誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    村上春樹

村上春樹

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「村上春樹」のブログを一覧表示!「村上春樹」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「村上春樹」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「村上春樹」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

村上春樹の小説を読んでいると(ある小説の5分の一ほどだが)、いやと言うほど主人公の男が若くてきれいな女性としかも色々な女性とキスしたり、SExを楽しんだりする。そうした場面を読んでいると、とても悔しくて、自分が惨めに思えてくるのだが、でも、 ... » more
テーマ つぶやき 女性の心理 村上春樹

世の中、こういうことがあるのですね。一昨日の記事で何気なく魔がさして口にした「そうだ村上さんに聞いてみよう」の本のこと。かなり前に出版された本なんですけれど、その企画の第?弾が昨日15日に発表されたらしいです。今日、同じく氏のフ ... » more

タコ部屋から神戸の洋食文化〜精養軒
神戸の洋食文化〜精養軒 毎年の恒例行事になりつつある村上春樹のノーベル賞受賞待ち。今年も残念な結果に終わったが、選定を待つ関係者やファンの様子が毎回、取り上げられる。今回見たのは、彼の出身校である神戸高校の同窓会館に待機する同窓生の姿だった。 ... » more

村上春樹 ‘色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年’ 村上春樹氏の小説には、読者を一瞬で物語の世界に引き込んでしまう強力な引力があるようです。‘色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年’もそんな、強力な引力を持つ小説です。物語の冒頭から何か派手な演出があるわけでもな ... » more

村上春樹氏/日本と日本人は、戦争と福島原発事故の  責任を取っていない!「自己責任の回避」傾向に苦言 村上春樹氏/日本と日本人は、戦争と福島原発事故の責任を取っていない! 「自己責任の回避」傾向へ苦言! 村上春樹は、毎日新聞とのインタビューで、日本の抱える問題に、共通して自己責任の回避がある ... » more

村上春樹が稀代のジャズマンに関する文章を選んで翻訳した本 『セロニアス・モンクのいた風景』 村上春樹が稀代のジャズマンに関する文章を選んで翻訳した本『セロニアス・モンクのいた風景』NEWSポストセブン2014.10.18 07:00http://www.news-postseven.com/archives/2014101 ... » more
テーマ セロニアス・モンクのいた風景 NEWSポストセブン 村上春樹

『セロニアス・モンクのいた風景』村上春樹編・訳(新潮社 2160円税込) 『セロニアス・モンクのいた風景』村上春樹編・訳(新潮社2160円税込)頑固で優しく、偏屈だけど正しいーーモンクの音楽は、いつも大きな謎だった。演奏も振る舞いも「独特」そのもの。しかし、じっくり耳を傾ければその音楽は聴く者 ... » more
テーマ セロニアス・モンクのいた風景 ジャズ 村上春樹

村上春樹著「風の歌を聴け」を読んだ。僕はこの本で村上氏の本は2冊目だ。1冊目は最新刊の「女のいない男たち」。「風の歌を聴け」は、彼のデビュー作だ。だから彼の最新作と最も古い本を読んだことになる。これらの本には幾つかの共通点がある。それは主 ... » more

『女のいない男たち/村上春樹』を読んで 僕は、比較的独りでいることが好きだし、独りでいることが気にならない方だと思うけれど、男にとって「女=伴侶・彼女」がいないこと、またはいなくなったことの喪失感がとてもリアルで、物語・創作とわかっていても心の深いところを揺さ ... » more

この作品は良くわからなかった。多分、主人公の木野も最初、わからなかったのだろうけど、旅にでて、その不可解なカミタと言う人物の言葉を理解できたのだろう。でも、僕にしたら、理解も感じることもできなかった。多分、著者はこういうことを言いたかった ... » more

「病む女はなぜ村上春樹を読むか」(ベスト新書)小谷野敦著(ベストセラーズ 820円税込) 「病む女はなぜ村上春樹を読むか」(ベスト新書)小谷野敦著(ベストセラーズ820円税込)村上春樹作品の本質はポルノ文学である。現に村上作品の海外翻訳版では、一部の性描写はカットされている。そして、その事実が巧妙に隠蔽される ... » more

この短編集は6編からなっていて、私は丁度3編目を読んだところだ。その3編目が「独立器官」だ。3編目までを読んで感じるのは、この著者は人間の深層心理をとても丁寧に表現していると言うことだ。ことに若くて、やや上流家庭の男女の心理描写は得意とする ... » more

ダンスダンスダンス 鼠3部作?の最後の「羊をめぐる冒険」では、村上ワールドらしい展開でそれなりに納得させられる結末が味わえましたが、どうも、その続編であろう「ダンスダンスダンス」では、後味の悪さと、気分の落ち込みが、いつまでも続いて後味が悪い。どうにも悪い。 ... » more

今日、村上春樹著「女のいない男たち」(2014,4、文芸春秋刊)を買った。短編集で、1編を少しだけ読んでみたが、、男と女の心理の微妙さを興味深く描いている。僕は、まさに”女のいない男たちの”一人だが、ふと、逆に”男のいない女たち”のことも ... » more

Danny Boy, Brian Wilson & Jeff Beck Bands GW後半は尻すぼみであったが「アナと雪の女王」をBF君と見にいったり、読書をしました。やはり一気に読んで村上作品を楽しみました。 ... » more

