誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ダン・ブラウン

ダン・ブラウン

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ダン・ブラウン」のブログを一覧表示!「ダン・ブラウン」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ダン・ブラウン」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ダン・ブラウン」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

ダン・ブラウンの著作リストです。シリーズ等で分類して本棚にまとめてあります。(文庫があるものは文庫、無いものは単行本)本棚の画像(画像が表示されないものもあり)をクリックするとAmazon、本棚下の書名をクリックする ... » more
テーマ 著作リスト ダン・ブラウン

良太の部屋「パズル・パレス」を読む
「パズル・パレス」を読む 「パズル・パレス」ダン・ブラウン著角川書店を読みました。ダンブラウンのデビュー作。ダヴィンチコードを書いた人です。アメリカの国家安全保障局(NSA)のスーパーコンピューターは世界中のメールや電話を盗聴して未然 ... » more

感想 『天使と悪魔』 この本は、機会があれば買おうと思っていたのですが、何故か、本屋さんに行っても下巻しか置いていない、という状況がずっと続いていて、買えず仕舞いでした。(↑これって書店としておかしくないですか?)最近になって、ようやく上下巻 ... » more

「ロスト・シンボル」ダン・ブラウン 「天使と悪魔」「ダ・ヴィンチ・コード」に続くロバート・ラングドン教授の第3弾!!世界最大の秘密結社「フリーメイソン」。その最高幹部ピーター・ソロモンから講演の依頼を受けたロバート・ラングドン。講演会場で見つけたものはピーター ... » more

人は皆  天使と悪魔の 顔を持つ また電車が遅れてる〜(´Д`)仕方ない、今日遊んでしまった分、電車が出るまでお勉強するか…。どうも〜、金曜日です、更新再開です(笑)ライブのチケットを渡したかったので、きゅうきょ、荒太くんを呼び出し{%トホホwebry% ... » more

これ面白いです。誰が真実を言っているのか的なドキドキ感や上巻以上のスピード感が良かったです。元NSA暗号解読員が協力しているようで、ディテールの描写がしっかりしているので、プロットの厚みを増している感じですね。NSAに関しては他に参 ... » more

言わずと知れた「ダ・ヴィンチ・コード」の著者の作品ですね。ダ・ヴィンチ・コードは映画を前半だけ見て寝てしまいましたが...さて、すごく久しぶりに小説を読んでます。まだ上巻だけですが、時折盛り込まれる暗号の専門用語を楽しみに、すいすい ... » more

G's Bar天使と悪魔
天使と悪魔 ダン・ブラウン著 『天使と悪魔』 (新潮文庫)ハーヴァード大の図像学者ラングドンはスイスの科学研究所長から電話を受け、ある紋章についての説明を求められる。それは17世紀にガリレオが創設した科学者たちの秘密結社“イルミナテ ... » more

きょうは亡きチャン・ミーの誕生日わたしが中学の時亡くなった彼はいつも万年筆を使いラテン語でなにかを勉強していたかなり敬虔なクリスチャンだったと思うきのうついにダ・ヴィンチ・コードに手をだした秘められたこと ... » more

ダ・ヴィンチ・コード(下) 著:ダン・ブラウン出版:角川文庫初版:2006/03/10本体価格:552P278ISBN:4-04-295505-3□あらすじ□暗号解読の末、彼らが辿り着いたのは、ダ・ヴィンチの〈最後の晩餐〉だった。 ... » more

ダ・ヴィンチ・コード(中) 著:ダン・ブラウン出版:角川文庫初版:2006/03/10本体価格:552P284ISBN:4-04-295504-5□あらすじ□館長の残した暗号の解読に取り掛かる二人。数々の象徴の群れに紛れたメッセ ... » more

ダ・ヴィンチ・コード(上) 著:ダン・ブラウン訳:越前敏弥出版:角川文庫初版:2006/03/10本体価格:552P296ISBN:4-04-295503-7□あらすじ□ルーヴル美術館の館長が、異様な死体で発見された。死体は、ダ ... » more

「ダ・ヴィンチ・コード」 ダン・ブラウン 小説ミニレビュー。「ダ・ヴィンチ・コード」ダン・ブラウン角川文庫点数:魚魚魚(感想)説明するまでも無い有名小説。2006年5月には映画も公開されます。ラングドンとソフィーが暗号を解いていくストーリー。暗号 ... » more

ダ・ビンチ・コード(ダン・ブラウン著、越前敏弥訳、角川文庫) 以前から読んでみたいとは思っていたのですが、文庫版になったので読んでみました。この著者の小説は初めてですが、ハーバード大学教授で宗教象徴学の専門家ロバート・ラングドンを主人公とするシリーズものの一作とのこと。ルーブル美術館長ソニエールが館内 ... » more

「盗作」との訴え退けるダ・ヴィンチ・コード裁判 (共同通信)世界的ベストセラーになったダン・ブラウン氏(上の写真)のミステリー小説『ダ・ヴィンチ・コード』は自分たちの著作の盗作として、作家2人が出版社の著作権侵害認定などを求 ... » more

ルーヴル美術館のソニエール館長が異様な死体で発見された。死体はグランド・ギャラリーに、ダ・ヴィンチの最も有名な素描〈ウィトルウィウス的人体図〉を模した形で横たわっていた。殺害当夜、館長と会う約束をしていたハーヴァード大学教授ラングドンは ... » more

月9天使と悪魔
ダン・ブラウンの第2作目です。先に第4作目の「ダ・ヴィンチ・コード」を読んでいたので大体の雰囲気は持って読んだのですが、そこそこおもしろかったです。完成度からすると「ダ・ヴィンチ・コード」の方が上かな、と思います。ヴァチカンのローマ教皇 ... » more

「【ダ・ヴィンチ・コード】」について世界史を動かす巨大な陰謀がある。これまでの人類の歴史はその陰謀の展開の過程としてあった。あるいは、延々として闇の結社に守り継がれている巨大な秘密がある。それが白日のものになれば現在の世界秩序は崩壊する ... » more
テーマ 海外ミステリー キリスト教神学 ダン・ブラウン  トラックバック(1)

「ダヴィンチ・コード」についていかにも難解さで名の高いウンベルト・エーコを思い浮かべて読み始めましたが、痛快。インディ・ジョーンズばりの追いつ追われつの娯楽大作でした。ダヴィンチ・コードにほんブログ村 ... » more
テーマ 海外ミステリー キリスト教神学 ダン・ブラウン

この小説における芸術作品、建築物、文書、秘密儀式に関する記述は、すべて事実に基づいている。最初にこう書いてある。これがすべてだと思った。日本ではキリスト教に興味を示す人が欧米に比べて少ないのは事実であり、これをミステリー小説とし ... » more

リアルタイム 新刊紹介ダン・ブラウン 『ダ・ヴィンチ・コード』 理解できない「知のラビリンス」よりは疾走感あるエンターテインメントがよろしい。世界史を動かす巨大な陰謀がある。これまでの人類の歴史はその陰謀の展開の過程としてあった。あるいは、延々として闇の結社に守り継がれている巨大な秘密がある ... » more
テーマ 海外ミステリー キリスト教神学 ダン・ブラウン  トラックバック(7)

 

最終更新日: 2016/11/23 13:36

「ダン・ブラウン」のブログ関連商品

» 「ダン・ブラウン」のブログレビュー をもっと探す

「ダン・ブラウン」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る