誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    村上春樹

村上春樹

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「村上春樹」のブログを一覧表示!「村上春樹」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「村上春樹」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「村上春樹」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

村上春樹新作小説4・12発売! 「色彩」「多崎つくる」「巡礼」の謎 (週刊文春2013.04.11) 村上春樹新作小説4・12発売!「色彩」「多崎つくる」「巡礼」の謎週刊文春2013.04.11 07:02 『1Q84BOOK3』から3年ぶりとなる書き下ろし長編小説がいよいよ発売される。だが、事前にその内容は一切明かされてい ... » more

秘密主義徹底の村上春樹の新作 謎の多さに書店も大わらわ 秘密主義徹底の村上春樹の新作謎の多さに書店も大わらわNEWSポストセブン2013.04.11 07:00色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年文藝春秋 2013-04-12 ... » more

村上春樹氏の新作、45万部でスタート!…「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」(文芸春秋) 村上春樹氏の新作、45万部でスタート!発売前に重版決まるZAKZAK2013.04.03. .作家・村上春樹さん(ロイター)今月12日に発売される作家、村上春樹さんの3年ぶりの長編小説「色彩を持たない多崎つくると ... » more

山田詠美 村上春樹 〜のんびり読書したいなぁ 先日本屋さんで山田詠美の新作をみつけた。読む時間がないな、と思ったので結局買わなかったが、ちらっと立ち読み。読みたい!と思わされたが頑張って耐えた。明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち山田 詠美 幻冬舎 2013- ... » more

ハードボイルドの名作『大いなる眠り』村上春樹の新訳で登場 ハードボイルドの名作『大いなる眠り』村上春樹の新訳で登場NEWSポストセブン2013.01.30 07:00【書籍紹介】『大いなる眠り』(レイモンド・チャンドラー村上春樹訳/早川書房/1785円)『大いなる眠り』 ... » more

「アフターダーク」を読み終わりました 村上春樹さんの長編小説を順番に読み進めていく企画(?)も、いよいよ佳境に入ってまいりました。この「アフターダーク」は前作の大長編である「海辺のカフカ」の人気が高すぎるので、どうしても地味な印象しかなく、長 ... » more
テーマ 村上春樹

「海辺のカフカ」とレディオヘッド 村上春樹さんの長編小説を順番に読み進めてきて、ようやく「海辺のカフカ」を読破いたしました。「海辺のカフカ」は海外でも多くの言語に翻訳出版され、村上春樹さんの評価が世界的に高まった、きっかけとなる作品です。 ... » more
テーマ 音楽 村上春樹

「今週の村上」がいい サラダ好きのライオン 村上ラヂオ3 村上 春樹 (著), 大橋 歩 (イラスト 30年ほど前、私が大学生のころ、映画やらコンサートやらの情報が満載の「ぴあ」という情報誌があって、弐番館三番館で映画を観る際に重宝してた。それ以上に「はみだしYOUとPIA」を読むのが楽しかった。一行に凝縮された読者のコメント。 ... » more
テーマ 読書 サラダ好きのライオン 村上春樹

「スプートニクの恋人」という本の紹介です 村上春樹さんの長編小説を発表順に読み進めておりまして、ようやく本作である、「スプートニクの恋人」を読了いたしました。前作である、「ねじまき鳥クロニクル」が全3巻からなる大長編でしたので、この「スプートニクの恋人」 ... » more
テーマ 村上春樹

「ねじまき鳥クロニクル」を読破しました この記事は、本日の朝(6時半)に書いています。本当なら昨夜は祝杯をあげて、飲めないビールを1本ぐらい飲んで騒いでいたのかもしれません。3部構成につき文庫も3巻。ちょうど読み終わったのが昨日の行きの通勤電車内で ... » more
テーマ 村上春樹

インタビュー集が一冊の本になってしまう作家ってそうはいないと思うんですよね。どこかで何度も読んだような気がするインタビュー集に税込840円も払わされて、それでも満足できる・・・・・・村上春樹は私にとってそんな作家です。 ... » more

詩歌の可能性をば。∞(113)詩「かなぐり‐もぎり」 本当なら発表したくなかったですが、まぁね、さっきまでのツイートを時系列に転載して非公開の方針を覆す決心をしたことの説明に代えさせて頂きます。「村上春樹さん、あなたの朝日新聞への寄稿を拝読しまし ... » more
テーマ 詩歌の可能性をば 村上春樹 かなぐり‐もぎり

1Q84 BOOK2〈7月-9月〉/村上春樹 心から一歩も外に出ないものごとは、この世界にはない。心から外に出ないものごとは、そこに別の世界を作り上げていく。□第2巻。1巻の段階だと劇中作なんじゃないかと思ったりもしたけれど、まったくそんなことはなか ... » more
テーマ 読書 村上春樹

あたしをとらえた光/ジャスティーン・ラーバレスティア 魔法の扉を抜けたあたしは、NYで家出少女J・Tと友達になった。祖父と名乗る男に魔法を奪われそうになって逃げ出し、悪い魔女だったはずの祖母エズメラルダと隣人トムに助けられた。そして知った。魔法をもつ者は他人の力を奪って使い ... » more
テーマ ジャスティーン・ラーバレスティア 読書 村上春樹

