誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    北方謙三

北方謙三

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「北方謙三」のブログを一覧表示!「北方謙三」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「北方謙三」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「北方謙三」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

ふくろうの読書記録図書館遠征?
近くの図書館が、26日から来月の3日まで休みです。「岳飛伝15巻」が26日発売。昨日、太白図書館まで行ってきました。地下鉄の駅から、徒歩1分だって、まさにその通りでした。予約だけしてす ... » more
テーマ 北方謙三

『岳飛伝 13 蒼波の章』北方謙三 北方謙三の『岳飛伝 13 蒼波の章』(2015年5月刊)を読みました。BOOKメーターによると、<金の新帝は、南宋との対決姿勢を強める。岳飛は南宋軍の侵攻を退け、旧岳家軍、秦容軍と連携しての北上を模索する。梁山泊は南 ... » more
テーマ 北方謙三

『岳飛伝 12 飄風の章』北方謙三 北方謙三の『岳飛伝 12 飄風の章』(2015年2月刊)を読みました。読書メーターによると、<海上では、韓世忠と李俊が激突。北では蕭けん材が、糧食を止め、金国上層部から呼び出された。南方では南宋軍の辛晃が再起をかけ、 ... » more
テーマ 北方謙三

『岳飛伝 11 熢繸の章』北方謙三 北方謙三の『岳飛伝 11 熢繸の章』(2014年11月刊)を読みました。読書メーターによると、<辛晃の攻撃に耐えた岳飛・秦容は更に力を増す。一方、北で続いていた呼延凌率いる梁山泊軍と兀朮・ ... » more

『岳飛伝 10 天雷の章』北方謙三 北方謙三の『岳飛伝 10 天雷の章』を読みました。BOOKデータによると、<南宋軍の動きが活発になっていた。南宋水軍が梁山泊水軍と交戦。梁山泊も打撃を受けるが、造船所を焼くなど反撃に出る。南では辛晃が岳飛を狙うが ... » more

満載!Myど−らく史記〜最終第7巻
史記〜最終第7巻 裏表紙に「・・・遂に完結、感涙の7巻!!」とありましたが、「ドーっと感涙」とはいかないまでも、「ジワジワ」と感動的なラスト。私の文章力ではこの程度しか表現できません。表現力無いなあ・・・とにかく、ジワジワ・・・・と、感動するんです。 ... » more

満載!Myど−らく史記〜4巻目
史記〜4巻目 やっぱり引きずり込まれるような展開になってきました、4巻目。最後の解説が、「三国志や水滸伝では長すぎる、しかし、楊家蒋では短すぎる・・・全7巻の史記・武帝記が、北方中国もの入門編として最高」と言っている意味がよくよくわかる。いよいよ ... » more

ついに・・・「史記」 ずっと、読まないでおいておこう・・・と思っていた北方謙三「史記」でしたが、とうとう我慢できずにめくってしまいました。でも、2巻までしか買ってなかった。で、やってしまった・・2巻一気読み。う〜ん、全部買ってなくてよかった・・。帝位 ... » more

『岳飛伝 九 曉角の章』北方謙三 北方謙三の『岳飛伝 九 曉角の章』(2014年5月刊)を読みました。BOOKメーターの内容紹介によると、<南宋水軍は梁山泊の交易路を潰す為、沙門島を急襲した。呼応して、金国軍も動き始めるが、梁山泊と本格的な交戦には至 ... » more
テーマ 北方謙三

『水滸伝 第四巻』北方謙三 北方謙三の『水滸伝第四巻』を再読しました。図書館の内容紹介によると、<馬桂は愛娘を殺され、悲嘆にくれていた。青蓮寺は彼女を騙して梁山泊への密偵に仕立て上げ、ひそかに恐るべき謀略を進めていく。一方、宋江は、民の苦しみと ... » more
テーマ 北方謙三

『水滸伝 3』北方謙三 北方謙三の『水滸伝3』を読みました。BOOKデータによると、<北宋末。腐敗の世を糺すため、梁山泊に集った英雄たち。さらに、来るべき日に備え、周囲の山塞を圏に収める。少華山には九紋竜史進、二竜山には青面獣楊志。が、しの ... » more
テーマ 北方謙三

『水滸伝 2』北方謙三 北方謙三の『水滸伝 2』(2000年10月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<腐敗混乱の世を糾すために檄文を書き、同志を募る宋江。使者となって全国を巡る魯智深。林冲は獄にあって苛酷な拷問に耐える。一方、晁蓋 ... » more
テーマ 北方謙三

満載!Myど−らく林蔵の貌
林蔵の貌 「顔」じゃなくて「貌」なのがすべてを物語るような、間宮林蔵の物語。幕末の時代に、間宮林蔵がどのように生きたのか。水戸藩や朝廷、薩摩藩との絡みも加えて、私が想像だにしなかった林蔵像が描かれていて、ちょっとビックリ。それまで、伊能忠敬と ... » more

『水滸伝 一』北方謙三 北方謙三の『水滸伝 一』(2000年10月刊)を読みました。BOOKデータによると、<十二世紀の中国、北宋末期。重税と暴政のために国は乱れ、民は困窮していた。その腐敗した政府を倒そうと、立ち上がった者たちがいた―。世 ... » more
テーマ 北方謙三

『杖下に死す』北方謙三 北方謙三の『杖下に死す』(2003年10月刊)を読みました。BOOKデーターベースによると、<米不足が深刻化する大坂に、ふらりと男が現れた。幕府お庭番の家系に連なる剣豪・光武利之。料亭の女将と深い仲になり、商都の奥深 ... » more
テーマ 北方謙三

