誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    日本の歴史

日本の歴史

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 歴史
類似テーマ: 日本の歴史 日本史
子テーマ: 江戸時代 縄文時代 昭和時代 戦国時代
テーマ「日本の歴史」のブログを一覧表示!「日本の歴史」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「日本の歴史」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「日本の歴史」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

催眠術が流行った明治・大正時代と、平和憲法だと思い込まされている戦後70年 北朝鮮への国連制裁決議が採択されました。“後ろ盾”といわれる中国やロシアも賛成に回り、全会一致でした。北朝鮮が核開発を続け、事実上の保有国になりつつあるなか、韓国では核武装を求める声が高まっているといいます。 ... » more
テーマ 催眠 洗脳 マインドコントロール 日本の歴史  コメント(4)

本能寺で織田信長を討ち果たした明智光秀が、10日後に反信長派の豪族に宛てた書状が発見されたという。詳細は引用文の通りだが、信長誅殺にはいろんな説があるので、専門家はこの書状から真実をどう読み解くのかは興味がある。【産経ニュース】 ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代

歴史ものの新書としては異例のヒットとなった中公新書の『応仁の乱』。二匹目のどじょうを狙ったのかどうかは知りませんが、1ヵ月ほど前に出たのは『観応の擾乱』。日本史の教科書では(たしか)数行の記述しかなかった事件が、まさか一冊の新書にな ... » more
テーマ 日本史

マインドコントロールによる事件から見える、現憲法の欠点と明治憲法のよく考えられた良い点 戦後、連合国総司令部(GHQ)は、日本を民主国家にするためとして、日本の憲法と皇室の改革を行いました。戦争に伴う法規ハーグ条約には、「国の権力が事実上占領者の手に移りたる上は、占領者は、絶対的の支障なき限、占領地の現行法律を尊重して ... » more
テーマ 催眠 洗脳 マインドコントロール 日本の歴史

ぬるぬる8代将軍、吉宗の陰謀?-00
ということを書こうかなと、・・・。色々と入り組んでいるので、まずは予告まで、・・・・。【中古】 将軍吉宗の陰謀(中巻) 徳川幕閣盛衰記 祥伝社文庫/笹沢左保(著者) 【中古】afbブックオフオンライン楽天市場店笹沢左保(著者)販売会 ... » more

万屋満載加藤清正の最後とは?
加藤清正の最後とは? 加藤清正が築城した熊本城、この度の地震で大きな被害を受けた。この城、熊本市民にとっては自慢の城だけに早い復元を期待しされているのだが・・・・その清正の最後はこの熊本城内であったという。慶長十六年(1611)三月二十七日、二条 ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代  コメント(1)

約1年前、下記の記事を書いて、参照数900を超える私のブログとしては、2番目によく読まれた記事ですが先日、新たなメンバーが加入し名前が公開されましたので、ひらがな2期編として追加しようと思います前回通りメンバ ... » more
テーマ 豆知識 欅坂46 日本史

落語の中の言葉170「歌舞伎・下」 次ぎに歌舞伎小屋の客席について『劇場新話』から少し紹介する。参考のため図を二つあげる。文化4、5年頃1807-08の堺町中村座復元模型の図面(江戸東京博物館)と猿若町時代の中村座を画いた安政五年1858の浮世絵である。時代は違うが桟敷等 ... » more

加計学園問題で加戸前愛媛県知事が発言した愛媛県の実情、そして憲法改正と日本国憲法無効論の違いとは・・ ここ最近よく話題になっていた加計学園の件について、7月10日に開かれた閉会中審査から一夜明けた11日の朝刊各紙は、官邸の不当な関与を主張する前川喜平・前文部科学事務次官の発言を大きく取り上げ、一方の加戸守 ... » more

日本史の「パクリ」12 頭のテッペンに”愛”がある 工場作業や現場作業、はたまたオートバイに乗るときでさえ、現在は多くの場合、”頭部”を守るヘルメットの着用が義務付けられています。人体で最も大切で脆弱な部分が、その“頭部”に他ならないからです。とは言うものの、丈夫さを優先させるあ ... » more

