誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「桐」のブログを一覧表示!「桐」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「桐」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「桐」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

木作なページ忙中何とか作成!
「Cafeみせばや」の店主から木の皿10枚の注文をいただいた。材料の関係もありとりあえず7枚をつくる約束をした。31×21×2.5(cm)の楕円形素材は桐表は渕なし、底も脚なしのシンプルなものをご希望 ... » more
テーマ Cafeみせばや 熱線糸のこ

桐の木に花が 桐の木にきれいな花が咲きました桐の木はゴマノハグサ科の高木です木の高さは10メートルを越します大きな軍配型の葉をつけますが、秋にはすっかり落葉してしまいますが桐の花は上品な紫色の花です初冬には身が ... » more
テーマ

木作なページ朴の木との出会い1
朴の木との出会い1 「ひと坪ギャラリー展覧会」が閉じられてぶらぶらしていたら1週間が経ってしまった。12月22日から「楽しうれし展」がはじまるがシャカリキにつくるのはやめようとおもっている。ということで久しぶりにガガリ君(縦挽き鋸)を手 ... » more
テーマ 朴の木 彫刻素材

長年の疑問シリーズ その33 桐の葉はなんであんなに大きいのか 「桐一葉」なんて言うと、それなりに文学的な響きがするんですが、よく分らないのは、何故一枚の葉があんなに大きいのかと言うことですね。どう考えても他の葉と干渉してしまうので、光合成には不利のような感じがするんですが、違うかなぁ。秋になると一 ... » more
テーマ お土産

yonyonのブログ2011.8.12 桐の葉
2011.8.12 桐の葉 ... » more
テーマ 高島市

木作なページ実現したアイディア
実現したアイディア 楠木の皿の中を焼いて書き渋を塗ったお話はしました。ところが外側が白っぽいというのはなんとなくインパクトがなく引き締まりません。そこで、前々から考えていた“半田ごて”で焼いて線を入れるというアイディアを ... » more
テーマ 半田ごて

桐の木 の 花 って、知ってる? 桐の板ってタンスに使われていたり、お琴に使われていたりするのですが、桐のお花を見たことあります?この時期山あいの道を走っているとほんのり薄紫色をした花が見受けられますが、気づいていますか?ちなみにこちらが桐の花です。一瞬藤の花に間違 ... » more

南高梅を使った梅干しの桐箱なんですが・・ 桐といえば桐なんでしょうが・・・。よく知りませんが、この材はどこの産なんでしょうか。表面に印刷された紙を貼ってあるようなものではなくて、ソリッドといえばソリッドなんですが、これじゃぁ、なんだかねぇ。一方、箱の底に使ってある薄物合板はなかなか ... » more
テーマ 合板

木製ランチョンマット(無垢テーブルでの…) 無垢材テーブルを使っているとどうしても傷や傷みに気が行ってしまいますよねぇそのためランチョンマットやテーブルクロスを使用している方も多いと思います。そこで勉強させていただいていた所ではお客さんへ時々木製のランチョンマット ... » more

子供の本棚〜3年待たせましたぁ 見ていただくと『たったこれだけ!?』なんですよぉ^_^;これが出来なくて、随分子供の机の上は荒れておりました。ベットの上にもあふれ出し、「綺麗にしろ!」とは私が原因の所もあって…材料は工房の壁に架けてあった半端な集成 ... » more
テーマ 無垢材 本棚

森林木讃歌風車のような木
風車のような木 大きな葉っぱで陽を遮ってくれた桐も、秋ともなるとまるで風車が立ち並んでいるように明るく見える。 ... » more
テーマ 樹木

ずいぶん高い所に咲く桐の花(2004/4/21尼崎久々知にて)  この花を身近に観ることはなかなか無いと思います。10倍ズームで撮ったものです。ふくよかなイメージを与えてくれますね。秋には実がかなり大きなものになります。庭に植えるのはかなり大きくなりすぎますので適しませんね。 ... » more
テーマ 写真  コメント(1)

 

最終更新日: 2016/11/23 12:06

「桐」のブログ関連商品

» 「桐」のブログレビュー をもっと探す

「桐」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る