誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    大崎梢

大崎梢

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「大崎梢」のブログを一覧表示!「大崎梢」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「大崎梢」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「大崎梢」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

『背表紙は歌う』大崎梢 大崎梢の『背表紙は歌う』(2010年9月刊)を読みました。BOOKデータによると、<「とある地方の小さな書店が経営の危機にあるらしい」よくある悲しい噂のひとつだと思っていたが、書店営業仲間の女性がそのことを妙に気にし ... » more
テーマ 大崎梢

『平台がおまちかね』大崎梢 大崎梢の『平台がおまちかね』(2008年7月再版)を読みました。BOOKデータによると、<自社本をたくさん売ってくれた書店を訪ねたら、何故か冷たくあしらわれ…、文学賞の贈呈式では、当日、会場に受賞者が現れない…!?新 ... » more
テーマ 大崎梢

嬉有箱ふたつめの庭
ふたつめの庭 『ふたつめの庭』大崎梢保育士になって五年の美南(みなみ)とシングルファーザー1年と2ヶ月目の志賀隆平。隆平は定時退社しやすい部署に異動し、子育てに奮闘するものの、保育園は予測不能のことばかり。園内の事件や行事を通して、美南と隆平は気づき ... » more
テーマ 小説 大崎梢

一読しただけで強く引き込まれた、運命的な出会い。工藤彰彦は編集者として、是非ともこの家永の作品、「シロツメクサの頃」を世に出したいと願った。しかしビジネスの世界では、よいものというだけでは売ってはもらえないし、熱意だけでは検 ... » more

嬉有箱クローバー・レイン
クローバー・レイン 『クローバー・レイン』大崎梢老舗の大手出版社・千石社に勤める若手文芸編集者・工藤彰彦は、偶然に出逢って魅せられた原稿をどうしても本にしたいと奔走する。本作りにこめられたまっすぐな思いが伝わって、少しずつ周りを動かしていくわけ ... » more

晩夏に捧ぐ (大崎 梢) 満足度2.5★★☆創元推理文庫初出版2006年読んだ回数1回★ 創元推理文庫−裏表紙の紹介文駅ビルの書店で働く杏子のもとに、長野に住む元同僚・美保から手紙が届いた。彼女の勤める地元 ... » more
テーマ 読書 成風堂書店事件メモシリーズ 大崎梢

嬉有箱プリティが多すぎる
プリティが多すぎる 『プリティが多すぎる』大崎梢「なんで俺がこんな仕事を!」女の子雑誌で孤軍奮闘する新米編集者の爽快お仕事小説。 ということで、文芸作品作りを希望しているのに、ローティーンの少女向けファッション雑誌を担当することになった新米 ... » more

期せずして、先日読んだばかりの『マノロブラニクには早すぎる』と良く似た設定でした。念願の出版社に就職できたは良いけれど希望と違うファッション誌の編集に配属されクサりながらも、失敗しながらも頑張る、って感じ。日常の ... » more

配達あかずきん (大崎 梢) 満足度3★★★創元推理文庫初出版2006年読んだ回数1回★ 創元推理文庫−裏表紙の紹介文「いいよんさんわん」――近所に住む老人から託されたという謎の探求書リスト。コミック『「あさき ... » more
テーマ 読書 成風堂書店事件メモシリーズ 大崎梢  コメント(2)

大崎梢の著作リストです。シリーズ等で分類して本棚にまとめてあります。(文庫があるものは文庫、無いものは単行本)本棚の画像(画像が表示されないものもあり)をクリックするとAmazon、本棚下の書名をクリックすると、ブロ ... » more
テーマ 著作リスト 大崎梢

嬉有箱キミは知らない
キミは知らない 『キミは知らない』大崎梢突然退職してしまった非常勤講師と亡父は何か関係があるのか?高校2年生の悠奈は日帰りのつもりで先生の住所を訪ねてみたが…面白かったですね〜。次々と色んなことに巻き込まれていって、逃げて逃げて…知らな ... » more

Bathing Bear『夏のくじら』(大崎梢)
イルカ・クジラ好きなので、どんな話かと思ったらリアルクジラとはまったく関係なしでよさこい祭に打ち込む若者たちの物語でした。全編通して、気恥ずかしくなるくらいに爽やかです。恋とも言えないような淡い思いを温めて高知の大学 ... » more

「ポンツーン」で飛び飛びに読んでいたのをまとまったところで改めて通読。十二年前に火事で亡くなった父親のことを気にかけてくれた高校の講師が急に退職。彼の住所を知った悠奈が馴染みのない土地に行ってみたことから始まって ... » more

嬉有箱かがみのもり
かがみのもり 『かがみのもり』大崎梢新任の中学教師・片野厚介は教え子の笹井と勝又から「一緒に調べてほしい」とある写真を見せられる。調査に出かけた3人は、怪しげな組織に追われて…面白かった〜(^^)v最後まで誰を信用していいのか、ハ ... » more

Bathing Bear『かがみのもり』(大崎梢)
これは、『ねずみ石』の流れかな。この手の「冒険」ものは、エンターテインメントと割り切ってドキドキハラハラに乗っかれれば良いんだろうけどあいにく私には無理なようで…中学生二人の無謀さにヒヤヒヤするばかりでした。文章が、 ... » more

