誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    日本の歴史

日本の歴史

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 歴史
類似テーマ: 日本の歴史 日本史
子テーマ: 江戸時代 縄文時代 昭和時代 戦国時代
テーマ「日本の歴史」のブログを一覧表示!「日本の歴史」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「日本の歴史」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「日本の歴史」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

これは昔に出版された本だが、面白い本である。著者が江戸時代について書きたいことだけを書いているという本で類書とは違う。考えさせられる内容である。章立ては「1.世界史にとりこまれた日本」、「2.”大開発の時代”とその終焉」、「3.構築された社 ... » more
テーマ 江戸時代 歴史

日露戦争で日本を勝利に導く戦略を立てた、小説「坂の上の雲」にも登場する愛媛出身の参謀は・・?! 日露戦争は、明治になって開国間もない日本が勝利した二つ目の戦いでした。この日露戦争で活躍した人としては、例えば秋山好古(あきやまよしふる)や秋山真之(あきやまさねゆき)がいます。二人とも、当時は伊予国と言 ... » more
テーマ 日本の歴史

大国ロシアとの日露戦争・・・日本はどのようにして戦い、勝利したのか?! 1904年、日露戦争になったきっかけ・・・ロシアが勢力を拡大していくのを警戒し、なおかつ清に多くの租借地を持っていたイギリスが、ロシアに自分たちの権益を侵されたくなかったこともあり、1902年、日本と日英同盟を結びま ... » more
テーマ 日本の歴史

日露戦争はなぜ始まったのか? 日清戦争で日本が勝利した直後にもかかわらず・・・ 日本が明治時代であった1894年、日清戦争で勝利した日本は、清と下関条約を結び、台湾と遼東半島を譲り受けることになりました。しかし、その条約からわずか6日後、中国東北部(後の満州辺り)への進出を狙うロシアがド ... » more
テーマ 日本の歴史

伊藤博文が清と結んだ天津条約・・・清がその約束を破り、ついに明治天皇が宣戦の詔を発した!! 日本だけが近代化していっても、ロシアが朝鮮を取ってしまうならば、日本にとってはとても危険であるというので、日本は朝鮮が近代的な国家になるための援助を始めます。でも、そのことをよく思わない反日勢力もいたようで、朝鮮にあ ... » more
テーマ 日本の歴史

日清戦争になったきっかけは、何だったのか?!! 日本が幕末だったころ、世界の情勢は、西洋列強がアジアの国を次々に植民地化しており、日本も植民地化しようとしていました。けれども、1871年12月から1873年9月まで、岩倉使節団がアメリカ合衆国やヨーロッパ諸 ... » more
テーマ 日本の歴史

マルハナバチのつぶやき上杉氏の米沢
上杉氏の米沢 米沢は酒田から最上川沿いに来ると、山形よりも上流にある。その割には標高が高くなった感じがなくて、盆地は開けている気がする。米沢は上杉謙信の後を継いだ景勝が入り、江戸時代を通じて続いた。かつての城跡には上杉神社が建っている。そのあたりを歩いて ... » more
テーマ 日本の歴史

日和山公園あたり 即身仏を拝観 酒田 酒田の海岸沿いの小高い丘の上に日和山公園がある。公園の上から木造の六角灯台が見える。公園の手前に何やらさびれた建物がある。立て看板を見たら映画「おくりびと」の撮影をした建物と出ていた。公園入口の反 ... » more
テーマ 日本の歴史

山居倉庫 酒田 酒田は最上川の河口にあって、米沢、山形、そして庄内平野の農産物を集めてきた。山居倉庫は米蔵として明治時代に建てられた。そして今も現役で使われている。切り妻の妻入りの奥は細長い建物で、それが何棟も続いている。裏に回ると ... » more
テーマ 日本の歴史

本間美術館 酒田 20代の初めのころ、鳥海山に縁があって何回か行った。友人の高校時代の恩師が早期退職して麓の吹浦に住んでいたので厄介になったのである。そのころ、彼女の息子が酒田東高校に通っていた。酒田と聞いても何のイメージもなかった。鳥海山に登り、スキーでも ... » more
テーマ 日本の歴史

