誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ブルックナー

ブルックナー

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ブルックナー」のブログを一覧表示!「ブルックナー」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ブルックナー」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ブルックナー」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

パーヴォ・ヤルヴィ&N響の『ブルックナー2番』を聴いてきました パーヴォ・ヤルヴィ指揮NHK交響楽団によるブルックナー交響曲第2番を聴くため、東京は代々木のNHKホールへ行ってまいりました。N響の演奏を聴くのはこれが3回目、パーヴォの指揮ではおなじブルックナーの5番に続き、これが2回目となり ... » more
テーマ クラシック パーヴォ・ヤルヴィ ブルックナー

ノット&東響の『ブルックナー8番』を聴いてきました ひさびさのコンサートホールめぐり。今日はジョナサン・ノット指揮東京交響楽団(東響)による『ブルックナー交響曲第8番』を聴くため、赤坂のサントリーホールへ行ってまいりました。現在東響の音楽監督をつとめるノットは、イギリス出身の指揮 ... » more
テーマ ジョナサン・ノット クラシック ブルックナー  コメント(6)

至福のブルックナー3番&「チェロスイート」〜読響定期・カンブルランのブルックナー3番「ワーグナー」他 読売交響楽団 第559回定期ベルリオーズ序曲 「宗教裁判官」デュティユーチェロ協奏曲 「遥かなる遠い世界へ」ブルックナー交響曲第3番 「ワーグナー」シルヴァン・カンブルラン指揮、ジャン=ギアン ... » more

ついにネゼ=セガンのブルックナーを聴いた!伝説のサウンドで蘇る大名曲ロマンティック【三位一体後3】 まずはカンタータのお知らせから。今日(6月12日・三位一体節後第3日曜日)のカンタータは、初期の大名作、BWV21、2年目、コラール・カンタータ年巻の「始まりの4曲」の完結編、BWV135、(4曲 ... » more

つまらないかもしれない音楽の話 ネットで偶然見つけたチェリビダッケ指揮、ミュンヘンフィルのブルックナー第4番を初めて聴くことができた。なんかドラマチックな演奏。特に第4楽章のフィナーレはものすごい迫力。今まで聞いた4番の中で一番すごかった。もし若い指揮者がコンクー ... » more
テーマ クラッシック音楽 チェリビダッケ ブルックナー

「幸福な開拓者の共同体」のモーツァルト&ベートーヴェンにおける到達点〜最近聴いたCDアーノンクール編 引き続き、CDご紹介。もともと取り上げようと思っていたものですが、アーノンクールさんの追悼記事になってしまいました。アーノンクールさんのバッハやブルックナーについては、これまでたくさん書いてきましたので、ここでは、アーノンクール ... » more

アーノンクールさんを偲ぶ。 3月5日、オーストリアの大指揮者、アーノンクールさんが亡くなりました。86歳でした。昨年12月、引退を表明した時の自筆メッセージ、こちら。(公式HP)今となっては、涙無しでは読めません。一部をわたしなりに訳し ... » more

連綿と連なる宗教声楽曲の山脈〜最近聴いたCD合唱曲編 受難節中のCDご紹介。昨年クリスマスにアップしたバッハ編に続き、バッハ以降の「クラシック音楽」、ドイツ=オーストリアの合唱作品の連なり。わたしが普段親しんでいるのは、もちろんバッハと、それ以外ではルネッサンス初期、中 ... » more

パーヴォ・ヤルヴィ&N響の『ブルックナー5番』を聴いてきました 〈2016年2月7日(日)〉パーヴォ・ヤルヴィ指揮NHK交響楽団による、『ブルックナー交響曲第5番』を聴くため、東京は代々木のNHKホールへ行ってまいりました。先日、デュトワ指揮のマーラー3番を聴いていらい、N響を聴くの ... » more
テーマ クラシック パーヴォ・ヤルヴィ ブルックナー  コメント(2)