山本一力の時代小説で、土佐の戦国時代に長宗我部元親に嫉まれて滅んだという設定の波川玄蕃一族の物語である。波川玄蕃という人物が実在したのかもわからないが、英雄長宗我部元親が、自分の妹を嫁がせた優れた武将である。長宗我部元親が、この人物の能 ... » more

『戦国武将真田一族と高野山』 真田本も一段落したか、と思いきや、まだまだ出ます。一見、手軽なMOOKのように感じますが、著者は以前にもご紹介した『戦国武将と高野山奥之院』朱鷺書房を書かれた木下浩良氏です。今回は、真田家にスポットをあて、石塔に加えて過去帳など ... » more
テーマ 史料分析 真田氏 戦国時代

日本史の「陰謀」22 歴史は勝者が作る・・・もの? 〜歴史は勝者が作る〜という言葉があります。新たに支配者となった「勝者」が、自らを正義とした主張に沿って次の時代の社会秩序が構築されていくことを思えば、確かに説得力のある言葉です。たとえば、奈良時代に成立した日本最古の正史とさ ... » more

戦国武将の中でも哀れさを誘う武田勝頼 戦国武将・武田勝頼を語る時、両極端に分かれる。一つ、勝頼は武田氏を滅ぼした無能な武将である。一つ、勝頼は有能だったが、偉大な父・信玄の残した負債に押し潰された不運な武将である。と言ったような批評の分かれ方が多い。果たして ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代

落語の中の言葉169「歌舞伎・上」 三代目古今亭志ん朝「四段目」より落語にはよく芝居が出てくる。江戸で日に千両ずつ落ちる場所の一つである。朝は魚河岸、昼は芝居町、夜は吉原。江戸時代には歌舞伎は大変な人気であったと言われる。この咄は明治以後の舞台設定であるが、店の小僧ま ... » more

戦前から考えられていた日本への罠・・・大日本帝国憲法から日本国憲法に変えたコミンテルンの謀略 戦後すぐに、大日本帝国憲法から日本国憲法に変更されておよそ70年、戦中や戦後すぐの頃に生まれていないほとんど多くの日本人にとって、日本国憲法が日本の憲法だという認識は当前の認識ではないかと思います。しかし ... » more
テーマ ソ連 コミンテルン 時事問題 日本の歴史

日本史の「災難」07 トレンドは出世から平和へ 平和をドップリ享受している現代人からすれば幾分首を傾げたくもなる風潮ですが、戦国乱世の時代には国民の中にも「戦争」が無くならないことを期待する気分が濃厚にありました。〜なんでまた、そんな「命懸け」の事態を望むのか?〜理由は単純。 ... » more

能登真脇のこと <その5> 前章までに述べたことを要約すると、最新の考古学によれば従来の縄文時代観は誤謬に満ちたもので実は世界に誇れる先進性を有していたこと。能登真脇に4千年住み続けた縄文人の心に思いを馳せたいがその術がないこと。つまり現代学問には文献のない時代や精神 ... » more
テーマ 縄文時代 古代研究 折口信夫

ソ連の罠が仕掛けられた今の憲法と、日本の建国理念を踏まえて作成された明治憲法の違いとは? 自民党憲法改正推進本部は29日、党本部で非公式幹部会合を開き、安倍晋三首相が表明した党改憲案の年内提出に向けて今後の日程を協議しました。出席者によると、8月上旬までに「自衛隊」の存在明記、 ... » more

落語の中の言葉番外「国芳の『里すゞめ』ー錦絵規制 国芳の「里すゞめねぐらの仮宿」についてこの錦絵は弘化三年1846の仮宅を描いたものである。弘化二年十二月に吉原は焼亡し仮宅が許可された。(弘化二年1845)十二月五日、暮六時、吉原京町二丁目より出火、廓中焼亡(仮宅は、花川戸、山 ... » more
テーマ 江戸時代 錦絵

