誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    中村うさぎ

中村うさぎ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「中村うさぎ」のブログを一覧表示!「中村うさぎ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「中村うさぎ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「中村うさぎ」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

2015-02-11 22:06:31今夜はそれを抱いて寝てください。http://ameblo.jp/fukawa--ryo/entry-11988646921.html誤解されている方が多いようなので、 ... » more
テーマ 5時に夢中! 美保純 中村うさぎ

中村うさぎさんが一時心肺停止、ICUで治療中「予断許さず」 中村うさぎさんが一時心肺停止、ICUで治療中「予断許さず」産経新聞2013.9.19 07:30 [芸能人] http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/130919/ent130919 ... » more

「聖書を読む」中村うさぎ, 佐藤優著(文藝春秋  1785円) 「聖書を読む」中村うさぎ, 佐藤優著(文藝春秋 1785円)裁きの神か、赦しのイエスか。異色の対談集アダムとエバの創世記、イエスの弟子たちを描く使徒言行録、終末を預言する黙示録。キリスト教徒の2人が聖書を精読し、 ... » more

「だって、欲しいんだもん!」中村うさぎ著 人間の三大欲望のうち物欲に対象を絞ったエッセイで、他の欲望ふたつは即物的だからエッセイも数多あるが、物欲に関するものでしかも面白いトーンのものは意外とレアかも。ピンク基調のカバーデザインも著者名もカワイイから思わず騙されそうで、じっ ... » more

毎日のようにテレビ出るなーーーこの人は一橋大の才媛で、大昔は売れてない時代もあった漫画家で、美人で有名だった。結婚、離婚を経て、現在も福岡と東京を往復する生活とか、私と同学年、少しは見習わなくては、ホンマニ ... » more
テーマ 倉田真由美 だめんず 中村うさぎ

中村うさぎの痛快エッセイ!新井素子がデビューしたとき、あのしゃべり言葉(口語ではなく)での小説は一見簡単なので、多くの亜流を生み出したけど、やはり本家以上のものは現れなかった。中村うさぎもそうなんだろうなぁ。自分の生活の破綻振り ... » more

中村うさぎのホストクラブ通いをまとめたエッセイである。運命を変えたホスト、春樹との出会いから別れまでを綴った感動エッセイ!私はホストに恋をしてしまった。よりによって十五歳も年下の…。彼の愛の言葉は金のため? それとも本当に私のこと好 ... » more

私という病 中村うさぎ 新潮社 やったね!関本ホームラン!・・・って、関係ないこと書いてますが。実はちょっと逃げたくなってるんですよね。今日は他にも茅田砂胡さんの小説を2冊読んだし、小川洋子さんのエッセイも読んだ。そっちを買いてもいいんですが。これを読んで ... » more

9月発売の女王様の新刊「うさぎ・邦正の人生バラ色相談所」は、吉本の芸人さんである山崎邦正氏との共著です。正直言って、女王様のご本ならぜひとも拝読したいとも思うのですが、邦正氏は微妙です。ヘタレ芸人ということを芸風にされている邦正氏の ... » more

女という病 中村うさぎ 新潮社 こわい。これはなまじっかなホラーより恐ろしい。十三の「女が主役」である実際にあった事件を、中村うさぎがその自意識という病理から読み解く、というもの。どれもが「ああ、あれか」と思い当たる有名な事件をとりあげている。その主役で ... » more

この数ヶ月。女王様の著作をがつがつと読みまくる日々を送っていたわけですが、この本の奥付を見ると「2005年6月10日 第1刷」とあります。これまで、手当たり次第に読んできたものの、どの本を読み終わっても結局エッセイに書かれている様々 ... » more

まだ女王でも壊れたおねえさんでもなかった頃の中村うさぎ氏が、多分初めて書いた小説です。奥付には平成3年初版、とあります。大人向けに書かれたエッセイからまず読んだ私ですが、もともと少年少女向けファンタジー作家であると聞いて、ぜひとも読 ... » more

ショッピングの女王シリーズとちがって、文春ではなく「Chou Chou」という多分女の子向けの雑誌での連載をまとめた本です。この雑誌は全く読んでいないので、この本に収録されたエッセイは初めて見るものばかりです。とはいえ、書かれた時期 ... » more

てくてく歩く毎日自分が好き?
一番最近読んだ中村うさぎエッセイ集は「ショッピングの女王FINAL 最後の聖戦!?」です。実は週刊文春をほぼ毎週読んでいるので、収録されているエッセイはほとんど読んだことがあります。それでもこうして読み返してみると、文春を買いそびれ ... » more

この間まで読んでいた中村うさぎの「最後の聖戦」の中で、彼女が人生相談をしていた時のことが載っていました。ある女の子が「私は自分を好きになれません。どうしたら自分を好きになれますか?」と相談してきたそうで。 ... » more

このタイトルどおりの文章になるかどうかは自信がないけれど。GWで、開け放った窓からさわやかな風が吹き込む素敵な休日です。今朝なんか、燃えないゴミを出したその足で2キロばかり散歩しちゃったよ。おかげで体調もよし。というわけで、 ... » more

昨日図書館より借りてきた本2冊、中村うさぎの「月9」と養老孟司&日下公人の「バカの壁をぶち壊せ!正しい頭の使い方」まずは反面教師と崇めている中村うさぎの本を手にとってぺらぺらってめくってみました、がっ、すぐに閉じてしまい ... » more
テーマ バカの壁 中村うさぎ

 

最終更新日: 2016/11/23 14:11

「中村うさぎ」のブログ関連商品

» 「中村うさぎ」のブログレビュー をもっと探す

「中村うさぎ」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る