誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    税務

税務

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「税務」のブログを一覧表示!「税務」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「税務」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「税務」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

Sometimeコラム「食事会は株主総会か」
議事録は作成しなければならない役員に対する退職慰労金の支払いは、株主総会承認事項です。総会や取締役会などの議事については議事録を作成すべきこととされていますので、遅れたタイミングででも作成しておくべきです。議事録がないため株主総 ... » more
テーマ 雑感 税務

法人税は公正なる会計処理を前提にする法人税で定める「公正処理基準」とは何かについて、これを争点とした訴訟がありました。役員退職給与の分割支給時費用処理の是非が論点です。納税者の主張する更正処理基準納税者の主張は次 ... » more
テーマ 雑感 税務

「一時に」とは「退職所得とは、退職手当、一時恩給その他の退職により一時に受ける給与」という所得税法の規定にある「一時に受ける」について裁判で争ったものがあります。一時とは、一度、一回、一括などの意味なのか、ということについてです ... » more
テーマ 雑感 税務

法人税と所得税では同じ概念か?所得税法では、退職給与につき、「退職所得とは、退職手当、一時恩給その他の退職により一時における給与及びこれらの性質を有する給与に係る所得をいう」と定義していますが、法人税法には、定義規定がありません。 ... » more
テーマ 雑感 税務

消費税の軽減税率が取りざたされてるけど現場は、?ってカンジ・・・・欧州ではやってるのに日本でできないはずがない、って言ってる政治家もいるけど帳簿方式で簡便な計算を インボイス方式にして余分な社会コスト ... » more
テーマ 税務

Sometimeコラム「借地権の簿価劣化」
同じ更新料でも賃借建物の更新の場合の支払更新料は、税法上の繰延資産として、5年もしくは賃借期間で償却するものとされています。20万円未満であれば少額繰延資産として一時の費用とすることも出来ます。同じ更新料でも、借地権に係る更新料 ... » more
テーマ 雑感 税務

Sometimeコラム「タワマンの株式化」
パブコメ評価通達改正は頓挫か11月3日、国税庁がタワーマンション利用節税の監視強化を指示、とのニュースが全国紙に一斉掲載されました。タワマン節税には、財産評価方法を変えることで対応するのでパブリック・コメントを募る、との情報が7 ... » more
テーマ 雑感 税務

新設法人は原則として免税事業者新規設立法人には、消費税の納税義務を判定するための前期、前々期(基準期間)がないため、原則として設立1年目、2年目の事業年度における消費税の納税義務は発生しません。 ただし、原則に対する例外がありま ... » more
テーマ 雑感 税務

少額減価償却資産とは使用可能期間が1年未満のもの、取得価額が10万円未満のもの、が原則的な少額減価償却資産で、取得し事業の用に供した事業年度の損金とすることができます。そのほか、次の特例があります。@ 取得価額20万円未満の ... » more
テーマ 雑感 税務

「本日開催__無料!ふらっと、寄り道!税務相談」についてご相談に来ていただいた方々有難うございました。!!お ... » more

Sometimeコラム「税務CGとは」
CGはコーポレートガバナンスインターネットで検索していたら、「税務CG問題なしで調査省略」とか「調査間隔延長」とか、「CG対応プログラム」というのに遭遇しました。税務当局が4〜5年前から取り組んでいる「税務に関するコーポレートガ ... » more
テーマ 雑感 税務

平成22年度税制改正前法人税では、適格吸収合併であっても、被合併法人(消滅会社)の欠損金を引継ぐことはもちろんのこと、合併法人(存続法人)の欠損金の利用についても厳しい制限を設けています。理由は、被合併法人の収益力や含み益資産を引継 ... » more
テーマ 雑感 税務

マイナンバーの周知化は間に合うか日本居住者総背番号制度というべきマイナンバー制度の実施が始まることに向けて、国家の各機関の動きがいよいよ急になり出しました。国民に付番されるマイナンバーを国民自身には他に告知する義務はありません。告知 ... » more
テーマ 雑感 税務

Sometimeコラム「保育料は必要経費」
背広ワイシャツは必要経費サラリーマン訴訟といわれる大島訴訟の第一審では、「背広等の被服費の支出も、勤務上必要とした部分を、他の部分と明りょうに区分することができるときは、必要経費」、「クリーニング代もほぼ同様」、「散髪代は家事費と認 ... » more
テーマ 雑感 税務

いわゆる「富裕層」への重点調査ここ数年の公表される税務調査事績では、いわゆる「富裕層」に対して、資産運用の多様化・国際化が進んでいることを念頭に調査を実施しているとしていました。そして最近、税務専門誌に突然報道されたところによる ... » more
テーマ 雑感 税務

