誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    生命

生命

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「生命」のブログを一覧表示!「生命」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「生命」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「生命」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

モリアオガエルの卵 6月中旬にお寺裏庭の池の上の木に不思議な物体。たまたま通りかかった住職さんにお聞きしたら「モリモリアオガエルの卵」と教えてくださいました。下の池に落ちてオタマジャクシになるようです。こちらはお借りした写真 ... » more
テーマ モリアオガエル 生命

○子供のためのダンマパダ。・・・虫が死んでいるのか、生きているか、調べる時はどうするの?突っついてみる。動いたら、生きている。動かなければ、死んでいるよ。○パーリ語原文と訳語チュティンヨーウェーデ ... » more
テーマ バラモン 生と死 生命  コメント(5)

火星に関するニュースは夢があっていいですね。探査技術が発達するに従って、今後いろいろな発見が出てくるんでしょうね。最後の段落の科学者の言葉。「かなり良質で生命維持に適した環境であったことが分かった。もしこの水 ... » more
テーマ 火星 韓国語 生命

今日は、親父の13回忌だった。もう、丸12年経つ。同時に祖父の23回忌でもあった。身内とはいえ、遠路はるばるこのことのために日帰りしてくれる、その法事というものこそ「親戚関係」そのものである、という考え方を親父がしていたことを思い出す。 ... » more

めまぐるしく変わる天気に、泰然としているように見える野菜や木々や草花たち。20メートル近い突風が吹いたかと思うと、次の日には穏やかに風もなく暖かな一日となったり。今日は朝からしとしとと降る冬の雨である。春を心待ちにする日々は、どこまで続く ... » more
テーマ 天候不順 生命

中国からの大気汚染 昨日も報道ステーションで、中国からの大気汚染が風で運ばれて、真っ黒いすすのようなものが検出されていることを報道していた。国立環境研究所などが公表しているデータを見ると、日本への影響の深刻さを想像できる。http://www- ... » more

春近し? ここ一週間ほど、春の兆しを感じさせるような、暖かい日が多かった。あの寒い日々は何だったのか?というくらいに。立春を過ぎて、まだまだ寒い日が交代でやってくる、三寒四温と言われるようなゆっくりとしたテンポで春はやってくるものだ。だから ... » more
テーマ 生命

生命の源は、やはり宇宙からやってきたの? ●●●●★科学★●●問題:少し古い話になりますが2011年の夏、NASAのゴダード宇宙科学研究所の研究者たちは、DNAの部品である塩基を宇宙由来の物の中で見つけたと発表したそうです。■生命の設計図とも呼ばれるDNAの部品です。ひょっ ... » more

東京その3 今回、長女のホルンコンクールの目的に合わせて、子供たちの東京見物ができたことはラッキーだった。冬休み最後の日曜日だが、予報では雪が降ることを伝えていたので、車で行くことができなければ子供たちは連れていかないはずだった。直前に雪の予報 ... » more
テーマ 家族 生命

2013年に向けて 穏やかな年明けだった。最後の最後まで粘った暮れの仕事も、明けてみればもう去年のことである。人間の世界は、おめでたい世界一色のようだ。静まり返った正月二日、去年間に合わなかった納屋周辺の片付けに追われた。高校の同級生との新年会直前、 ... » more

生命を人工的に作る歴史的実験。使われた材料はどんなもの? ●●●●★科学★●●問題:オーストラリア西部のビルバラ地域で発見されたシアノバクテリア(藍藻)の化石は、約35億年も前の生き物だといわれています。オーストラリアは形が四国に似ているなと思ったとき、愛媛あたりに相当する地域がビルバラだそう ... » more

2012年の総括 その四 最後の最後まで、畑仕事をしている。本当であれば、正月休みもいらないくらいの気分だ。そのくらいに、今年の畑は低調だった。何度も書くけれど、台風半年に一度の3連発は、とんでもなく打撃であった。でも、津波の被害に遭われた方々からすれば、大し ... » more
テーマ 音楽 家族 生命

2012年の総括 その三 今年も、様々に新しい出会いや再会があった。長年に渡って音信不通の同級生と思いがけず再会する、そういうことがいくつかあった。野菜セットの販売という形の上での新しい出会いはたくさんあったが、一過性で終わることのなかった方と、お顔を拝見 ... » more
テーマ 生命

自然界と人間界 その4 自然界は強い。これは間違いのないことだ。自然界にあるもの、たとえば「山」。山は、台風や豪雨によって崩れることがある。しかし、壊れた状態の山もまた、自然そのものである。崩れた山に、そのまま草や木が生えてくる。再生するのだ。木や草には、 ... » more
テーマ 地球 生命

自然界と人間界 その3 二十四節気の小雪(しょうせつ)に入り、雨が降っている。未明から降って、十数ミリの雨。もうすぐ雨は止むだろう。先日の雨は三十数ミリの雨で、前後には風も吹き荒れた。晩秋とはいえ、もう気分は冬で、雨のあとには大風が吹いて大地を乾かす、こ ... » more
テーマ 生命

