誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    新選組

新選組

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「新選組」のブログを一覧表示!「新選組」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「新選組」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「新選組」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

あったか、なかったか (It was or not) 大阪天満宮。門前が川端康成生誕地というこの神社にも、新選組は足跡を残していました。This is Osaka Tenmanguu shrine. Famous novelist Kawabata Yasunari was ... » more

暗殺だからはっきりしない (A misterious homicide) 淀川にかかる天神橋を北の方へ渡ると、その名が示すように、お初天神とか大阪天満宮といった天神社に続きます。Across Yodo river on Tenjin bridge to the north, the road runs t ... » more

どっこい再現 (A drama based on a true story) 江戸時代の大坂、八百八橋とも呼ばれる町でした。あちこちに水路が走り、大小の橋。淀川も今よりも広く、現在、道路になっている辺りに船着場がありました。In the Edo era, people said there were ... » more

「斉藤一はあんただけのもんさ。」鳥羽伏見以後の土方歳三さまの人生を、様々な登場人物をからませながら最期まで書いた大作。ぶあつい。厚さ10センチくらいあるぞ。この本は、もちろん、歳三さまが主人公ですが、その周囲を過ぎていく登場人物たち ... » more
テーマ 新選組

「斉藤は局中一、二の剣客にて、そのうえ殺伐の癖のある者なれば・・・」(文中で引用されている西村兼文著『壬生浪士始末記』より)山村さんは学生時代から新選組研究会を作られた方ですから、新選組大好き作家さん。そんな山村さんが新選組のス ... » more
テーマ 新選組

「土方歳三の35年」 菊池明 新人物往来社 歳三の函館にあり、歳三ひとりみずから粗食に甘んじ、婦人を近づけず・・・歴史読本クロニクルの臨時増刊号1998年12月号です。土方歳三ファンなら必携の歳三さま全網羅ハンドブック。私は念のため二冊持っています。歳三さまの生涯を豊富な ... » more

新選組事件帖 【1月22日の読書】佐木隆三「新選組事件帖」(文春文庫)を読了。近藤勇と同い年の幼馴染、武州多摩郡の生まれのかわら版屋の文次郎という架空の人物目線で展開される新選組時代小説。文次郎が京を拠点にしているので ... » more

ゆうれい☆げんま的ヒトリゴト観柳斎
観柳斎 【1月19日の発見】たまたま立ち寄った古本屋で、とても興味深い書籍を発見&購入※左の1冊がソレ。右2冊も今年新たに入手したモノ「新選組銘々伝第2巻」(新人物往来社)幕末研究本を数多く出版している新 ... » more
テーマ 新選組

二千二百四十五日 【1月18日の読書】伊東成郎「新選組二千二百四十五日」(新潮文庫)を読了。ここ最近、読みたいラノベも月末の新刊まで予定もなく、もっぱら新選組関連書籍を読み漁ってます...。今回読んだのは、かつて河出書房新社より「 ... » more

「北走新選組」菅野文 花とゆめコミックス 美しすぎる歳三さま・・・薄桜鬼コミックスのことを書いたので、同じ新選組ものの漫画の白眉を。菅野さんは新選組が大好きで漫画家になったら必ず新選組モノを描こうと思っていたそうです。菅野さんの新選組への愛情や思いいれがじわじわ ... » more

ゆうれい☆げんま的ヒトリゴト近藤勇
近藤勇 【1月17日の読書】秋山香乃「近藤勇」(ハルキ文庫)を読了。まず始めに...時代小説全然関係ないけど、ハルキ文庫のハルキが、あの角川春樹(元角川書店社長)のハルキだと初めて知った...迂闊だった...女流作家 ... » more

時代庵「薄桜鬼」コミックス集
新選組ファンの私として最近はまっている「薄桜鬼」。「薄桜鬼」はいろいろな作家さんがコミカライズしているので、それぞれの紹介とオススメなぞをしてみたいと思います。★薄桜鬼巻之一ひらく椥シルフ・コミックス発行アスキー・メディアワーク ... » more
テーマ 新選組

池田屋事変 【1月13日の読書】冨成博「池田屋事変始末記〜吉田稔麿の最期」(新人物文庫)を読了!新選組が世に知られる切っ掛けにして、幕末のターニングポイントともなった大事件...池田屋騒動を新選組目線ではなく、その新選組 ... » more

【1月12日の読書】山村竜也:監修「新選組証言録」(PHP新書)を読了。明治25年より昭和13年まで毎月開催されたという、幕末の動乱を生き延びた人々が集まって行なっていた幕末維新に関する「史談会」談話集より、新選組に関する談 ... » more

土方歳三は闘争本能をムキ出だしにする、生まれながらの動乱期の申し子であった。万代さんは新選組研究家の一人として様々な貴重な史料を発掘されていて、史実に基づく着実な研究を進めておられる。この本はそんな研究の成果を集めたもの。貴重なエピ ... » more
テーマ 新選組

