誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    葉室麟

葉室麟

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「葉室麟」のブログを一覧表示!「葉室麟」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「葉室麟」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「葉室麟」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

「風かおる」葉室麟著(幻冬舎 1,728円税込) 「風かおる」葉室麟著(幻冬舎1,728円税込)誰よりも強く心優しかった父にも、人を憎まねばならぬ時があったのだろうかーー。十年ぶりに妻敵討から戻った養父・佐十郎の元に届いた果たし状。鍼灸医の菜摘は、重病の身で ... » more
テーマ 風かおる 小説 葉室麟

「峠しぐれ」 葉室麟著(双葉社 1,728円税込) 「峠しぐれ」 葉室麟著(双葉社1,728円税込)峠しぐれ双葉社 葉室 麟 Amazonアソシエイト by 峠しぐれ [ 葉室麟 ]楽天ブックス 葉室麟 双葉社発行年月:2014年12月16日 ページ数:3 ... » more
テーマ 小説 峠しぐれ 葉室麟

「峠しぐれ」葉室麟著(双葉社 1728円税込) 「峠しぐれ」葉室麟著(双葉社 1728円税込) 日刊ゲンダイ2015年1月21日http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/156528「峠しぐれ」 葉室麟著( ... » more
テーマ 日刊ゲンダイ 峠しぐれ 葉室麟

「風花帖」 葉室麟著 (朝日新聞出版 1,620円税込) 「風花帖」葉室麟著(朝日新聞出版1,620円税込)風花帖朝日新聞出版 2014-10-07 葉室 麟 Amazonアソシエイト by 風花帖 [ 葉室麟 ]楽天ブックス 葉室麟 朝日新聞出版発行年月:20 ... » more
テーマ 風花帖 小説 葉室麟

「風花帖」 葉室麟著 (朝日新聞出版 1,620円税込) 「風花帖」葉室麟著(朝日新聞出版1,620円税込)日刊ゲンダイ2014年10月31日http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/154540「風花帖」葉室麟著( ... » more
テーマ 風花帖 日刊ゲンダイ 葉室麟

お家(藩)のために冤罪を甘受して従容と切腹する武士の矜持を描いた映画「蜩の記」を観て想う 映画「蜩(ひぐらし)の記」を観ました。お家(藩)のために冤罪を甘受して従容(しょうよう)と切腹する武士の矜持(きょうじ)を描いた映画で原作は直木賞を受賞した葉室麟の同名小説です。映画の概要は以下です。江戸時代中期豊後(大分県)の小藩 ... » more
テーマ 小泉堯史監督 蜩の記 葉室麟  コメント(2)

「緋の天空」葉室麟著(集英社 1,728円税込) 「緋の天空」葉室麟著(集英社1,728円税込)奈良時代。皇位継承をめぐる権力争いが長年続くなか、藤原家の一族としてこの世に生を享けた少女がいた。時の権力者である父・不比等からは「闇を払う光となれ」と光明子と名づけられ、母 ... » more
テーマ 緋の天空 小説 葉室麟

葉室麟 『蛍草』 軽快にすすむ娘の仇討、剣あり笑いと涙の恋愛人情噺でもあるのだが……… 日経の書評欄で絶賛されていたのが記憶にあって、『蜩の記』以来、久しぶりの葉室麟だった。葉室麟は武士社会のしがらみから抜け切れない人物たちの織りなす文字通り命がけの恋あるいは忍ぶ恋など、峻烈の生き様に宿るぬくもりがじんわりとわたしら年代の ... » more

今日のオススメ本 : 『陽炎の門』 葉室麟 出世のために友を陥れたと蔑まれながらも、若くして豊後・黒島藩の執政となった桐谷主水。執政入りして初めて登城するその日は、主水の人生において晴れがましい一日となるはずだったのだが…。洋々たる前途が待っているかと思いきや ... » more

今日のオススメ本 : 『春風伝』 葉室麟 春の嵐のように激しく、春の風のように情感豊かに幕末を生きた男、高杉晋作の伝記小説。歴史は好きだけど、高杉晋作のことよく知らないっていう人にオススメだと思います。自分も、長州藩士で、吉田松陰に師事し、奇兵隊を創設した人とい ... » more

今日のオススメ本 : 『おもかげ橋』 葉室麟 わけあって藩を追われた二人の男。一人は、剣は一流だが暮らしは不器用で、閑古鳥の鳴く道場を経営し、もう一人は、武士をやめて商家に婿入り、今では飛脚問屋の主人に納まっている。そんな二人の前に、16年ぶりに、かつて共に想いを寄 ... » more

