誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ラン科

ラン科

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ラン科」のブログを一覧表示!「ラン科」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ラン科」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ラン科」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

パフィオペディルム(Paphiopedilum) パフィオペディルム(学名:Paphiopedilum Hybrids)はラン科パフィオペディルム属の非耐寒性常緑多年草。草丈は20〜40cm。原産地はインド北部〜東南アジア。葉は緑色で幅広く丸味を帯びており、花茎より短め。花期は10 ... » more
テーマ 多年草 ラン科

デンドロビウム(Dendrobium) デンドロビウム(学名:Dendrobium)は、ラン科セッコク属の植物の総称で、多年草。日本においては、セッコクなど数種が知られているが、通常、デンドロビウムと呼ばれるものは、園芸種の洋ランとして栽培されているものに限られる。草丈は ... » more
テーマ 多年草 ラン科

ジゴペタラム(Zygopetalum) ジゴペタラム(学名:Zygopetalum)はラン科ジゴペタラム属の多年草。草丈は60〜130cm。原産地は中南米。中南米の広範囲に20種類ほどの原種が分布している。花期は11〜3月。バルブの付け根あたりから花茎を長く伸ばして、数輪 ... » more
テーマ 多年草 ラン科

さるめんえびね(猿面海老根) サルメンエビネ(学名:Calanthe tricarinata)はラン科エビネ属の多年草。草丈は30〜50 cm。原産地は日本、朝鮮半島、台湾、中国、ヒマラヤ地方。北海道から九州にかけての地や山地の林の中などに生える。葉は根元に数個 ... » more
テーマ 多年草 ラン科

株分け後に咲いた胡蝶蘭。 友人が株分けしてくれた胡蝶蘭に、花が咲きました。たくさんの株をもらって周囲にも分けたのですが、胡蝶蘭をまともに育てるというのは恥ずかしながらほとんど初めてでした。生命力は強く、株は枯れるということはないのですが、なかなか茎が ... » more

ミヤマウズラ@弥彦山(8月18日) 弥彦山で見た夏に咲くランの第2弾、学名は、Goodyera schlechtendaliana Reichb. f.。読みは恐らくだが、グッディエラ・シュレクテンダリアナ・ライヒェンバッハ2世、属名の読みは前回内容を参照だが、その後の調べで ... » more
テーマ 弥彦山 ラン科

アケボノシュスラン@弥彦山(8月18日) シュスラン属は、学名を Goodyera (グッディエラ) という。蕊柱に翼状の構造がない、柱頭が分裂していない、唇弁に毛が密生するなどの特徴で近縁の属と区別される。温帯と熱帯を中心に約40種あり、日本にはほかにミヤマウズラ、ベニシュスラン ... » more
テーマ 弥彦山 ラン科

野の花便りサギソウ
サギソウ 今日は、私の盆休み。サギソウが見たくて、久しぶりに樫原(かしばる)湿原を訪ねてみました。満開のサギソウたちに出会えました!こんな写真を写す時に一眼が欲しくなります。コンデジのズームでは、ちょっとピントが甘くなりま ... » more
テーマ 写真 ラン科

野山でゆっくりクロカミラン
クロカミラン 自生を撮りました(望遠レンズ)この自生も一時期は危ぶまれたのですが10株ほどに増えました。植栽地はどうでしょうか?今年は行ってないのでなん株か増えてくれればいいのですが。 ... » more
テーマ クロカミラン ラン科

野山でゆっくりトキソウが
トキソウが 樫原湿原ではトキソウが100ほど咲いていました。5/25に開花したそうです。朝からジュンサイ2輪咲いていたそうですが行ったのは昼からで今にも降りそうな天気で、私は見ることできなかっ ... » more
テーマ 樫原湿原 トキソウ ラン科  コメント(2)

はくさんちどり(白山千鳥) ハクサンチドリ(学名:Dactylorhiza aristata)はラン科ハクサンチドリ属の多年草。草丈は10〜40cm。原産地は日本、アラスカ、朝鮮半島。北海道〜中部地方以北の高山帯の湿り気のある場所に生える高山植物。花期は5〜7月。 ... » more
テーマ 多年草 ラン科

星庵徒然ギンラン
ギンラン 連休中にとある場所にギンランのある場所に・・・・数年ぶりに訪れたがウ〜ン時期がずれたのかなんとなく寂くなったようだ。キンランなどと比べると小さいランなので意外と目に付きにくい。 ... » more
テーマ 植物 ラン科

アケボノシュスラン・オオマルバノテンニンソウ 別にこの山で見なけりゃいかんってことないのですが今年は3度目でやっと開花株を見ることができました。去年に比べると滅茶苦茶少ないのですがこれからもうちょいは咲きそうです。 ... » more
テーマ アケボノシュスラン ラン科  コメント(2)

野山でゆっくりハクウンラン
ハクウンラン 知り合いからの携帯メール「これってラン?」「ひょっとしたらハクウンランかも」って返事くじゅうではあの林道あの池の近く2ヵ所は知ってたけどこれは熊本県ということなのでそれじゃということで探しに行って ... » more
テーマ 阿蘇くじゅう ラン科  コメント(2)

