誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    哲学

哲学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 学問
子テーマ: 人生哲学
テーマ「哲学」のブログを一覧表示!「哲学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「哲学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「哲学」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

mosmosのブログマインドフルネス03
<客観視脳>マインドフルネスをやるとストレスに強くなるといわれているが、実はストレスに強い脳は存在しない。脳はすべてストレスにはすこぶる弱い。考えすぎ、追い詰められ出口を失ってしまえば、どんな脳も破壊の危機に陥る。そして ... » more
テーマ 哲学

《ニーチェが死んだ》 8月23日、ワイマールのニーチェ・アルヒーフに行った。あまり色々なものはないところだという印象だった。ニーチェの死後の出来事にわたしはあまり興味がない。展示室に『ニーチェ・クロニーク』という本が置いてあっ ... » more
テーマ ルー・ザロメ ニーチェ 哲学

mosmosのブログマインドフルネス02
<未知番地>我々がどれほど使わない脳を持っているのか、それはあまりにも大きくて「わからない」、といったほうがいいだろう。「狭い範囲を無理やり使わされている」といったのが実状だ。その最大の公害は「文化的暗示」というものだろう。 ... » more
テーマ 哲学

mosmosのブログマインドフルネス01
<使わない脳の活性化>我々は脳のほんの一部だけを使って生活している。というより「生活させられている」と言ったほうがいいだろう。それがマンネリ化というものだ。仕事でもこの状態に入ってしまうと仕事はうまくこなせるが、「ほとん ... » more
テーマ 哲学

mosmosのブログ落語論04
<笑う>「笑う門に福来る」というが、ほんとうだろう。笑いは何よりもストレスの発散になる。いったい人は何によって笑うんだろう。1.思いもよらないこと。2.突然の出来事。しかし、何でもなかった場合。3.論理の中の非論理。 ... » more
テーマ 哲学

8月20日波崎港サッパ、アジ、サバ好釣 依然、利根川吐出し口・波崎港へ通っています。「もはやコサバではない」。20cmもあるサバがよく釣れる。二、三日前も行って1時間半ほどで50匹ちかく釣れた。「ひらき」にしたやつをガマ女たちが美味しいといって食べてくれた。私が食べる分がなく ... » more

朝10時57分の電車でドルンブルクの駅を発ったところで私のタウテンブルクへの旅は終わった。1882年といえば134年前ということになるが、その年の8月26日にルー・ザロメもまたドルンブルクの駅を去り、その翌日にはニーチェもここを発っ ... » more
テーマ タウテンブルク ニーチェ 哲学

《城山の風》 (写真の中央に見える建物の位置に1882年8月14日にニーチェとルーが入ったレストランがあった;シャウマン教授のご教示)今日は思いがけないことが二つあった。その二つの思いがけないことの前に、今日も城山に出かけて、 ... » more
テーマ タウテンブルク ニーチェ 哲学

mosmosのブログ落語論03
<話術>「はげましておめでとうございます、」といって頭を下げた人が禿げていたとしたら。これは言葉の掛け合わせというもっとも単純な話術だ。「ばかばかしい、こんなもの」と思われるが、これを発展させれば駄洒落になってゆく。 ... » more
テーマ 哲学

mosmosのブログ落語論02
<間>「落語でもっとも大切なのは『間』だ。」「『間』ですか、そいつが私の『魔』でして。」「無視・・・・アメリカにもコメディアンはいる。しかし、やつらの話には『間』というものがない。時に自分で言った事を自分で笑って間を埋め ... » more
テーマ 哲学

mosmosのブログ落語論01
私はひとりの落語家を哲学という檻の中に閉じ込めてやった。「勘弁してくださいよ、私をこんなところに閉じ込めなんて、なんてひどい人。」「止む追えない、どうしても落語を研究してみたくなったのだ。別に出て行ってもいいよ。そのかわり落 ... » more
テーマ 哲学

mosmosのブログ自我43
<性格の不一致>これはよくあることだ。とくに夫婦生活は相性が大切だ。あわないどうし一緒に暮らしていると、一人よりも不自由なことになってしまう。エンジンのギヤーの歯車が合わないと不快な音がする。それより、前に進まない。 ... » more
テーマ 哲学

《ニーチェ》 ナウムブルクに行ったのは、ニーチェが少年時代を過ごした場所を、そしていわゆる精神錯乱後に母親に心づくしのいたわりを受けながら過ごした場所を見て、そして感じておきたかったからだ。大都会ではなく、あの ... » more
テーマ ナウムブルク ニーチェ 哲学

mosmosのブログ自我42
<考える>クーラーのタイマーをかけて寝たとしよう。本人は考えてもいないのに機械が勝手に時間を計測し、時間が来たら電気を切る。その元を作ったのは人の思考、判断だ。つまり人は機械を使い思考の延長をやったのだ。また人が大自 ... » more
テーマ 哲学

現在、アダム・スミスの『道徳感情論』を読み進めていて、第二部まで読んだところ。ここまで読み進めて分かったことを、以下に備忘録として書いておく。まず、アダム・スミスの発想としてあるのは、エコロジーとしての社会イメージである。社会生態学 ... » more
テーマ 哲学

