誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ショートストーリー

ショートストーリー

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ショートストーリー」のブログを一覧表示!「ショートストーリー」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ショートストーリー」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ショートストーリー」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

純白のマンハント思い立ったが吉日。小野寺孝太郎はまさにその言葉を体現するかのように生きてきた。悩むことなど何があろうか、ただ動くのみ。今日も都立陣代高校へと向かう道すがら、彼は天啓を受けたかのごとく、突発的な思いつきに身を震わせた。 ... » more

結託できない三者三様? 鋼鉄のサマー・スパイダー「あれ、芳樹君じゃない。やっほ」高校からの帰宅途中、かなめが声をかけたのは、麦わら帽子に半袖半ズボン、手には虫取り網を携え、肩から虫かごを提げた小学生の男の子だった。夏の日差しを浴びて、すっか ... » more

ふたこぶくじらはかなきゆめを
はかなきゆめを 現実逃避のために書き殴ったSS。立春も過ぎたからだんだん頭が春に…暗い自室でコタツに入ってネットサーフィンをしていると、突如ノートパソコンが煙を噴いた。まじか、何で壊れた、と3秒ほど固まっていると、パァッと煙が消えた。 ... » more

ショートストーリー 重病か?
溝口は三十歳前後からあなたの肝臓は悪いですよ、とも言われていた。溝口はよく献血に行っていた。献血手帳にはもう千六百CCもたまっていた。若い頃交通事故で大量の血を輸血したので、そのお返しにと思いせっせと献血をしていたのだ。 ... » more

つい最近『100円玉を落とした』と言うショートストーリーを書いた。実を言うと、100円玉を落として、スーパーのレジ台下から100円玉と500円玉が出てきて、私が100円玉を返して貰ったとき何故100円玉だと言って500円玉を貰わなか ... » more

ふたこぶくじらたつのおとし子
たつのおとし子 あけましておめでとうございます。本年もどうか見捨てないでください。(ノ゚д。)ノ初夢イブに見た夢は、たしかキリン関係のエロい夢だった気がするのだけど思い出せない。何を言ってるのか自分でもわからない。今晩どんなの見るか ... » more

最近はスーパーに買い物に行っても、現金で払うことはなくなった。クレジット落としにするか電子マネーで支払う。私はスポーツジムやプールに行っているので、その帰り必ずスーパーによりコーラかスポーツドリンクを買って飲む。支払いは ... » more

ふたこぶくじら眠れぬ夜の無駄話
眠れぬ夜の無駄話 むかーしむかしあるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました…ある日、おじいさんは山に竹取りに、おばあさんは川へ洗濯に行きました。おじいさんが竹を取っていると、薄暗い竹林の中、節と節の間がぽうっと光る竹を見つけまし ... » more

ショートストーリー アカンバス
九月中旬に北川は北海道に三泊四日で行っていたのだが、北海道は姫路と比べ気温が十度も低く朝夕は寒いくらいだった。長袖のTシャツを持って行っていたので丁度良かった。それに本州と全く違う点は夜が四時半になるとあけていている。こ ... » more

ふたこぶくじら秋の夜の
秋の夜の −−−りぃりぃ、ころころ。秋になりゆうで、夜ンなれば虫が鳴くワイね。もう団扇もいらんわナ。お、坊、まだ起きてたダか。こっちゃ来い。あのへん見やれ。暗いダマんなっとゥ、住吉サマ(神社)ンとこの、ちょっと山の方だ ... » more
テーマ 絵 2 ショートストーリー

崎田は週に三日か四日ジムに通っている。最初の半年ほどは週に一日休むだけだったが、昨年の九月ジムで無理をしてそれが元で風邪を引いてしまい、以降週に三日か四日ほどしか行かなくなった。主に土曜、日曜に行くようにしている。土曜、 ... » more

I wish...?小さな幸せ
さて、これもリハビリです。よって、今までと文章の構成や書き方が違うかもしれませんが、ご了承くださいませ。だって・・・・・書くの、4年振りだよっΣ( ̄▽ ̄;)とんとんとん。肩を叩かれて、 ... » more

I wish...?-no title-
リハビリ程度に・・・・。時代と共に移り変わるもの。手紙がメールになり、ラジオが、新聞が、テレビがインターネットに流れ出す。きっと、10年前に比べれば楽になったのだろう。手紙とメールでは時間が違う。 ... » more

枝野は今から二十二年前四十八才の若さでN製鉄所からリストラを通告された。その後奥さんにもリストラされた。それ以降ひとりで暮らして生計をたてていたがろくな仕事についてはいなかった。一本何十万円もする印鑑を田舎のおじいちゃんや、 ... » more

貴理子は結婚して三十年になるそろそろ蓄えも出来たし、子供たちも二人いるがもう社会人だ。お金も二人の子供が大学生の時は出費がかさんだが、今は余裕が出来た。子供も食事代は入れてくれるので助かっている。そこで貴理子は夫に家を建て替 ... » more

