誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    村上春樹

村上春樹

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「村上春樹」のブログを一覧表示!「村上春樹」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「村上春樹」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「村上春樹」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

「授賞式に着用した燕尾服はどうなる?」について何年も前から村上春樹氏の名前が挙がっているが、残念ながらことしもノーベル文学賞の授与はならなかった。米国のミュージシャンで作詞家のボブ・ディラ ... » more

ディラン?!ノーベル音楽賞が出来たのか?と思ったら、文学賞なんだね・・・確かに詩人だものね。そういえば、随分以前の事だが、「We Are the World」のレコーディングの時、ボブ・ディランだけが違う扱い(アーティスト全員が示し ... » more

山田ボブディラン
ボブディランがノーベル文学賞を受賞することが決まった。彼の歌は何曲か聴いたことがある。親しみやすい曲で、共感する内容の歌詞も少なくない。今までの文学賞受賞者の詳しいことは知らないが、この分野での受賞は初めてではないか。村上春樹は今年も残念だ ... » more

クレイオーのブログノーベル文学賞
ソース:NHKノーベル文学賞にボブ・ディラン氏http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161013/k10010728991000.htmlソース元より引用代表作の1つ、「風に吹かれて」は黒人 ... » more

四年に一度の小説家対決最終発表 村上春樹先生対池井戸潤先生 村上春樹雑文集 [ 村上春樹 ]楽天ブックス 新潮文庫 村上春樹 新潮社発行年月:2015年10月28日 予約締切日:2015年10月26日 ペー 楽天市場 by ... » more
テーマ 池井戸潤 対決7 村上春樹

理解できなかった「グレート・ギャツビー」 20世紀を代表する文学作品であり、傑作中の傑作といわれる「グレート・ギャツビー」。映画も何作も作られていますね。村上春樹さんも、どれか1冊選ぶとしたらこれを選ぶ、とコメントしてます。私は本当に恥ずかしながら今 ... » more
テーマ 村上春樹

「キャッチャー・イン・ザ・ライ」を読んでみました 思春期というか、読書にはまる頃というか自意識過剰な頃というか、いわゆる「中二病」とかいわれているものなんですが、その頃に誰もが必ず手にする1冊が、「ライ麦畑でつかまえて」であります。私が初めて読んだの ... » more

つくるくんは友達いるけれど僕はいません。色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 [ 村上春樹 ]楽天ブックス 文春文庫 村上春樹 文藝春秋BKSCPN_【pandaーbookcover】BKSCPN_【2,00 楽天市場 by ... » more
テーマ 小説 対決7 村上春樹

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 村上春樹この人の作品は、入りにくいな?たくさん考えながら読まないとね。 ... » more
テーマ 多崎つくる ひとりごと 村上春樹

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」をようやく読破しました 村上春樹ファンの私ですが今更ながら、ようやく最新の長編作品を読破いたしました。単行本は3年前、文庫本は昨年末に出てまして、年が明けてからは文庫本がちょろちょろブックオフに出始めてきて、最初は660円とかア ... » more

海cafe2「悔しい!!」そう思う瞬間
「悔しい!!」そう思う瞬間 村上春樹さんの長編作品において今のところ最新作である、「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」。文庫本を少しでも安く買うためにじっと我慢を続け、ようやく購入した事は以前に紹介いたしました。(その時の過去記 ... » more

ラオスにいったい何があるというんですか?紀行文集 村上春樹 旅っていいなぁ 執筆のために世界各地を旅行する村上春樹さんの紀行文集。読んでいて少しは旅に出た気分になるから楽しい。同じランナーとしてボストンマラソンの下りはやはり羨ましい。そういえば前の会社の先輩もボストンマラソンは素晴らしかったと言ってたな ... » more
テーマ 読書 ラオスにいったい何があるというんですか? 村上春樹

ブックオフにて満足いく買い物をする ライフワークと言ってもいいぐらい、ブックオフ散策を楽しんでる私ですが先日、いつもの定点観測ルートとは別の初めての店舗を訪れました。毎回ですが、初めての店舗はドキドキするもんです。時間をかけて店内を徘徊し、 ... » more

【色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年】村上春樹 ★★★ やはりノーベル賞候補ともなる人の文章はきれいでわかりやすい。読み進みにくい外国の翻訳小説と比べると、これぞ確かに日本人による日本語の作品である、という安心感が漂う。言葉は大仰でもなく貧相でも無い。作者の音楽や絵画、そしてもちろん文学に関する ... » more
テーマ 色彩を持たない多崎つくる 書評 村上春樹  トラックバック(1)

異文化の非日常性を意識的に使う 村上春樹の紀行文  「ラオスにいったい何があるというんですか?」 異文化の非日常性を意識的に使う村上春樹の紀行文NEWSポストセブン2016.02.10 16:00http://www.news-postseven.com/archives/20160210_382859.html【書評】 ... » more
テーマ 紀行文 ラオスにいったい何があるというんですか? 村上春樹

