誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ショートストーリー

ショートストーリー

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ショートストーリー」のブログを一覧表示!「ショートストーリー」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ショートストーリー」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ショートストーリー」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

ショートストーリー 首脳会談
首脳会談吉信は三十年ほど前からプールに行って泳いでいる。三十年前腰痛を患い二十一日ほど入院して治した経験がある。その時主治医は退院したらプールに行って泳ぎなさい。とアドバイスしてくれた。腰にいいらしい。現 ... » more

ショートストーリー ある残酷な帰郷
ある残酷な帰郷第二次世界大戦も終戦に近づいたビルマで日も差さないうっそうと繁った原始林の中、二人の若い日本兵が食べるものもなく蛾飢状態で暮らしていた。二人は郷里こそ違ったが大の親友だ。日本に帰りたい帰りたいと来る ... » more

遅い帰宅の日の夕食拓二は現役時代会社が定時の五時半で終わっても帰宅するのは十一時半頃だった。早く仕事が終わるといつもパチンコ屋に直行していたからだ。でも一万円ほど負けた日はその日は付きがなくてさっさと帰ること ... » more

ショートストーリー 男の電話番号
男の電話番号朱実は高校受験に失敗して他県の二流女子学園に行くことになった。私立では一応名が通っていたお嬢さん学校だ。寮に入ることなく一般のワンルームマンションに住んでいたがある日おじいちゃんがやって来た。朱実 ... » more

このトンネルはラジオが聴けます航平は彼女とドライブに出掛けた。姫路から信州に行くのだが中央道はトンネルが多い。ドライブ中にあるトンネルにさしかかったが彼女が何を思ったのか車の窓を開けたのだ。一気に排気ガスの臭いが車の ... » more

ぼくがM鉛筆に入社して三年経った頃5月に社内慰安旅行があった。行き先は信州で黒部ダムがメインの旅行だった。ぼくは正直言って社内旅行は行きたくなかった。人付き合いの悪いぼくには四人部屋で雑魚寝するとか、宴会で歌を歌うとかが嫌い ... » more

人間には持って生まれた才能って言うものがある。例えば絵がうまいとか、クラッシックが好きだとかサッカーが上手とか。凡人にはいくら努力しても出来ない才能というのがあるのだ。才能のない人はただただ平凡な仕事に就き日々のらりくらりと過ご ... » more

ショートストーリー ある退院
栗田の姉は七十才になった一月にある病院で大腸癌が見つかり余命二ヶ月と医師から宣告された。とは言っても本人には大腸癌でも余命二ヶ月であることも伏せていた。一応精密検査をするので入院して下さいと言われ即座に入院した。入院して精密検査 ... » more

二十世紀から二十一世紀にかけて中近東諸国は石油産油国として世界を封じっていた。あの大国アメリカでさえ石油採掘権が欲しくて、核兵器を作ってもいないのに作っていると言ってイラク戦争に巻き込み、独裁者サダム・フセインを拘束し殺して ... » more

ジュレットの住宅街浜辺地区、ジェバの家前。「はい、ちゅーもーく!」ジェバが両手を腰に手を当て、集まった6人を見下ろす。ジェバの前には左から順にオーガ娘、エルフ娘、ドワーフ娘、プクリポ♂、オーガ娘、オーガ娘が立っている。順にマ ... » more

ランガーオ山地。年中雪と氷に覆われているオーグリード大陸の中でも特に険しい土地。その中に位置する小さな村に2人のオーガ娘が立ち尽くしていた。金髪ショートの娘がメロディー。青髪ロングの娘がルフィナナ。聞き覚えのある ... » more

ジュレット白亜の住宅街、ジェバの家前。「はい、ちゅーもーく!」ジェバが両手を腰に手を当て、集まった4人を見下ろす。ジェバの前には左から順にオーガ娘、エルフ娘、ドワーフ娘、プクリポが立っている。順にマナミィ、プリムム、シルヴィ ... » more

純和風なしつらえの内装。遠くエルトナ大陸まで買いに行った家具達が並ぶ四角い家。丸テーブルを中心にオーガ娘とエルフ娘とドワ娘とプクリポ♂が座っている。マナミィとプリムムとシルヴィーとマリーネイアの4人だ。ちなみにこの家はプリム ... » more

ジュレット白亜の住宅街、ジェバの家前。「はい、ちゅーもーく!」ジェバが両手を腰に手を当て、集まった4人を見下ろす。いつのまにか眼鏡っ娘になっていた。ジェバの前には左から順にオーガ娘、エルフ娘、ドワーフ娘、プクリポが立っている ... » more

オーグリード大陸の町、グレン。荒野と険しい山地に取り囲まれ、決して豊かとはいえない赤茶けた土地の古い城塞都市。町の人口よりも冒険者の方が多いとも言われるほどに、冒険者達で満ちている。冒険者達にとっては中心ともいえる酒場。宿屋 ... » more

