誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    日本の歴史

日本の歴史

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 歴史
類似テーマ: 日本の歴史 日本史
子テーマ: 江戸時代 縄文時代 昭和時代 戦国時代
テーマ「日本の歴史」のブログを一覧表示!「日本の歴史」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「日本の歴史」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「日本の歴史」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

新井旅館 修善寺温泉 伊豆修善寺に泊まるのは今回が初めてだ。出かけるというと、山に登りに行くか、歴史歩きなので温泉にこだわって、宿を楽しみに行くなんてしてないのだ。しかし今回は新手の同行者である。宿には3時に入って、温泉を楽しみましょうと言い、新井旅館を予約し ... » more
テーマ 日本の歴史

光琳屋敷  MOA美術館 MOA美術館には秀吉の黄金の茶室が復元されている。 3畳の移動式の茶室で、御所にも運び込まれ、正親町天皇に披露されたという。 京焼きの祖である野々村仁清の「色絵藤花紋茶壺」。「紅白梅図屏風」と並んで、こちらの美術館 ... » more
テーマ 日本の歴史

万屋満載明智光秀の連歌の話
明智光秀の連歌の話 先日、知人等と一杯飲みながら俳句の話をしていた。俳句につてはそれほど興味はないのだが、次第に話が逸れ始めて、光秀が本能寺の変を起こす前に「連歌」を通じてそれらしきことを口にしていたという方向に行ってしまった。みんな歴史が好きな連中な ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代

紅白梅図屏風  MOA美術館 随分前から、MOA美術館に行って尾形光琳の紅白梅図屏風を目にしたいと思っていた。今回やっと見ることができた。 左隻はしなだれた白梅。 右隻は反り返った紅梅。 両者の間には流れがあって、隔たりをつくってい ... » more
テーマ 日本の歴史

熱海 MOA美術館 2月6日、熱海のMOA美術館に行く。まさに今日、11ヶ月ぶりにリニューアルオープンした。 熱海駅からバスは標高差200メートルほどありそうな急な道をぐいぐい登り、美術館のエントランスを入るとエレベーターが続く。 ... » more
テーマ 日本の歴史

一葉ゆかりの伊勢屋質店 菊坂に面して、一葉が何度も足を運んだ伊勢屋質店がある。 伊勢屋質店は幕末の1860年に創業し、昭和57年(1982年)に廃業した。そのご跡見学園が取得し、現在は文京区とともに管理にあたっているとのことで、土日だけ公開している。 ... » more
テーマ 日本の歴史

しろやま日記昨今の日本史  -1709
昨今の日本史  -1709 新聞の読書評のところに載っていました。今年、市の高齢者講座「日本史」を受講しています。先生は、なかなか博識です、「以前は○○と呼ばれていましたが、最近は××と呼ばれるのが普通で、教科書もそのような記述になっています」・・てなこと ... » more

『福島県の古代・中世文書』 長らく入手困難だった『福島県史第7巻資料編2古代・中世資料』の復刻です。収録された3000点以上の文書の中には、先の東日本大震災によって失われてしまったものもあるそうです。で、思わず開いたのが古代の部分の貞観十一年(八六九)の記事。 ... » more

【巨大軍艦が江戸湾に】1853年7月8日、浦賀に4隻の黒船が突如来航。初めて見るアメリカ人や大きな軍艦に幕府や市民は右往左往し、軍事力に恐れおののき開国、不平等条約が結ばされた。ー通常、学校で習ったところはこんなところだろうか。 ... » more
テーマ 日本の歴史

豊臣秀吉の死の直前は秀頼の心配だけだった 小生が子供の頃の戦国時代の英雄と言えば羽柴秀吉であった。なぜ豊臣秀吉ではないのか?と問われれば、「天下人になるまでの秀吉が好きだから」と答えることにしている。天下を取るまでの秀吉は信頼する主君信長を一途に頼り、誠心誠意忠誠をつくし、 ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代

