誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    教訓

教訓

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「教訓」のブログを一覧表示!「教訓」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「教訓」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「教訓」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

15屋Hey, Look Me Over
ルイ・アームストロング『Hello, Dolly!』20年聴き続けていて、初めて気が付いたフレーズがあって驚いてタイトルを見ると、「ねぇ、私を見て。」微笑ましかった。「家具としての音楽」を目指した音楽家が居るそうだけ ... » more
テーマ 教訓

15屋他でもないあなたへ
話すのならば、敬語で話すべきだそうだ。そして、可能な限り、説明を尽くす。前提を省略してはいけない。省略するのは、内輪ネタと独り言の時だけだ。これから、私は、説明する。それが、私の、喜びだから。 ... » more
テーマ 教訓

あなたの一言ちょっとした一言で人の心は本当に救われて、人生さえも大きく変わることがある。あなたの一言が誰かの大きな生きる力や元気の源になることもたくさんなる。H27.9.30毎日新聞>>>>>こんな記事を見つ ... » more
テーマ 教訓

練習していると、隣のコートから怒鳴り声が聞こえてくる。「ばかやろ!」今どき聞かなくなったが、まだまだ根深く存在している。指導者が子供に向かって怒鳴っているのだ。その子供が思いどおりに動いてくれないから、指導者は怒鳴ったの ... » more

新 米 監 督 の 日 記見守る
あるサッカーコーチは練習が終わって片づけをする子供たちをひたすら待ち続ける。普通なら、話をしたり、遊んだりして片づけをしようとしない子供たちに「遊ばずに片付けろ!!」と大きな声を上げて動かそうとする。けれどもそのコーチは決し ... » more

新 米 監 督 の 日 記継続
練習で監督やコーチから指示をもらうが思い通りに体が動かないことがある。思い通りにいかないことの方が多いのかもしれない。選手たちはその中でも練習を休まずに体育館に足を運ぶ。練習とは心身を鍛え、技能を高めるためのものであるが ... » more

15屋記憶にない論説
全く記憶にない。泥酔でもしていたのか、体内の誰かが、ところどころ私の語彙で書いた論説。それでも誰かに話しかけたくて、匿名のブログには書き込む。抽斗の底の日記帳ではなく、どこかの誰かに向けて。単独ではない。信頼 ... » more
テーマ 教訓

今更ながら、選手(教わる側)になって気付くことがある。悪い状態のときだけ、「ああしろ!こうしろ!」といった指示・命令だけでは、選手側は今、どのような状態になっているのかが分からない。それは、今の状態が上手くいっているのか、そ ... » more

プロ選手のスタッフは緊張した選手をリラックスさせるために、楽しんでもらうことに専念する。緊張すると筋肉はこわばり、思い通りのプレーが出来ないことを知っているからだ。プレッシャーをかける場面と、勝負する真面を混同していない。い ... » more

ある60代の人が心がけていること「その残りの時間を大切なものにする、ということです。悔いなく過ごしたい。そのためにどうするのか、考えてみたいのです。やり残したことはないか。行ってみたかったけれどまだ行っていない場所はないか。ずっと会 ... » more
テーマ 考える なるほど! 教訓

数年ぶりに大先輩たちとの飲み会だ。最年長は70歳前後、先輩たちの話を聞いていると初心に戻れる。何故なんだろうかと考えるがやっぱり、自分のことは置いておき最終的には相手のことを考えての言動が多いからだ。厳しい先輩た ... » more
テーマ 感動! 教訓

「人生に偶然はない。だからこう思う。1998年W杯に行けなかったのも偶然ではない。岡田武史監督がどうこうでもなく、僕に力がなかったのだと。努力が足りなかったのだと。」「学ばない者は人のせいにする。学びつつあるものは自分のせいにする。 ... » more
テーマ サッカー なるほど! 教訓

梅雨明け、夏本番!相方はバレー試合、私はゴルフ。これほど熱いと、肉体的・精神的ダメージから集中力が切れそうになる。水分・栄養分を補給しながら何とか持ちこたえましたね。プレーしていると、思うようにいかないときがある。 ... » more

新 米 監 督 の 日 記伝わり方
今年20歳になる息子が車の運転免許を取得した。少しずつではあるが、社会人への仲間入りに向けて準備が出来ている。知らないうちに子供は大きくなり、それに比例して親は年齢を積み重ねる。こんなことを考えていると、妙に不思議な感じがす ... » more
テーマ 考える 教訓

