誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    哲学

哲学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 学問
子テーマ: 人生哲学
テーマ「哲学」のブログを一覧表示!「哲学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「哲学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「哲学」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

なぜいじめはおさまらない。それは我々が文化活動をしなければ生きてゆけないような社会を持っているからだ。つまり、文化活動があるかぎりいじめはなくならない。それは、我々の脳が文化的活動をする為にとんでもないシステムを必要とし ... » more
テーマ 哲学

人類が巨大な脳によって獲得した論理的思考は出来ることを無限に近く拡大してしまった。それはとんでもなくすばらしいことだが、それによって新たな問題を何十も何百も抱え込んでしまった。どういう問題を抱え込んだのか。1.言葉で先走 ... » more
テーマ 哲学

神のパターンによる予測的中。私の免許は奪われなかった (サクハ小学二年は、いま、好きな男のことと学校の勉強のことでアタマがいっぱいなのだそうです)昨日が県の運転免許センターで認知機能検査をされる日だった。まず前回の日記の終わりごろ、信号無視して捕まり認知機能検査をされることにな ... » more

ドローンの初飛行で、無意識がいろんなことを考え始めた。つまり、新しい記憶領域を作り始めたのだ。まるであたらしい恋人でも出来たように。実は同じような記憶の中に埋没してしまうと、無意識はほとんど新しい記憶領域を作らなくなり、新し ... » more
テーマ 哲学

mosmosのブログ無意識則13<聖書>
聖書、と言えば一般的にはキリスト教聖書をさすが、仏典やコーランもりっぱな聖書だ。ただ、これは文字として残っているために我々が見ることが出来るだけだ。「聖書の本質」は部族を導いてゆく為の文化の基本と言っていい。つまり多くの ... » more
テーマ 哲学

mosmosのブログ無意識則12<ことば>
ことば無意識を大きく変えた。とくに人間は言葉によって生きている。他の動物とまったく違う使い方をしている。その決定的な違いは「論理」だろう。我々は日常の簡単なことまで論理として考え行動している。電車を利用するにも、まったく目的 ... » more
テーマ 哲学

BlueBloomBlog人生に逃げはない
私は、最近ですが「なんとなくやる気が出ない」とか「漠然として憂鬱」でした。波動の影響か?と考え、浄化したり、未来の目標をイメージをしても解決しないのです。それで環境にも問題が発生し、なかなか解決しないので「これは変だ」と考え ... » more
テーマ 誰もついていけないBLOG 処世術 哲学

前進座五月国立劇場公演 楽しい行事は、早め早めに。5/13国立劇場公演後援会行事として、バスを借りてぜひやりたいと思うけど、いかがでしょうか。今のおかねが中心の世の中を、人間が中心の世の中にする展望を、バスの中で語るいい機会になろうかと思います。 ... » more
テーマ 文化 哲学

40歳からの就活日記茶室
茶室 富と力と教養と ... » more
テーマ 哲学

同じ事をこり返すことによって人の行動は磨きをかけることができる。行動形式がはっきりしなければ、技といったものも一度限りのものでしかなく、うまくいっても偶然としかいえない。今韓国で冬季オリンピックがおこなわれている。ありえない ... » more
テーマ 哲学

思索カバラ宇宙について 1
宇宙のことだから、反対も逆も、裏もなく真理なのである。 ... » more
テーマ 神秘学 哲学

我々の悲惨は道理に基づき神によって課される、見返りが貰える、みんな公平 人生はあまりにも厳しい。恐ろしい、つらい、苦しい、痛い、悲しい。寂しい。だが、それは、我々を生んだこの世の深淵が、道理上やむを得ないから課すのである。いくらなんでも、この世の深淵が我々を生んでおきながら、生まれて ... » more

無意識則10<聖なる存在>holy existence 聖なる存在(HE)はパワースポットといった所とか聖なる場所といった特別な所にいるわけではない、我々の心の持ちようでいつでもどこにでもいるようにできる。ちよっと散歩するときにも株の事を考えながら歩く人もいれば、聖なる存在を意識 ... » more
テーマ 哲学

客観視体の観測はD型小天体を観測するようなものだ。よほど心をクリヤーにしておかないと観測できない。しかし、それを観測しようという試みは大切なものだ。なぜなら、雑念として観測されるものが実に多いことが分かるからだ。耳鳴りの音や ... » more
テーマ 哲学

ガマの油じゃないが、客観視体存在の効能を述べよう。それは人類が神を発見した時とおなじだ。それはトランジスターがエピタキシャル成長に成功したようなものだ。そのとき脳は特別な意味を持ち、光り輝きある方向へ急成長した。それが文化と ... » more
テーマ 哲学