石清水と松花堂  石清水八幡宮4 厄除餅を手にして足取りも軽く裏参道を下る。 名前の由来になった石清水井。今も水をたたえている。 社僧であった松花堂昭乗の晩年の住居があったという松花堂跡。 昭和57、58年度の発掘調査で検出された遺構と ... » more
テーマ 日本の歴史

厄除け開運餅  石清水八幡宮3 1月19日は厄除大祭の最終日で、厄除けのお餅が配られる。本殿を後にして広場に向かうと火がみえた。焼納神事が行われていた。お餅をいただきたいけれど、長い列が出来ていてちょっとひるむ。聞けば例年より少ないようであるし、配布が始まればどんどん列 ... » more
テーマ 日本の歴史

表参道から本殿へ  石清水八幡宮2 八幡市駅を降りて少し行くと頓宮殿がある。 高良社もそばにあるから、仁和寺の法師はこの辺りで帰ってしまたのだろう。10時からの厄除けの儀式に向かうところらしい。神職の方が並んで本殿の方へ。 本殿に入る前、 ... » more
テーマ 日本の歴史

「徒然草」と「夏の陣屏風 」 石清水八幡宮1 石清水八幡宮というと「徒然草」に仁和寺の法師の話がある。ここで簡単に引用しようと思ったけれど、元の文章が簡潔で味わい深い名文なのでそのまま載せよう。仁和寺にある法師、年寄るまで、石C水を拝まざりければ、心うく覚えて、ある時思ひ立ち ... » more
テーマ 日本の歴史

『戦国時代展』へ行ってきました 開催中の『戦国時代展』を見るため、両国の江戸東京博物館に行ってまいりました。この展覧会、じつは去年の12月27日に見ようと思ったのですが、行ってみたら年末年始休みということで休みでした。せっかく両国まで ... » more

すでに昨年暮れに「この戦国本がすごい」で紹介させていただいた大作がようやく手元に届きましたのであらためて。著者の柏木氏にお会いした際には、いろいろ苦労話などうかがうことができました。収録人数1113名というのも驚きですが、女房衆だけ ... » more
テーマ 辞書事典 豊臣政権 戦国時代

日本史の「怪人」16 盗っ人伝説ねずみ小僧 創作上の人物とばかり思い込んでいた盗っ人「鼠小僧」(ねずみこぞう)。これが実在した人物だと知って、ちょっとビックリ。〜顔は頬被り、「千両箱」を軽々と抱え、瓦屋根の上を身軽に 走り、ひと気のないところでフワリと路上に舞い下りる〜 ... » more
テーマ 江戸時代 鼠小僧 大名屋敷

教科書的には、参勤交代は三代将軍家光の時の武家諸法度で定められ、大名に出費をさせ、その力を削ぐものと理解していた。しかし出費をさせたのは結果論であって、本来は将軍に拝謁するための制度である。この制度の始まりは豊臣秀吉の時代に確立された。秀 ... » more
テーマ 日本の歴史

宗龍寺  丸子町 宗龍寺は依田川左岸の金鳳山の麓にある。山には依田城があった。その依田城こそは木曽義仲が根拠地とした城であり、ここで兵を集めたのである。 宗龍寺は依田城の麓を固める城として機能していたのだろう。曲輪とも見えるいくつもの段状の敷地 ... » more
テーマ 佐久の暮らし 日本の歴史

義仲戦勝祈願の岩屋堂観音  丸子町 丸子は松本方面に行く時に何回も通っているし、その時に通りかかる野菜の直売所「あさつゆ」には何度も寄って買い物をしている。けれども、街の出来が理解出来ていなかった。今回は丸子の歴史歩きをしてみた。丸子の町に入って行くと、木曽義仲関連の案内が ... » more
テーマ 佐久の暮らし 日本の歴史

マルハナバチのつぶやき羽毛山堤
羽毛山堤 羽毛山堤は幕末に、千曲川の洪水に備えて作られた。 1859年の千曲川大洪水の被害を受けた羽毛山地区の人々が小諸藩主の命を受けて5年の歳月をかけて完成させたのが羽毛山堤防(安政の川除・かわよけ)である。堤防長576メートル、その ... » more
テーマ 八重原 日本の歴史