嬉有箱サイン会はいかが?
サイン会はいかが? 『サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ』大崎梢このシリーズは短編を1つ読んだだけで、他は読んでなかったよなぁ。と、読みたくなった。先日読んだ『背表紙は歌う』にも成風堂書店さんは登場していたし、「プロモーション・クイズ」のポ ... » more
テーマ 小説 大崎梢

嬉有箱背表紙は歌う
背表紙は歌う 『背表紙は歌う』大崎梢老舗だけど大手じゃない出版社新人営業マンの井辻智紀くんの奮闘記。シリーズ第2弾!嬉しいですねー『平台がおまちかね』からずっと待ってました(^^)v前回泣かされたのは「絵本の神さ ... » more

Bathing Bear『背表紙は歌う』(大崎梢)
いろんな人たちに囲まれて井辻君、頑張ってます。出版社の営業、書店員、取次の社員、作家、それぞれの立場で本に対する思いはあるわけで。嫌な感じの人間が出てくることもあるけれど最後には良い感じに落ち着いてくれるので安心して ... » more

温存していましたが、シリーズ2冊目が出たところでおもむろに(?)読み始めました。うん、期待通り、こういうの好き。ところどころ、謎の設定にちょっと無理があるような、考えすぎと思わなくもないようなところもあるけれど、出版社の ... » more

Bathing Bear『ねずみ石』(大崎梢)
タイトルの「ねずみ石」というのは主人公のサトが住む村でお祭りに使われ、それを探しだせた子どもの願い事をかなえてくれると言われる石。話が動き出すまではなかなか入り込めなかったけれど後半3分の1まで来たあたりで止まらなくなり ... » more

嬉有箱ねずみ石
ねずみ石 『ねずみ石』大崎梢思ってたより読むのに時間がかかってしまった(^^;大崎梢は殺人事件が起こったりするものより、そうじゃないもののほうが好きだ。『平台がおまちかね』とかね。第2弾でないのかなぁ?ねずみ石光文社大崎 梢ユー ... » more
テーマ 小説 大崎梢

あらすじ、過去の作品、表紙のイメージからファンタジーテイストを想像して読み始めたらちょっと違った方向に進んで行きました。わりと嬉しい期待違い。高校卒業間近になって何年も前に亡くなったはずの幼馴染に似た人が現われて ... » more

『サイン会はいかが?成風堂書店事件メモ』大崎梢 書店限定の名探偵(?)が活躍する、シリーズ第3弾!サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ (ミステリ・フロンティア)東京創元社 大崎 梢 ユーザレビュー:ほほえましい作品。ど ...本と本屋が好きな人に ... » more
テーマ 読書 大崎梢

「平台がおまちかね」 大崎梢 平台がおまちかね (創元クライム・クラブ)大崎 梢東京創元社 2008-06売り上げランキング : 161757Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明自社本をたくさん売ってくれた書店を訪ねたら、なぜか冷たくあしらわれ ... » more

夏のくじら 大崎梢 文芸春秋 威風堂シリーズ以外の、大崎さんの物語を初めて読みました。これはミステリー、というより青春小説ですね。爽やかな青い空と、オレンジの匂い。好感の持てる物語でした。主人公の篤史は、東京から高知大学に進学してきた、ちょっとクール ... » more

前作『配達あかずきん』が楽しかったので、その第二弾を手に取る。今作は長編だ!晩夏に捧ぐ (ミステリ・フロンティア)元同僚の美穂からの要請で、幽霊騒動の解決に乗り出した杏子と多絵ちゃんの成風堂コンビ。その幽霊騒動の背景 ... » more
テーマ 読書 大崎梢

前々からちょっと気になっていた作品『配達あかずきん』読了しました。配達あかずきん (ミステリ・フロンティア)駅ビル内の書店・成風堂を舞台に、しっかりものの書店員・杏子と、勘の良いアルバイト店員・多絵のコンビが、様々な謎に取り ... » more
テーマ 読書 大崎梢

Bathing Bear『片耳うさぎ』(大崎梢)
屋敷の見取り図に家系図、旧家に伝わる謎…こういう要素だけでそそられるんだよね。「日常の謎」系でも、しっかり本格。子どもが主人公ということもあって、講談社のミステリーランドに入っていても違和感なさそうな感じです。促 ... » more

「天才探偵sen公園七不思議」 大崎梢 天才探偵sen―公園七不思議 (ポプラポケット文庫 63-1)久都 りか ポプラ社 2007-11売り上げランキング : 159956Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明テストはいつも満点。成績は学年一。診断テスト ... » more

「片耳うさぎ」 大崎梢 片耳うさぎ大崎 梢光文社 2007-08売り上げランキング : 219517Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明奈都は小学校6年生。引っ越してきた父の実家は、古くて大きなお屋敷で、しかも不吉な言い伝えがあるという。 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/23 20:52

「大崎梢」のブログ関連商品

» 「大崎梢」のブログレビュー をもっと探す

「大崎梢」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る