名盤!村上春樹新刊
村上春樹新刊 今週も毎日(ほぼの予定ですが)更新続けています。電車の中では、かなり多くの人がスマホを使っている。朝だとニュース系のものを読んでる人が多いのだろうか。ゲームしてる人も割といるようだ。スマホの普及で電車内で新聞を読む人が減 ... » more

満載!Myど−らく「鼠」3部作
「鼠」3部作 村上春樹のデビュー作「風の歌を聴け」から、「1973年のピンボール」そして「羊をめぐる冒険」の3部作を、登場人物になぞって「鼠」三部作、と呼ぶらしい。なるほど初期の作品らしく、今のイメージと比較すると、特に最初の2作品は、ずいぶん荒 ... » more

国境の南、太陽の西 春樹ニスト・ビギナーの私にとっては、「ノルウェーの森」に並ぶくらい揺さぶられた作品でした。主人公の「僕」は、一応の(いや、かなりの?)成功を収めた人生を送りつつも、過去に犯した「間違い」に縛られ、「罪の意識」に悔やみ、それでも、 ... » more

もうない「パラダイス」という名の中華料理店 2013 恒例の高校時代の同窓の忘年会がある。行きつけの中華料理店が店を畳んで、今年で3年になる。当然、違う店で集まるのだが、幸いなことに、いつものメンバーが欠けることなく集まる。例によって、家族のこと仕事のこと。 ... » more

1Q84 BOOK3〈10月-12月〉/村上春樹 いままで天吾と青豆だけだった章に、今回から牛河の章が加わる。彼もまた1Q84年へと入り込んでしまったことに気づいた一人。二人の足跡を追う牛河。お互いにその足跡を追いながらもすれ違ってきた二人。それぞれの結末。一応はこ ... » more
テーマ 読書 村上春樹

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 村上 春樹   自分に自信のない人へのメッセージ 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 村上 春樹 自分に自信のない人へのメッセージ今年のベストセラー第一位。確かに読みだすとひきつけられる。独特の文体。村上ワールドに引き込まれる。続きを読みたい、どうなるか知りた ... » more
テーマ 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 読書 村上春樹

グレート・ギャッツビー 「都市伝説の女」が、終わってしまった・・・。正座しながらまさみ様の美脚を拝むという、至福の金曜日の夜は二度と来ないのか・・気を取り直して・・・ノルウェイの森の主人公の愛読書がフィッツジェラルドの「グレート・ギャッツビー」でし ... » more

紫綬褒章受章に際しての北方謙三の談話に関心を引かれた。(朝日新聞、11月2日朝刊、37面)彼は学生だった1970年、「明るい街へ」が文芸誌『新潮』に掲載されデビュー。純文学にこだわってアルバイトをしながら執筆し続けて10年。ボツ原稿は自 ... » more
テーマ 司馬遼太郎 現代作家論 村上春樹  コメント(1)

『在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由』(阪急コミュニケーションズ)という本が最近出た。その中に旧知の鈴木征四郎氏が「戦争の傷刻む地で本音の交流」という文章を書いている。鈴木氏(74歳)は退職後に中国に行き、元南京農業大学 ... » more
テーマ 本・映画・音楽・言葉 時事問題 村上春樹  コメント(1)

朝日新聞10月18日付、オピニオン欄。各界人のインタビュー欄だが、ここで私が注目したのは、インタビュイー(石田英敬・東大教授)ではなく、インタビュワーが高橋純子記者だったからだ。以前に私は、彼女が失権した鳩山由紀夫(元首相)に対して、ど ... » more

満載!Myど−らく海辺のカフカ
海辺のカフカ 最近、ゆきりんに浮気してたけど、やっぱりまさみ様のもとに戻。ごめんなさい・・・と、都市伝説の女を見ながら・・・「海辺のカフカ」、ああ、なるほど!って感じで、最後はそれなりに納得。でも、もう一度読み返して、細部の仕掛けをもっとよく理解 ... » more

10月14日、「アカデミカコール演奏会2013」が行われた。初台駅下車、東京オペラシティ・コンサートホール・タケミツメモリアルで。午後2時から。両国高校の同期で、駒場の同級、中村晴永君が出演するので。プログラムは以下の通り。第一ステ ... » more
テーマ 本・映画・音楽・言葉 宗教論 村上春樹

Ban'ya村上春樹で空騒ぎはやめろ!!!
村上春樹という男に、知性のかけらを感じない。すべて中途半端な男。こいつがノーベル文学賞をもらおうともらうまいと無関心。ただ、この男が日本文学の代表者として扱われることは、馬鹿馬鹿しさの骨頂。ノーベル賞は、とくに平和賞や経済学賞がひど ... » more

スウェーデン・アカデミーは10月10日、2013年のノーベル文学賞をカナダのアリス・マンローさんに贈ると発表した。受賞候補として有力視されていた日本の村上春樹さんは、今回も受賞を逃した。(ハフポストより)残念でしたね。で ... » more

村上春樹のノーベル賞 露骨な性描写が「壁」? 村上春樹のノーベル賞露骨な性描写が「壁」?(更新 dot.asahi.com2013/10/ 7 11:30)http://dot.asahi.com/wa/2013100400026.html 2013年4月の発売 ... » more

 

最終更新日: 2017/07/19 21:00

「村上春樹」のブログ関連商品

» 「村上春樹」のブログレビュー をもっと探す

「村上春樹」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る