野付半島 歴史 野付半島ネイチャーセンターの展示を見ていたら、別海町にある加賀家文書館の案内に目が留まった。加賀家文書館は、幕末にこのあたりでアイヌとの通辞(通訳者)および通行屋支配人として活躍した、加賀伝蔵が残した文書を展示している。文書館に寄り ... » more

今の日本の体制の基礎にもなっていた!!明治維新の改革を見るとわかる、明治政府の意図は?! 戊辰戦争で、新政府側が幕府軍に勝利した後、明治政府は江戸の体制をどのように改革していったのでしょうか??1868年4月、明治政府が新しく発足するにあたって、明治天皇から政府の基本方針、「五箇条の御誓文」が発表されます ... » more
テーマ 日本の歴史

江戸城無血開城・・・幕府軍の勝海舟と新政府軍の西郷隆盛との会談とは!? 幕府側と新政府側との戊辰戦争(1868年1月27日〜30日)が始まって、その最初の鳥羽伏見の戦いからおよそ3か月後、1868年4月11日、幕府軍は新政府軍に対して無抵抗で江戸城を明け渡します。よく、江戸無血開城と呼ばれて ... » more
テーマ 日本の歴史

水戸黄門で有名な徳川光圀が編纂した「大日本史」と、幕末にベストセラーとなった「日本外史」とは でも、なぜ水戸藩出身の徳川慶喜は、朝廷と繋がっている薩長に対して、それほど争う方針ではなかったのでしょうか?そして、なぜ幕府の武士たちは、鳥羽伏見の戦いで、薩長軍が菊の紋が入った錦の御旗(にしきのみはた)を掲げると、 ... » more
テーマ 日本の歴史

弟子屈町屈斜路町コタン アイヌ民族資料館 屈斜路湖畔にあるアイヌ民族資料館に寄った。資料館で伺った話で一番印象に残ったのは、アイヌの人たちが大変な差別を受けてきたということだ。あるときには「犬が来た」と言われたという。それはかつて部落の人々が四つと呼ばれたことを思いださ ... » more
テーマ 日本の歴史

マルハナバチのつぶやきモヨロ貝塚
モヨロ貝塚 「街道をゆく」の「オホーツク街道」には理髪業のかたわら考古学を独学し、モヨロ貝塚を発見し、さらに調査・研究を続けた米村喜男衛(きおえ)のことが出ていた。それ以来網走に行くことがあったらモヨロ貝塚を見学したいと思っていた。現在モヨ ... » more
テーマ 日本の歴史

五翼の房舎 網走監獄V 博物館網走監獄は網走刑務所が全面改築をしたのを機に、明治時代に建造された建築物を天都山に移転復元してできた。国の重要文化財が8棟、国の登録有形文化財が6棟ある。園内を歩くと、歴史を感じさせる建物、しかも監獄として使用されていた建物が散在して ... » more
テーマ 日本の歴史

鎖塚 網走監獄U 明治維新後、ロシアの南下に備えて北海道の防備を固めることは新政府の急務となっていた。この開拓の先兵として長期重罪囚を使役することが太政官大書記官であった金子堅太郎によって考え出された。「元々彼等は暴戻の悪徒であって、尋常の工夫で ... » more
テーマ 日本の歴史

幕府廃絶を命じられた最後の将軍・徳川慶喜の幕府軍と、新しい政権を作ろうとした薩長軍との戦いとは 大老・井伊直弼が亡くなった後、その井伊直弼に任命された、第14代将軍・徳川家茂も病気で亡くなります。 すると、またしても徳川家の跡継ぎを誰にするかという問題が挙がるのですが、適当な人材がいるはずもなく、数か月 ... » more
テーマ 日本の歴史

アメリカから開国を迫られた大老・井伊直弼・・・そのときの決断が、日本を二分した!!? 1853年、開国を要求していたアメリカと日米和親条約を結んだことで、およそ260年間続いた鎖国体制は終わることになっていきました。続いて、1858年には、アメリカ領事のハリスが、さらに神奈川、長崎、新潟、神戸 ... » more
テーマ 日本の歴史

明治以前、大きな戦争がなかった理由と、鎖国体制であった日本に訪れた大きな変化とは?! 明治以前、世界との戦争が無かった理由としては、江戸幕府が、日本人の出入国及び貿易を管理・統制・制限した対外政策、”鎖国体制”をとっていたことも一番の要因だと思います。もっとそれ以前の江戸時代やその前の戦国 ... » more
テーマ 日本の歴史

