誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ベートーヴェン

ベートーヴェン

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ベートーヴェン」のブログを一覧表示!「ベートーヴェン」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ベートーヴェン」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ベートーヴェン」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

昭和一桁のオーディオ(13)ヴァイオリン協奏曲ニ長調(メニューイン) ベートーヴェンの音楽を聞いて神を感じるのは余り例がないことです。「神を考えた人類の知恵を讃えても本質的には無神論に近い考え方」を私はしています。そのせいかも知れません。しかし、バッハに比べればはるかに少ないのは確かです。ヴァイオ ... » more
テーマ クラシックへの道 昭和一桁のオーデオ ベートーヴェン

昭和一桁のオーディオ(12) ピアノ協奏曲第5番(「皇帝」−2) 曲は華麗なカデンツアで始まります。カデンツアは演奏者の自由に任せる箇所ですが、ベートヴェンは指定しています。まことに華やかです。これはシンホニーには例がなく、「皇帝」だけで出てくるので、ベートヴェンの曲としては驚きと親しみを感じさせます。こ ... » more
テーマ クラシックへの道 昭和一桁のオーデオ ベートーヴェン

昭和一桁のオーディオ(11)ピアノ協奏曲第5番「皇帝」 昭和一桁のオーディオ(11)ピアノ協奏曲第5番「皇帝」ルドルフ・ゼルキンベートーヴェンの作品でこんなに人気があるものは他にあるでしょうか。私も同様です。私が始めて聴いたのは昭和30年以前で、確か園田高弘のものでした。以来、折に触 ... » more
テーマ クラシックへの道 昭和一桁のオーデオ ベートーヴェン

ゲヴァントハウスQのベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集<PA-381> またまたブログの感覚があいてしまいました。仕事が忙しいっていうのもあるんですが、いろいろと今までの演奏を聴き直して、いろいろと考えをまとめ直しているうちにブログが書けなくなってたという背景もありまして(苦笑)。いや〜、あらためて自分 ... » more

昭和一桁のオーデイオ(10)エロイカ(交響曲) 「死は人を待たない。」残念ですが私は彼の生演奏を聞けませんでした。彼の演奏に接したのは全てLPとCDです。演奏会での陰撮りは無数にありますが。(アングラのCDがあるのはカラス同様彼の特徴です。)、正規のものは戦後の録音が殆どウイーンフィ ... » more
テーマ クラシックへの道 昭和一桁のオーデオ ベートーヴェン

昭和一桁のオーディオ(9)フルトヴェングラー(世紀を超えた音楽i家) 4・5フルトヴェングラーの音楽観昭和35年頃は「戦後は終わった」という有名な言葉が残っているほど、日本人には思い出深い時期です。その数年前が今取り上げている、私の「フルトヴェングラーの時代」です。彼の死(昭和34年・1554年)は新聞の ... » more
テーマ クラシックへの道 昭和一桁のオーデオ ベートーヴェン

東京シティ・フィル第266回定期演奏会2013年2月16日東京オペラシティ[出演]指揮:佐渡裕フルート:ペーター=ルーカス・グラーフ管弦楽:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団[曲目]ハイドン:交響曲第 ... » more
テーマ 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 モーツァルト ベートーヴェン

昭和一桁のオーディオ(8)(フルトヴェングラー−政治との関わり) 4・4フルトヴェングラー(芸術と政治)昭和35年(1960年)がどんな年だったか、今は老人しかわからない時代になってしまいましたが。日本の戦後が終わり、生長経済へ踏み切った年、学生が就職に困らなくなった年。そして何より安保反対の運動 ... » more
テーマ クラシックへの道 昭和一桁のオーデオ ベートーヴェン

蕪話§コンスタンチン・リフシッツ演奏会 三連休初日、1月に続いて2度目の所沢訪問は、コンスタンチン・リフシッツのベートーヴェン後期ソナタ3曲の演奏会である。先物買いする人ではないので、過去2回は聴いておらず今回が初めてなのだ。聴いた席は、樫本大進の時とほぼ同じ ... » more

