誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    村上春樹

村上春樹

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「村上春樹」のブログを一覧表示!「村上春樹」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「村上春樹」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「村上春樹」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

「ダンス・ダンス・ダンス」を再読しました 村上春樹さんを再読し始めてようやく「ダンス・ダンス・ダンス」まで読み終わりました。途中で順番があやふやになりましたが、この後の長編小説は、「国境の南、太陽の西」、そして過去に私が途中で投げ出した「ねじまき鳥クロニクル ... » more
テーマ 村上春樹

良太の部屋「海辺のカフカ」を読む
「海辺のカフカ」を読む 「海辺のカフカ」上下村上春樹著新潮社を読みました。同時進行する二つの物語。二つの物語は交差する。数々の意味のあるような無いような不思議な出来事。まだよく読み取れてないかも。。 ... » more

「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」を読む 「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」村上春樹著新潮文庫を読みました。同時進行する二つの物語。「世界の終わり」という物語と「ハードボイルド・ワンダーランド」という物語。二つの物語には関係性がある。村 ... » more

「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」 村上春樹さんのファンサイトの中で、「長編小説ランキング」というものがあり、読者が自分の好きな作品を投票するものがあるのですが、この「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」は1位に輝いております。面白い ... » more

「スプートニクの恋人」を読む 「スプートニクの恋人」村上春樹著講談社を読みました。主人公のガールフレンドのすみれ。主人公とすみれは親密な関係ではなかった。すみれはレズビアンだったのだ。すみれは小説家志望でそれを目指していたが、ある日ミュウとい ... » more

「国境の南、太陽の西」を読む 「国境の南、太陽の西」村上春樹著講談社文庫を読みました。はじめ君と島本さんは幼なじみで仲良くしていた。しかしはじめ君は島本さんとちがう中学に通い思春期もあってか12歳から会うこともなくなった。はじめ君が引っ越した ... » more

「ダンス・ダンス・ダンス」を読む 「ダンス・ダンス・ダンス」上下村上春樹著講談社文庫を読みました。「羊をめぐる冒険」の続編。この本に出てきていなくなってしまった耳の印象的な女の子キキを探す物語。前は大まかにわかればいいと、さらさら〜と読んでいましたが ... » more

良太の部屋「ノルウェイの森」を読む
「ノルウェイの森」を読む 「ノルウェイの森」上下村上春樹著講談社文庫を読みました。好き嫌いの分かれる作品ですね。純情な人にはアレですが、みんなこのようなことをしてると思います。私はしてないけど。。 ... » more

良太の部屋「羊をめぐる冒険」を読む
「羊をめぐる冒険」を読む 「羊をめぐる冒険」上下村上春樹著講談社文庫を読みました。「風の歌を聴け」と「1973年のピンボール」と「羊をめぐる冒険」は村上春樹さんの青春三部作といわれています。これから「ダンス・ダンス・ダンス」につながってい ... » more

「1973年のピンボール」を読む 「1973年のピンボール」村上春樹著講談社文庫を読みました。 ... » more

良太の部屋「風の歌を聴け」を読む
「風の歌を聴け」を読む 「風の歌を聴け」村上春樹著講談社文庫を読みました。 ... » more

満載!Myど−らく1Q84
1Q84 週末にゆっくりと家飲みができるのは、ある意味一番幸せかも。今週末もおかげさまでゆっくりお酒が飲める・・・今日のお供は土佐のお酒。やっぱり合うのはカツオ?かと思うけど、今日のアテは鰻。もちろん、あのお方から。奥さまの仕上げで、さら ... » more

「アンダーグラウンド」という本の紹介です 著者は村上春樹さん。地下鉄サリン事件に遭遇した被害者や関係者62人にインタビューしたノンフィクション作品です。村上春樹さんの本をブックオフにて買い漁っていた時に見つけたもので、刊行順に読むつもりだから、順番的には ... » more
テーマ 村上春樹

オウム真理教の高橋克也容疑者が逮捕され、オウムとはなんであったか、17年経過しているが、オウムがなんだったか、理解は深まっていない。私にとって。村上春樹の地下鉄サリン事件を追ったノンフィクション「アンダーグラウンド」を書棚から取り出して ... » more
テーマ アンダーグラウンド 高橋克也 村上春樹

1Q84 BOOK1 〈4月−6月〉 (村上春樹) 満足度4★★★★新潮文庫初出版2009年読んだ回数1回★ 新潮文庫−裏表紙の紹介文1Q84年――私はこの新しい世界をそのように呼ぶことにしよう。青豆はそう決めた。Qはquestion markのQだ。 ... » more
テーマ 読書 その他(村上春樹) 村上春樹

「村上春樹大好き!」という本の紹介です それにしてもストレートなタイトルですな(笑)おなじみの別冊宝島文庫。以前発売していた「僕たちの好きな村上春樹」を増補・改訂・改題したものであります。内容としては、「村上春樹さん個人が好き」というファンブッ ... » more
テーマ 村上春樹