『職業としての小説家/村上春樹』を読んで 発売日に購入して以降、一頁ずつゆっくりと味わいながら、約半年かけて読みました。日本人だけでも数多の作家がいますが、ぼくはやっぱり村上春樹さんが好きです。とても短くて簡潔な文書なんだけど、とても深く、誠実で深い ... » more
テーマ 読書 村上春樹

職業としての小説家 (Switch library) 村上春樹  なんとなく、、、 村上春樹私的講演録、だそうな。彼の「小説家」に対する考え、「文学賞」に対する考え、「学校」に対する考えなどが何となく綴られている。気軽に読める。悪くない。特に学校に対する考えは共感する。遅刻防止で閉じられる塀に挟まれ ... » more
テーマ 読書 職業としての小説家 村上春樹

【今日の新刊】  「ラオスにいったい何があるというんですか?」村上春樹著(文藝春秋 1650円+税) 今日の新刊「ラオスにいったい何があるというんですか?」村上春樹著(文藝春秋 1650円+税)日刊ゲンダイ2016年1月7日http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/17281 ... » more
テーマ ラオスにいったい何があるというんですか? 今日の新刊 村上春樹

「ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集」 村上春樹著(文藝春秋 1,782円税込) 「ラオスにいったい何があるというんですか?紀行文集」 村上春樹著(文藝春秋1,782円税込)「旅先で何もかもがうまく行ったら、それは旅行じゃない」村上春樹、待望の紀行文集。アメリカ各地、荒涼たるアイスラン ... » more
テーマ 紀行文 ラオスにいったい何があるというんですか? 村上春樹

村上春樹さん小説が初電子化 12月4日に発売 【話題のニュース】村上さん小説が初電子化12月4日に発売東京新聞2015年11月5日 12時26分http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015110501001169.html文芸春秋 ... » more
テーマ 東京新聞 電子版 村上春樹

隣人からはネタで「ハルキスト」と振られることがあります。あえて否定せず、カドカワのほうね・・と答えることにしています。一年ほど前、FB上のやりとりで書いたコメント――。もちろん、カドカワのほうのハルキストではありません。 ... » more
テーマ 村上春樹

遠い太鼓(村上春樹)を読み終える 9月初旬から入ったムラカミワールドからやっと帰ってくる。その間、僕は他の本も読んだし、2度も旅行した。3年間のヨーロッパ旅行記にふさわしく、いつも一気読みする村上春樹と違い、日常に並行して読んだ。1986年から1989年 ... » more

講談社、村上さんエッセー電子化 「遠い太鼓」など 【話題のニュース】講談社、村上さんエッセー電子化「遠い太鼓」など東京新聞2015年10月27日 11時10分http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015102701001353.html ... » more

たいそうなタイトルの本だ。文庫本であるが、タイトル負けしない、なかなか読み応えのある本である。著者は、多くの死を見てきた病院勤務の若い臨床医。そもそも幸せな死なんかあるのだろうか。現代人は、死を身近に感じなくなって久 ... » more
テーマ 村上春樹

「職業としての小説家 」村上春樹著(スイッチ・パブリッシング 1944円税込) 「職業としての小説家 (Switch library) 」村上春樹著(スイッチ・パブリッシング1944円税込)http://www.switch-pub.co.jp/murakami/村上春樹『職業としての小説家』写真= ... » more
テーマ 職業としての小説家 エッセイ 村上春樹

村上春樹エッセー、書店を元気に 書籍流通の常識に一石 【話題のニュース】村上春樹エッセー、書店を元気に書籍流通の常識に一石東京新聞2015年9月10日 09時01分http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015091001000775.html ... » more
テーマ 東京新聞 職業としての小説家 村上春樹

本箱のすみに押し込まれていた 遠い太鼓(村上春樹)を読み始める 1990年出版すでに紙が変色している。好きな村上春樹だが、なぜか買ったまま読まないで本箱のすみに押し込まれていた。ふと手にとって読み始める。1986〜1989年村上春樹はヨーロッパ各地に長期滞在し、その間に「ノー ... » more

1Q84 Bの続きから・・・完全に自身を理解する存在がいなければ人は生きてはいけないということなんですが、・・・と前回、同時存在という言葉について説明しました。つまり、村上春樹は自分を100%理解してくれる自分の分身 ... » more

一日、日が開いてしまいましたが今回はレシヴァとパシヴァ、二つの月などといった1Q84に登場するペアの関係にある言葉について考察しようと思います。すでに1Q84をお読みになった方はわかると思いますがこの作品にはかなりの数のペアの関 ... » more
テーマ 1Q84 村上春樹

 

最終更新日: 2016/11/24 01:19

「村上春樹」のブログ関連商品

» 「村上春樹」のブログレビュー をもっと探す

「村上春樹」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る