ベートーヴェンのピアノ、ヴァイオリンとチェロのための三重協奏曲を聞きました。CDは、リヒテル/オイストラフ/ロストロポーヴィチ/カラヤン盤です。この曲は、名前の通り、三つの独奏楽器を必要とするめずらしい協奏曲です。作曲の経緯はよくわかっ ... » more

今日も昼頃から所沢に行ってくる。1月に樫本大進のベートーヴェンのソナタの伴奏をしたコンスタンチン・リフシッツの独奏会で、今日はベートーヴェンの30〜32番のソナタを聴く。寡聞にしてしらなかったのだが、何度か来日していて“赤丸 ... » more

昭和一桁のオーディオ(7)(フルトウェングラ−出会い) 私は昭和31年(1951年)3月に東京大学農学部を卒業しました。昭和30年3月に卒業する筈ですから、1年余計にかかったことになりますが大した理由はありません。前述の通り、試験数が一番多い3年生(昭和29年度)の期末試験に喘息の発作が出て出席 ... » more
テーマ クラシックへの道 昭和一桁のオーデオ ベートーヴェン

昭和一桁のオーディオ(6)ベートヴェン(セロソナタ,2人の天才、カザルスとデュ・プレ) 2.4パブロ・カザルス(1876−1972) パブロ・カザルスは20世紀最大のチェリストで、1930年台がピークでした。。それが戦後のわれわれの話題になるのは、彼の政治的信条に関係しています。祖国のどが独裁者フランコに敵対し、母国スペイ ... » more
テーマ クラシックへの道 昭和一桁のオーデオ ベートーヴェン

昭和一桁のオーディオ(5)ベートーヴェン(セロソナタ) 2・2ルードイッヒ・ヘルシャーベートーヴェンは戦後の日本の青年を捉えていたように思っています。でもシンホーニから始めるのが普通でした。ところが、偶然の機会で前回述べた弦楽四重奏に私は熱中してしまったのです。弦楽四重奏は彼の重要分野ですか ... » more
テーマ クラシックへの道 昭和一桁のオーデオ ベートーヴェン

提話§樫本大進&K・リフシッツ演奏会 穏やかな日曜日の午後に電車を乗り継いで約2時間、所沢ミューズで樫本大進とコンスタンチン・リフシッツが演奏するベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ3曲を聴いてきた。プログラムは以下の通り。ヴァイオリン・ソナタ第3番Es-D ... » more

ベルリンフィルのコンサートマスターを務めている樫本大進がコンスタンチン・リフシッツのピアノ伴奏でベートーヴェンのソナタ3曲を演奏するので、所沢ミューズまで遠征してくる。既に歌舞伎の正月公演は観ているが、今年のクラシック初めは ... » more

この時代でこの演奏ですか:ハリウッドQのベートーヴェン後期弦楽四重奏曲集<PA-376> さて、正月も明けまして、1月4日からとうとう仕事が始まりました。といってもすぐに土日だったわけですが(笑)。本日1月7日からが本番って感じですかね。また気力を振り絞ってお勤めに励まねば(笑)。ブログの方も、少しずつ書き始めていきたい ... » more

ブログ開設6周年です!:久しぶりに最近聴いている曲について みなさま、あけましておめでとうございます!そして・・・お久しぶりです(苦笑)。ついに4カ月以上、ブログ放置してしまいました(爆)。すごいな〜、もうブログやめてしまったような気分です。実は本日1/4、ブログ開設6周年でして ... » more

いつもながらの巡回ブログを読んでいたら、年末に東京で行われるベートーヴェン第九の演奏会は延べ50回なのだと知った。ホールキャパを大雑把に2000人として10万人が第九を聴くことになるのだ。翻って1824年、ウィーンで第九の初 ... » more

