誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    哲学

哲学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 学問
子テーマ: 人生哲学
テーマ「哲学」のブログを一覧表示!「哲学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「哲学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「哲学」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

御恵送頂いていた東浩紀さんの『ゲンロン0観光客の哲学』を読んだ。 破産したリベラリズム、そしてその後を継ぐナショナリズムとグローバリズムの後に来るべき観光客についての思考を導き出す第一部の明快で緻密な展開に惹き付けられた。 第二部 ... » more
テーマ 現代思想 東浩紀 哲学

mosmosのブログ自我則13<生き方>
いまさら、生き方なんて、と思うがどんなに年をとっても大切なものだ。それは自我というものが人工的に作られたものだからだ。1台の車にたとえる事が出来る。我々は数十万年かけてそれを作り文化的環境に適応させてきた。つまり、文化的 ... » more
テーマ 哲学  コメント(2)

エッセー(Safe keys)2部 906〜909
906(2004・10・28)希望することは成就するか実現しないかのどちらかであるが、実現しなかったとしても、人生のスパンという観点から考えると、どっちで良かったのかはその時にはわからない。そう言って普段から努力を放棄していると ... » more
テーマ エッセー集 人生 哲学

忍耐の末、アイゴの食いが立つ潮どきを確かに学んだ 昨日2017・08・23(水)乙浜港のアイゴ釣りは、出かける前の日記に次のように書いてある、「Yahoo!天気予報房総南端・白浜、大潮、満潮4:50am、干潮の底11:30amん・・潮時がわるいな、ずーっと潮が引いている ... » more

エッセー(Safe keys)2部 902〜905
902(2004・8・9)あの世に持っていけるものは何かという思いで生きている人は少数で、やがて死ぬということを抜きにして生きている人が多い。一方で、死んでいるように生きている人もいる。魂の存在として賢く生きることは流行っていな ... » more
テーマ エッセー集 人生 哲学

エッセー(Safe keys)2部 898〜901
898(2004・5・13)自分一人がわかったつもりになって納得していても始まらない。世の中の大勢の人々は疲れ果て混沌としている自分自身について悩み苦しんでいるのだから。そのような状況で私のできることは、モラリストを貫くことしか ... » more
テーマ エッセー集 人生 哲学

エッセー(Safe keys)2部 895〜897
895(2004・6・14)日本の指導者に必要なことは、哲学的孤人になれということだ。哲学する孤独な人という意味である。個人ではない。戦前の旧制高校には団結力がありパワーもあった。彼らはそこから帝大に進みエリートになっていっ ... » more
テーマ エッセー集 人生 哲学

mosmosのブログ自我則12<乗る>
いずれにしても、自我をいろんなものに乗せて楽しむということは大切だ。お金をかけなくてもいろんなものに乗ることが出来る。たとえば、息を吹く、というだけで我々は風の音を真似できる。ちょっと強く吹けばくち笛になってしまう。 ... » more
テーマ 哲学

mosmosのブログ自我則11<乗る>
自我則11<乗る> こんな絵を描いてみた。ゴボーのような、雲のような、とにかくわからんものだ。それを赤く塗りつぶしただけだ。私はAzPaint2無料を使っている。これだったらまったく神経を使うこともないし、無限に応用がきく。すくなく ... » more
テーマ 哲学

mosmosのブログ自我則10<乗る>
自我は言葉を覚えた時点から乗っている。それが魂であり、自分というものだ。「三つ子の魂百まで」というやつだ。ここになんらかの問題が含まれていると、あとでいびつな自我の発達につながってしまう。発達障害というやつだ。この時期女 ... » more
テーマ 哲学

私のグラント進化型、さらに進化させてアイゴメジナ良型入れ食い (スノコの上、右上隅はアイゴの形がヘンですが、これこそ一番大きな28cmアイゴ。あまりに肉厚なので二枚に切って薄くした)(メジナは本当は塩焼きが一番美味いと思うが、火を芯まで通さなくてはならない。ガマ女にちゃんと出来るか心もとない。醤油味で ... » more

エッセー(Safe keys)2部 891〜894
891(2003・11・20)人はものを見て、それが網膜への残像となることで記憶したように思っているが、自分で意識して、色、形、距離、位置関係等の物差しを使って解釈しておかないと、記憶に残らず思い出すことができない。覚えた気にな ... » more
テーマ エッセー集 人生 哲学

mosmosのブログ自我則09<禁止>
禁止は自我にとってなくてはならないものだ。それは、人間が動物の理想である「行動の自由」を言葉によって獲得したからだ。巨大な脳みそ、とくに大脳皮質がそれを可能にした。「なんでもできる」「いろんなことができる」というのが人間の特 ... » more
テーマ 哲学

エッセー(Safe keys)2部 887〜890
887(2003・11・9)事を対処するにあたり、自分の行動の善悪を判断してはいけない。どうせ悪いことをするのだから。そういうわけで真面目で正直な人間は、自分に執着し過ぎて潰れてしまう。888(2003・11・1 ... » more
テーマ エッセー集 人生 哲学

エッセー(Safe keys)2部 882〜886
882(2003・8・21)街づくりは、便利さの追求よりも住民を賢くするために何をするかを主眼に。883(2003・8・21)修行とは、無理矢理に欲望を抑え込むことによって、欲望が手段であることを知るための行 ... » more
テーマ エッセー集 人生 哲学

エッセー(Safe keys)2部 879〜881
879(2003・6・3)日本が迷走するとき、その当事者が純粋培養された人間によって占められていることを知ることは重要である。歴史を振り返って、よく考えてみるとそうだ。近いところでは、戦前戦中では軍人のエリート層である。見栄えが ... » more
テーマ エッセー集 人生 哲学

