誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    日本の小説

日本の小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「日本の小説」のブログを一覧表示!「日本の小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「日本の小説」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「日本の小説」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

『山椒大夫・高瀬舟』 森鴎外 現代文学としての鴎外。平安時代。越後国に4人の旅人の姿があった。筑紫に左遷させられた平正氏のもとへと向かう一家で、その妻と、安寿、厨子王の二人の子ども、それから女中だった。4人は橋のたもとで野宿することになり、そこへ船乗りがやって来 ... » more

epi の十年千冊。『津軽』 太宰治
『津軽』 太宰治 故郷。日増しに敗色濃くなっていく戦中の昭和19年5月、太宰治は小山書店から風土記執筆の依頼を受けて故郷青森へ取材旅行に向かう。本書は、故郷といっても青森の一部にしか行ったことがなかった太宰が故郷を再発見し、そこに生まれた自分を見つめ ... » more

『東京日記 他六篇』 内田百 不気味なもの。内田百閧フ後期の作品を7篇収録する。日常生活を営んでいたつもりが不意に気味の悪い、怪談のような世界に足を踏み入れている。現実か幻覚か。そして得体の知れない人間が醸すほとんど狂気のような不気味さ。本書に収録された ... » more

『死者の書・口ぶえ』 折口信夫 鎮魂。奈良時代。藤原南家の郎女(いらつめ)は父親から贈られた阿弥陀経の千部写経に取り組んでいた。彼岸中日、暖かだった一日が暮れようとするころ千部目の写経を彼女は終える。いつか外では雨が降っている。写経のうちに彼女の胸に去来したのは仏 ... » more

『高野聖・眉かくしの霊』 泉鏡花 あやかしのほうへ。語り手が敦賀の宿で道連れの僧から奇怪な話を聞かされるのが「高野聖」だ。僧は以前飛騨の山を越えるときにいまとなっては行けない旧道に入る。先に行った薬売りを追う必要からで、この道は荒れ果てている。聞けばかつて周囲一帯を ... » more

『草の花』 福永武彦 愛と死。汐見茂思青年は高校時代に後輩の藤木に愛情を覚える。同じ弓道部に所属し、合宿に参加し、藤木との距離を縮め、自分の想いを受けいれてほしいと望む汐見に対して藤木はそっけなく振舞う。自分の想いを告白するも拒まれる。なぜ。プラトンを愛 ... » more

epi の十年千冊。『中島敦』
『中島敦』 月に吠える。「山月記」は何度読んでもその都度感嘆する。8世紀の中国、職を辞して詩作に耽る李徴は「臆病な自尊心と、尊大な羞恥心」のために虎に変身して戻れない。詩才に恵まれていながらそれをさらに向上させる努力を厭い、才能の不足が暴露する ... » more

『きことわ』 朝吹真理子 時間と記憶をめぐる物語。永遠子(とわこ)と貴子(きこ)は従姉妹で、7つ歳が離れていた。二人は少女のころ、葉山の別荘で会っては仲良く遊んだ。海辺に出かけたり、一緒に本を読んだり黒糖饅頭を食べたり。一緒に寝ると二人の長い髪はよくからまっ ... » more

epi の十年千冊。『山躁賦』 古井由吉
『山躁賦』 古井由吉 古歌によってつながれる連作短篇集。比叡山、高野山、京都など近畿地方の神社仏閣をめぐる旅から本書は書かれた。紀行文的な体裁をとっているが、古歌の声に導かれるような幻聴があり、夢ともうつつともつかない曖昧な領域へと読む者を誘う。 ... » more

『テニスボーイの憂鬱』 村上龍 憂鬱なる放蕩のために。土地成金の息子でステーキハウスを経営する30歳のテニスボーイにとって何よりも大事なのは妻子でも仕事でもなくてテニスだった。暇があってもなくても時間の大半をテニスに費やし、相手と向かい合うコート内でボールを追い、 ... » more

『受難』 姫野カオルコ 愛と性について、ユーモラスに。32歳のフランチェス子は幼いころに両親を失い、修道院で育てられ、現在は在宅でプログラマーをしている。女としての魅力に乏しい彼女はこの年齢になるまで性交を経験せずにきた。ある日、彼女は自身の性器にできもの ... » more

『死の棘』 島尾敏雄 夫婦の絆を問う。愛情深かった妻が、夫の情事のために精神に変調をきたす。夫の情事について、自身への愛について、執拗に夫に問い続ける妻。「妻もぼくも三晩も眠っていない」、小説は妻による夫への三日三晩寝ずの尋問の場面からはじまる。以来、妻 ... » more

『随筆 女ひと』 室生犀星 女たちの美しさを綴る。「女ひと」へ寄せる賛嘆の想いを晩年の犀星が述べる。執筆を開始したとき犀星は65歳で、胃潰瘍での入院を経ていた。自身の死を意識したとき、その目にはいよいよ浮世が美しく見えはじめたようだ。それまではさほど関心のなか ... » more

『ナチュラル・ウーマン』 松浦理英子 同性愛者の語り手と、彼女が関係する女の物語が連作形式で収録されている。冒頭収録の「いちばん長い午後」では、国際線スチュワーデスの夕記子と語り手の関係が述べられる。二人とも互いへの恋愛感情はなく、ただ冷めた肉体関係のみでつながっている ... » more

『原色の街・驟雨』 吉行淳之介 5篇の短篇を収録する。「驟雨」は著者の代表作のひとつ。筋といっては、しばらくは独身でいたいために女とこころを通わすような面倒は避け、もっぱら娼婦を相手に身体の関係だけで満足していた若者が、あるときから馴染みとなった娼婦に惹かれている ... » more

