誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    村上春樹

村上春樹

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「村上春樹」のブログを一覧表示!「村上春樹」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「村上春樹」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「村上春樹」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

ハルキストの広場1Q84 A「さきがけ」
今回は1Q84からわかる村上春樹の「オウム真理教事件」への見方について考えてみたいと思います。そこで注目するべきは作中に登場する宗教団体「さきがけ」とそれを統括するリーダーこと、ふかえりの父でしょう。話は1Q84から少し離れ ... » more

ハルキストの広場1Q84 @ あらすじ
まず、何から村上春樹の作品を紹介しようか迷ったのですが、初回はできるだけ皆さんになじみの深い作品にしようと思い、昨日触れた「1Q84」を取り上げようと思います。「1Q84」は2009年から出版された村上春樹の13作目の長編小説です。 ... » more

早速ですが、皆さんは村上春樹の作品にどのようなイメージを持ってますか。「エロくて、過激で、よくわからない。」というのが大方、彼の作品を読んだ皆さんが持つイメージなのではないでしょうか。作品を読んだことがない方でも作品の名前く ... » more
テーマ 読書 村上春樹

村上春樹の短編集『女のいない男たち』の劈頭を飾る「ドライブ・マイ・カー」は、周到な計算のもとに書かれた佳作である。60代も半ばになる村上はこの作品で、自身がデビュー当時からもちつづけてきた主題に対し、現在の彼なりのやり方で正面から向きあ ... » more
テーマ 批評 文学研究 村上春樹

村上春樹『女のいない男たち』の「まえがき」について 村上春樹の短編集『女のいない男たち』(文藝春秋、2014年)には、村上自身による「まえがき」が設けられている。村上はこの「まえがき」の存在を、自分の小説にとっては例外的なものであるという。「まえがき」の冒頭、そのことに言及し ... » more
テーマ 批評 文学研究 村上春樹

風の歌を聴け 村上春樹:著 20150607(日) のすばらしく、良いお天気で、ございます。滝沢に、戦車を見に行く予定でしたが、二人とも、ゆっくり起きてしまい、ちょっと、行けそうにもありません。まっ、他にもやることが ... » more

”ノルウェイの森”(下) 村上春樹:著 20150512(火) 風もそれ程強くなく、穏やかな一日でございました。書類を作っては、提出先に持ち込んだり・・・そんなことで、明け番の日が、過ぎていってしまいました。{%ノートwebr ... » more

”ノルウェイの森”() 村上春樹:著  20150509(土) なんか、キ−ボ−ドの打ち込みが、しんどいな。指の感覚が、合わないのかな?ノルウェイの森(上)村上春樹:著講談社文庫(たぶん、ブック・ ... » more

村上春樹が、原発推進派を徹底論破!原発推進派メールの、へ理屈に、丁寧に反論!再稼働を止めなければ! 村上春樹が、原発推進派を徹底論破!原発推進派メールの、へ理屈に、丁寧に反論! 再稼働を止めなければ!LITERA/リテラ(SP)http://lite-ra.com/i/2015/0 ... » more

歳をとるということは心と身体が分離しはじめると言うことなんだろうな。つい最近まで、心も身体も一体だった。でも、ほんのこの1〜2ヶ月で、人間の外郭とその精神が違うということを、村上春樹の小説を読んでから考えるようになって、また、からだが不調 ... » more
テーマ 身体 村上春樹

村上春樹著「海辺のカフカ」を読んだ。結論として、いろいろ不可解な点が疑問として残り、すっきり解決しない。だから、もう一度読んでみないとわからないと感じた。その不可解なことというのは、最初、学校の女の先生が生理で、大量の血を流し、そ ... » more

村上春樹の小説「ノルウェイの森」(講談社文庫)を読んだ。この小説の終わりに近づくにつれ、youtube上でアップロードされている、森昌子が歌う”さよならの海”の動画の背景が気になってしよがなかった。それは、この動画の若い二人の抱擁シーンや ... » more

村上春樹の小説を読んでいると(ある小説の5分の一ほどだが)、いやと言うほど主人公の男が若くてきれいな女性としかも色々な女性とキスしたり、SExを楽しんだりする。そうした場面を読んでいると、とても悔しくて、自分が惨めに思えてくるのだが、でも、 ... » more
テーマ つぶやき 女性の心理 村上春樹

世の中、こういうことがあるのですね。一昨日の記事で何気なく魔がさして口にした「そうだ村上さんに聞いてみよう」の本のこと。かなり前に出版された本なんですけれど、その企画の第?弾が昨日15日に発表されたらしいです。今日、同じく氏のフ ... » more

タコ部屋から神戸の洋食文化〜精養軒
神戸の洋食文化〜精養軒 毎年の恒例行事になりつつある村上春樹のノーベル賞受賞待ち。今年も残念な結果に終わったが、選定を待つ関係者やファンの様子が毎回、取り上げられる。今回見たのは、彼の出身校である神戸高校の同窓会館に待機する同窓生の姿だった。 ... » more

村上春樹 ‘色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年’ 村上春樹氏の小説には、読者を一瞬で物語の世界に引き込んでしまう強力な引力があるようです。‘色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年’もそんな、強力な引力を持つ小説です。物語の冒頭から何か派手な演出があるわけでもな ... » more

