誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    村上春樹

村上春樹

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「村上春樹」のブログを一覧表示!「村上春樹」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「村上春樹」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「村上春樹」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

異文化の非日常性を意識的に使う 村上春樹の紀行文  「ラオスにいったい何があるというんですか?」 異文化の非日常性を意識的に使う村上春樹の紀行文NEWSポストセブン2016.02.10 16:00http://www.news-postseven.com/archives/20160210_382859.html【書評】 ... » more
テーマ 紀行文 ラオスにいったい何があるというんですか? 村上春樹

『職業としての小説家/村上春樹』を読んで 発売日に購入して以降、一頁ずつゆっくりと味わいながら、約半年かけて読みました。日本人だけでも数多の作家がいますが、ぼくはやっぱり村上春樹さんが好きです。とても短くて簡潔な文書なんだけど、とても深く、誠実で深い ... » more
テーマ 読書 村上春樹

職業としての小説家 (Switch library) 村上春樹  なんとなく、、、 村上春樹私的講演録、だそうな。彼の「小説家」に対する考え、「文学賞」に対する考え、「学校」に対する考えなどが何となく綴られている。気軽に読める。悪くない。特に学校に対する考えは共感する。遅刻防止で閉じられる塀に挟まれ ... » more
テーマ 読書 職業としての小説家 村上春樹

【今日の新刊】  「ラオスにいったい何があるというんですか?」村上春樹著(文藝春秋 1650円+税) 今日の新刊「ラオスにいったい何があるというんですか?」村上春樹著(文藝春秋 1650円+税)日刊ゲンダイ2016年1月7日http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/17281 ... » more
テーマ ラオスにいったい何があるというんですか? 今日の新刊 村上春樹

「ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集」 村上春樹著(文藝春秋 1,782円税込) 「ラオスにいったい何があるというんですか?紀行文集」 村上春樹著(文藝春秋1,782円税込)「旅先で何もかもがうまく行ったら、それは旅行じゃない」村上春樹、待望の紀行文集。アメリカ各地、荒涼たるアイスラン ... » more
テーマ 紀行文 ラオスにいったい何があるというんですか? 村上春樹

村上春樹さん小説が初電子化 12月4日に発売 【話題のニュース】村上さん小説が初電子化12月4日に発売東京新聞2015年11月5日 12時26分http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015110501001169.html文芸春秋 ... » more
テーマ 東京新聞 電子版 村上春樹

隣人からはネタで「ハルキスト」と振られることがあります。あえて否定せず、カドカワのほうね・・と答えることにしています。一年ほど前、FB上のやりとりで書いたコメント――。もちろん、カドカワのほうのハルキストではありません。 ... » more
テーマ 村上春樹

遠い太鼓(村上春樹)を読み終える 9月初旬から入ったムラカミワールドからやっと帰ってくる。その間、僕は他の本も読んだし、2度も旅行した。3年間のヨーロッパ旅行記にふさわしく、いつも一気読みする村上春樹と違い、日常に並行して読んだ。1986年から1989年 ... » more

講談社、村上さんエッセー電子化 「遠い太鼓」など 【話題のニュース】講談社、村上さんエッセー電子化「遠い太鼓」など東京新聞2015年10月27日 11時10分http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015102701001353.html ... » more

たいそうなタイトルの本だ。文庫本であるが、タイトル負けしない、なかなか読み応えのある本である。著者は、多くの死を見てきた病院勤務の若い臨床医。そもそも幸せな死なんかあるのだろうか。現代人は、死を身近に感じなくなって久 ... » more
テーマ 村上春樹

「職業としての小説家 」村上春樹著(スイッチ・パブリッシング 1944円税込) 「職業としての小説家 (Switch library) 」村上春樹著(スイッチ・パブリッシング1944円税込)http://www.switch-pub.co.jp/murakami/村上春樹『職業としての小説家』写真= ... » more
テーマ 職業としての小説家 エッセイ 村上春樹

村上春樹エッセー、書店を元気に 書籍流通の常識に一石 【話題のニュース】村上春樹エッセー、書店を元気に書籍流通の常識に一石東京新聞2015年9月10日 09時01分http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015091001000775.html ... » more
テーマ 東京新聞 職業としての小説家 村上春樹

本箱のすみに押し込まれていた 遠い太鼓(村上春樹)を読み始める 1990年出版すでに紙が変色している。好きな村上春樹だが、なぜか買ったまま読まないで本箱のすみに押し込まれていた。ふと手にとって読み始める。1986〜1989年村上春樹はヨーロッパ各地に長期滞在し、その間に「ノー ... » more

1Q84 Bの続きから・・・完全に自身を理解する存在がいなければ人は生きてはいけないということなんですが、・・・と前回、同時存在という言葉について説明しました。つまり、村上春樹は自分を100%理解してくれる自分の分身 ... » more

一日、日が開いてしまいましたが今回はレシヴァとパシヴァ、二つの月などといった1Q84に登場するペアの関係にある言葉について考察しようと思います。すでに1Q84をお読みになった方はわかると思いますがこの作品にはかなりの数のペアの関 ... » more
テーマ 1Q84 村上春樹

