誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ベートーヴェン

ベートーヴェン

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ベートーヴェン」のブログを一覧表示!「ベートーヴェン」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ベートーヴェン」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ベートーヴェン」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

悼話§F・ブリュッヘンさん(音楽家) リコーダーやフルート・トラヴェルソの演奏家でもあり、指揮者としてのキャリアも長かったフランス・ブリュッヘンが亡くなった。享年七十九彼の実演を初めて聴いたのは1975年。麹町の都市センターホールで、バッハのフルート・ソ ... » more

鋭話§アルテミス・クァルテット(紀尾井) 火曜日という週初めの平日、それでも聴きたいアルテミス・クァルテットのコンサートに行ってきた。彼らを紀尾井ホールで聴くのは初めてだと思う。ブラームス:弦楽四重奏曲第1番 c-moll Op.51-1クルターク:小オフィ ... » more

鍵話§アンスネスのベートーヴェン 一昨日、オペラシティ・コンサートホールでレイフ・オヴェ・アンスネスのベートーヴェンを聴いてきた。体調不良で来日がぎりぎりに。結果、兵庫は中止。武蔵野と東京で2回のリサイタルとなったのだ。プログラムは以下のとおり。 ... » more

未完に終わったモーツァルトの『レクイエム』は“匿名の依頼主”が存在していた。後に、アマチュア作曲家である某田舎貴族からの依頼であるということが判明している。フランツ・フォン・ヴァルゼックという依頼者が、レクイエムを自らの ... » more

蕪話§ツィメルマンのベートーヴェン 1月10日、武蔵野市民会館で行われたクリスチャン・ツィメルマンのピアノ・リサイタルを聴いてきた。去年12月に行われる予定が、彼の腰痛で延期された公演である。ピアノ・ソナタ第30番 E-Dur Op.109ピアノ・ ... » more

溌剌、前向き、元気一発! ベートーヴェン 交響曲 第9番《合唱》/ アバド ベルリンフィル他 万年青年アバドの若々しさ溢れる第九。ベートーヴェン:交響曲 第9番 ニ短調 作品125 《合唱》カリタ・マッティラ(ソプラノ)ヴィオレッタ・ウルマーナ(メッゾ・ソプラノ)トーマス・モーザー(テノール)トー ... » more

「交響曲第九番」ピアノ版 リスト編曲「第九」のピアノ曲のCDをリリースされたピアニストの話から第1楽章から最終曲章までを演奏することは自分がその曲を生きること・・・1曲を1人で演奏することは人の人生を生きる体験でもあると・・・・ベ ... » more

これまた“とんでもない”事態が起こっていたようだ。先日、日生劇場で上演されたベートーヴェンのオペラ『フィデリオ』で慣習となっている第2幕第2場への橋渡しとして演奏される『レオノーレ』序曲第3番の最後3分ほどのところで、客の一 ... » more

第1765回NHK交響楽団定期公演Cプログラム1日目2013年10月25日(金)NHKホール【出演】指揮:ロジャー・ノリントンピアノ:ラルス・フォークトコンマス:ヴェスコ・エシュケナージ【曲目】ベ ... » more
テーマ ベートーヴェン NHK交響楽団  コメント(2)

ベートーヴェンのトルコ行進曲を聞きました。CDは、オーマンディ盤です。このオーマンディ盤は、「マーチの祭典」という題名がついている行進曲集です。同じような行進曲集のCDを持っているのですが、それにはこのベートーヴェンのトルコ行進曲が入っ ... » more

クーベリック/ニューフィルハーモニア管のベートーヴェン:交響曲第9番<PA-385> お久しぶりです(苦笑)。ブログエントリーは5カ月ぶりになります。いろいろと忙しかったのもありますが、なによりもブログを更新する気力がどうにも落ちているのが一番の原因のような気もします。まあこれはこれでありのままの自分の状態ですからい ... » more