さらに高度な働きとして客観視体存在との対面がある。そしてまた時に(まれに)その存在と対話することが出来る。その世界では、人間化した客観視体存在と対話することが出来る。つまり、こころの奥の言葉では表すことに出来ない存在を実在した聖 ... » more
テーマ 哲学

水たまり砂時計
父の家に砂時計があった。砂の落ちる道が非常に狭く、最初はいつまでも上の砂が変わらずに見える。砂がなくなったことに気づくのはおしまいの頃だ。それまでは誰もほとんど気にしない、最後の頃まで。時間が過ぎて気がついた時はすでに終わっ ... » more
テーマ ことば 哲学

・・・・とは、私がかってに作った言葉だ。「存在」といってもいいだろう。これは無意識のもっともすぐれた働きだ。自分で意識してもなかなか自分を客観的にみることは出来ない。なぜなら我々は常に言葉のLOOPを持っていて、そのつど文化 ... » more
テーマ 哲学

思索神秘学について 2
なぜ、どのように。 解放のための意図的な(意志)行いである。 ... » more
テーマ 神秘学 哲学

犬の訓練を見ていると、それは無意識と人間との関係を見ているように思える。人は実に長いあいだ野生の中で生きてきた。しかし、集団で暮らすうち言葉を発達させてきた。そして何万年もかけて言葉で「自己を制する」という訓練を行ってき、「 ... » more
テーマ 哲学

自分の無意識に名前を付ける人はいないかもしれない。なぜなら、無意識はそういうことを嫌うからだ。しかし、名前を付けることによって無意識に新しい変化が起こってくるかもしれない。世の中には隠者的生活を好む人がいる。とくに他人によっ ... » more
テーマ 哲学

自分が必ず自分に従うと思うことから起こる。自分が自分に逆らうことはないと思うことから起こる。逆らうことも、従わないことも、自分と思うと、直観となり、聖なるものと思えば、インスピレーション、啓示となるだろう?肉 ... » more
テーマ 神秘学 哲学

魚が釣れない冬はユリカを抱っこして・・&@日馬富士A飼い主にかみつく犬 (老醜が邪魔だ。ユリカだけだったら、よかったのに・・)今日は、ちょっと小さなテーマです、ちかごろ騒がれている「日馬富士のこと」と、テレビで見た「飼い主にかみつく犬」を具体例にして私の哲学を少々。例によって、むかし書いた文のコ ... » more

馬鹿になるのではなくて、馬鹿でもできるのであるのではないだろうか。 他にも、似たようなものがあるのだが。 唯、一人でやるか、二人でやるか、また多数か…。 インスピレーションなのか…。 悪魔的なの ... » more
テーマ 神秘学 哲学

アリストテレス二コマコス倫理学を読む アリストテレスはあらゆる技術は「善」を志向するという。「第一章冒頭」では悪を志向する学門はないだろうか?それでもアリトテレスは「善」と断言「する。」何故だろうか?物には、ある場所に集まる性質が「あるらしんれん。ニコマコ ... » more
テーマ 哲学

思索音に反応して 1
鬼ではあるまいし。そこに何かある。 ... » more
テーマ 神秘学 哲学

人間的性質をもっているのか、そうでないのか、どちらをどうとはい言い切れない。魂もそうであるが、魂は、動物的であり、植物は、霊魂・精神的であり、心霊は、人間的である。超能力は、心霊的動物的超感覚・超心理学的であり、神霊は、霊的超常 ... » more
テーマ 神秘学 哲学

思索超能力というエゴについて
入り口、ブースト、境界、敷居なら、開けて閉めるか、切り離すか、越えるかしなければ煩いし、邪魔だし、見えにくいし、エゴだし、物質世界だし、物欲だし、我欲は強く出るはで、狭いし、浅いし、汚いし、詐欺的だ。 ... » more
テーマ 神秘学 哲学

占いはナンセンスである。運は、人が運んでくる。もナンセンスである。人の運命なんて知れている。自分の運命を省みることをすればわかるのである。大した運命ではない。他人に望むこと自体、自分の運命は大したことはないのである。運がいい人が望むのは ... » more
テーマ 神秘学 哲学

思索予言、予知について 2
私は、「口から先に生まれた」わけではないが、最初に言葉があった、イスラエル、ユダヤの神、キリスト教の神。やはり、口からか。神は口から生まれたのか。ラプラスの悪魔などの悪魔は、口からうまれたのだろうか。神ではなく、予言者、神の使者、天使の ... » more
テーマ 神秘学 哲学

 

最終更新日: 2018/02/19 05:00

「哲学」のブログ関連商品

» 「哲学」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る