誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    SF小説

SF小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 小説
類似テーマ: SF小説 SF小説
テーマ「SF小説」のブログを一覧表示!「SF小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「SF小説」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「SF小説」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

ヨミマクリブログ侍から学ぶ日本の心
江戸時代の侍が現代にタイムスリップしてきてお菓子作りに目覚めてしまうというかなりむちゃな設定のSFファンタジー正直、映画でも小説でもファンタジー系はあまりピンと来ないのだが、思ったより楽しめたというのも、たぶん裏テーマなんだと思うが ... » more
テーマ SF小説 3つ星本

ヨミマクリブログふたり
しっかり者のお姉さんとのんびり屋の妹のお話。開始早々お姉さんが事故に会い、悲しみに明け暮れる中、死んだはずのお姉さんの声が頭の中に聞こえてくるというファンタジー。ホントに開始数十ページでお姉さんが亡くなったときは思わず号泣。 ... » more
テーマ SF小説 4つ星本

ヨミマクリブログしっかりしろよ日本
「チルドレン」に続き、伊坂幸太郎を読み深めてみた。不思議な力を身につけた男が大衆を扇動する政治家と対決する話。はっきり言ってこういうファンタジーな感じは苦手なので、あまり入り込めずに終わった。ただ、日本の政治、ファシズム ... » more
テーマ SF小説 2つ星本

<SF小説>今熱いのはこれ!SFの傑作を読みながら常夏の夜を過ごす 暑い夏の夜を涼しくすごすにはSFか怪談話が一番。今回はSFの傑作をご紹介。日本のSF作家の短編を集めました。そのほかお気に入りの外国作家SFもご紹介。記事のページへお入り下さい。どれもお休み前に読める短編〜中篇作品です。量子回廊 ( ... » more
テーマ 読書 SF小説

宇宙を翔ける若者たち第2部惑星移住へ第16章食事の後にキミコは「お腹がすいていたら、良い考えも出てこないので食べましょう。」言い終えると「お酒は注文した?私は清酒の2・8と言う冷酒で食前酒。マチコは何する?」酒の注文につ ... » more

宇宙を翔ける若者たち第2部惑星移住へ第15章誘いの電話ヤスジ達が研究室に残っている時、キミコはオオノ橋駅の地下からエレベーターで歩道に出た処であった。雑踏の中、勤め帰りの会社員やOLなどや作業服を着た人たちとすれ違いなが ... » more

宇宙を翔ける若者たち第2部惑星移住へ第14章不思議な研究生(登場人物、アーサー・ブライアントについて)アーサーは1LDKのアパートのリビングで椅子に座っていた。机上の左端に置いてあるテレビのリモコンを手に取りテレビの電源を入 ... » more

ヨミマクリブログ1Q84 BOOK3
やっと読みました「1Q84 BOOK3」BOOK1、2を読んでから半年ほどのブランクがあったのだが特に違和感なく入り込めた青豆、ふかえり、天吾など懐かしく、なんだか久しぶりに帰ってきた感に思わずにやけてしまうただ、読み進 ... » more
テーマ SF小説 4つ星本  トラックバック(3)

普天間問題が民主党政権の『緊縛事項です♪』になっちゃってる昨今、皆様いかがお過ごしでしょうか。辺野古でどうやら決まりのようですね。日米安保も含め、これからの世界で日本はどうあるべきかを考えるチャンスだったのだが・・・。言 ... » more

ミラココア自動車・湯の浜の巻渡辺剛は鶴岡駅でのんびりしている。電車に乗る。今日も良い天気だ。発車時刻だ。長椅子と釣りかけ音のうーと楽しい。小駅に停まる。ゆったりして、終点、湯の浜に到着だ。ミラココアに乗る。 ... » more
テーマ 自動車旅 SF小説

ミラココア自動車・浦河原の巻新黒井でくつろいでいる渡辺剛は、列車に乗る。エンジンのスペースが大きい。発車時刻だ。お客様は少ない。大きくカーブして、エンジンの音がさわやかだ。小駅に停まっていく。交換列車だ。お米を積 ... » more
テーマ 自動車旅 SF小説

ミラココア自動車・尾小屋の巻新小松駅にいる渡辺剛は、キハに乗る。エンジン音と雰囲気が良い。乗客はまばらだ。発車時刻である。クラッチの音がする。田園風景をキハが走る。長椅子で眠くなってきた。金平で列車の交換だ。鉱山列車に客 ... » more
テーマ 自動車旅 SF小説

ミラココア自動車・新潟の巻加茂を出た渡辺剛は、電車に乗っている。素晴らしい田園風景である。田植えしている感覚のこの季節である。モハも気持ちの良い走りである。大蒲原を抜けて、村松。車庫見学の後、五泉に入る。磐越西線のキ ... » more
テーマ 自動車旅 SF小説

ミラココア自動車・久慈川の巻常北太田から、日立電鉄線に乗る。素晴らしい田園風景だ。どこか、懐かしい気持ちである。久慈浜を出、大甕を過ぎ、鮎川に停めてあるミラココアに渡辺剛に乗る。今日もいい天気だ。車との一体感を楽 ... » more
テーマ 自動車旅 SF小説

宇宙を翔ける若者たち第2部惑星移住へ第13章素粒子と重力場について暫らくして研究所のドアが開き、「おはようございます。」ヤスジは部屋に入りながら挨拶をした。事務員と2人の研究生はドアの方のヤスジに向きながら「おはようございま ... » more