病癒えたる者が神にささげた感謝と歓喜の歌健全な精神は健全な肉体に宿る。もち論、健全な肉体が健全な精神に宿る、とも言い得る。誰だって風邪を引くでしょう。その時は、休養をしっかり取るなり医者に行くなりして、早めに治すに如くは ... » more

今日は午前中から出かけてしまう。2年前から幹事としてお手伝いしている大学校友会が主催するピアノ演奏会の裏方仕事である。こういう会を同窓会組織が催すものかということはともかく、立案から半年ほどで当日を迎えることになった。自分自 ... » more

ベートーヴェンの弦楽四重奏曲第16番を聞きました。CDは、スメタナ四重奏団盤です。この曲は、最後の弦楽四重奏曲というだけでなく、ベートーヴェンのまとまった作品としては最後の曲です。第4楽章には、最初に「苦しんでつけた決心」という言葉が書 ... » more

ベートーヴェンの弦楽四重奏曲第15番を聞きました。CDは、スメタナ四重奏団盤です。この曲は、ロシアのガリツィン侯爵の注文によって作曲された3曲の弦楽四重奏曲の1曲です。作曲途中でベートーヴェンが病気にかかり、しばらく中断ということになっ ... » more

新日本フィルが新しい試みを始めた。通常よりも時間を短縮したコンサートを開催するというものだ。東京スカイツリーの634mとかけて、ベートーヴェンの交響曲第6・3・4番を3日間かけて行うという。しかも、指揮者は、どこの馬の骨ともわか ... » more
テーマ 新日本フィルハーモニー交響楽団 ベートーヴェン

くれなずむ音楽「第2回 ベートーヴェン/弦楽四重奏曲第14番」 ●第2回ベートーヴェン『後期弦楽四重奏曲』 ベートーヴェンでもっとも深遠な音楽として同じ後期のピアノソナタとともに、敬して遠ざけられるイメージの強い曲。この時期、フーガが多用され、動機操作も綿密を極め、難解のレッテルが貼られてしまっ ... » more
テーマ クラシック音楽 弦楽四重奏曲 ベートーヴェン

Mr. Blue Skyラトルのベートーヴェン全集
ラトルのベートーヴェン全集 またまたベートーヴェン全集を購入。・・・・・どこまで好きなんか。3月21日をもって、この度岡山での出稼ぎ(期間工)も期間満了で終了となりついては帰省時の車中で聴くためにと購入。こうしてみると、なんか今回ベ ... » more

週話§連休閑居〜2012.4.28〜床屋さん 昨日は連休の初日であった。今年は暦の巡り合わせがよろしく、2日一日だけ有休にすれば9連休になってくれるというのがありがたい。少しだけ寝坊した初日の午前、朝食を済ませて床屋に出かけた。早い時期に切ってしまおうといいう目論見で、 ... » more

前回の記事で、ぼくが持っている16種類のベートーヴェンの弦楽四重奏曲全集のうち、モノラル時代の3種類から選ぶとすれば、バリリSQだという話をしました。これに対してステレオ時代の6種類は激戦です。そこで、ステレオ時代をいったん飛ば ... » more

今日は雑談です。2000年代の初めだったと思いますが、クラシックの世界では、輸入盤が、特にBOXという形態で、廉価で購入できるようになり(CD1枚当たり数百円という世界です)、ぼくの購入するCDは急増しました。同じ曲の異演盤を5 ... » more

第1725回NHK交響楽団 定期公演Cプログラム2012年4月20日NHKホール【出演】指揮:ロジャー・ノリントン管弦楽:NHK交響楽団【曲目】ベートーヴェン:序曲「レオノーレ」第2番ベートーヴェン:交響 ... » more
テーマ ベートーヴェン NHK交響楽団

 

最終更新日: 2016/11/23 11:11

「ベートーヴェン」のブログ関連商品

» 「ベートーヴェン」のブログレビュー をもっと探す

「ベートーヴェン」ブログのユーザランキング

Mr. Blue Sky 1 位.
Mr. Blue Sky

テーマのトップに戻る