誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ショートストーリー

ショートストーリー

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ショートストーリー」のブログを一覧表示!「ショートストーリー」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ショートストーリー」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ショートストーリー」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

ショートストーリー シャッター通り
栗田の家は代々H市の商店街で文具店を経営していた。栗田は三十才で店を継いだが、次いだ当時は商店街も賑やかで、朝から買い物客で賑わっていた。ところがH市の郊外に大きな総合スーパーが出来た頃より、だんだんと客をスーパーに取られるようにな ... » more

〜プロローグ〜あれ、いったいどうしたんだろう。体が思うように動かない。「博士こちらの処置は終わりました。」聞こえるのは声。そして自分のまわりに複数の人の気配を感じる。「ごくろうさま。アプルルはもう帰っ ... » more

全てが石造りの人工池。水深は足首までと、池としてはかなり浅い。職人が砂で丹念に磨き上げた石が光を反射させている。なぜか風が吹いても波立つ事のない水面に反射した光が映し出され、幾何学模様を形作っていた。完全に人工の池の外苑には ... » more

妖精(BlogPet) と追記|д・´) きょうぽてとは、ふれと妖精界が調査したかった。*このエントリは、ブログペットの「ぽてと」が書きました。追記おお…?ブログペットの記事投稿はOFFにしたと思っていたけど、4週間に一度のままでした。そうかそう ... » more

モナリザの微笑には二枚あって、世界一般にはモナリザの微笑が名画として知れ渡っている。しかし、レオナルド・ダビンチは実はもう一枚モナリザを画いていた。『微笑んでいないモナリザ』だ。これはナポレオンとルイ十三世、ケネディと歴史上でも ... » more
テーマ モナリザの微笑 ショートストーリー

パキッ。パチッ。暖炉にくべたばかりの薪がはじける。寒暖の差が激しいグスタベルグでは、市内といえども夜は冷える。それは冒険者に貸与されているモグハウスでも同様だ。「もう、またちゃんと乾燥していなかったのの。」金髪をツイ ... » more

ショートストーリー 30にして立つ
三郎は小説家になるんだと二十九才と三百六十四日が過ぎた日、勤めていたガソリンスタンドを休み、短編小説を書き続けていた。最低五十枚は書くと誓って徹夜で書き続けた。そして十一月二十五日朝日が昇る頃やっと書き上げた。ところ ... » more

「エロンママがエロスなのは真理」と証明されたわけですが、大きな課題が残りました。 そこで、第2回目となる今回は「滲み出るエロス」について考えるわけです。そもそもママのエロスがヴァナディールにおいてどんな法則に縛られ、どんな振る舞いを ... » more

ジュノ上層、マーブルブリッジ。昼も昼間からヒュームとタルタルがエールを交わしていた。ジェバとルフィナナである。「・・・・・・書いたわ(´ー`)」「うん、書いたわね(゚∀゚)」ルフィナナは完全に人ごとなので、楽しげ ... » more

とあるミスラにおけるママとエロスの相関性について 1.はじめにみなさんはミスラについてどのような認識を持っているだろうか。獣萌え、ネコミミ萌え、しっぽ萌え、あくびうにゃ〜ん、露出、チラリズム、魚介類生食といずれもミスラ特有の特徴であるが、ここでは「ママ」と「エロス」に注目する。 ... » more

目が覚めると拘束されていた。満月の光が窓から差し込み、クレオの周囲を淡く照らす。「あら、気がついたのね。」正面の闇の中から声が届く。既に声でわかる。ジェバだ。「よかった。このまま死んでしまうのかと心配したわ。」 ... » more

四月一日男爵のぼうけん 我輩は下戸である。酒はまだ飲めない。どうやって帰ったかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした裏道でゲェゲェ吐いていた事だけは記憶している。我輩はここで初めて酒乱というものを見た。しかもあとで聞くとそれは酒飲みという人間 ... » more

ふたこぶくじらクルック王国
北の果てのマンタのような形をした大地にある、廃墟と化した某テーマパークに、中世ドイツの魔女狩りに巻き込まれて殺された少女の霊が棲みついているという情報を得て、二週間ほどかけて調査に向かっていました。そこは王国と名のつく、中世ドイツを ... » more

03月09日のココロ日記(BlogPet) と追記|ω・`) 料理で一番大切なのはリアをなることだって、ブログ妖精学校で教えてもらいました。さっそく試してみたいです*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪追記またココロはわけのわからんことを( ´・д・`)… ... » more

ショートストーリーはちょっと頑張りすぎたのでネタ枯渇ぎみMAGは60レベルまで到達してるので、慌てて遊ぶ必要もなくとすると、原点にもどってFF11に帰還ヽ(゚∀゚)ノMAGをしながらでも毎日コツコツヴァナで商売を続けてきたせいか ... » more

LastingNote溺愛
一般的な視点からすれば、きっと珍しい部類の夫婦になるのであろう。私は夫に溺愛されている。付き合って8年。結婚して2年。4つも年下の夫を持つ。仕事が終わる頃、毎日連絡があり、夕食後には必ず甘えてくる。休日には、必ず一緒にどこか ... » more