立山で花を 6・・・テガタチドリ・ハクサンチドリ 立山でランを探すのも目的の一つだったけど探すまでもなく道端であっけなく咲いておりました。テガタチドリハクサンチドリやっぱりランはえ〜なあ ... » more

野山でゆっくりノヤマトンボ
ノヤマトンボ ノヤマトンボというよりオオバノトンボソウといったほうがなじみあっていいのですがここは正式名で。山道では案外見かけるランですがどうも虫さんに好かれるようで。なかには花茎出たすぐに食われ花がつかないのもありま ... » more

野山でゆっくりクモラン
クモラン そろそろ咲いているはずと近くに行ったついでに見てきました。ルーペ見なければわからないほど小さい(1ミリか2ミリ)花です。天気いいのに影になってブレてボツの山でした。うまく撮れてなか ... » more
テーマ ラン科

野山でゆっくりタシロラン
タシロラン 友からタシロラン咲きはじめたと連絡もらいそれならこちらでもと行った山最初に目に入ったのは蕾次には咲いているのがあったけど雨に打たれてのかショボいなあ人によるものか自然と折れたのかあ ... » more
テーマ タシロラン ラン科

お気楽人間・・・ネジバナ 今朝家出る時は全く降ってなかって国道を西の方へ少し早かったので通勤ラッシュにもあわずのんびりと走ってたらラジオでは佐賀県に大雨警報でてるってえ〜っ全然降ってないのになぁ半信半疑でいると8時頃にはすごい ... » more

大分〜熊本6・・・コバノトンボソウ コバノトンボソウ(小葉の蜻草)はランです。樫原湿原でも見れるのですがかなりの望遠が必要別の湿原では去年あったのが今年は見られなく残念に思っていたところ立ち寄った湿地では沢山咲きはじめラッキーしゃが ... » more
テーマ 阿蘇くじゅう ラン科

大分〜熊本4・・・ヤマトキソウ(大分) クモキリソウ(熊本) 標高が少しあるところではヤマトキソウ・クモキリソウがかろうじて残っています。霧雨から雨にぃ・・・慌てて撮影のヤマトキソウクモキリソウヤマトキソウ:ラン科トキソウ属日当た ... » more
テーマ 阿蘇くじゅう ラン科

野山でゆっくり大分〜熊本 2
大分〜熊本  2 阿蘇に行きかけてUターン由布へ行きかけてまたもやUターン結局 今は阿蘇。行ったり来たりの気まぐれ風太でございます。くじゅうではまだ咲いていなかったミズチドリがちょうどいいぐあい。ユウ ... » more
テーマ 阿蘇くじゅう ケータイ ラン科  コメント(2)

野山でゆっくりラン科の花たち
ラン科の花たち そろそろ咲いていそうなランを探しに出かけました。林の中にはコクランが咲きはじめ道脇のツレサギソウは目立ちすぎ目立たないセイタカスズムシソウは見過ごしそう ... » more

野山でゆっくりヒナラン
ヒナラン ちっちゃくて見逃しそうな花道端にあったのは消えてなくなり斜面のはまだ蕾それならばと石垣のはどうかと行ってみたら咲いてた。石垣の上の方なので望遠レンズが必要前はちょうどいい高さの所にあっ ... » more

野山でゆっくりトキソウ
トキソウ 山道うろついてもあんまり花に会えないのでもうトキソウが咲いているはずと樫原湿原に行ったボランティアの人がおりまして顔合わせたとたん咲いているよなるほど撮りやすいところに咲いていました。 ... » more
テーマ トキソウ ラン科  コメント(2)

野山でゆっくりサイハイラン
サイハイラン ぶらり、山道ドライブ去年ここいらで サイハイラン見たなぁ車止めて見てみると あった ! 五株咲いていた道端なのに盗られてなかった。 まずは一安心。現地からでした。 ... » more

ラン科の花・・・ヤマサギソウ・サイハイラン 草原ではヤマサギソウが咲いています。ヤマサギソウ林縁ではサイハイランがびっしりとサイハイランヤマサギソウ:ラン科ツレサギソウ属高さ20〜40センチ距は後方に曲がるサイハイラン:ラン科サ ... » more
テーマ ヤマサギソウ ラン科  コメント(2)

ラン科の花・・・コケイラン復活 天気予報の「午後から晴れ」信じて出かけました。残念ながら山は霧雨山登りの人もいないのでこりゃゆっくり撮影できる。数年前壊滅的打撃でなくなってしまうかと案じられたコケイランどうにか回復したようで一安心 ... » more
テーマ ラン科 コケイラン

ラン科の花・・・・サルメンエビネ たった一株のサルメンエビネなん株かあったけど花茎はついてなかった。ピエロに見てくださったら嬉しいのですが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ... » more
テーマ サルメンエビネ ラン科  コメント(4)

 

最終更新日: 2017/09/07 13:44

「ラン科」のブログ関連商品

» 「ラン科」のブログレビュー をもっと探す

「ラン科」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る