今日のオススメ本 : 『螢草』 葉室麟 幼くして父を亡くした菜々は、16の時、ある武家屋敷に女中奉公に出る。切腹した父の仇を討つという秘めた思いを胸にして…。というお話。おのみちこさんの装画が素敵。可憐でいて凛とした強さも感じさせる露草(万 ... » more

今日のオススメ本 : 『この君なくば』 葉室麟 九州の小藩の下級武士とその妻が、「この君なくば一日もあらじ」と、互いを心の支えとしながら幕末動乱期を乗り越えていくお話。開明的な藩主・伍代忠継が格好いいんです。40歳の凛々しくて快活なお殿様。私の頭の中では若 ... » more
テーマ 小説 葉室麟

武士の凛とした魂を感じた一冊。背筋が伸びるような思いで読み終えました。武士としての生き様、共に生きる農民たちへの思い、そして、家族への思い。不条理な藩命に抗うことなく、ただ責務を全うしようとする戸田秋谷。様々 ... » more

1月17日に芥川・直木賞が決定して「共喰(ともぐ)い」で芥川賞を受賞した田中慎弥さん(39)が、特徴ある発言で何かと話題となった。「蜩(ひぐらし)ノ記」が直木賞に決まった、葉室麟さんはその田中さんと同じ5度目の候補での受賞だったのだ。 ... » more

葉室麟 『蜩ノ記』 現代に通ずる男の生き様 その美学に陶然とする 遠望すれば春霞の山々に桜の花びらが舞い、近くは谷川のせせらぎ、カワセミの飛翔、清浄な山間の風景に礫をもつ少年が姿を現す。久々の葉室麟であるが、期待たがわず、この美しい冒頭の情景から引き込まれた。あと三年の後に切腹を命じられている ... » more

福岡在住の直木賞作家・葉室麟「地方にいると歴史の断面がよく見える」 「蜩ノ記」葉室麟著(祥伝社) 福岡在住の直木賞作家・葉室麟「地方にいると歴史の断面がよく見える」NEWSポストセブン2012.01.17 23:12http://www.news-postseven.com/archives/20120117_81521.htm ... » more

浅田次郎「葉室麟さんの直木賞受賞は我が事のようにうれしい」 浅田次郎「葉室麟さんの直木賞受賞は我が事のようにうれしい」NEWSポストセブン2012.01.17 22:57http://www.news-postseven.com/archives/20120117_81517.html?PA ... » more

幕末から明治、まさに激動の時代であった。ペリ−来航、黒船は、ある意味、日本にとってはラピュタの船だったのかもしれない。それから、激しく、かつ、じれったいほどのゆっくりと速度で革命と呼べるのか定かでない政変が実現し ... » more
テーマ 読書 シ−ボルト 葉室麟

ここ数年ずっと、直木賞候補に上がっている葉室氏。本作も今月発表された直木賞の候補作ではありましたが、惜しくも受賞ならずでした。本作は、江戸時代の俳人、与謝蕪村の老境を描いた短編集です。俳人というと、風雅な才人のよ ... » more

葉室麟 『秋月記』 地方小藩のお家騒動に見える現代の混乱 壮絶な死闘が繰り返されるエンタテインメントであるが、どうしても政治家たるものかくあるべしと現代に重ね合わせることになる、時代小説の傑作だ。筑前秋月藩は独立した藩ではあるが福岡藩の支藩であって、藩政は折りにつけ福岡藩の介入があった ... » more

葉室麟 『いのちなりけり』  葉隠の恋を描いた大人の純愛時代小説 いっとき武士道でもって政治・経営を論ずることがもてはやされた。全世界の屋台骨が悲鳴を上げているこの事態では、日本的美徳に解決の糸口を求めるような、そんな立論はまったく影も形もなくなった。この物語は「葉隠」編纂の前史である。私 ... » more

葉室麟 『銀漢の賦』 漢(おとこ)たちの凛冽の生き様を描いて松本清張賞受賞にふさわしい時代小説の傑作 齢60をこえると、自分の半生を振り返り、ほろ苦い感傷にぼんやりするときがあるものだ。サラリーマンだって自分なりに大仕事だったと思える経験がいくつかあって、結果が本当に全体にとってよかったのかと冷静になれば自信こそないのだが、ただただ古き ... » more

 

最終更新日: 2016/11/23 10:31

楽天市場のおすすめ商品

「葉室麟」のブログ関連商品

» 「葉室麟」のブログレビュー をもっと探す

「葉室麟」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る