ショートストーリー さらばパチンコ
ギャンブルとかたばこ、それに酒って言うモノはなかなか止められない。特にギャンブル依存症というのは悲惨である。それに小豆相場で人生を棒に振った人をわたすは何人も見てきている。Mもパチンコにはまり相当苦しんだ。止めようと思って ... » more

yuna's Happiness Diary死神たちの戯言
「なかなか死なないね、あの子」「前は死ぬことしか頭になかったから、常時待機だったのにな」「リストカットもやめちやったみたいだし」「あのリストカットは死ぬような傷じゃなかっただろ」「そうだよねー、もう自殺は ... » more

塩を含んだ空気が霧となって立ちこめていた。外燈の灯りが照らすのは橋と海との境界線。昼間の喧噪とうってかわって人通りも少なくなった深夜のジュノ港を足早に進む影が見える。彼女の無造作に束ねられている黒髪が歩を進める度に左右に舞ってい ... » more

yuna's Happiness Diaryダイヤモンドダスト
君にほしいものを訪ねたら「ダイヤモンド…」なんて言うから焦ったまさかそのあとに「…ダスト」が付くとは思わなくて今度はパニクったけど「私だけのダイヤモンドダストがほしいわ」君の突拍子のなさは知っていたけど ... » more

yuna's Happiness Diaryインタビュー
「あなたの夢はなんですか」「生きること、です」インタビュアーは少し困った顔をして「え?…あの、ご病気とかなにかご事情でも?」私はそっと微笑んで「あなたはちゃんと生きていらっしゃいます?」インタビュ ... » more

前田の姉は三年前大腸癌で七十一才の若さで死んだのだが、大腸癌の手術をすればもっと長生きをしていたかも分からない。とにかく最初に入院した病院で余命あと二ヶ月と宣告された。前田の姉は一人住まいで、金もたくさん貯め込んでいた。前田 ... » more
テーマ ホスピス病棟 ショートストーリー

ショートストーリー しびれた話
野村は以前から読みたい本があった。でも、野村の勤めている会社の近くにある本屋も、自宅の近くにある本屋にもその本はおいていなかった。ちょっと店員にこの本取り寄せてくださいと言えば済むことなのに、野村はそれが面倒くさくて、又東京に出張し ... » more

yuna's Happiness Diary猫、市長選挙に出る1
気が向いたので、ショートストーリーを書きます。ある日の夕食後、我が家の猫が家族に言った。「大事なお話があります。…私、次の市長選挙に立候補しようと思うんです!」晩酌で酔っ払った父親は「猫市長か、そりゃあいい」とガハハ ... » more

二〇一〇年の十月一日からタバコが130円ほど上がった。止める人もいれば、止めようと思っていても止められないでいる人も多くいる。タバコを止めれば一日二十本吸う人で一万三千円ほどういてくる。北村はかねてからタバコを止めたい、止め ... » more

ショートストーリー まるで漫画だよ
人間には聞き違いや、思い込みというモノがある。私は旨いと言う字はズーッと上手と言う字であると思っていた。でも何か違う気がしていたが、パソコンが出来るようになって、ワードで「飯がうまいと書くと旨いと」でるので初めてこんな時はこ ... » more

冒険者達で混雑した通りを見るのはいつ以来だろう。人より低い視線なためか、大勢の足ばかりが見える。アトルガン皇国への定期便が就航してからというもの、ジュノにあふれかえっていた冒険者達は次第に減っていった。久々に賑わっているジュノ港 ... » more

ショートストーリー 完全犯罪
黒田は金に窮していた。と言うのはタバコは吸う、酒は飲むパチンコはするで給与のほとんどはそれらに費やされていた。自分の給与内ですむ内は良かったが、次第サラ金に手を出すようになっていた。黒田は姫路のM文具卸問屋に勤めていて、 ... » more

ショートストーリー 青いおしっこ
あたしは出来ちゃった結婚して、早一年半が経ちます。結婚して六ヶ月で男の子を産みました。この子供のためならあたしは何だって出来ます。もの凄くかわいくて、旦那より子供の方に夢中になっている日々です。こんな幼い子供ですがあたしが学 ... » more
テーマ 青いおしっこ ショートストーリー

続・全部あずけろその2次の日。「おはようー。……うわっ、どうしたの、つらら?顔色悪いわよ」本家の女衆が台所に集まったとき、毛倡妓がつららの顔色に気付いて声をかけた。「昨日なかなか眠れなくて……」「昨日は暑かったからね ... » more

続・全部あずけろ夏も終わりに近付いたある夜のこと。奴良組本家の中庭の枝垂れ桜の大木の枝にその男は体を預けていた。夜の闇よりなお暗く、月の光よりなお明るい髪をなびかせているその男こそ、悪の総大将ぬらりひょんの孫、奴良リクオだっ ... » more

 

最終更新日: 2016/11/23 15:35

「ショートストーリー」のブログ関連商品

» 「ショートストーリー」のブログレビュー をもっと探す

「ショートストーリー」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る