久しぶりに「ノルウェイの森」を読みました この「ノルウェイの森」は、村上春樹が国民的な作家になるきっかけとなった作品であり、「世界の中心で〜」いわゆるセカチューに抜かれるまでは、日本で最も売り上げた単行本のようです。村上春樹自身が手がけたクリスマスの ... » more
テーマ 村上春樹

村上春樹の初期三部作を再読しました 村上春樹のデビュー作って、もう30年以上前になるのですな〜(しみじみ)「風の歌を聴け」「1973年のピンボール」「羊をめぐる冒険」初期三部作(僕と鼠ものシリーズ)を20年ぶりぐらいに再読しました。 ... » more
テーマ 村上春樹

羊をめぐる冒険 (村上春樹) 満足度3.5★★★☆講談社文庫初出版1982年読んだ回数2回★ 講談社文庫−裏表紙の紹介文あなたのことは今でも好きよ、という言葉を残して妻が出て行った。その後、広告コピーの仕事を通して、耳専門のモデル ... » more
テーマ 読書 僕と鼠(青春三部作) 村上春樹

1995講談社私の読み方が雑だったのかもしれないが、物語全体で何を伝えたいのかよくわからなかった。けれども場面の描写はストレートで感情移入しやすかった。 ... » more
テーマ 村上春樹

e-x-m-sノルウェイの森
ノルウェイの森 村上春樹著、講談社刊、1987年(上・下)。wowow、ノルウェイの森監督:トラン・アン・ユン 出演:松山ケンイチ、菊地凛子、水原希子、ほか。映画を見るに当たって原作を読み返す。発表された時にすぐ新刊で買って熱狂 ... » more

1997年講談社文章の中でも哲学的な事を、哲学的な文章で、哲学的に書くものだから理解に苦しむ。というより私の脳のキャパが追いついていない気がする。もっと勉強してから読んで、より深くこの本を理解したいと思う。 ... » more
テーマ 村上春樹

本を読む。「風の歌を聴け」村上春樹
2004年講談社僕と鼠、女の子の三角形が歪ながらも奇妙な一体感を醸しだしている。「青春」というには少し苦い。「性春」と「青春」の間くらい、なんともいえない愛の形が作者の文体に良く合っていると思う。 ... » more
テーマ 村上春樹

2004年講談社エッセイと小説の間。表現がすき。人物の表情や感情という汲み取りにくいものも、パッと天啓が来るようにわかり易い。ちょこちょこ入っている単語のチョイスが好き。 ... » more
テーマ 村上春樹

海cafe2村上春樹が増殖中・・・・
村上春樹が増殖中・・・・ なんでも「熱しやすい」性格の私。再収集を始めた村上春樹が、なかなかの量になってきました(笑)購入の基本ルールとしては、原則、古本屋(ブックオフ)を利用。長編中心に、なるべくキレイな状態のものを購入する事。 ... » more

今更ながら、村上春樹に手を出してみる 最寄のブックオフにて村上春樹を集め始めました。もともと持っていたのですがかなり前に全部売ってしまったのです。我ながら無駄な事をしているな、なんて思います(汗)なんで今更ながら、村上春樹を再読しよう ... » more
テーマ 村上春樹

村上 春樹 「1Q84」 を読みました & 晴海ふ頭ともっちーの写真 話題になっていたころからずいぶん遅れましたが、「1Q84」3冊を最近読みました。(写真は春分の日に出かけた晴海ふ頭公園です。)天吾という青年が、宗教団体から逃げ出した少女が作ったお話を、ゴーストライターと ... » more

『アンダ−グラウンド/村上 春樹』を読んで 折しも、地下鉄サリン事件から今日で17年。僕にとって地下鉄サリン事件は、神戸製鋼が危ないゲームをいくつもモノにしながらラグビー日本選手権で7連覇し、「やっぱり最後は神戸が勝つんだなあ」と思い、その二日後に阪神大震災が ... » more

1973年のピンボール (村上春樹) 満足度3★★★講談社文庫初出版1980年読んだ回数2回★ 講談社文庫−裏表紙の紹介文さようなら、3フリッパーのスペースシップ。さようなら。ジェイズ・バー。双子の姉妹との〈僕〉の日々 ... » more
テーマ 読書 僕と鼠(青春三部作) 村上春樹

「海辺のカフカ 上下巻」 入口の石 小説「海辺のカフカ上下巻」2002年村上春樹著新潮社上巻2002年9月10日発行2002年10月15日5刷下巻2002年9月10日発行2003年1月25日9刷2011年12月30日(金)読了村上春樹の小説を読むのは20年ぶりぐら ... » more
テーマ 小説 村上春樹

 

最終更新日: 2016/11/24 01:19

「村上春樹」のブログ関連商品

» 「村上春樹」のブログレビュー をもっと探す

「村上春樹」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る