中国の神話や文化を知っている人に合わせた書き方をしている、「日本書紀」と中国神話の類似点とは 国外向けに書かれた日本の歴史書「日本書紀」は、天武天皇の命によって、その皇子である舎人親王(とねりしんのう)が編纂したと言われています。その当時の国外とは、主に大帝国であった中国(唐)であり、アジアの地区 ... » more
テーマ 日本の歴史

甲斐武田氏五代百年の興亡を、富士御室浅間神社に伝わる史料『勝山記』をベースに、戦争と内政から考察した好著。一見、学術書のようなタイトルですが、平易な文章で図版も多く掲載されているため、非常にわかりやすい内容になっています。印象としては、 ... » more
テーマ 武田氏 戦国時代

古事記と日本書紀で、表現の仕方がこんなに違う!日本書紀に書かれている世界のはじまりの話とは?! 国外向けに書かれた、その当時だと中国に向けて書かれた日本の歴史書「日本書記」では、古事記にも書かれている神話がどのように表現されているのでしょうか???天地が創造されるまでの話です。一書( ... » more
テーマ 日本の歴史

落語の中の言葉154「裏長屋2/4・路次」 今回は裏長屋の路次をとりあげる。京橋柳町の裏長屋(興津要『大江戸長屋ばなし』より)町には木戸があって木戸番人(俗に番太郎という)がいるが、裏長屋の路次にも木戸があっって、夜間は閉められた。いつ閉められたかははっきりしない。三田村 ... » more
テーマ 江戸時代 裏長屋 落語

天皇陛下のお言葉を受けて考えてみた、歴代天皇と日本の成り立ちが分かる国外向けの歴史書「日本書紀」 8月8日の午後三時に、天皇陛下がお気持ちを表明したことは、日本だけではなく、世界の国でも、関心のあることだったと思います。「長い天皇の歴史を改めて振り返りつつ、これからも皇室がどのような時にも国民と共にあり、相たずさ ... » more

天皇陛下がビデオメッセージで『生前退位』の意向:戦後の象徴天皇の模範的体現と国事行為の遂行 天皇陛下が8日に放送されたビデオメッセージで、82歳の高齢と身体の衰えに言及され、『象徴天皇としての務め』を果たし続けることが今後困難になった場合の最善の身の処し方について考えるようになったとのお気持ちを示された。ビデオメッセージの ... » more

時雨亭往還北条政子と寿福寺
北条政子と寿福寺 高校の日本史の教師が、「ここからは余談で、期末テストにも大学受験にも関係ない話なんだが…」と語り始めた。おおよそ、退屈な授業より余談の方が面白いのは世の常で、「おーし、なら聞いてやろうじゃないか」と、教科書の隅にパラパラ漫画をせっせ ... » more
テーマ 演奏 鎌倉 日本史

戦国時代の豪傑・剣豪〜塙団右衛門 出自については正確には分かっていないと言われており不詳である。尾張国の人で、同姓であるため、織田氏の家臣・塙直政の一族か縁者とする説もあるが、遠州横須賀衆で浪人となった須田次郎左衛門という人物が本人であるという説や、上総国養老の里の出身 ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代

蓮葉はかくこそあるもの意吉麿が家にあるものは芋の葉にあらし サトイモの葉が勢いよく育っている。寅さんの大好物の芋の煮っころがしはサトイモのことだろう。私も大好物だが、収穫までもう少しかかる。しかし芋の大きさに比べ、この葉のサイズはどうかと思う。茎も食べられるにせよ、コロボック ... » more

 

最終更新日: 2017/07/19 16:51

「日本の歴史」のブログ関連商品

» 「日本の歴史」のブログレビュー をもっと探す

「日本の歴史」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

いい空気を一瞬でつくる誰とでも会話がはずむ42の法則【電子書籍】[ 秀島史香 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル いい空気を一瞬でつくる誰とでも会話がはずむ42の法則【電子書籍】[ 秀島史香 ]
楽天Kobo電子書籍ストア

戦国文書調査マニュアル (歴史史料に学ぶ 1) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 戦国文書調査マニュアル (歴史史料に学ぶ 1)
戎光祥出版 柴辻俊六

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る