誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    生命

生命

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「生命」のブログを一覧表示!「生命」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「生命」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「生命」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

Glastonbury Festival 2011というロックの祭典と題したものに、U2やらポールサイモンなどが名を連ねていたので、録画しておいた。今日は、出荷が少なめで、昼間ららぽーとに出荷して、あとは夜の配達だけだった。芽の出たホウレン ... » more

人間の尊厳 その2 先週の週刊てーては、人間の尊厳なんていう大げさなタイトルの割には、具体的な種播きのことや三女のことを書いた。尊厳という言葉を辞書で引いてみると、「とうとくおごそかなこと。気高く犯しがたいこと。また、そのさま。」と出てくる。そのこと ... » more
テーマ 家族 生命

年を重ねるということ 気がつけば、陽の暮れるのも早くなってきたが、朝も陽が昇るのが遅くなった。ひんやりとした朝が、秋の色を濃くして、ひょっとして冬が早いのでは?という農家特有の恐怖感の芽生える時期でもある。早朝の紅茶の暖かさがひときわ臓腑にしみる朝だ。 ... » more
テーマ 生命

雨降って地固まる? オクラとナスを隣合わせで作付けたことが失敗だったと、週刊てーてに書いた。先ほど、オクラの収穫をしてみて、オクラの葉も実もきれいなものが多いことに、あらためて気付いた。失敗ばかりではなかった、と。ナスを心配するあまり、オクラに ... » more
テーマ つぶやき 生命

自分と対峙する その5 夏が終わろうとしている。子供たちの夏休みも終わりだ。でも、暑い夏は続く。この頃は、秋が短く夏は長い。この夏は、自分と対峙した夏だったが、何もできないままの夏だったのかもしれない。やるべきことはやったような気もするし、何もできなかった ... » more
テーマ つぶやき 生命

「地球人魚〜時代の同志〜」波打ち際を歩いてたひとりぼっちで歩いてた不意に声をかけられた砂に埋もれた瞳からお久しぶりね私のこと覚えてる?足音でわかったよ時代の同志だから砂を崩して聞いてみる ... » more
テーマ つぶやき 生命

自分と対峙する その3 君が映画を見ようといった。君の横で映画を見た。映画を観終わったあと、君は出ていった。僕は、君といっしょにいたかっただけだった。隣にいてほしかった。さびしかった。ひとりだった。耐えきれなくなって、つま先を大きくけって駆け出した。 ... » more
テーマ 友達 家族 生命

生物学者の福岡伸一さんは、その著書の中で言います。「…私たちヒトは約60兆個の細胞から成り立っています。もとはといえば、たった1個の受精卵細胞が分裂してできたものです、ここでも重要なのが細胞と細胞の連携です。…中略…多くの場合、個々 ... » more

インターネットでニュースを見ていると、いじめや自殺の見出しが多いことに気付きます。これは、メディアの流行だと考えてもいいものだと思います。一つのことが注目されると、似たような事柄を徹底的に掘りだしてくる。それがメディアの習性のようです。その ... » more

自分と対峙する 野菜を育てて生きていく、あるいは野菜を育て、野菜を売って生きていく、このことはどういうことなのだろう?無農薬野菜を育てることには、どういう意味があるのだろう?農薬野菜を食べることには、どういう意味があるのだろう?そもそも、人が生き ... » more
テーマ 生命

僕が君に教えてもらったことお天気が良いと僕が思うこと僕が君に教えてもらったこと一人の農夫でありたいと願うことアラジンの魔法使いのように壁の穴から突然やってきた僕が君に教えてもらったこと ... » more

植物と私と生と死と その3 植物が死んでいく瞬間を見たことがある?人間の死んでいく瞬間は、病院で見たことはある。よく考えれば、親父が死んだ瞬間しか見たことがない。人の死を看取るのは、ごく限られた人だけが何度も見るものかもしれない。、植物や虫の死ぬ瞬間は、何度 ... » more
テーマ 生命

植物と私と生と死と その2 軽くないテーマを、また書いてみる。僕は野菜を育てているものだ。だから、どうしても、野菜化あるいは植物化して人間のことも考えてしまう癖がある。植物との対話が、神との対話のような、そんなアニミズムのような考え方、それが日常にあるからだ ... » more
テーマ 生命

灰谷健次郎著「灰谷健次郎の発言<1>」を読んで 学校でのいじめの問題が、又も大きく取り上げられています。学校教育のあり方、次世代をになう子供たちへの接し方についてについて、家族を含む社会全体の一人一人が自分の問題として向き合って見る必要があるのではないでしょうか。灰谷 ... » more
テーマ 教育 ブログ 生命

紫陽花の美しさと生命力に感動!ベランダで栽培している額紫陽花が今年も5月の終わりごろから蕾を出し始め、濃い緑の葉っぱが見事なので、仏壇の花瓶に供え、毎日水だけをかえてやっていたが、驚いたことに最初はつぼみでしかなかったのが、 ... » more

