誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ゴダール

ゴダール

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ゴダール」のブログを一覧表示!「ゴダール」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ゴダール」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ゴダール」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

前へ前へ進めと、モダニズムは直進運動。時間進行に伴ない原因と結果とが結びつき知識の垂直的統合が生じる。ゴダール「アルファビル」のレミー・コーションは勇敢にも、それと対決する。この探偵は怠惰の極みで、タブー破りの場違いな会話ばかりだが ... » more

1963Les CarabiniersScenario;Jean-Luc Godard, JeanGruault, Roberto Rossellini, d'apres une piece de Beniamino J ... » more

WittgensteinNicht wie die Welt ist, ist das Mystische, sondern daß sie ist.1976; videoSix fois deu ... » more

ゴダールは第一作をジュネーブで撮った。モノー家追放に帰結した、混乱のパリ時代の後、ダンデイな青年となる。ブルジョア両親の厳格なモラルと、時代の進歩的息吹に背を向けて無為に過ごした。力強い表現は自殺の衝動を避けるため?フランス ... » more
テーマ 言葉 ゴダール

Europe is dead.Ok, but whic Europe? Godard's "Film Socialism", it reminds me of the Zizek's comment. Utopia as it ... » more

What occurs in a Godard film is not determined from an exteroir,given its cue by a rule of reality,but is generated ... » more

日本はテレビの植民地か?テレビが疑うべくもないと思っている人々。私達はテレビを見る時、背中を丸めて首を垂れている。テレビの前で、卑屈なくらい礼儀正しい。監視された囚人の如く。気がついた時は遅し、歌の意味も分らず「君が代」に蹂躙さ ... » more

ヨーロッパは死んだ、それ故に、真のヨーロッパが蘇るかもしれない。ゴダール「水の話」から五十年後に、「フィルム、ソシアリスム」で、「貨幣と水は公共的善だ」という言葉を語ることになるだろう。新自由主義的市場万能論に対する ... » more

・ヌーヴェルバーグの批評家集団としての黎明期;高感度フィルムの利用と手持ちカメラのテクニックによって、ヌーヴェルバーグが暴いたことのひとつは、都市の人々の疎外をリアルに物語るはずの撮影所のシステムにおいて、映画の文体が、極め ... » more

・ウルフは自伝を軽蔑した。ボヴァリーは妻エマを死者の形見の所有の如く愛した。自伝もそんな所がある。大衆は芸術を嫌うが、死んだ芸術家が好きだ。なんの影響も受けないし、危険じゃないから。真実というのは断片的なものだが、目的が働いていたかの様に体 ... » more

ゴダールこそ左翼的精神の編集だ。フランスという見える定義の集合のなかに、見えない自己定義の集合(ベトナム、スイス、パレスチナ)を差異化させてきた。見えない自己定義の集合は、レジスタント運動の歴史へと越境することになった。現在 ... » more

‎1979france/tour/détour/deux/enfantscorealise, coecrit, comonte, par Jean-Luc Godard, Anne-Mari ... » more
テーマ ゴダール

ゴダール、「カルメンという名の女」に弦楽四重奏曲へ長調135を導入!    本多敬 身振りを交えながら一人小声で呟くのは、グレングールドか?否、ベートーヴェンだ。海のざわめきの中で散策した。そしてゴダール。「カルメンという名の女」の最後で、弦楽四重奏曲へ長調135を導入した。商業映画の優美な襞といったものを飽き ... » more

ゴダールが最初でした。「勝手にしやがれ」は、古典主義演劇の時間から自由です。  本多敬 ・ニ十世紀は映画の世紀だった。しかし古典的な傑作達はこの十年間のあいだに、急速な勢いで忘却されている。映画の意義は、「可視化」に存する。ドキュメントをフィクション的に、フィクションをドキュメント的に表現した。今や映画 ... » more

ゴダール「彼女について知っている若干の事柄」からの問題提起 ー 原発の問題を考えながら  本多敬 原発の問題を考えるとき、米や水の買占めに走る人々を観察するとき、都市の消費生活の問題を無視して、なにかを語ることは不可能だ。トータルな視点から原発を捉えて、連関し合う事実の全体像を考えよ、と私は考える。東京の開発、グロー ... » more