8月12日波崎港は「大きなコサバ」 昨日2016・08・12、利根川出口・波崎港は依然コサバが釣れ続いています。数は少なくなったがスッカリ大きくなって「大きな小サバ」、普通に焼いても食べられそうです。アジのように開きにしてみました。いま、粗塩水に浸けたあと冷蔵庫の中、スノ ... » more

mosmosのブログ自我41
<オリンピックの群れ自我への影響>連日メダルラッシュといった感じだが、銅で喜ぶ選手もいれば、悔しがる選手もいる。私の子供のころには**オリンピックがあった。東京の前の話だ。1956年(昭和31年)メルボルン、そして1960年 ... » more
テーマ 哲学

mosmosのブログ言葉の不思議04
<中国の歌>中国語でいちばん困ることは発音だろう。しかし、この歌を聞くと考えがかわってしまう。台湾の歌手、蔡琴の茉莉花という曲だ。https://www.youtube.com/watch?v=IumtaMfwTb4今ま ... » more
テーマ 哲学

mosmosのブログ言葉の不思議03
<間のある生活>テレビとかラジオかけっぱなしで生活していると、言葉の間がなくなってしまう。そうすると、間がある事によって発達する無意識ネットワークが作られないまま過ごすことになる。今の若者は間があくことがすこぶる苦手のよ ... » more
テーマ 哲学

mosmosのブログThur_言葉の不思議02
<間>間は落語でもっとも大切なものだ。とくに古典落語で。間が観客の自発的な想像力を高め、心から笑う事が出来る。名人ともなると、笑いのコンダクターみたいなもので、観客の笑いを自由にコントロールすることが出来る。間で大切なも ... » more
テーマ 哲学

8月3日乙浜港、苦労して最後にメジナ25cm&22cm、シマアジ混じるも小さい (上の写真はガマ女にやる分。メジナ25cm×1、22cm×1、シマアジは尾ひれの中央部一番切れ込んだところまでの寸法が17cm×4)(私が食べる分。メジナ17cm以下のコッパです。小さなシマアジも含めて10匹)(房総は天気予報がはずれて夏の ... » more

mosmosのブログ言葉のふしぎ01
<言葉の隙間>「私は荷物を運ぶ、」と「私運ぶ荷物」とでは何が違うのか前者は日本式の文章であり、後者は中国語や英語の文章だ。我々からみれば、後者のほうが幼稚に見える。子供の片言みたいだ。実はこの隙間にこそ、重要な意味があったの ... » more
テーマ 哲学

mosmosのブログ自我40
<ゆらぎ>天の川銀河は何億年という周期でゆらいでいるそうだ。マゼラン星雲からの重力の影響で、と友人から聞いた。人の自我を銀河にたとえれば、自我も他人の影響でゆらぐ。とくに強い重力を持った自我に接すれば、ゆらぎも大きい。ときに ... » more
テーマ 哲学

mosmosのブログ自我39
<憶える>自我にとって「おぼえる」という事はどういうことか。まず、考えてみよう。「人の名前」を覚えることがないと、・・・・・私は人の名前をすぐに忘れてしまう。ほとんど覚えていない。これがどれだけ人間関係にマイナスになって ... » more
テーマ 哲学

mosmosのブログ自我38
<神とは>神様にもいろいろいる。インドでは300ぐらいの神様(ヒンズーの)がいて、どの神様を信じろ、という強制はないようだ。とはいっても、派閥が出来てしまえば狭い範囲であるかもしれない。「シバ神教団」というものが出来てしまえ ... » more
テーマ 哲学

梅雨明け乙浜港はメジナ、&ユリカ@神之池桟橋 (2016・07・27ユリカ@神栖・神之池桟橋)(23cm×2匹、22cm×1、19cm以下のコッパ×10匹、全部あわせて13匹)今朝は哲学のないタダの釣り日記です。昨日2016・07・28、やっと梅雨が明けた、房総南端ちか ... » more

mosmosのブログ自我37
<文化的自我と自然自我>不幸なテロ事件が続く。日本でも狂った考えによって19人もの命が奪われた。それらに共通しているところは、言葉による狂った考えだ。つまりその考えがなければ実行されない犯行だ。それが文化的自我なのだ。 ... » more
テーマ 哲学

mosmosのブログ自我36
<音声の力>昔から人間はこの魅力に支配されてきた。その源は「エコー」だったのかもしれない。ちなみに我々は音の響きで空間を認識する能力を持っている。それは河原に出てゆくとよくわかる。我々は雑音の変化によって「ここは河原なん ... » more
テーマ 哲学

mosmosのブログ自我35
<脱皮>これも自我にとって大切なものだ。脱皮が出来なくなった自我は鋳型にはめられた自分に苦しめられ、どうにもならなくなる。鋳型にはめられる前に脱出できる余裕を作っておかなくてはいけない。たとえば、市長に当選した人がいたと ... » more
テーマ 哲学

2016・07・22 ユリカとサクハ@神栖市・神之池緑地公園 子供たちが夏休みに入った。早速、ユリカとサクハが「公園へ連れて行ってえ」ユリカが格別上品に撮れました。まるでテレビに出てくるアイドルのようだ。窓口では係りのおじさんが「レンタル料二台で100円」、この春保育園 ... » more

 

最終更新日: 2016/08/27 03:48

「哲学」のブログ関連商品

» 「哲学」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る