ブルックナーと賢治さんの思い出。感慨深い新旧名盤〜昨年聴いたCDブルックナー編【復活節前第7日曜日】 今度の日曜日(2月7日)は、復活節前第7日曜日。2月2日のマリアの潔めの祝日に続き、バッハのカンタータの代表作がずらりと並ぶ祭日です。たまに、マリアの潔めの祝日とこの復活節前第7日曜日が同じ時期に重なることがあり、わたし ... » more

ブルックナーの交響曲第8番を聞きました。CDは、カラヤン/ベルリン・フィル盤です。この曲は、1時間半近いので、なかなか聞くことができないのですが、ブルックナーの交響曲のなかでは一番好きな曲です。大きな力のようなものを感じるので、元気が出 ... » more

またまた登場、3番第1稿の大本命〜今年前半聴いたCD・ブルックナー編【マリアの訪問の祝日ほか】 今日(7月2日(水))は、おなじみのBWV147が登場、マリアのエリザベト訪問の祝日。初期の待降節用カンタータBWV147aを改作、ライプツィヒ1年目に初演したBWV147、第2年巻(コラール・カンタータ年巻)の大傑作、ドイ ... » more

駆けめぐる春の閃光!ついにカンブルランのブッルクナー(7番)を聴いた!〜読売交響楽団第547回定期 文字通り、光彩を放つ春の疾風、あるいは、光陰矢の如し?4月10日(金)読売交響楽団第547回定期演奏会ブルックナー交響楽団第7番リーム厳粛な歌(歌曲付きバージョン) シルヴァン・カンブルラ ... » more

ブルックナー8番は久しぶりで楽しみにしていました。先月、ソヒエフのチケットを買ってあったのに、風邪で行けなくなったのでなおさらです。プログラムで選ぶなら、ブルックナーよりマーラーですが、思い出せば、ブルックナーではあまり ... » more
テーマ クラシック ヤノフスキ ブルックナー

インバル&都響のブルックナー『ロマンティック』を聴いてきました。 インバル&東京都交響楽団による、ブルックナーの交響曲第4番『ロマンティック』を聴くために、東京は上野の、東京文化会館へ行ってきましたよー。僕はこの、ブルックナー自身がつけたかどうかも定かではない『ロマンティック』という表題が ... » more
テーマ クラシック インバル ブルックナー

あけましておめでとうございます。ことしもよろしくお願いします。ブルックナーの交響曲第5番を聞きました。CDは、カラヤン盤です。最近は、忙しいこともあって、これだけ長い曲を聞くのは久しぶりです。きょうは、時間があったので、どの曲を ... » more

秋の気配漂う野辺に憩う〜究極のブルックナー!超ゆっくり3番初稿と超快速5番【三位一体節後15】 今度の日曜日(9月28日、三位一体節後第15日曜日)のカンタータは、第1年巻、BWV138、第2年巻(コラール・カンタータ)、ぞろ目カンタータの名品、BWV99、後期、ソプラノのソロ・カンタータの有名曲、BWV51、ほか、 ... » more

ブルックナーにはウインナ・チューバ 続編 ゲネプロでの魔笛(チューバは降り番)トロンボーン・セクション9月20日はお誘いいただいたグレゴリアーナ・フィルハモニーの本番でした。私はチューバのあるブルックナー交響曲第4番のみに乗りました。演奏会は魔笛序曲そしてジ ... » more

インバル&都響の『ブルックナー7番』を聴いてきました これがさいご、これがさいご、と言いながら、またまた日本に来ています、インバル先生!今回は川崎のミューザ川崎というホールで、『ブルックナー交響曲第7番』を振ります。ミューザ川崎というコンサートホールに来るのははじめてであります ... » more
テーマ クラシック インバル ブルックナー

オットー・クレンペラー最晩年の1968年、ウイーン芸術週間でのウイーン・フィルとの演奏がCDセットになったそうです。この演奏が素晴らしいということを若い方に教えていただきました。クレンペラーはユダヤ系ということでナチの時代にはドイツ ... » more