ハルキストの広場1Q84 A「さきがけ」
今回は1Q84からわかる村上春樹の「オウム真理教事件」への見方について考えてみたいと思います。そこで注目するべきは作中に登場する宗教団体「さきがけ」とそれを統括するリーダーこと、ふかえりの父でしょう。話は1Q84から少し離れ ... » more

ハルキストの広場1Q84 @ あらすじ
まず、何から村上春樹の作品を紹介しようか迷ったのですが、初回はできるだけ皆さんになじみの深い作品にしようと思い、昨日触れた「1Q84」を取り上げようと思います。「1Q84」は2009年から出版された村上春樹の13作目の長編小説です。 ... » more

早速ですが、皆さんは村上春樹の作品にどのようなイメージを持ってますか。「エロくて、過激で、よくわからない。」というのが大方、彼の作品を読んだ皆さんが持つイメージなのではないでしょうか。作品を読んだことがない方でも作品の名前く ... » more
テーマ 読書 村上春樹

村上春樹の短編集『女のいない男たち』の劈頭を飾る「ドライブ・マイ・カー」は、周到な計算のもとに書かれた佳作である。60代も半ばになる村上はこの作品で、自身がデビュー当時からもちつづけてきた主題に対し、現在の彼なりのやり方で正面から向きあ ... » more
テーマ 批評 文学研究 村上春樹

村上春樹『女のいない男たち』の「まえがき」について 村上春樹の短編集『女のいない男たち』(文藝春秋、2014年)には、村上自身による「まえがき」が設けられている。村上はこの「まえがき」の存在を、自分の小説にとっては例外的なものであるという。「まえがき」の冒頭、そのことに言及し ... » more
テーマ 批評 文学研究 村上春樹

風の歌を聴け 村上春樹:著 20150607(日) のすばらしく、良いお天気で、ございます。滝沢に、戦車を見に行く予定でしたが、二人とも、ゆっくり起きてしまい、ちょっと、行けそうにもありません。まっ、他にもやることが ... » more

”ノルウェイの森”(下) 村上春樹:著 20150512(火) 風もそれ程強くなく、穏やかな一日でございました。書類を作っては、提出先に持ち込んだり・・・そんなことで、明け番の日が、過ぎていってしまいました。{%ノートwebr ... » more

”ノルウェイの森”() 村上春樹:著  20150509(土) なんか、キ−ボ−ドの打ち込みが、しんどいな。指の感覚が、合わないのかな?ノルウェイの森(上)村上春樹:著講談社文庫(たぶん、ブック・ ... » more

村上春樹が、原発推進派を徹底論破!原発推進派メールの、へ理屈に、丁寧に反論!再稼働を止めなければ! 村上春樹が、原発推進派を徹底論破!原発推進派メールの、へ理屈に、丁寧に反論! 再稼働を止めなければ!LITERA/リテラ(SP)http://lite-ra.com/i/2015/0 ... » more

歳をとるということは心と身体が分離しはじめると言うことなんだろうな。つい最近まで、心も身体も一体だった。でも、ほんのこの1〜2ヶ月で、人間の外郭とその精神が違うということを、村上春樹の小説を読んでから考えるようになって、また、からだが不調 ... » more
テーマ 身体 村上春樹

村上春樹著「海辺のカフカ」を読んだ。結論として、いろいろ不可解な点が疑問として残り、すっきり解決しない。だから、もう一度読んでみないとわからないと感じた。その不可解なことというのは、最初、学校の女の先生が生理で、大量の血を流し、そ ... » more

村上春樹の小説「ノルウェイの森」(講談社文庫)を読んだ。この小説の終わりに近づくにつれ、youtube上でアップロードされている、森昌子が歌う”さよならの海”の動画の背景が気になってしよがなかった。それは、この動画の若い二人の抱擁シーンや ... » more

村上春樹の小説を読んでいると(ある小説の5分の一ほどだが)、いやと言うほど主人公の男が若くてきれいな女性としかも色々な女性とキスしたり、SExを楽しんだりする。そうした場面を読んでいると、とても悔しくて、自分が惨めに思えてくるのだが、でも、 ... » more
テーマ つぶやき 女性の心理 村上春樹

世の中、こういうことがあるのですね。一昨日の記事で何気なく魔がさして口にした「そうだ村上さんに聞いてみよう」の本のこと。かなり前に出版された本なんですけれど、その企画の第?弾が昨日15日に発表されたらしいです。今日、同じく氏のフ ... » more

タコ部屋から神戸の洋食文化〜精養軒
神戸の洋食文化〜精養軒 毎年の恒例行事になりつつある村上春樹のノーベル賞受賞待ち。今年も残念な結果に終わったが、選定を待つ関係者やファンの様子が毎回、取り上げられる。今回見たのは、彼の出身校である神戸高校の同窓会館に待機する同窓生の姿だった。 ... » more

 

最終更新日: 2017/03/14 17:52

「村上春樹」のブログ関連商品

» 「村上春樹」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る