イカン、はやくも私の釣り方、アイゴに学習されちゃってる (サクハ@神の池公園の自転車借りる窓口)(ユリカ微笑む)昨日2017・08・15(火)世間は依然盆休み中、房総南端ちかく乙浜港・水揚げ場対岸は釣り人少なく周りに気がねなく釣りができた。が、前回とは打って変わって敗軍の将、肩をガッ ... » more

エッセー(Safe keys)2部 875〜878
875(2003・4・22)綺麗だというのは、地球上の生物的本質(腐敗を含む)忘れさせてくれる概念のことをいうのであって、それが綺麗であることの究極の条件と言えるかもしれない。生物や自然は遠くから眺めるものなのである。 ... » more
テーマ エッセー集 人生 哲学

エッセー(Safe keys)2部 871〜874
871(2003・1・6)わかったつもりの人は、幸せとはすでに手のひらにある事柄に価値を見つけられたときに感じるものだという。そういう思いからそろそろ脱皮したらどうか。872(2003・1・6)前の戦争が ... » more
テーマ エッセー集 人生 哲学

mosmosのブログ自我則08<永遠の命>
命を終える、という事は絶対的に避けることの出来ないものだ。しかし、それでも長寿というものはいつの時代にも求められている。急速な科学の発達は近い将来、永遠の命を超金持ちにかぎって可能にするかもしれない。しかし、永遠の命にはひじ ... » more
テーマ 哲学

人間の理性が求める究極はロボットだ。言葉で自己をコントロールするという事をまねてコンピュータが作られ、CPUを積んだ機械をロボットというようになった。つまり、人間(ロボット)のほうがはるかに古い歴史を持っている。ロボット ... » more
テーマ 哲学

エッセー(Safe keys)2部 867〜870
867(2002・2・18)欲しいものは、いつでも壁の向こうに、岩盤の下に、そして海の底にある。どんな小さな願いであっても、それを手に入れる前には太陽が照りつけるアスファルトの道を歩く儀式が必要となる。868(200 ... » more
テーマ エッセー集 人生 哲学

エッセー(Safe keys)2部 863〜866
863(2001・11・13)政治とは、矛盾の中から、注目を浴びた矛盾を取り上げ、見た目を変えてみせること。864(2002・1・11)一見して人当たりの良さそうな人間がいるが、彼らにしっかりした人物を見たこ ... » more
テーマ エッセー集 人生 哲学

エッセー(Safe keys)2部 859〜862
859(2001・10・10)人を見る場合イメージの他に、時間の経過による原因と結果を見るのである。この人間がどこからきて、何故こうなってしまったのかと。860(2001・10・10)人間の一番の強さを感じる ... » more
テーマ エッセー集 人生 哲学

エッセー(Safe keys)2部 855〜858
855(2001・9・11)少しは摂理の言葉が聞こえるようになった。あらゆる状況で力が働き、あらゆるところに存在している。856(2001・9・11)最善の状態を知っているのであれば、最悪の状態を経験 ... » more
テーマ エッセー集 人生 哲学

それは「自我の必需品」ということだ。1.よく記憶する。2.考えることが出来る。3.徳を知り、質素であること。4.ゆたかな知恵を持っていること。5.聖なる領域の大切さを知っていること。6.子供のようなアイデアを持ってい ... » more
テーマ 哲学

mosmosのブログ自我則05<記憶>
自我は記憶によって保たれている。それを失ってゆくことは、心の財が減ってゆくことだ。しかし、年をとってくればある程度はしかたがない。忘れる原因は・・・・・1.集中力がおとろえ、すぐに別なことを考えてしまう。2.覚えよう ... » more
テーマ 哲学

エッセー(Safe keys)2部 852〜854
852(2001・8・15)美味しい料理は満足できるものだが、他の生物にとっては有害であることもある。つまり美味しい料理とは人間にとっては美味しいというだけである。というよりも美味しいと感じるようにできているだけである。人の ... » more
テーマ エッセー集 人生 哲学

2017・08・07乙浜港、アイゴ25cm二枚以下、入れ食い 台風が来よる。正午前後からは雨がふり風も強くなるとの予報。だけどワレは早くアイゴ料理に決着をつけたくて、そんなに待っていられないよ、朝の短い間隙をねらって出動。前回から、わずか中三日なのでクソ天にイジワルされるかと心配したが ... » more

mosmosのブログ自我則04<階級>
いまでも階級が残っているところがある。昔は階級が天から与えられたものとされ、絶対的なものだった。もちろんそれは、文化のマイナス面がもたらした矛盾でしかないが、実に長い間信じられてきた。それは人類が神に目覚め、文化をピラミッド ... » more
テーマ 哲学

 

最終更新日: 2017/09/21 10:51

「哲学」のブログ関連商品

» 「哲学」のブログレビュー をもっと探す

「哲学」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

全体主義の起原 3――全体主義 【新版】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 全体主義の起原 3――全体主義 【新版】
みすず書房 ハンナ・アーレント

全体主義の起原 2――帝国主義 【新版】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 全体主義の起原 2――帝国主義 【新版】
みすず書房 ハンナ・アーレント

全体主義の起原 1――反ユダヤ主義 【新版】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 全体主義の起原 1――反ユダヤ主義 【新版】
みすず書房 ハンナ・アーレント

ハンナ・アーレント『全体主義の起原』 2017年9月 (100分 de 名著) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル ハンナ・アーレント『全体主義の起原』 2017年9月 (100分 de 名著)
NHK出版

ハンナ・アーレント - 「戦争の世紀」を生きた政治哲学者 (中公新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル ハンナ・アーレント - 「戦争の世紀」を生きた政治哲学者 (中公新書)
中央公論新社 矢野 久美子

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る