植物と私と生と死と 今週のテーマは、少し軽くない。生と死、なんて僕も使ったことのないような言葉である。伝わるように書くことができるかどうか、難しいテーマかもしれない。でも、率直に書かせて頂くつもりだ。植物と私は、常に毎日対峙している世界でもある。 ... » more
テーマ 生命  コメント(2)

草と野菜 週刊てーてという題名で、この通信物を書きはじめて20年近くになる。実は、その前の1年程はグラスベジタブルという名前をつけていた。草と野菜という意味だ。そして今も、草とともに野菜があることに変わりはない。それは、奈良の川口由一さんの自 ... » more
テーマ 生命  コメント(2)

死せる歌命がひとつ落ちこぼれる
咳すると命がひとつ落ちこぼれ海岸線へと運ばれていく ... » more
テーマ 短歌 生命

52歳 今日で52歳。51歳から52歳に変わったところで、大した変化はないはず…。と思って、去年書いた「51歳」を読んでみた。バックナンバーを見ると、4回にわたって「51歳」を書いている。少し変化してきたかな?この一年で…。そして、その4回 ... » more
テーマ 家族 生命

ベテラン有機農業者であるとりのさとZさんのコメントにこたえる形で、これを書きました。通常の週刊てーてよりも少し長いです。「有機農業は、『尋常な人(ひと)入場お断り』の世界に近い」と書いた。誤解のないように説明するけれど、「一般のひと ... » more
テーマ 生命  コメント(2)

僕たちのオキテ その二 ネットであることを検索していて、河合隼雄さんの言葉に出会った。「個性化の道を歩む者は、腹背に敵を受ける厳しさを体験する。それは 『尋常な人(ひと)入場お断り』の道であることを覚悟しなくてはならない」というものだ。これは、強烈な言葉で ... » more
テーマ 生命  コメント(3)

似たようなことを書いているブログは多そうですが書かずにはいられませんでした。不思議なもので、パック詰めになってるお肉には何も感じないんですよね、現代人って。生命が感じられないからなんでしょうか?生きてる鶏にかぶり ... » more

この曲は、「再会」という題名の曲で、昨日の朝仕上がったばかりです。この頃は、朝早く起きて、ギターの練習やレコーディングを行っているのです。「同級生」(仮題)という名のアルバムを制作中で、その中の1曲です。詩を書いたのは相棒の ... » more

多数の地方自治体が震災のがれきの受け入れに手を挙げておりますが、私はこの動きには反対です。被災地の方々には、本当に申し訳なく、また失礼極まりない意見ですが、それでも私はがれきはむしろ1点集中し、長い長い時を待つしか無いと思っております。 ... » more

ネット有機農家仲間の「野の扉」さんから、のぞいてみてほしい、と言われて、原発県民投票・静岡のサイトをみました。「浜岡原発について、県民投票の実施をもとめ、必要な条例の制定を請求します」という県民の意思によるシステムを構築したい、とい ... » more
テーマ 生命

春到来 待ちに待った春がやってきた。いや正確には、暖かい春、というべきか。寒い寒い春だった。寒い寒い冬から数えて四か月、首を長くして待っていた春だ。お彼岸が来ても、桜が咲き始めても、冷たい風が吹き止まなかった。爆弾低気圧が来て、桜が満開にな ... » more

寒い春は、お彼岸が来ても寒かった。お陽さまは春の日差しだったが、風は強く冷たく冬のままだった。春の葉ものは、三月初めの一時的な暖かさでいっきに成長するものと思われた。例年の春を取り戻すかとも思われたのだが、期待は甘かった。その後の冬戻りで、 ... » more
テーマ 生命

死せる歌たゆまなき青空
東向きの窓カーテンの隙間からまぶしく光る今日暇な日曜日連れ連れに表に出る子供達公園の濡れたブランコ手で拭く子供そのままの子供カラスが狙う木の実は昨日 ... » more
テーマ 生命

★ 著者紹介 1936年生まれ。DNA解明の世界的権威・筑波大学名誉教授。世界に先がけ、高血圧の黒幕である酵素「レニン」の遺伝子解読に成功し、一躍世界的な業績として注目を集める。現在ノーベル賞の有力候補とされる注目の人。最先端の遺伝 ... » more
テーマ 村上和雄 遺伝子 生命

死せる歌焦がし
カタカタと窓が震える昨日の手が震えている心臓があわてて鼓動をうつ年の瀬が思いもよらぬ発生率で出動していく木は枯れてあてもない旅路につく空は晴れわ ... » more
テーマ 生命

 

最終更新日: 2018/04/15 17:55

「生命」のブログ関連商品

» 「生命」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る