アストルティアの5大陸は大陸間鉄道で結ばれている。中央に位置するレンダーシア大陸の南西にウェディが多く住み、女王が治めるウェナ諸島があった。海上には巨大な鉄道駅、断崖を利用した交通の要所であるジュレット。その白亜の住宅街の一角に ... » more

季節に関係なく雪の降る山地。巨大な斧をふるうたびに粉雪が舞い上がり、その重量がモンスターを叩きつぶす。斬るのではなく潰す。ただ、与えるダメージはそれほど大きくなかった。ジェバにその旨を問いかける。遠く離れていても声は届く ... » more

ぼくはアナログ人間だ。未だ携帯電話で携帯からメール打つのも時間がかかる。ぼくは古い人間です。スマートフォンなんで到底使いこなせない。でも最近彼女が出来たので必死に携帯でメール打つのを習っている。しかし上手くいかない。 ... » more

3連休はゆっくりと過ごさせていただきました。お買い物して〜お掃除して〜お片付けして〜ゲームとアニメはというと・・・Jに監視され、予定の1/3も進まなかったドラクエ。Jと一緒に大量消費された積みブルーレイとDVDと録画 ... » more

もう1年もまえのこと。潮風心地よいジュレット白亜の臨海都市地区。その3番地。家を出ると地平線に広がる一面の海。背後には小さな滝が落ち、虹を作っている。景観で選んだこの土地に小さな家を建て、住みだしてから数日。あた ... » more

ショートストーリー 娘の激しい抵抗
雪本は結婚して早七年が経つ。今どきめずらしい見合い結婚でほどほどの幸せに包まれて今日まで過ごしてきた。五歳の娘がいる。どう言う訳か子供がもう一人欲しいのだが子宝に恵まれない。そんなある日信州に車で旅行に行った。勿論親子三 ... » more

堀川の奥さんは結婚した当時から専業主婦だ。堀川は子供の頃貧しくて両親はいつも家にいなくて寂しい思いをしていた。近所の家の主婦はみんな自宅で専業主婦をしているが堀川の家だけが両親とも働いていて学校から帰ってくると「お帰りなさい ... » more

目が覚めると異世界でしたの。あたしを見覚えのない人、エルフの子供?が見つめ、驚いている。「いきかえったーっ!!」状況が見えないの。次に生意気そうなエルフの少年が部屋に入ってきた。若葉の試みがどうとか言われてもよくわか ... » more

ショートストーリー ケツの修理
岸本は定年退職して念願の自由の切符を手に入れたのだがさし当たってすることもない。かと言って家でブラブラしているのも何だし、ふと気付いて若い頃小説を書いていた時期がありこの際本格的に小説を習おうと大阪にある「浪速文学学校」の小説科 ... » more

朝食を済ませた二人は、のんびりと食後のお茶を楽しんでいた。ふと思い出した様子で、エレナが朝日に輝く金髪を揺らして、隣に座る彼に話しかけた。「ねえ、レイフ。そういえばピーターさんがね?こないだ青い色の羊が生まれたって言って ... » more
テーマ あとがき的な雑談 ショートストーリー

意外と困る男性への贈り物 当ブログにご訪問くださりありがとうございますまず始めに今日の記事は現在、パブーで無料公開中のお話で削った部分を載せますまだ作品読んでいらっしゃらない方でも、もちろん楽しめますしかし、読後したほうが楽しめると思いますので、そのつも ... » more
テーマ あとがき的な雑談 ショートストーリー

ショートストーリー 動物愛護家の死
北正浩は二年前になくなった。大手の鉄鋼会社Sで四十七才まで働いていたが突然リストラを言い渡された。S製鉄所で分析の仕事をしていて有能な社員だったがS製鉄所が老朽化した高炉を止めたために大幅な人員整理が始まりそのいっかんで北浩二も ... » more

君本は肥料会社に高卒で入社した十七年後マイホームを三十五年ローンで買った。妻とは君本が二十五歳の時結婚した。五歳上の年上女房だった。お互い何不自由なく結婚生活を送っていた。子供も男と女の一男一女をもうけた。順調にサラリー ... » more

コンジュとエクソと僕の生きる道 うさぱんさがコンジュラー(conjurer,conjuror)とは!異界より人ならざるものを召喚し、憎き敵の剣と鎧とを錆びつかせ、荒れ狂う催眠砂塵の竜巻を起こし、瞬時に遥か彼方へと我が身を遷し、あるいは人さえも召 ... » more

ぼくは二十年程前ワープロが流行りだした頃、あと十年もすれば鉛筆もボールペンもシャープペンも筆記具という物はなくなってしまうだろうと、M鉛筆の社内誌に書いたことがある。書くことが少なくなってすべての書類はワープロで書かれ筆記具が使 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/23 15:35

「ショートストーリー」のブログ関連商品

» 「ショートストーリー」のブログレビュー をもっと探す

「ショートストーリー」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る