『友情』 武者小路実篤 友情と恋愛の相克。駆け出し脚本家の野島と、新進作家の大宮は互いを尊敬し合う大事な友人同士だった。大宮の作品は世間に認められていて、野島の作品は冷遇されていた。けれども大宮は友人の作品のすぐれているのを見抜いていたし、今に自身が彼に征 ... » more

『それから』 夏目漱石 個人と社会の対立を扱う。長井代助は30歳だが定職に就かず、父から金銭的援助を受けて何をするでもなく、東京で毎日ぶらぶらと暮らしている。彼には自己の哲学があり、「もし馬鈴薯(ポテトー)が金剛石(ダイヤモンド)より大切になったら、人間は ... » more

『黒髪 別れたる妻に送る手紙』 近松秋江 情痴小説を三篇収録する。収録されている「別れたる妻に送る手紙」と「疑惑」は、「別れた妻もの」連作の一部だ。妻が書生と失踪し、その行方を血眼になって探す語り手(近松)。「手紙」も「疑惑」もともに、失踪した妻に宛てた手紙の形式で書かれて ... » more

『愛の試み』 福永武彦 「愛と孤独の作家」による恋愛論。福永において孤独とは、決してマイナスの意味で用いられない。人誰にも彼に固有の世界がある。それを孤独と福永は呼ぶ。人はみな孤独な存在だ。彼が彼であり、彼女が彼女である以上、誰もがみずからの孤独を抱えて生 ... » more

『虐殺器官』 伊藤計劃 9・11後の世界を幻視する。先進国へのテロルが頻発する近未来。先進国側は防御策として個人情報認証システムを導入し国家は管理社会となるが、結果としてテロルを一掃するのに成功する。しかし一方で後進国では内戦による虐殺が加速度的に増加して ... » more

『巨船ベラス・レトラス』 筒井康隆 エンターテイメント性に溢れたメタフィクション。自身の創作に自覚的な「革新的」作家たちや編集者たちが、文学の置かれた現状とこれからを議論する。タイトルのベラス・レトラスとは文学の意だそうで、この名を冠した船に乗って登場人物たちはいずこ ... » more

『バルタザールの遍歴』 佐藤亜紀 ひとつの身体に宿った双子の物語。ハプスブルク家の傍系の一族に生まれた語り手の名はメルヒオールといい、彼には双子の弟がいる。その名はバルタザール。この兄弟に天はひとつの肉体しか与えず、彼らはひとつの肉体に同居するふたつの魂というアンバ ... » more

『首鳴り姫』 岡崎祥久 夜の恋人たちの物語。二年の浪人生活を経てある大学の夜間部に入学した語り手は、入学式の日に一人の少女を見初める。冨来子というその少女もまた語り手を好いていた。二人は交際をはじめるけれども、ともに家族と同居しているし、また講義が終わって ... » more

『眠れる美女』 川端康成 官能と死のあわいで。宿のような「秘密のくらぶ」の一間に美しい少女が眠っている。もはや男でなくなった老人たちはここの会員となって訪れ、一糸纏わず昏々と眠り続ける少女のかたわらで一晩を過ごす。ある老人は言う、それはまるで「秘仏と寝るよう ... » more

『或る「小倉日記」伝』 松本清張 嫉妬や劣等感といった暗い情動を抱えた人間たちの物語を6編収録。表題作は森鴎外に魅了された青年が、九州小倉に滞在していた作家の足跡を追って伝記的資料を収集するお話。この青年は生まれながら障害があり、それが彼のこころに翳を落としている。 ... » more

epi の十年千冊。『膚の下』 神林長平
『膚の下』 神林長平 『あなたの魂に安らぎあれ』『帝王の殻』に続く三部作の完結編。三部作は発表順に時代をさかのぼっていく。『帝王の殻』は『あなたの魂に安らぎあれ』の80年前、本作はさらに170年前の物語となる。舞台は月との戦争によって荒廃した地球。人類は ... » more

『帝王の殻』 神林長平 『あなたの魂に安らぎあれ』の続編。ただし時代はさかのぼる。火星の都市、秋沙(あいさ)が舞台。この都市の人々は、個人の副脳ともいえるパーソナル人口脳のPABを所有していて、日々これと会話することによって自己の安定を保っている。このPA ... » more

『月夜見』 増田みず子 血のつながらない母と娘のかかわりの物語。岩崎百々子は中年の作家。87歳の継母が倒れ、彼女が経営するアパートの管理人となる。百々子の実父は30年前に他界していて、実母の行方は知れない。父親が継母と浮気したのが原因で離婚し、そのとき百々 ... » more

epi の十年千冊。『告白』 町田康
『告白』 町田康 明治時代に大阪で起きた「河内十人斬り」事件をモチーフにした長編。金剛山麓の農村、赤坂村字水分で暮らす城戸熊太郎は農家の長男だが、仕事は一切する気がなく、博打を打ったり酒を飲んだり女を買ったりでその日その日を暮らしている。すでに三十歳 ... » more

『あなたの魂に安らぎあれ』 神林長平 人間とアンドロイドと救いの神の物語。放射能に汚染された火星が舞台。地上では暮らせない人間は地下に空洞都市を作り、そこで暮らしている。地表ではアンドロイドたちが高度なテクノロジーを駆使した都市生活を営み、彼らが供給するエネルギーによっ ... » more

 

最終更新日: 2016/11/23 20:55

楽天市場のおすすめ商品

「日本の小説」のブログ関連商品

» 「日本の小説」のブログレビュー をもっと探す

「日本の小説」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る