誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    税務

税務

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「税務」のブログを一覧表示!「税務」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「税務」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「税務」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

納税義務があっても損金算入不可「固定資産税は・・・固定資産の真の所有者が負担すべきものである・・・固定資産税の納税義務があるか否かと、固定資産税を法人の損金に計上しうるか否かとは、全く別の次元の問題である。」この主張は、固定資産 ... » more
テーマ 雑感 税務

Sometimeコラム「分離賭博税の創設」
訴訟の行方に追い風1億円の儲けに追徴額6.9億円の脱税事件と聞けば、馬券購入での刑事争訟事件のことか、とすぐ連想されます。訴訟の行方を占うのは困難ですが、ネット上ばかりでなく、新聞紙上でも繰返し報道がなされているので、世論の反応から ... » more
テーマ 雑感 税務

大々的な報道が続いている競馬の当り馬券による所得を確定申告しなかったとして所得税法違反に問われた元会社員の男性(刑事訴追されたことにより勤め先を解雇された)に対する大阪地裁の裁判が競馬ファンらの関心を集めており、日本中央競馬会(JR ... » more
テーマ 雑感 税務

Sometimeコラム「副業収入の所得判定」
確定申告期になると脱税報道確定申告期間には、ミセシメの為か、いつも脱税報道がなされます。今年も、「不良国税OBの金貸し顔負け“ナニワ金融道”」とか、「副業サラリーマンで“脱税指南”」とかの記事が記憶されます。OB事件の手口は、休 ... » more
テーマ 雑感 税務

課税の便法の合憲性自治体の中心的租税の一つである固定資産税・都市計画税は、自治体サービスとの応益性から、その納税義務者を、本来的に固定資産の所有者としているものですが、徴税の便宜から1月1日の登記名義人にその年の固定資産税等を負担さ ... » more
テーマ 雑感 税務

Sometimeコラム「預金税という新税」
財産税としてのキプロスの預金税キプロス政府は、ギリシャの財政危機を受けて経営が悪化した国内の銀行を立て直すため、EUなどから100億ユーロ(約1.23兆円)の支援を受けることになり、その前提として、10万ユーロ以下の預金には6.75 ... » more
テーマ 雑感 税務

Sometimeコラム「1500万円非課税贈与」
1500万円教育費非課税贈与の波紋今年の税制改正案として報道された孫への1500万円教育費非課税贈与が話題になっています。自分の子どもから、当然に1500万円の贈与が孫にあるものとして話しをされた、といって悩んでいる人がいました。ま ... » more

単一税率と帳簿方式のセット財務省のホームページに、「単一税率の下では、請求書等に税額が別記されていなくても仕入税額の計算に支障はないが、複数税率の場合、請求書等に適用税率・税額の記載を義務付けたもの(インボイス)がなければ適正な仕入 ... » more

日本版ISAの導入税制改正では、現行の上場株式等の譲渡損益及び配当に対する10%課税の軽減措置が本年末をもって廃止となり、平成26年1月以降は、倍の20%課税になります。この改正のままでは、大衆課税になってしまうということで、「 ... » more
テーマ 雑感 税務

Sometimeコラム「5%か、推定時価か」
5%の概算原価の射程範囲昭和27年以前から所有している土地や建物や借地権などを売却した時の譲渡原価については、実際の過去の取引の事実がどうだったかよりも、売却収入金額の5%をもって、その譲渡原価とする、と法律で規定しています。も ... » more
テーマ 雑感 税務

日本の富裕層の数『ウィキペディア』が紹介するところの一つクレディ・スイスの調査よると、純資産100万ドル以上を持つ富裕層数が最も多い国はアメリカ(約1100万人)であり、2位に日本(約360万人)、3位にフランス(約230万人)、4 ... » more
テーマ 雑感 税務

相続二重資格の二つの事例事例1婿養子夫婦に子がないまま養子の夫が死亡して相続が開始したとすると、養親実親も他界していた場合、相続人は妻と兄弟姉妹になりますが、妻には配偶者としてと兄弟姉妹としての相続資格があります。事例2子が母の ... » more
テーマ 雑感 税務

共有持分の放棄はみなし贈与共有者が自分の共有持分を他の共有者に贈与すると、受贈者には贈与税が課税されます。共有者がその共有持分を放棄したときは、民法上、その持分は他の共有者に帰属することになっていますが、これは単独行為なので贈与には ... » more
テーマ 雑感 税務

審判事例にもあった競馬所得事案昨年12月21日に公表された国税不服審判所の新裁決事例の中に、馬券による所得の無申告を税務署から指摘された地方公務員が、過去5年分の馬券所得を雑所得で申告したところ、税務署が一時所得に該当するとして更正 ... » more
テーマ 雑感 税務

調査開始後の修正申告会社に臨場しての税務調査が開始された後、会社側が申告の誤りに気付き、即座にその誤りを正す修正申告書を提出した場合は、調査中に非違事項として指摘される可能性があるものとして、「更正があるべきことを予知」した修正申告 ... » more
テーマ 雑感 税務