武士は土方歳三のようでありたい。しかし、それができるものは、いくらもいない。(by勝海舟)三好さんは幕末の人物をテーマにした小説を幾つか書いていますが(沖田総司や桐野利秋など)、この「土方歳三」が一番できがよいのではないでしょう ... » more

時代庵薄桜鬼
もともとゲームから人気が火がついて、アニメ化、コミック化、果ては今度は小説化もされるとのこと。私はついこの前までこのブームを知らなかったのですが(ゲームしないので)、ひょんなことからアニメの薄桜鬼を見てからもう、この世界に夢中!もともと大の ... » more
テーマ 新選組

新選組探求2011 【1月8日の探求】この年末年始で手に入れた新選組関連の書籍の数々...共同研究新選組(新人物往来社)・・・昭和48年刊行の研究本。歴史読本クロニクル@土方歳三の35年(新人物往来社)同C幕末京都歴史探検読 ... » more
テーマ 新選組

新選組読本 【1月4日の読書】日本ペンクラブ編「新選組読本」(光文社文庫)を読了。解説も含め全626ページにも及ぶ、著名な幕末時代小説作家の作品を集めた新選組物の短〜中編小説集。子母澤寛の「八木為三郎老人壬生ばなし」が既 ... » more

ゆうれい☆げんま的ヒトリゴト初詣
初詣 【1月2日の外出】行って来ました初詣。お参り先は毎年恒例の高幡不動尊。昨年は元旦にお参りして、あまりの人出に激疲れしたので、今年は2日に...と思っていたんだが...流石に3が日は大し ... » more
テーマ 初詣 新選組

新選組探求 【12月19日の探求】山村竜也「真説新選組」(学研M文庫)を読了。この文庫本は山村竜也監修だけあって、いままでに読んだ数ある新選組知識本の中でも上位に位置する内容…。新選組蘊蓄が紹介されている本は多いけど、そのネタの ... » more

ゆうれい☆げんま的ヒトリゴト輪違屋A
輪違屋A 【12月16日の読書】浅田次郎「輪違屋糸里(下)」を読了!いよいよ核心、芹沢鴨の暗殺事件となる下巻!しかし、この小説では、芹沢鴨本人を含む芹沢派隊士・・・平山&平間の3人が、他の小説と違い人情のある実は善人に描か ... » more

ゆうれい☆げんま的ヒトリゴト輪違屋@
輪違屋@ 【12月14日の読書】浅田次郎「輪違屋糸里(上)」を読了!新選組史において、この糸里という人物は、一般的には芹沢派隊士・平間重助の馴染みの女性で、芹沢鴨暗殺の際に平間共々逃げのびた...という位しか記述に無い。 ... » more

六月は真紅の薔薇(下) 【12月9日の読書】三好徹「沖田総司(下)六月は真紅の薔薇」(人物文庫)を読了!昨日の上巻に続き一気読み。この下巻は谷三十郎の暗殺(粛清)前後辺りから、最後の江戸千駄ヶ谷にて没するまで... ... » more

六月は真紅の薔薇(上) 【12月8日の読書】三好徹「沖田総司(上)六月は真紅の薔薇」(人物文庫)を読了!新選組1番隊組長を題材とした時代小説の上巻...新選組物の小説で、近藤・土方物はそれぞれ池波・司馬氏による決定版的な作品があるのに、この沖田 ... » more

新選組探求 【12月5日の探求】ココ最近の趣味は、「ガンプラ製作」と「新選組の研究」...しかし、何故にこんなに新選組が好きになっていたんだろう.....数年前、大河で『新選組!』が放送された時に、番組ガイド本も購入 ... » more

ゆうれい☆げんま的ヒトリゴト魔道剣
魔道剣 【12月4日の読書】火坂雅志「新選組魔道剣」を読了。新選組活躍の舞台である京都は、実は云わずと知れた陰陽道の総本山。そんな陰陽・魔道を題材にした新選組隊士の短編集...。いわゆる王道の新選 ... » more

壬生義士伝(下) 【12月3日の読書】浅田次郎「壬生義士伝(下)」を読了!大体の新選組物では、試衛館時代からの幹部格隊士に焦点を充てた長編が多い中、それに当てはまらない吉村貫一郎にひたすら焦点を充て、主に関係者の語りを集める形式で話が進む ... » more

壬生義士伝(上) 【11月30日の読書】浅田次郎「壬生義士伝(上)」(文春文庫)を読了。新選組・浪士取調役兼観察にして剣術師範であった吉村貫一郎に脚光をあてた時代小説。2003年には中井喜一主演で映画化もしているので、もし ... » more

新選組事典 【11月29日の本】新選組事典(新人物往来社編)最近、西新宿地下の古本市で発見した、絶版新選組資料本。今までに読んできた新選組時代小説の参考文献として度々登場するので気になっていたので即購入。 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/23 16:17

「新選組」のブログ関連商品

» 「新選組」のブログレビュー をもっと探す

「新選組」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る