パルサー自動車・小田原の巻さとるさんは、電気自動車を楽しんでいる。だいぶ慣れてきた。運転を楽しむ。前方に注意して、高速に入る。小田原厚木道路を通り、小田原に入る。のぐちさとしを見る。向こうもコンビニで充電料金を払 ... » more
テーマ 自動車旅 SF小説

すてきな旅パルサー自動車・点検の巻
パルサー自動車・点検の巻さとるさんは、気持ちの良いドライブを維持するため、せいいちさんを訪ねる。点検である。タイヤの空気圧を調整してもらう。新しいお客さんが訪ねてくる。まさのりさんである。せいいちさんのおかげで、その ... » more
テーマ 雑記 SF小説

パルサー自動車・八郎潟の巻さとるさんは、宿でゆっくり休む。気持ちが晴れやかだ。翌日。パルサーでドライブをはじめる。すてきな風景である。国道を伝い、秋田にやってくる。バスもすてきだ。充電は良好である。八郎潟に着 ... » more
テーマ 自動車旅 SF小説

すてきな旅パルサー自動車・田沢の巻
パルサー自動車・田沢の巻 パルサー自動車・田沢の巻せいいちさんは、さとるさんの様子を見て、安心する。下取りした、ミラジーノにせいいちさんは、機械に入れる。やはりパルサー波が受信され、エンジンがそのままモーターになる。これもディーラーで販売しなけれ ... » more
テーマ 自動車旅 SF小説

すてきな旅パルサー自動車・旅の巻
パルサー自動車・旅の巻せいいちさんは、奈良で生まれ、山陰の山里で暮らし、大分で暮らしたことのある偉大な方である。パルサー波の受信もせいいちさんがあってこそできたことだ。さとるさんは、パルサーは、素晴らしい自動車だ、と運転して ... » more
テーマ 自動車旅 SF小説

すてきな旅パルサー自動車・製造の巻
パルサー自動車・製造の巻日本自動車産業鰍ヘ、パルサー波を受信する。これをまとめてみる。部品一つ一つが偉大である。機械にかけて、自動車が完成する。「パルサー」と名付けられる。かつて日産に同名の車があった。貴重な車輛で、名車 ... » more
テーマ 自動車旅 SF小説

宇宙を翔ける若者たち第2部惑星移住へ第12章宗教オタクのキヨシと色白なアーサー歩きながらヤスジは「いつ仕事に戻る?」ヒロシに聞いてみた。「そうだな、当分は骨密度が正常になるまでは、今は地上勤務で派遣チームのサポートに回る退屈 ... » more

芳山和子は、同級生の深町一夫と浅倉吾朗の3人で、ある土曜日の午後、理科室を掃除していた。掃除が終わり、一夫と吾朗が手洗いに行った後、物音に気付いて理科室を開けると、誰も居ないはずのそこには、液体の入った試験管が並んでいた。和子が、物 ... » more

すてきな旅・急行もがみ号の巻我孫子は、偉大なまちである。今日も元気に生活している。周りは、とてもあたたかいところだ。ありがたく生きている。そんな頃、大台駅に私は向かう。急行もがみ号に乗る。クロスシートが素晴らしい ... » more

<SF>SF小説ファンのための正統派SF小説。読破する価値あり。 アーサー・C・クラークさんが東の横綱なら、西はこの人。最近知ったのですが、彼はSF作家というだけでなく、推理小説も書いてます。また偉大な科学者としても知られ、壮大なスケールで地球や宇宙の歴史、素粒子や化学の分野についてのエッセイを残していま ... » more
テーマ 読書 SF小説

すてきな旅すてきな旅・大社からの巻
すてきな旅・大社からの巻私は、塵である。雲から水になる。触媒である。大社の駅に停まったキハについた。キハが走り出す。キハはゆっくり出雲市駅に着く。このキハは、元気を出し、出雲路をかけだす。素晴らしいキハの走りで、 ... » more
テーマ 鉄道 SF小説

すてきな旅コンテ自動車・尾小屋の巻
コンテ自動車・尾小屋の巻私は家を出、コンテに乗り、運転を楽しんでいる。今日の我孫子は、雨だ。国道から、高速に入る。速度制限である。見通しが良くない。高速を慎重に走らせ、小松インターに着く。小松駅で所定の場所に ... » more
テーマ 鉄道 自動車旅 SF小説

すてきな旅・我孫子まで私は鶴である。古くは青森地方で、「鶴の恩返し」をした。私は丹頂から人間に生まれ変わり、今、バス停にいる。バスの客になる。今日はいい天気だ。釧路駅で切符を目的地まで買う。はさみを入れてもらう。キハ ... » more
テーマ 旅行 SF小説

村上春樹の7年ぶりの長編小説らしいもともと村上春樹の不思議な世界と独特なまどろっこしい言い回しが肌に合わないと思っていたが、物語自体は非常におもしろかった 読み終わった後に思わずもう一度読み返したくなって、これが村上春樹にハマる ... » more
テーマ SF小説 4つ星本

ソニカ自動車・すずめ号任務の巻関東地方にある利根東鉄道(本八幡〜竜が崎)は、経営軌道に乗り、順調にお客様が利用している。息子である私は大台駅に赴任となり、すずめ号の担当になる。鉄道部長のポストは変わらない。大台駅はすぐそ ... » more
テーマ SF小説

 

最終更新日: 2016/11/23 10:27

「SF小説」のブログ関連商品

» 「SF小説」のブログレビュー をもっと探す

「SF小説」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る