。結局、2030年まで原発0%にする政府の約束は、財界と米国の干渉により、事実上保証がなくなったわけですし、結局原発を見張る ... » more

oedipal montage as pluralistic world, anti-oedipal close-up as methodical doubt , Rolle as Godard ... » more

九月の旅の前に、書いておきたいことは・・・Vōx clāmantis in dēsertō: parāte viam Dominī: rectās facit ... » more
テーマ 呟き 裁判制度 思想・哲学

アフリカ人、ナイジェリアからきたチュック氏の思い出ロンドン時代、文学好きなナイジェリア人の友達がいた。カフェで、文学話で盛り上がった。このチュックは、もともと七十年代に国費留学生十人の一人として英国の大学に来た程の秀才だった ... » more
テーマ アフリカ ポストコロニアリズム 思想・哲学

「失われた時を求めて」が証言するのは、連歌デモ的ユートピアを求めてだ。世界創造者として日経連的に振舞うブルジョアに対する、アナキズム系前衛芸術家による反抗は、彼等が構築した近代都市に向けられた。今日ならば、原発国家に依拠した都市 ... » more
テーマ プルースト 世界文学 思想・哲学

ハロー、新大久保1、山手線に繋がった堅固且つ脆弱なモンサンミッシェル。新大久保といえば、高田馬場から新宿へ行く通路で、昼と夜の境界を感じさせない街。ハングル語による広告放送はよく覚えていないが、高校時代には、試験勉強と称して ... » more

なぜ、マルクスが正しかったのか?1、マルクスは、平均利潤の長期的低下の法則を説きました、この法則によれば、資本は資本であるかぎり、常に限界に危機的に直目します。つまり、常に乗り越えられていく危機こそ、資本が必要とするエネルギ ... » more

インターネットは、コミュニケーションの道具です。それだけでしょうか?もし抗議集会とデモに適切に連携すれば、インターネットは、言論の武器となります。端的に言って、ACTAとは、このインターネットの武器としての役割を破壊する刀狩です。商業主義の ... » more
テーマ 民主主義 反ACTA 思想・哲学

 

最終更新日: 2016/11/24 06:28

「思想・哲学」のブログ関連商品

» 「思想・哲学」のブログレビュー をもっと探す

「思想・哲学」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る