全ては純白の中に〜ブルックナー最後の交響曲、アバドさん最後の録音〜ルツェルン音楽祭のブルックナー9番 *7月24日、一部つけたし。すでに予約していたのだが、リリースを知らせるタワーレコードのツイートを見て、もういても立ってもいられず、CDショップに走ってしまった。こんなことは久しぶり。2枚所有することになってしま ... » more

偉大なる「ファンタジアオーケストラ」復活〜ネゼ=セガン&フィラデルフィア管+チャイコフスキーの想い出 ついに聴きました。ネゼ=セガン指揮、フィラデルフィア管弦楽団!6月2日(月)ネゼ=セガン&フィラデルフィア管弦楽団来日公演チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.35p.35チャイコフスキ ... » more

ウイーンのチューバの先生が金管担当委員になっているブルックナー全集がいよいよ刊行されるそうでその発表がありました。今年の秋に第一巻がでて一年に2冊ずつ、合計46巻を25年かけて出版されます。アーノンクール監修、総編集は第9交響曲の4楽章を完 ... » more

ヴァント指揮ケルン放送交響楽団のブルックナー交響曲 ブルックナーの演奏はウイーン・フィルを聴いていました。ウインナ・ホルン、ウインナ・チューバという独特な金管楽器をつかった特別な響きを聴くためです。たまたま所属するタロッペ・ブラス・アンサンブルの合宿で、若いメンバーがもってき ... » more

心ときめくレア音源集〜最近聴いたCD・R.シュトラウス&ブルックナー編 今日(5月4日)は、復活節後第2日曜日。この祭日は、さまざまな年代にわたる、春を代表する名作カンタータがずらりとそろっている、バッハファンにとっては特別な「田園の日」です。ライプツィヒ1年目、冒頭大合唱がまぶしいBWV104 ... » more
テーマ CD R.シュトラウス ブルックナー  コメント(2)

頭の中で鳴り響く 左の鼻の穴から鼻水がひとすじの瀧のように流れる。チャイコフスキーの交響曲第5番が頭の中で時々鳴り響くので、ブルックナーの交響曲を一番から9番まで聞き流すうちに、それまでほとんど無関心だったブルックナーの6番にひかれるようになり、これ ... » more

まさかの巨大ルネッサンス音楽出現?ハウシルト&新日本フィルのブルックナー【マリアの潔めの祝日】 少し早いですが、まずはカンタータのお知らせから。今度の日曜日、2月2日(顕現節後第4日曜日)のカンタータは、 第1年巻のBWV81、 バッハの最後期のカンタータの一つでもある、コラール・カンタータ年巻補完作、BWV1 ... » more

クラウディオ・アバドさんが亡くなってしまった。わたしに、クラシック音楽の楽しさ、そしてブルックナーの音楽の楽しさを教えてくれたのが、アバドさんでした。もうはるか昔のことです。初めてラジカセを買ったのがうれしくって、いろいろな ... » more

サンバ&「未来」の東京〜もうすぐ秋なのに春爛漫?アルバムその2【三位一体節後16】 この前のブルックナーの記事で、心から楽しみにしている、と書いた、アバド&ルツェルン祝祭管弦楽団の来日が、アバドさんの健康上の理由から中止になってしまいました。わたしたち日本人にとって、正に夢かとも思えた今回のルツェルン祝祭管弦楽団再 ... » more

ブルックナー初期交響曲の「初期」の一言ではかたづけられない諸相【三位一体節後第14日曜日】 7月に書いた、「上半期に聴いたCD・ブルックナー編」の補遺です。すばらしいCDが立て続けにリリースされたので。まずは、カンタータのお知らせから。今度の日曜日(9月1日)は、三位一体節後第14日曜日。 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/23 15:40

「ブルックナー」のブログ関連商品

» 「ブルックナー」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る