新 米 監 督 の 日 記隣の選手
チーム競技は個人競技と違って、必ず貴方の隣に選手が存在する。だから、常に隣人が何をするのかを考え、隣人と関わりを持たないといけない。その隣人は、貴方と同じ考え方を持たない、価値観も違った選手であり、決して貴方が思っている通りには ... » more

15屋場末
ここにしか行き場のない人間の家場末それは常に、つねに不可侵だ赤の他人が、荒らすなかれ。 ... » more
テーマ 教訓

人の短は言うことなかれ。己の長を説くことなかれ。この言葉が心に残っている。仕事、趣味、遊び・・・をしているときたとえ飲み会の時でも忘れてはいけない言葉だ。謙虚に地味に。調子に乗っても忘れずに。 ... » more
テーマ 教訓

あるコーチが生徒である私に言ってくれた。「基本、基本と言いたくない」と。基本を植え付けると、少しでもイレギュラーな場面に遭遇すると「教えてもらってないから」と言って対処に困る。コーチは私にこう付け加えた。「イレギュラ ... » more

新 米 監 督 の 日 記幸せって
『幸せって』5年前のこどもの日に母は突然、実家で一人でなくなっていました。障害のある私と弟を育て、父の7年間の闘病生活の介護の後、誰の手も煩わせず旅立ちました。夫は「本当にお義母さんらしい、最後やったなあ」とつぶやきます ... » more
テーマ 考える 教訓

試合展開を考えてのことか、それともサーブを打つ人のことを考えてのことなのだろうか、ときどきこれからサーブを打とうとする人に向かって「サーブを入れろ!」とアドバイス(?)する場面をよく見かける。それを聞いた打ち手は、当然サーブを入れよ ... » more

15屋見送り
手紙を持ち歩きたいほどの賛辞をくれる人間が居たこれほどに花束を貰っておいて愛でないことは人生の損失だ。あたたかく送り出されて歩くのだ。なのになぜ、のっぺりした肉面ばかり思い出すのだろうか。 ... » more
テーマ 教訓

お巡りさんがスピード違反の取り締まりをする。いくら違反者を取り締まっても、違反者は減らない。お巡りさんを発見するとアクセルを緩める。何故運転手はスピードを出すのだろうか。親が子供の手を引っ張って「挨拶しなさい!」と言 ... » more

不自由さを知ってから考える。人間というものは何なのだろうかと。健全な体に健全な心。これは理想でしょう。しかし世の中を見てください。健全な体を持った人がいかに健全な心を有していないか。痛ましいニュースと接するた ... » more
テーマ 考える 教訓

新 米 監 督 の 日 記実践経験
横浜FC三浦和良(48)の最年長ゴールイチロー(41)のメジャー現役野手最年長そして話は変わるが、VリーグのJTサンダーズが創部から85年目で初優勝。廃部が多いVリーグの中で85年もチームを存続させる。経営者の理解にも感 ... » more

カラスの色を10人に聞くと10人が黒色という。否定するものでもない。けれども、尊敬し信頼できる人から「カラスの色は白色だ!!」と言われると、何とか白色に見ようと「努力」する。貴方は、カラスの色は100パーセント黒色だと分 ... » more
テーマ バレー 教訓

先日、手首を捻挫し、重症とまではいかなかったもののその直後から痛みで動かすことが出来なかった。(涙)たかが手首の捻挫ではあるが、やりたいことが出来ないと、そのことで心身ともに影響が出た。日頃何もなかった状態の中で、不足な事態 ... » more

ラジオ番組で10人目の選手のことを面白く言っていましたー。コートに立ちたくても立てない。タイムアウトになれば、選手たちにジュースを渡し、汗拭きタオルを配る。うちわで仰ぎ、ジュースがこぼれたら床をふく。選手が筋肉のひき ... » more

15屋車輪の下
経済について学べば学ぶほどなんて歪なのだろうと思い知るみだりに口にしていた私は、成熟した文化的な暮らしをしたいし、彼の幸福を祈りたい。そのための道具を、包丁のように、適切に使おう。適切に。善く生き ... » more
テーマ 教訓

中学バレー部の指導者がこんなことを言っていた。「トップ選手を育てることはできないが、その競技の底辺の選手をたくさん育てたい」その指導者は選手たちを決して燃え尽き症候群にさせない。一方で子供たちを勝たせたいと思っている親御 ... » more

人に教えることの難しさを痛感する。何故難しいのだろうか。それは相手がこちらの思うように動いてくれないと思っているからだ。そのことに気付いてはいるものの、頭のどこかで「何故できないのか?」といまだに考えている自分がいる。 ... » more

 

最終更新日: 2017/09/13 14:43

「教訓」のブログ関連商品

» 「教訓」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る