村上春樹ってバカにされる存在なのか? 村上春樹さんがバカにされるという事ではなく、「村上春樹作品が好きな人」はバカにされるのか?、という事です。ひょんな事から村上春樹さんの過去作品の再読を始めました。長編作品を順番に読みつつ、短編やエッセイを ... » more

1Q84 BOOK1〈4月-6月〉/村上春樹 「こうであったかもしれない」過去が、その暗い鏡に浮かび上がらせるのは、「そうではなかったかもしれない」現在の姿だ。「1Q84」の世界に、もし愛があるなら、それは完璧な愛かもしれない――。□二つの視点で ... » more
テーマ 読書 村上春樹

「国境の南、太陽の西」を読みました。 村上春樹さんの長編小説を再読している最中ですが、この本を読むのは今回が初めてです。それまでは上下巻での刊行が続き、この「国境〜」を挟んで、今度は3部構成の「ねじまき〜」に続いていきます。ちなみに私は過去、「ねじま ... » more
テーマ 村上春樹

村上春樹のエッセイって肩がこらず楽しい おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2 村上 春樹 サラダ好きのライオン 村上ラヂオ3 が発売になったというので、3の前に1,2を読もうと思って入手。1は10年前の作品、2は去年のってことで、まずは去年の2を読んだ。そしたらまあ、村上春樹の小説のイメージと全然違い、楽しい。(ちな ... » more
テーマ 読書 おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上春樹

アンアンの連載エッセイ「村上ラヂオ」が集められたシリーズ3作目にて最終集。相変わらず(?)、最後まで、ゆるーい感じの話ばかりで、凝った肩もほぐれてきます。(前も同じこと書いたな)「サラダ好きのライオン」って書名な ... » more

良太の部屋「1Q84」を読む
「1Q84」を読む 「1Q84」BOOK1BOOK2BOOK3村上春樹著新潮社を読みました。青豆はインストラクターをしていて裏で必殺仕事人みたいなことをしている。天吾は予備校の数学の講師をしながら小説家を目指している。2人は小学校の ... » more

「ダンス・ダンス・ダンス」を再読しました 村上春樹さんを再読し始めてようやく「ダンス・ダンス・ダンス」まで読み終わりました。途中で順番があやふやになりましたが、この後の長編小説は、「国境の南、太陽の西」、そして過去に私が途中で投げ出した「ねじまき鳥クロニクル ... » more
テーマ 村上春樹

良太の部屋「海辺のカフカ」を読む
「海辺のカフカ」を読む 「海辺のカフカ」上下村上春樹著新潮社を読みました。同時進行する二つの物語。二つの物語は交差する。数々の意味のあるような無いような不思議な出来事。まだよく読み取れてないかも。。 ... » more

「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」を読む 「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」村上春樹著新潮文庫を読みました。同時進行する二つの物語。「世界の終わり」という物語と「ハードボイルド・ワンダーランド」という物語。二つの物語には関係性がある。村 ... » more

「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」 村上春樹さんのファンサイトの中で、「長編小説ランキング」というものがあり、読者が自分の好きな作品を投票するものがあるのですが、この「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」は1位に輝いております。面白い ... » more

「スプートニクの恋人」を読む 「スプートニクの恋人」村上春樹著講談社を読みました。主人公のガールフレンドのすみれ。主人公とすみれは親密な関係ではなかった。すみれはレズビアンだったのだ。すみれは小説家志望でそれを目指していたが、ある日ミュウとい ... » more

「国境の南、太陽の西」を読む 「国境の南、太陽の西」村上春樹著講談社文庫を読みました。はじめ君と島本さんは幼なじみで仲良くしていた。しかしはじめ君は島本さんとちがう中学に通い思春期もあってか12歳から会うこともなくなった。はじめ君が引っ越した ... » more

「ダンス・ダンス・ダンス」を読む 「ダンス・ダンス・ダンス」上下村上春樹著講談社文庫を読みました。「羊をめぐる冒険」の続編。この本に出てきていなくなってしまった耳の印象的な女の子キキを探す物語。前は大まかにわかればいいと、さらさら〜と読んでいましたが ... » more

良太の部屋「ノルウェイの森」を読む
「ノルウェイの森」を読む 「ノルウェイの森」上下村上春樹著講談社文庫を読みました。好き嫌いの分かれる作品ですね。純情な人にはアレですが、みんなこのようなことをしてると思います。私はしてないけど。。 ... » more

良太の部屋「羊をめぐる冒険」を読む
「羊をめぐる冒険」を読む 「羊をめぐる冒険」上下村上春樹著講談社文庫を読みました。「風の歌を聴け」と「1973年のピンボール」と「羊をめぐる冒険」は村上春樹さんの青春三部作といわれています。これから「ダンス・ダンス・ダンス」につながってい ... » more

「1973年のピンボール」を読む 「1973年のピンボール」村上春樹著講談社文庫を読みました。 ... » more

 

最終更新日: 2017/11/01 01:53

「村上春樹」のブログ関連商品

» 「村上春樹」のブログレビュー をもっと探す

「村上春樹」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る