バストゥーク商業区。モグハウスへの道すがら、小ミスラが露天を開いていた。「本はいかがかにゃー?新刊取り揃えておりますにゃー。」「こんにちはー。あれ?この前の花売りの小にゃ?」「そういうお客さんはドMなお姉さん。」「・・・ ... » more

LastingNote返信
外資系のIT企業に勤めて3年が過ぎた。私はセキュレタリーとして仕事をこなしている。仕事はだいぶ慣れて、ボスがいない時はいつもWebを眺めていたりする。例の如くSNSのメールをチェックすると、誰かからメッセージが来ている。 ... » more

FF11がずいぶん変わるようですね〜公式見てないから噂だけヽ( ・∀・)ノ FF14発売で、今年サービス終了の噂が流れたものだから前倒し発表の感はぬぐえません。内容はレベルキャップ開放で、上限99とか今のテンションで黒を99 ... » more

百一匹アナザーカーリング-3
アナザーカーリング-3 「監督、例えばどんなエチケットですか?」と冷静沈着、頭脳明晰なかなちゃんが。ミズ氷川、にっこりして、「いい質問ね、かなちゃん」お上品な咳払いをひとつしてから、「試合前に、相手チームのメンバーと一人 ... » more

百一匹アナザーカーリング-2
アナザーカーリング-2 監督はアラサーのミズ氷川。眼鏡のインテリ。部室に新入部員を集めてミーティング。初日は「カーリング精神」について。監督いわく、「カーリングの基本姿勢は、エチケットです。」「なんですか、それ。歯磨きをするときの姿勢、 ... » more

百一匹アナザーカーリング−1
アナザーカーリング−1 のぞみ、かな、うの・・・の3人娘。高校一年生の16歳。冬季オリンピックの試合(テレビ)観戦で、カーリングというスポーツを知った。チーム青森のスキップがダブルテイクアウトしたときなんか、3人して抱き合って喜んだ。「丸い ... » more

百一匹アナザーヴィレッジ-18
アナザーヴィレッジ-18 「それにしても、腹減ったな」「私も。速く越前ガニ食べたい。」「まったく。似たもの同士だな、お前ら。」とは言ったものの、それが現実問題か。「まず、食べましょう。それから睡眠もとらないと」と村長も。相棒が検索で弾き出 ... » more

百一匹アナザーヴィレッジ-17
アナザーヴィレッジ-17 「東京は・・・、東京はどうなっちまったのか」と相棒が東の空を振り仰ぐ。破天荒な俺の相棒だが、やはり俺と同じ愛国の志士なのだ。わかっちゃいない奴らに原発流民などとさげすまれようとも。あれから何度も原発のサイトにアクセスしたが、 ... » more
テーマ 火災 宇宙服 ショートストーリー

百一匹アナザーヴィレッジ-16
アナザーヴィレッジ-16 「あ、そうそう」と娘が何か思い出したように、「私、妊娠しているの。あ、結婚はしていないけど。彼氏に捨てられたから。彼氏は確か今は東京の電力会社の本社勤務になっているはず。近々上司の娘さんと正式に結婚するって、風の便りに聞いたけど ... » more

百一匹アナザーヴィレッジ-15
アナザーヴィレッジ-15 事象状況というボタンをクリックすると、『炉心シュラウドの応力腐食割れが定検の報告よりも進行していたため、最近の度重なる軽度地震の揺れによる金属疲労も精度疲労の加速の原因となり、シュラウドの一部が滑落した。その ... » more

太陽が傾きはじめて数時間。空は完全に夕日に染まったものの、茜色というには朱すぎる。空気中の塵が多いのだろう。目の前には既に展開を終了したセイバーの兵士達。まだ姿を見せたことがない女社長に淡い憧れを持つ勇敢な兵士達だ。後ろ ... » more

百一匹アナザーヴィレッジ-14
アナザーヴィレッジ-14 「やっぱり追いかけてくると思ったわ」突然闇の中から女が現れたので、俺たちは飛び上がらんばかりに驚いた。薄闇の中なので最初誰かわからなかったが、間違いなくあの受付の娘だった。「あんたたちもヤバイと思ったのね。私もヘンだと思 ... » more
テーマ 捻り ショートストーリー

百一匹アナザーヴィレッジ-13
アナザーヴィレッジ-13 「俺たちの真上にいる!もっとスピードを上げろ。」「無理だ。こんなボロ車じゃ。120キロが限界だ。」ペシッと叩かれて相棒はアクセルを踏み続けた。カーレースのように飛ばしまくった。ヘリも全速力で追いかけて ... » more
テーマ 農業会社 調査員 ショートストーリー

百一匹アナザーヴィレッジ-12
アナザーヴィレッジ-12 「なんだ、お前。まだいたのか!」バスを止めてサイドブレーキを目一杯きつく引き上げると、相棒はパーカーに近づいていった。「ボーヤ、速く降りな」「いやだよ。このまま乗って行く。」「ダメだ。家族が心配す ... » more
テーマ 役場 村長 ショートストーリー

 

最終更新日: 2016/11/23 15:35

「ショートストーリー」のブログ関連商品

» 「ショートストーリー」のブログレビュー をもっと探す

「ショートストーリー」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る