民法の半血兄弟姉妹に係る規定現在の民法第900条(法定相続分)の第四号には、「子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。ただし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする ... » more
テーマ 雑感 税務

社会保険料の控除は課税時点の繰り延べ社会保険料控除が、課税時点の繰り延べの趣旨であるならば、収入控除が趣旨に適っているように思われます。その場合は、給与所得控除額は支払社会保険料を除いた給与収入を元にして計算すべき、ということに ... » more
テーマ 雑感 税務

役員退職給与の確定総額と分割払い額役員退職給与の損金算入時期は、@株主総会の決議等によりその額が具体的に確定した日の属する事業年度、A法人がその退職給与の額を実際に支払った日の属する事業年度、のいずれにするかを選択することができます ... » more
テーマ 雑感 税務

答えは、相殺可能です。 ただし、勝手に相殺して納付してしまいますと、税務署も困りますので、 一応、「還付される法人税と、納付すべき消費税を相殺して納付しますので、 よろしくお取り計らい願います」という趣旨の申立書を作成して税務署に提出しま ... » more
テーマ 税務

前月中の給与等の金額がない場合や前月中の給与等の金額が、前月中の社会保険料等の金額以下である場合またはその賞与の金額が前月中の給与等の金額から前月中の社会保険料などの金額を控除した金額の10倍を超える場合には、月額表を使って税額を計算するこ ... » more
テーマ 税務

マイナンバーへの国家総動員態勢10月からのマイナンバー配布に向けて、マイナンバーの周知化情報が溢れ出しました。ネット世界には「マイナンバーの受け取りを拒否しよう」などという書き込みもありますが、マスコミや実業社会、マイナンバーに直接 ... » more
テーマ 雑感 税務

住民票データ公開の時代から住民票は、2006年10月までは、公開情報でした。選挙民のデータやダイレクトメール宛先データとして、自由に閲覧・複写が許されていました。このデータをもとに、名簿業者は、企業や団体の住所録や紳士録、あるい ... » more
テーマ 雑感 税務

「調査」により更正する税法では、更正処分、再更正処分、再々更正処分は「調査により」行うこととされています。従って、税務調査が終了し、更正処分や修正申告がなされた後、税務署長がそれをさらに変更するような再更正を行うには、再調査が必 ... » more
テーマ 雑感 税務

ピケティの提唱ピケティの「21世紀の資本」は世界中で爆発的な売れ行きを示しています。ピケティは、資産格差を拡大させないよう、累進的なグローバル資産課税を提唱しています。個々人が持つ資産を全世界的に把握し、資産総額に応じて課税したうえ ... » more
テーマ 雑感 税務

税制改正大綱のプラン税制改正大綱では、国税通則法を改正し、銀行等に対し、マイナンバーによって検索できる状態で預貯金情報を管理する義務を課す、としていました。しかし、グリーンカードでの預貯金管理を狙った1980年代での付番はマル優 ... » more
テーマ 雑感 税務

Sometimeコラム「簿価修正の隠れ規定」
損金不算入寄附金は株式簿価修正設立されたばかりの子会社の場合、利益剰余金はありませんから、利益の配当はできません。しかし設立により会社に出資された現預金があります。その現預金を寄附金として親会社に引き渡すことは可能です。そしてグ ... » more
テーマ 雑感 税務

修正申告と期限後申告との比較自主的修正申告の場合にはもともと過少申告加算税が課せられないのに、期限後申告の無申告加算税や源泉税期限後納付の不納付加算税に救済措置が設けられたのは平成18年でした。その救済内容は(1) その期限 ... » more
テーマ 雑感 税務

すべての税務処分に適用国税通則法の改正により、平成25年から相続税や消費税などを含め、すべての税務不利益処分に際して、更正通知書に更正の理由を附記しなければならないことになりました。根拠法は行政手続法第14条です。その附記理由の程度 ... » more
テーマ 雑感 税務

国外から国内へ懲役刑を含む罰則をもつ「国外財産調書」制度の施行は、現行の「財産債務明細書」に対して、必ずや強力な見直しをする方向に作用することになります。今年の税制改正事項として、従来の「財産債務明細書」を改変し、国外国内を問わ ... » more
テーマ 雑感 税務

一事不再理とは刑事事件では、判決が確定したなら、同一事件については再度審理を許さないことになっています。これを一事不再理といいます。税務訴訟では、行政処分の違法性一般、租税債務総額の適否が訴訟の内容とされているので、講学的に『総 ... » more
テーマ 雑感 税務

 

最終更新日: 2016/11/23 22:16

「税務」のブログ関連商品

» 「税務」のブログレビュー をもっと探す

「税務」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る