『独り群せず』北方謙三 北方謙三の『独り群せず』(2007年6月刊)を読みました。BOOKデータによると、<幕末・大坂―眠れる獅子、覚醒す。船場に、男が惚れ、女が惚れぬく漢がいた。新撰組が跋扈するなか、筆頭与力は命を賭して大坂の物流を守らん ... » more
テーマ 北方謙三

『岳飛伝 八 龍蟠の章』北方謙三 北方謙三の『岳飛伝 八 龍蟠の章』(2014年2月刊)を読みました。BOOKデータによると、<中華の外の地域で変化が起きていた。西遼では耶律大石が死に、南方では秦容が街を拡大した。同じく南方に来て、基盤作りを始めた岳 ... » more
テーマ 北方謙三

『岳飛伝 7 縣軍の章』北方謙三 北方謙三の『岳飛伝 7縣軍の章』(2013年11月刊)を読みました。BOOKデータによると、<梁山泊が南方に作った邑は、大きくなり、十万人が住める町造りを秦容は企図し始めた。一方、岳飛は独り熱暑の地に暮らしていたが、 ... » more
テーマ 北方謙三

満載!Myど−らく余燼
余燼 幕末間近の大塩平八郎の乱に絡んだ、「杖下に死す」〜「独り群せず」は、それまで読んでいた北方歴史小説と一味違って、いわゆる「剣豪小説」って要素もあって痛快・爽快でしたが、今回の「余燼」も楽しめました。田沼意次失脚後の政争の底辺で、様々 ... » more

『岳飛伝 6 転遠の章』北方謙三 北方謙三の『岳飛伝6転遠の章』(2013年8月刊)を読みました。BOOKデータによると、<独立軍閥を貫きたい岳飛、彼を南宋の軍の柱にしたい秦檜。対立が決定的になり、監禁された岳飛の処断が近づく中、梁山泊が救出に向けて ... » more
テーマ 北方謙三

『岳飛伝 五 紅星の章』北方謙三 北方謙三の『岳飛伝 五 紅星の章』(2013年5月刊)を読みました。内容紹介によると、<互いに総力を結集して激突した南宋軍と金軍。岳飛は漢族の領土奪回に燃え、北進を続け、兀朮は南宋に進攻させた別働隊を活かす全面勝利を ... » more
テーマ 北方謙三

『吹毛剣 楊令伝読本』北方謙三 北方謙三の『吹毛剣楊令伝読本』(2012年8月刊)を読みました。BOOKデータによると、<「替天行道」の志を受け継いだ楊令の闘いと、熱き漢たちの生き様を壮大なスケールで描いた、北方謙三の『楊令伝』。文庫版全十五巻完結 ... » more
テーマ 北方謙三

『岳飛伝 四 日暈の章』北方謙三 北方謙三の『岳飛伝 四 日暈の章』(2013年2月刊)を読みました。BOOKデータによると、<金国軍と岳飛軍が国の興亡をかけ、激突! 梁山泊と講和した金軍は南へ進軍を開始、岳飛軍との戦に入った。対する岳飛は長刀を ... » more

満載!Myど−らく絶海にあらず
絶海にあらず 北方歴史もの「国内版」で、「絶海にあらず」。あいかわらずタイトルがハードボイルド調だなあ。平将門が坂東で起こした反乱と、藤原純友が西国で起こした反乱を一括して「承平天慶の乱」と呼ぶそうですが(すっかり乱の名前は忘れてました)、この小 ... » more

『岳飛伝3 嘶鳴の章』北方謙三 北方謙三の『岳飛伝3嘶鳴の章』(2012年11月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<金の大軍を梁山泊は撃退。宣凱が父を殺された金軍へ単身、講和交渉へ乗り込む。一方、南宋は岳飛が着々と戦いの準備を進め、韓世忠 ... » more

『逢うには遠すぎる』北方謙三 北方謙三の『逢うには遠すぎる』(1984年3月6刷)を読みました。BOOKデータによると、<7年前に別れた妻・杏子がロス―東京を結ぶコカイン密売組織のトラブルに巻きこまれた。雨の夜、カメラマン・上杉にかかってきた無言 ... » more

北方・南北朝〜「武王の門」の前と後 「武王の門」で、懐良親王と菊池武光の奮闘ぶりを描いて、颯爽と歴史小説に名乗りを上げた、われらが北方謙三ですが、今になって改めて武王の門を読むと、「三国志」や「水滸伝」で慣れ親しんだ北方ワールドの描きかたとは、微妙に違うのがわかります。 ... » more

岳飛伝から楊令伝「替天行道」の志とは。国会議員と一般党員が同じ一票という橋下革命。 北方謙三の書く中国の歴史はとても日本の政治を考えさせる。田中芳樹という人が翻訳した岳飛伝とは違う。北方の書く歴史は志をどうとらえるか。問うている。楊令は呉用に対して梁山泊も小さな″宋"になることを憂慮するセリフを言っている。 ... » more
テーマ 楊令伝 岳飛伝 北方謙三

『岳飛伝2 飛流の章』北方謙三 北方謙三の『岳飛伝2飛流の章』(2012年8月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<梁山泊は呉用を頭領に新体制を築き始め、若い世代が育つ。一方、岳飛は義手を身につけて力を取り戻し、南宋も国力を強化。金軍は南進 ... » more

満載!Myど−らく北方版「南北朝」
北方版「南北朝」 以前から気になっていた「楠正成」をいってみました。もちろん北方謙三版。まあ、間違いなく面白いけど、問題は、これを読んだからには、北方「南北朝モノ」をすべて読まないわけにはいかなくなってしまうこと。この時代の代表作と言えば ... » more

 

最終更新日: 2016/11/24 03:47

「北方謙三」のブログ関連商品

» 「北方謙三」のブログレビュー をもっと探す

「北方謙三」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る