マルハナバチのつぶやき外山城址
外山城址 外山城址は千曲川の羽毛山取水堰の左岸の標高差200メートル程の急斜面の上にある。地形図で695.5の三角点のあるところだろう。 戦国時代に村上氏が佐久進出時に、あるいは武田信玄が上杉謙信との戦いで築いたと考えられる。戦闘におけ ... » more
テーマ 八重原 日本の歴史

軍馬野営壕跡 明神池 今日は軍馬野営壕跡の案内板のある辺りを歩いてみた。 豪の跡が四ヶ所残っているらしい。どこが豪跡か、確認してみた。一つは諏訪神社の通りの脇の窪みだろう。 少し遠くに目をやると、最近できた市のコテージの横に軍馬野営壕跡 ... » more
テーマ 八重原 日本の歴史

陸軍士官学校の疎開と軍馬野営壕跡 明神池 諏訪神社まで来て、明神池の方を見たら新しい看板が見えた。 第二次大戦終了近くの1945年6月、沖縄に米軍が上陸し、本土空襲が激しくなり松本大本営の建設が進められ、その前線基地として、連動して陸軍士官学校の第59期生1357名の ... » more
テーマ 八重原 日本の歴史

落語の中の言葉161「恵方参り」 五代目柳家小さん「御慶」より千両富に当たった八五郎、立派な姿を友だちに見せようと裃姿で年礼に出掛ける。友だちの家に行くと朝早く出かけたと言われ、通りを歩いていると向こうからその友だちが三人連れでやって来る。おめでとうの挨拶を受けて「 ... » more
テーマ 江戸時代 恵方参り 落語

信玄VS謙信の違い 戦は結果なのか経緯なのか? 久しぶりのUPです。休んでいる間に次の題材は何にしようかと考えることが多かったのだが、最後には謙信か信玄にたどり着いてしまう。小生にとっての戦国時代を象徴する武将は、武田信玄と上杉謙信に絞られてしまう。それほど武名高い二人なので ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代

アメリカと中国が戦う羽目になった「朝鮮戦争」・・・北と南が対立していて、朝鮮が統一されない理由とは 2016年12月25日、中国海軍の訓練空母「遼寧」が、宮古海峡を抜けて、西太平洋に入るというニュースがあり、中国海軍のこの行動は明らかにトランプ氏をけん制したものだとも言われているようです。艦隊は太平洋に ... » more
テーマ 日本の歴史

ヤジ馬の日本史〜超駄級記事一覧〜 301-400編 これまでの記事が通算400本に到達したのを機に、今回改めて直近100編(301〜399)を整理してみました。全編が粒揃いの「超駄級」であるため、全国のヒマ人様からは「時間潰し」のベストアイテムとしてご好評?を頂いています。 ... » more

日清戦争から見えてくる・・・日本と中国が揉めるように誘導していた朝鮮半島の方法とは?! 朝鮮半島で高句麗・百済と新羅で内部対立が起き、新羅は唐に援軍を求め、百済は倭国に援軍を求めた結果、唐と倭国が戦う羽目になった「白村江の戦い」。そして、日本の鎌倉時代、アジアで勢力を拡大していた元の属国とな ... » more
テーマ 日本の歴史

鎌倉時代の元寇は”高麗”襲来だった・・・そこから見える、今の中国の行動の奥に潜む”北朝鮮”の狙いとは 先日の中国軍によるアメリカ無人潜水機の件や、南シナ海問題など、なぜ中国はこうしたことをするのだろうかという疑問に対して、納得がいく答えではなく、聞いている側に中国を悪く受け取らせようとする考えが多いような気が ... » more
テーマ 日本の歴史

 

最終更新日: 2017/05/23 15:18

「日本の歴史」のブログ関連商品

» 「日本の歴史」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る