「中国女」のレオを孫悟空と看做しているのは私だけでしょうね   本多敬 ・読み書きできる特権は、中国文官やエジプト僧侶、インド・バラモンの様な一握りの人々に独占され、その人々は書物から強大な権力を引き出しました。孫悟空の力は本の力を先取りしています。文革は毛沢東「本」の発明でした。紅衛兵に花 ... » more

ゴダール「アルファヴィル」が分らなければ、三木清のパスカル論を読め! 本多敬 ・三木清「パスカルにおける人間の研究」より・宗教的不安inquiétude religieuseは確実なるものを求めてやまぬ者の不安である。そしてこの絶対的なるものが人間のあらゆる可能なる存在のうち ... » more

『ゴダール・ソシアリスム』を見る 行ってまいりましたよ、東宝シネマズ・シャンテで公開中の、『ゴダール・ソシアリスム』。ゴダールの映画を劇場で見るのなんざ、1986年公開の『ゴダールのマリア』以来(!)ですから、ずいぶんと長いときが経ったもんですナー。ゴダール先生 ... » more
テーマ 映画 ゴダール

講義要綱  芝浦工大・公開講座;映画で学ぶフランス語の表現2009   パッション パッションテーマ神話イメージとリアリズムの葛藤 私達自身の肖像画をつくること1ボードレールの詩LesChat (Charles Baudelaire)Lesamoureuxfervent etle ... » more

講義要綱  芝浦工大・公開講座2009;映画で学ぶフランス語の表現  本多敬T.Honda ゴダール;パッション(続き)課題1会話A,Bをよく観察して、HANAとISABELLEの関係を考えるポイント;HANAのキャラクター工場主の愛人。アナはこの地域の生まれではなく、(工場主がイギ ... » more

ゴダールが尊敬していたのはヒッチコックだった。総合芸術として生まれ進化してきた映画・映像 映画を作る作業事態に、流れては消えていく「時」という人生の記憶、残像を切り取って自分で見直したり他人に見せて擬似体験させて共有し、共に眺めて楽しむ事をゴダールやフェリーニやタルコフスキーは見出だしました。小津も黒澤も溝口も、ヒッチコックもス ... » more

 レッソン 2  『男』 なら、自分の 「言動」 に、「責任」 を、持て!! 「アセクサ回数」次回、スウチモック表「2,000回」アッ、また、やっちゃった!!また、「間違え」ちゃった。もとい、「次回、数値目標、『3,000回』」”我、 ... » more
テーマ 歴史 果てしなき『夢』 ゴダール

「「そういえば」について」について 「「そういえば」について」について「やす」さんの、「ブログ」、おもしろ、そう、です、よぉーーーっ、、、 ... » more
テーマ 及川奈央さま 祈り ゴダール

「コリン・マッケーブ著「ゴダール伝」を読む」について 「コリン・マッケーブ著「ゴダール伝」を読む」について なっ、ナ、なん、奈ッ・・・、だ、この「ブログ」は、「スゴスギル!!」「素晴しすぎる!!!」どうした、そう「興奮、するな!」「もちつけ、オレ ... » more

降っても照っても第49回映像の天才詩人、ジャン・リュック・ゴダールに関する包括的な評伝が初めて刊行された。私はむかしからヌーヴェルバーグの作家や作品は嫌いではなく、特にゴダールとは1985年にテレビCMを2本作ってもらうため ... » more

女は、八日後にすることを八秒後だといやがる。(映画 勝手にしやがれ より) 「勝手にしやがれ」1959年/フランス監督/ジャン・リュック・ゴダール主演/ジャン・ポール・ベルモンド ジーン・セバーグ1950年代に起こった映画界の新しいムーブメントであるヌーベルバーグ。その代表的作品とも ... » more

ジャン=リュック・ゴダール監督最新作『アワーミュージック』の公開を記念して、ジャン=リュック・ゴダール監督作品 日本公開年表」を作ってみました。リストは、こちら(http://www7a.biglobe.ne.jp/~umikar ... » more
テーマ 映画配給という仕事 ゴダール  コメント(3) トラックバック(1)

 

最終更新日: 2016/11/24 05:16

「ゴダール」のブログ関連商品

» 「ゴダール」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る