昭和一桁のオーディオ(20)「夢のQR」(ベートーヴェン全集、アマデウスQR) べ−トーヴェンには16曲の弦楽四重奏曲がありますが、交響曲9曲、ピアノソナタ32曲)に匹敵する重みがあり、全生涯に亘って書かれています。「ラズモスキー」は中期の3曲を指します。そのうち1番はことに名曲と私は思います。有名なQRは全曲を録音す ... » more
テーマ クラシックへの道 昭和一桁のオーデオ ベートーヴェン

昭和一桁のオーディオ(17)弦楽四重奏曲作品130(ベートーヴェン・バリリ弦楽四重奏団) 昭和30年から昭和35年(1960年)の間に三つのカルテットが来日しました。57年8月のフランスのパレナンQR、12月のバリリQR、58年4月アマデウスQR、これは行きませんでした。パレナンQRはフランスで、派手な演奏をしたことだけを記 ... » more
テーマ クラシックへの道 昭和一桁のオーデオ ベートーヴェン

ベートーベン ピアノソナタ「悲愴」第2楽章  この曲はのだめと千秋先輩が出会うきっかけになった曲ですゴミだめのようなのだめの部屋で千秋先輩が聴いたベートーベンの「悲愴」この格調高い旋律とのギャップが何とも言えないですね第2楽章は言葉では言い表すことのでき ... » more

昭和一桁のオーディオ(15)    ピアノソナタ32番(ソロモン・父の死) ソロモンこのピアノソナタは多くのピアニストが好み、ベートーヴェンを殆ど弾かない人も、プログラムにとりあげます。私の手元にある32番のLPはバックハウス、ソロモン、グルダ、ミケランジェリ、ポリーニ、ブレンデルの6枚、CDはシュナー ... » more
テーマ クラシックへの道 昭和一桁のオーデオ ベートーヴェン

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第31番第3楽章 映画「のだめカンタービレ最終楽章後編」より〜 千秋先輩と一緒にコンチェルトをするのが夢だったのだめちゃん千秋先輩とRuiのコンチェルトを聴き自分が思い描いていたものと 同じだったことに衝撃をうけ失意のどん底で苦しみも ... » more

昭和一桁のオーディオ(14)  ピアノソナタ32番(ケンプ・父の大病) 今までの大家の演奏の話しはブダベストQR以外LPを聴いた感想ですが、今回は「ナマ」を聞いた大家の話です。昭和34年(1959年9月)、確か日比谷公会堂で聴いたW・ケンプの独奏会で、演目の一つにベートーヴェンのピアノソナタ32番作品111があ ... » more
テーマ クラシックへの道 昭和一桁のオーデオ ベートーヴェン

昭和一桁のオーディオ(13)ヴァイオリン協奏曲ニ長調(メニューイン) ベートーヴェンの音楽を聞いて神を感じるのは余り例がないことです。「神を考えた人類の知恵を讃えても本質的には無神論に近い考え方」を私はしています。そのせいかも知れません。しかし、バッハに比べればはるかに少ないのは確かです。ヴァイオ ... » more
テーマ クラシックへの道 昭和一桁のオーデオ ベートーヴェン

昭和一桁のオーディオ(12) ピアノ協奏曲第5番(「皇帝」−2) 曲は華麗なカデンツアで始まります。カデンツアは演奏者の自由に任せる箇所ですが、ベートヴェンは指定しています。まことに華やかです。これはシンホニーには例がなく、「皇帝」だけで出てくるので、ベートヴェンの曲としては驚きと親しみを感じさせます。こ ... » more
テーマ クラシックへの道 昭和一桁のオーデオ ベートーヴェン

昭和一桁のオーディオ(11)ピアノ協奏曲第5番「皇帝」 昭和一桁のオーディオ(11)ピアノ協奏曲第5番「皇帝」ルドルフ・ゼルキンベートーヴェンの作品でこんなに人気があるものは他にあるでしょうか。私も同様です。私が始めて聴いたのは昭和30年以前で、確か園田高弘のものでした。以来、折に触 ... » more
テーマ クラシックへの道 昭和一桁のオーデオ ベートーヴェン

ゲヴァントハウスQのベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集<PA-381> またまたブログの感覚があいてしまいました。仕事が忙しいっていうのもあるんですが、いろいろと今までの演奏を聴き直して、いろいろと考えをまとめ直しているうちにブログが書けなくなってたという背景もありまして(苦笑)。いや〜、あらためて自分 ... » more