自然界と人間界 その2 人間は、ないものねだりをする生き物である。田舎のものは都会に憧れるし、都会にいると自然に憧れる。田舎に住んでいるものは、「自然はやっぱりいい」なんてあまり思わない。都会に住んだことがある僕は、都会に憧れることはないけれど、あの、人 ... » more
テーマ 地球 生命

東京電力は、福島第一原発の事故処理・廃炉に必要と見込まれる10兆円を政府に肩代わりするよう要求したとのこと。電力のもととなる資源のない我が国が、安くて豊富な電力を得て継続的に経済発展していくには、原発を作ることしかないと政府が判断したことは ... » more
テーマ 原発 電力 生命

福島第一原発で日夜作業されている末端企業の皆さんお疲れ様です。放射能という目に見えないリスクに侵されながら、あまりにも安い賃金で過酷な労働を強いられている皆さん、なぜ作業をやめないのですか。あなたたちよりもはるかに高い給与をもらいながら、リ ... » more
テーマ 原発 電力 生命

データベース 今週になって金木犀の香りが突然香りだした。例年よりも二週間あまり遅い香りの漂いで、これは、初めてのことだ。子供の頃から、十月に入ったら金木犀の香りが漂い、その香りは秋祭りの近いことを示して、嬉しい香りだったのだ。胸が騒ぐような香り ... » more

「週刊てーて」ひらく農園から+α弔い
弔い ショックである。猫をひいてしまった。しかも、子猫。子供たちが10日ほど前に拾ってきた、双子の方割れの子猫である。名前を「あん」という。片方を「みつ」という。子供たちは、あんみつと呼んで可愛がっていた。自動車の車検で、近所のモ ... » more

秋の虫退治 秋の虫と言えば、コオロギとか鈴虫を連想するだろうか?秋の夜が長くなるから、夜に聞こえる虫の鳴き声が象徴的になるのだろう。僕たち農家が、秋の虫として連想するのは、蛾の幼虫である。ヨトウムシ、シンクイムシ、などのあの憎たらしくなるよう ... » more
テーマ 生命  コメント(2)

自然現象を受け入れる 台風の被害は、完全に気持ちも行動もリセットすることに役立った。こういうリセットは、やりたくてもなかなかできないもので、とても貴重なこと。半ば強制的なリセットで、従うほかはない自然の営みには素直にうなずく。本格的な被害が年に2度、去 ... » more
テーマ 天気 生命

日本経済の発展がそんなに重要なことですか。国民の生命よりも重要なことですか。国民の安全・安心な生活に裏づけされない経済に、いったいどんな意味があるのですか。2011.3.11の東日本大震災を発端とした東京電力福島第一原発事故によって、原発立 ... » more
テーマ 原発 電力 生命

夢を見ているかのようだ オクラの花がたくさん咲いている!何とも枯れた茶色のオクラの樹の群れに、遠目に移る黄色い花。夢を見ているかのようだ。たくましいね。収穫皆無のナスの畝の隣で、少しは収穫できる実もありそうだ。ゼロではない。神は存在する、と思いたく ... » more
テーマ つぶやき 生命

去年の秋、今年6月、そして今回と、台風が連続して襲来し、被害を出している。今回も風と潮の威力は甚大で、海岸に住む者の宿命を感じている。台風は天災だが、自分に課せられた災いとも感じる。ナスの例で言えば、収穫直前に6月の台風で収穫はお預 ... » more

Glastonbury Festival 2011というロックの祭典と題したものに、U2やらポールサイモンなどが名を連ねていたので、録画しておいた。今日は、出荷が少なめで、昼間ららぽーとに出荷して、あとは夜の配達だけだった。芽の出たホウレン ... » more

人間の尊厳 その2 先週の週刊てーては、人間の尊厳なんていう大げさなタイトルの割には、具体的な種播きのことや三女のことを書いた。尊厳という言葉を辞書で引いてみると、「とうとくおごそかなこと。気高く犯しがたいこと。また、そのさま。」と出てくる。そのこと ... » more
テーマ 家族 生命

年を重ねるということ 気がつけば、陽の暮れるのも早くなってきたが、朝も陽が昇るのが遅くなった。ひんやりとした朝が、秋の色を濃くして、ひょっとして冬が早いのでは?という農家特有の恐怖感の芽生える時期でもある。早朝の紅茶の暖かさがひときわ臓腑にしみる朝だ。 ... » more
テーマ 生命

雨降って地固まる? オクラとナスを隣合わせで作付けたことが失敗だったと、週刊てーてに書いた。先ほど、オクラの収穫をしてみて、オクラの葉も実もきれいなものが多いことに、あらためて気付いた。失敗ばかりではなかった、と。ナスを心配するあまり、オクラに ... » more
テーマ つぶやき 生命

自分と対峙する その5 夏が終わろうとしている。子供たちの夏休みも終わりだ。でも、暑い夏は続く。この頃は、秋が短く夏は長い。この夏は、自分と対峙した夏だったが、何もできないままの夏だったのかもしれない。やるべきことはやったような気もするし、何もできなかった ... » more
テーマ つぶやき 生命

 

最終更新日: 2016/11/24 05:38

「生命」のブログ関連商品

» 「生命」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る