誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    哲学

哲学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 学問
子テーマ: 人生哲学
テーマ「哲学」のブログを一覧表示!「哲学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「哲学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「哲学」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

代理をかりる儀式によって人は磨かれた魂を受け継ぐ事が出来る。それはよりすぐれた技能、精神の持ち主を選び出し、後継とする儀式だ。職人の世界では・・・・・昔は弟子にていねいに基本から教えてくれることはなかった。それは伝統を受け継 ... » more
テーマ 哲学

mosmosのブログ心理34<代理>
むしろ代理が自我そのものといっていい。つまり、我々はほんとうの自分ではない別な自分を演じているのだ。問題は、はたしてどれだけその作られた自分を演じていられるかだ。我々はほとんど無責任に代理を求める。それが理想的な自我である場 ... » more
テーマ 哲学

価値なき神ユリカ悩殺ポーズ
ユリカ悩殺ポーズ 昨日2016・10・10(体育の日)、10mもの北東の風が吹くというのに、しかも、せいぜいイナッコ(=ボラの子供)が釣れるぐらいのものというのに波崎港へ行ってみた。国民の休日とあって港中を釣り人が取り囲み、私が入る隙間がない。ごく一 ... » more

自分の名前を好きになる方法 他人をうらやむな誰もスターではない 世の中には自分の名前が好きではない人々がいます。私の贔屓の俳優のグレゴリーペックは本当は「エルドレッド・ペック」だったのですが、気に入らなくて、父の名を取って「グレゴリー」と名乗っていました。私が好きな作家都筑道 ... » more

我々は過去、現在で苦しめられる。そしてまたその苦しみが大きければ未来でも苦しむ。そのほとんどは記憶のせいだ。いちど記憶から離れる世界へ行く事ができたとしたら、少なくともその時間だけ気分がいい。実はそれだけではない、問 ... » more
テーマ 哲学

あなたを傷つける人がいても気にするな 私は過去を振りかえってみて、嫌いだった人、嫌だなと感じた人について考えてみました。当時はただそのような人々に嫌悪感を持っただけで、〜おそらく誰にでもそのような過去はあるでしょうし、今現在そのような人々と関わっている方もい ... » more

フリーセックス(姦淫)がいけない理由 テレビで水道橋博士とかいうタレントが不倫報道でコメントしていました。…最近、タレントの不倫報道が流行っています。ベッキー、ゲスのなんとか、元桂三枝、歌舞伎か何かの三田寛子の旦那、新しい三遊亭圓楽、社会的制裁を受けた人とそうで ... » more

mosmosのブログ心理32<妄想天国>
妄想地獄が激しいとき、心はどんどん落ちてゆく。その終着点はうつ病という厄介なものだ。しかし、心にはバランスをとる作用がある。少しでも隙間を作ってやると、妄想天国が現れる。つまり鬱から躁のほうへといきなり上がってゆく。その ... » more
テーマ 哲学

mosmosのブログ心理31<妄想地獄>
地獄は死後にあるものではなく、生きている時にあるものだ。犯罪や戦争はもつとも現実的な地獄だ。しかし、地獄は心の中にもある、それが妄想地獄だ。それがひとつだけの妄想なら、それを回避するほうほうは比較的簡単だ。瞑想でも回避す ... » more
テーマ 哲学

言の葉39 性格は変えられないか  たまにこう言う人がいます。性格は一生変わらない、と。しかし私は言いましょう。個性は変える必要はないが、悪い性格は、変えるためにこそ人生は存在するのだ、と。人には様々な性格があります。引っ込み思案だとか、おしゃべりが下手と ... » more

言の葉38 名人人を誹らず(そしらず) 一流の職人は人をさげすまないものです。名ピアニストなら幼い子供が弾くピアノを褒めて上げることでしょう。彼、彼女は何て下手なんだなどといわないものです。プロの画家はしろうとの絵をけなさないもの。大人は子供の芸を褒めてや ... » more

釣りも人生も曲がり角、試行錯誤中 昨日2016・10・04波崎港(利根川出口、銚子の対岸)の釣りは目当てのサバが釣れず、ボラの子供の猛襲、ひどくガッカリして帰ってきた。「これで我が釣りも終わったか、これからどうして暮せばよいものやら、乙浜は遠くて緑内障を一層悪くしそ ... » more

<節理>きのうブラタモリで宮島が「節理」というもので作られた、という事を知った。巨大な花崗岩の節理(隙間)から雨水が入り、浸食され割れることによって島に並行した谷間が出来たそうだ。そしてまた山の形が観音菩薩に似ているとい ... » more
テーマ 哲学

<河原>自然感情をもっとも感じることができる場所と言えば、河原だろう。むしゃくしゃした事があっても、河原に出てみればすっと消えてしまう。その広々とした感じ、音のちがい、それらを無意識が感じ取り、言葉で考えることをなくして ... » more
テーマ 哲学

mosmosのブログ心理27<正面解釈>
<聖人のことば>_は正面解釈しなければいけない。なぜなら、それがその聖人を信じることだからだ。それが言葉である以上、あらゆる方向から解釈できる。中には裏に回り、解釈をひっくり返してしまう人がいる。これこそほんとうのひっく ... » more
テーマ 哲学

mosmosのブログ心理26<感情の起源>
<感情の起源>_どこにあるのか、想像するしかない。それも自然感情と人工感情に分けられる。自然感情の起源は古い。それは生命と自然という関係からはじまる。1.自然の脅威に対する恐怖感これは今でも雷や竜巻、台風などに対する ... » more
テーマ 哲学