昭和一桁のオーデイオ(10)エロイカ(交響曲) 「死は人を待たない。」残念ですが私は彼の生演奏を聞けませんでした。彼の演奏に接したのは全てLPとCDです。演奏会での陰撮りは無数にありますが。(アングラのCDがあるのはカラス同様彼の特徴です。)、正規のものは戦後の録音が殆どウイーンフィ ... » more
テーマ クラシックへの道 昭和一桁のオーデオ ベートーヴェン

昭和一桁のオーディオ(9)フルトヴェングラー(世紀を超えた音楽i家) 4・5フルトヴェングラーの音楽観昭和35年頃は「戦後は終わった」という有名な言葉が残っているほど、日本人には思い出深い時期です。その数年前が今取り上げている、私の「フルトヴェングラーの時代」です。彼の死(昭和34年・1554年)は新聞の ... » more
テーマ クラシックへの道 昭和一桁のオーデオ ベートーヴェン

東京シティ・フィル第266回定期演奏会2013年2月16日東京オペラシティ[出演]指揮:佐渡裕フルート:ペーター=ルーカス・グラーフ管弦楽:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団[曲目]ハイドン:交響曲第 ... » more
テーマ 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 モーツァルト ベートーヴェン

昭和一桁のオーディオ(8)(フルトヴェングラー−政治との関わり) 4・4フルトヴェングラー(芸術と政治)昭和35年(1960年)がどんな年だったか、今は老人しかわからない時代になってしまいましたが。日本の戦後が終わり、生長経済へ踏み切った年、学生が就職に困らなくなった年。そして何より安保反対の運動 ... » more
テーマ クラシックへの道 昭和一桁のオーデオ ベートーヴェン

蕪話§コンスタンチン・リフシッツ演奏会 三連休初日、1月に続いて2度目の所沢訪問は、コンスタンチン・リフシッツのベートーヴェン後期ソナタ3曲の演奏会である。先物買いする人ではないので、過去2回は聴いておらず今回が初めてなのだ。聴いた席は、樫本大進の時とほぼ同じ ... » more

ベートーヴェンのピアノ、ヴァイオリンとチェロのための三重協奏曲を聞きました。CDは、リヒテル/オイストラフ/ロストロポーヴィチ/カラヤン盤です。この曲は、名前の通り、三つの独奏楽器を必要とするめずらしい協奏曲です。作曲の経緯はよくわかっ ... » more

今日も昼頃から所沢に行ってくる。1月に樫本大進のベートーヴェンのソナタの伴奏をしたコンスタンチン・リフシッツの演奏会で、今日はベートーヴェンの30〜32番のソナタを聴く。寡聞にしてしらなかったのだが、何度か来日していて“赤丸 ... » more

昭和一桁のオーディオ(7)(フルトウェングラ−出会い) 私は昭和31年(1951年)3月に東京大学農学部を卒業しました。昭和30年3月に卒業する筈ですから、1年余計にかかったことになりますが大した理由はありません。前述の通り、試験数が一番多い3年生(昭和29年度)の期末試験に喘息の発作が出て出席 ... » more
テーマ クラシックへの道 昭和一桁のオーデオ ベートーヴェン

昭和一桁のオーディオ(6)ベートヴェン(セロソナタ,2人の天才、カザルスとデュ・プレ) 2.4パブロ・カザルス(1876−1972) パブロ・カザルスは20世紀最大のチェリストで、1930年台がピークでした。。それが戦後のわれわれの話題になるのは、彼の政治的信条に関係しています。祖国のどが独裁者フランコに敵対し、母国スペイ ... » more
テーマ クラシックへの道 昭和一桁のオーデオ ベートーヴェン

 

最終更新日: 2017/10/16 17:54

「ベートーヴェン」のブログ関連商品

» 「ベートーヴェン」のブログレビュー をもっと探す

「ベートーヴェン」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

Fidelio の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル Fidelio
Deutsche Grammophon

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る