その都度認識が原則の為替差損益外貨建て取引においては、取引のつど為替換算を行い為替差損益の認識をします。所得税法で「外貨建取引」とは、外国通貨で支払が行われる資産の販売及び購入、役務の提供、金銭の貸付及び借入れ、その他の取引をいい、 ... » more
テーマ 雑感 税務

株式交換の場合の課税売上割合組織再編のうち、合併・分割による資産負債の異動は包括承継として適格非適格を問わず消費税上の資産の譲渡に含まれません。しかし、株式交換・移転では完全子法人の旧株主にとっては、適格非適格を問わず完全子法人株式 ... » more
テーマ 雑感 税務

Sometimeコラム「自動車税と日数按分」
中古車購入時の諸費用年度の中途、車検期間の中途での中古自動車の取得の場合、自動車税、自動車重量税、自賠責保険料については、前所有者の支払分のうちの未経過部分はその効果が継続しているので、取得者本人名義での納税納付は起きません。但し、 ... » more
テーマ 雑感 税務

大口・悪質・不正計算想定法人11月8日、国税庁が平成23事務年度(7月〜6月)の法人税・法人消費税・源泉所得税の調査実績を発表しました。この年度においては、大口・悪質な不正計算が想定される法人など調査必要度が高い法人12万9千件 ... » more
テーマ 雑感 税務

不動産取引でも日数按分がある日数按分により負担調整をする取引の例として、不動産の売買に際しての固定資産税の負担按分があります。次は、固定資産税に係る仕訳例です。固定資産税支払時固定資産税140 現金140土地譲渡時 ... » more
テーマ 雑感 税務

Sometimeコラム「日数按分税務の外延」
経過利子と法人税公社債の売買が行われた時、経過利子が発生します。法人税では、経過利子の支払いは元本と区別して次の受取利息の未収分として仮処理します。債券購入時有価証券 2000 現金2048経過利息 48利息受取 ... » more
テーマ 雑感 税務

Sometimeコラム「相続税の調査事績分析」
税務署は6月が年度末税務署は、7月1日付けの辞令で人事異動です。すなわち、税務署の年度末は6月で、行政事績は7月〜6月を集計期間としています。これを事務年度と言っています。11月13日の国税庁のネットでの公表によると、直近事務年 ... » more
テーマ 雑感 税務

Sometimeコラム「株式配当と日数按分」
利含みと配当含み利付き債券の売買価格は、利払日の翌日から次の利払日に向けて経過利子の発生に伴い上昇して行きます。これを(利含み値段)といいます。株式市場における株価にも、配当含みの値段、配当落ちの値段があります。配当金交付基準日 ... » more
テーマ 雑感 税務

Sometimeコラム「債券利子と日数按分」
債券の経過利子国公社債など利子の発生する債券を売買するときは、買う側は前回の利払日の翌日から受渡日までの日割りで計算した利子相当分を売る側に支払います。この利子相当分を経過利子といいます。経過利子は、通常、売買価格(裸値段)とは別立 ... » more
テーマ 雑感 税務

損金経理の分割払役員退職給与役員が退職した場合の退職給与の損金算入時期は、株主総会の決議等によりその額が具体的に確定した日の属する事業年度というのが原則ですが、法人がその退職給与の額を支払った日の属する事業年度においてその支払った額 ... » more
テーマ 雑感 税務

役員給与の支給の仕方に関わる税法制限役員給与(役員報酬と役員賞与)は原則損金不算入です。例外として、次のものが損金算入となります。a定期同額の役員報酬(期首から3ヶ月以内の改訂は可)<事前届出不要>b有価証券報告書を提出する ... » more
テーマ 雑感 税務

復興特別法人税と復興特別所得税の相違法人に課せられる復興特別法人税は、●期間平成24年4月1日以後3年間に開始する事業年度における36ヶ月間が課税対象期間●税率10%●課税対象額次の法人税額別表一(一)4欄 + 別表 ... » more
テーマ 雑感 税務

来年から課税が始まる復興特別所得税復興特別所得税の課税が来年から始まります。平成49年までの25年間に亘ります。個人については、来年分の所得税の確定申告や年末調整によって、その人の復興特別所得税が確定し、過不足精算による納付や還付が ... » more
テーマ 雑感 税務

今年も所得税の確定申告の時期が迫ってきました。サラリーマンは年末調整で所得税の計算が完了するので、通常は確定申告は不要ですが、医療費控除や住宅ローン控除などの控除を受ける場合などは確定申告をする必要があります。また、個人事業主や ... » more
テーマ 税務

確定申告状況国税庁が公表している昨年分所得税の確定申告状況によると、確定申告書を提出した人は、前年比5.6%減の2185万3千人で、3年連続の減少です。最近のピーク年(平成20年分)の92%です。また、申告納税額がある人(納税人 ... » more
テーマ 雑感 税務

 

最終更新日: 2017/11/06 16:56

「税務」のブログ関連商品

» 「税務」のブログレビュー をもっと探す

「税務」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る