Xジャパン鑑定2  トシ いじめについて トシ 出山 利三〈でやま としみつ〉、1965年10月10日 - 何と、「そしぞう」ではなく「としみつ」とは。…「としぞう」ではかなり、やぼったい名ですね。彼はバンドのボーカルで、のびやかな高音の声を ... » more

mosmosのブログ心理26<天国と真理>
<天国>イエス・キリストの最大の発見は「天国」だ。天国という概念は信仰が始まってからすぐに見出されたものだ。それは宇宙論に等しい。しかし、権力構造が出来上がってから、その概念はその権力をまもる神官たちのものとなり、だれも ... » more
テーマ 哲学

mosmosのブログ心理26<神の具現化>
<神の具現化>石造りの建造物でもコンクリートの建造物でも無感情に作られたものとある思い、思想を込めて作られたものとでは大きくちがう。感情がたっぷりと入った建物に少しでもいて、出てくると心持が何かが変わっている。教会や寺院 ... » more
テーマ 哲学

預言者のコラム水の上を歩くキリスト
水の上を歩くキリスト 聖書にこのような話があります。『使徒たちが海を渡ろうとしていると、海が荒れて嵐になった。その時キリストは陸地にいたが、使徒たちの苦難を感知した。使徒たちは荒れ狂う海に人影を見て言った、「化け物だ」。しかし、ペテロは言った ... » more

mosmosのブログ心理25<仏と菩薩>
<仏の矛盾>仏、つまり悟りは民間人が自我として守って来た人工感情を消してしまう。今風に言えば、リセットないしイニシャライズだ。禅や瞑想なども度が過ぎるとそうなってしまう。人工感情が消えたうえで民間生活をしてしまうと、理論 ... » more
テーマ 哲学

mosmosのブログ心理24<神と儀式>
<神と儀式>人工感情はそのままだとすぐに忘れ去られてしまう。それを定着記憶に出来る能力的存在が「神」というわけだ。この創造物がなければ人は狭い範囲の文化というものを固定できず民族も出来なかった。ひとつの神に対する集団信仰 ... » more
テーマ 哲学

mosmosのブログ心理23
<妄想会議>皆さん、席についてください。妄想君はまだですか。また道草ですか。困ったもんだ。議長、ほっときましょう、我々だけで会議を開きましょう。そうは、いきません、今日の主役ですから。待ってるだけじゃ退屈ですから ... » more
テーマ 哲学

私の釣りはもう完全マンネリだサプライズなく & この世全体が一つの統一したシステム (ガマ女の孫二人、どんぐり目がサクハで小学一年、横顔はユリカ小学二年。ユリカが食欲なく背が伸びなくて心配している。このままでは大人になっても小人のように小さいんじゃないか?「回転ずしだけは何皿でも食べられる」と言うので、ちょくちょく連れて行 ... » more

預言者のコラム言の葉36 夢言語
言の葉36 夢言語 人間は夢を見ます。抱く願望のことではなく、夜、睡眠時に見る夢のことです。しかし世間には毎日夢を見ないという人もいます。いや、我々は毎日夢を見ているのです。見ないという人は起きた時、それを忘れているだけ。ではなぜ忘 ... » more

預言者のコラム言の葉37 笑い方
言の葉37 笑い方 エドガー・ケイシーは言いました。「常に微笑んでいよ、しかし、チェシャ猫のような笑い方はいけない」チェシャ猫とは不思議の国のアリスに出て来る猫であるが、いつも歯をむきだしてニタッと笑うのです。ではこれの何がいけないのか。 ... » more

mosmosのブログ心理21
<無きを我とする>「ない」ということを「自我」とする。つまり、自分とする。むずかしい言葉だ。いつまでも去っていった人を求めるのではなく、その事自体を自分にしてしまえばいい。我々にとって「ない」という事は悲しい事だ ... » more
テーマ 哲学

mosmosのブログ心理20
<神の役割>言葉として登場した神は大切な役割を持っていた。それは人工感情の承認だ。自然感情から生まれたての人工感情はどうしても神に承認されなければならなかった。それは少女の初めてのお化粧を母親が褒めてくれようなものだ ... » more
テーマ 哲学

『道徳感情論』第三部「義務感について」アダム・スミスは、共感と非共感の応酬 (そして人々から共感を得たいという個々人の欲望) によって一般規則たる道徳が成立 [=マルクスの用語を借りれば、物象化] するとし、その道徳が神格性を獲得し ... » more

mosmosのブログ心理19
<長ーい小説>_の一部だ。このなかにどんな感情があるんだろう。−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−戦争の影169ドアをたたく音で目を覚ますと、外は明るくなっていた。「時間です、下に来てください。」 ... » more
テーマ 哲学

 

最終更新日: 2017/03/29 16:45

「哲学」のブログ関連商品

» 「哲学」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る