上杉謙信は信玄に塩を送ったのかナァ 前回は武田信玄のことをUPしたので今回は謙信のことについて思いを綴りたい。それは良く言われているように諺で「敵に塩を送る」という言葉だ。これは、争っている相手が苦しんでいるときに、争いの本質ではない分野については援助を与えることの例 ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代

武田信玄は本当に上洛しようとしたのかナァ 今日は武田信玄のことについて記したい。とは言っても大したことではないのだが・・・元亀3年(1572)10月3日甲斐の武田信玄が西に向けて出立した。兵約27000人というから大掛かりな西上だろう。この西上を、信玄が上洛のためだった ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代

憲法改正は本当に正しいことなのか?!「日本国憲法無効論」と明治憲法に示されていた内容とは・・・ この前、虎の門ニュースというインターネットで放送されている番組を見ていたら、憲法改正のニュたースが取り上げられた時に、元衆議院議員の方が憲法改正について意見されていたのですが、その中で憲法無効論につい ... » more

『戦国文書調査マニュアル』 戦国ファンのお財布をからっけつにする戎光祥出版「歴史史料に学ぶ」の第一弾。実は、先日、戦国史研究会に参加し、エレベーターで著者の柴辻さんとご一緒になりました(偶然ですが、このシチュエーション、何度かあります)。で、私はうっかり案内のハガ ... » more

落語の中の言葉168「ぞめき」 古今亭志ん生「二階ぞめき」より吉原をひやかして歩くことが大好きで毎晩出かける若旦那に対して、番頭は腕のいい出入りの大工の棟梁に広い二階に吉原の見世を作らせる。若旦那もその気になって一人でひやかして歩く。若い者や遊女の役を演じていたが ... » more
テーマ 江戸時代 落語

戦国の合戦と武将の絵辞典 近くの本屋を覗いたら「戦国の合戦と武将の絵辞典」が沢山平積みになっていた。パラパラめくると、先日ゲットした連獅子のフィギュアみたいな可愛らしいイラストがふんだんにある。あと気に入ったのが、合戦の武器・防具・道具や、合戦の流れなど兼ねて ... » more
テーマ 日本の歴史

本居宣長旧居  鈴屋 本居宣長記念館の裏手のお城の敷地に、宣長の旧居が移築されている。こちらが玄関に接する部屋。ここで宣長は医者を開業していた。当時は患者が来るというよりも、医者の方から患者のところに通うことが多かったらしい。後に二階 ... » more
テーマ 日本の歴史

本居宣長記念館 本居宣長は日本史教科書に出てくる。伊勢松坂の江戸時代の国学者で「古事記伝」を書いた。「からごころ」を排して「やまとごころ」を大切にすべきと言った。源氏物語から「もののあわれ」を読み取った。そのあたりが一応記憶にとどめておくべきことであった ... » more
テーマ 日本の歴史

伊勢神宮 内宮(皇大神宮) 外宮に参拝し、おかげ横丁で赤福を食べてから内宮の参拝に向かう。五十鈴川にかかる宇治橋を渡る。この手前の鳥居の材は式年遷宮の後で、外宮正殿の棟持柱として使っていたものを使用し、向こう側の鳥居は内宮正殿の棟持柱を使っているという。ここで20 ... » more
テーマ 日本の歴史

伊勢神宮 外宮(豊受大神宮) 伊勢神宮は外宮から参拝することになっているので、まずは外宮へ。外宮は正式には豊受大神宮といい、ご祭神は天照大神の御饌(みけ)を用意する食物の神様である豊受大神。表参道から入っていく。塀の内側が豊受大神の正宮(しょうぐう ... » more
テーマ 日本の歴史

 

最終更新日: 2017/12/12 16:30

「日本の歴史」のブログ関連商品

» 「日本の歴史」のブログレビュー をもっと探す

「日本の歴史」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

上杉謙信 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 上杉謙信
高志書院

無私の日本人 (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 無私の日本人 (文春文庫)
文藝春秋 磯田 道史

関ヶ原はいかに語られたか―いくさをめぐる記憶と言説 (アジア遊学 212) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 関ヶ原はいかに語られたか―いくさをめぐる記憶と言説 (アジア遊学 212)
勉誠出版

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る