村上春樹氏/日本と日本人は、戦争と福島原発事故の  責任を取っていない!「自己責任の回避」傾向に苦言 村上春樹氏/日本と日本人は、戦争と福島原発事故の責任を取っていない! 「自己責任の回避」傾向へ苦言! 村上春樹は、毎日新聞とのインタビューで、日本の抱える問題に、共通して自己責任の回避がある ... » more

村上春樹が稀代のジャズマンに関する文章を選んで翻訳した本 『セロニアス・モンクのいた風景』 村上春樹が稀代のジャズマンに関する文章を選んで翻訳した本『セロニアス・モンクのいた風景』NEWSポストセブン2014.10.18 07:00http://www.news-postseven.com/archives/2014101 ... » more
テーマ セロニアス・モンクのいた風景 NEWSポストセブン 村上春樹

『セロニアス・モンクのいた風景』村上春樹編・訳(新潮社 2160円税込) 『セロニアス・モンクのいた風景』村上春樹編・訳(新潮社2160円税込)頑固で優しく、偏屈だけど正しいーーモンクの音楽は、いつも大きな謎だった。演奏も振る舞いも「独特」そのもの。しかし、じっくり耳を傾ければその音楽は聴く者 ... » more
テーマ セロニアス・モンクのいた風景 ジャズ 村上春樹

村上春樹著「風の歌を聴け」を読んだ。僕はこの本で村上氏の本は2冊目だ。1冊目は最新刊の「女のいない男たち」。「風の歌を聴け」は、彼のデビュー作だ。だから彼の最新作と最も古い本を読んだことになる。これらの本には幾つかの共通点がある。それは主 ... » more

『女のいない男たち/村上春樹』を読んで 僕は、比較的独りでいることが好きだし、独りでいることが気にならない方だと思うけれど、男にとって「女=伴侶・彼女」がいないこと、またはいなくなったことの喪失感がとてもリアルで、物語・創作とわかっていても心の深いところを揺さ ... » more

この作品は良くわからなかった。多分、主人公の木野も最初、わからなかったのだろうけど、旅にでて、その不可解なカミタと言う人物の言葉を理解できたのだろう。でも、僕にしたら、理解も感じることもできなかった。多分、著者はこういうことを言いたかった ... » more

「病む女はなぜ村上春樹を読むか」(ベスト新書)小谷野敦著(ベストセラーズ 820円税込) 「病む女はなぜ村上春樹を読むか」(ベスト新書)小谷野敦著(ベストセラーズ820円税込)村上春樹作品の本質はポルノ文学である。現に村上作品の海外翻訳版では、一部の性描写はカットされている。そして、その事実が巧妙に隠蔽される ... » more

この短編集は6編からなっていて、私は丁度3編目を読んだところだ。その3編目が「独立器官」だ。3編目までを読んで感じるのは、この著者は人間の深層心理をとても丁寧に表現していると言うことだ。ことに若くて、やや上流家庭の男女の心理描写は得意とする ... » more

ダンスダンスダンス 鼠3部作?の最後の「羊をめぐる冒険」では、村上ワールドらしい展開でそれなりに納得させられる結末が味わえましたが、どうも、その続編であろう「ダンスダンスダンス」では、後味の悪さと、気分の落ち込みが、いつまでも続いて後味が悪い。どうにも悪い。 ... » more

今日、村上春樹著「女のいない男たち」(2014,4、文芸春秋刊)を買った。短編集で、1編を少しだけ読んでみたが、、男と女の心理の微妙さを興味深く描いている。僕は、まさに”女のいない男たちの”一人だが、ふと、逆に”男のいない女たち”のことも ... » more

Danny Boy, Brian Wilson & Jeff Beck Bands GW後半は尻すぼみであったが「アナと雪の女王」をBF君と見にいったり、読書をしました。やはり一気に読んで村上作品を楽しみました。 ... » more

名盤!村上春樹新刊
村上春樹新刊 今週も毎日(ほぼの予定ですが)更新続けています。電車の中では、かなり多くの人がスマホを使っている。朝だとニュース系のものを読んでる人が多いのだろうか。ゲームしてる人も割といるようだ。スマホの普及で電車内で新聞を読む人が減 ... » more

満載!Myど−らく「鼠」3部作
「鼠」3部作 村上春樹のデビュー作「風の歌を聴け」から、「1973年のピンボール」そして「羊をめぐる冒険」の3部作を、登場人物になぞって「鼠」三部作、と呼ぶらしい。なるほど初期の作品らしく、今のイメージと比較すると、特に最初の2作品は、ずいぶん荒 ... » more

国境の南、太陽の西 春樹ニスト・ビギナーの私にとっては、「ノルウェーの森」に並ぶくらい揺さぶられた作品でした。主人公の「僕」は、一応の(いや、かなりの?)成功を収めた人生を送りつつも、過去に犯した「間違い」に縛られ、「罪の意識」に悔やみ、それでも、 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/24 01:19

「村上春樹」のブログ関連商品

» 「村上春樹」のブログレビュー をもっと探す

「村上春樹」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る