誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    加藤清正

加藤清正

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「加藤清正」のブログを一覧表示!「加藤清正」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「加藤清正」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「加藤清正」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

京都浄土宗寺院 特別大公開 大蓮寺へ 金井戸神社 (三栖神社御旅所)出たら、ほぼ北に向かって、ゆっくり歩いて行くと、目的地には9時35分に着いてしまいました。もし山門が開いてなかったら外で待つつもりで恐る恐る覗いて見ると・・・良かった・・・開いてました。 ... » more
テーマ 京都浄土宗寺院 特別大公開 伏見 加藤清正

日本史の「災難」01 築城名人<せいしょこ>さん 元はといえば、加藤清正(1562-1611年)が、羽柴(豊臣)秀吉(1537-1598年)から肥後北半国(20万石弱)を与えられた折に手を加え、自らの居城としたのが「熊本城」です。その石垣は、上部に行くにしたがって垂直に近く ... » more

熊本地震の被害の復興はまだまだ先になるでしょうー福島の完全復旧が10年後とか30年後とか、百年後もどうかと言われているのに、政治家と称している利権屋たちはどうでもいいようなオリンピックのエンブレムとか会場のことに嬉々として群がってい ... » more
テーマ 地震予知 原発オリンピック 加藤清正

日本史の「お国自慢」08 清正公はどこまで行った? 地元・名古屋出身の戦国武将は大勢いますが、「トラ退治」で有名な加藤清正公(1562-1661年)もその一人です。豊臣秀吉(1537-1598年)と同じ愛知郡中村郷(現在の名古屋市中村区)の生まれで、しかもその親戚筋に当たるとされ ... » more
テーマ 唐入り 熊本城 加藤清正

2001年3月31日発行の海音寺潮五郎記念館誌、第20号です。前回の19号が1999年の発行だったため、2年ぶりの記念館誌。その間、記念館としての活動は継続していたようで、恒例の文化講演会は2回分が収録されています。平成11年度が阿 ... » more

築城時を知る遺稿 熊本城宇土櫓 天守閣を見学したのあと、次に宇土櫓へ。宇土櫓は、西南戦争で唯一焼け残った多門櫓で、「第三の天守」とも言われています。天守閣を思わせる風貌で、宇土城からの移築と思われていましたが、近年の大改修で立証する史料が出てこなかった。 ... » more

加藤清正が築いた堅城 熊本城 今から5年前の暑い夏、加藤清正が築いた天下の名城・熊本城に行きました。(熊本城は、私が訪れた翌年に、本丸御殿が完成し、その後も次々に櫓が復興されてるよです。写真は、現在と相違があると思われます。)美しさと軍事上の要塞を兼ね備えた熊本 ... » more
テーマ 100名城 日本3名城 加藤清正

海音寺潮五郎さんの従軍記が戦争らしい生々しさを感じさせないのは、役目がら、戦闘の最前線に出なかったからのようです。文人が従軍する本来の目的は、自軍の戦勝を文学化し、戦争行為を讃美することによって国民を戦争支持に誘導することにあります。ところ ... » more
テーマ 徳川家康 細川忠興 加藤清正

江戸時代を通して武士の道徳、いわゆる「武士道」が形成されていくにあたり、最も重要な役割を果たしたのは儒学です。これは徳川家康が林羅山を採用し、その家学であった「朱子学」を官学としたことに始まります。しかし、その以前から儒学を学んでいた武士は ... » more

海音寺潮五郎さんの歴史解釈のあり方については、このブログで何度も取り上げていますが、今日は加藤清正と小西行長の比較を題材に、もう一度ふれてみることにします。舞台は豊臣秀吉の命令によって行われた朝鮮の役です。朝鮮出兵が関ヶ原の戦いでの ... » more
テーマ 小西行長 豊臣秀吉 加藤清正

加藤清正公の生地を尋ねて、帰りに韓国料理に舌鼓。 休みの日は掃除に洗濯を午前中にすませると、午後からすることが見当たらない。バイクも良いけど、たまには電車で動いてみる。東海道線で名古屋駅に出て、東山線で中村日赤駅にて下車。豊臣秀吉と加藤清正の生誕地、加藤清正の生 ... » more

北島万次の加藤清正 朝鮮侵略の実像を読みました。文禄・慶長の役は知っているつもりでしたが、どこをどう攻略して、どう交渉して、どう引き揚げたのかまでは知らなかったので、勉強になりました。あくまで加藤清正に重点が置かれているのですが、清正が豆満 ... » more

錦絵から見た幕末、明治の東アジア観                −姜徳相コレクション展− 在日韓人歴史資料館では館長のコレクションである幕末、明治時代の錦絵の展示会を高麗博物館(新宿区・宋富子館長)と共催されることになりました。錦絵は極彩色の美しさで幕末明治の日本人の心をとらえた絵画であります。その錦絵は風景画、美人画 ... » more

W杯も終わったことですし、これで不規則な生活を強制されることもなく平穏な日常に戻れそうですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?私は不本意ながら、仕事がかなり忙しくなってきたため、このBlogの更新もままならなくなりそうです。さ ... » more

ここ数回、『武将列伝』からの話題が続いていますが、ついでにもう一つ行ってみましょう。江戸幕府三代将軍、徳川家光です。前回、海音寺潮五郎さんの加藤清正の評価があまり高くないこと、小西行長がこき下ろされていることなどを紹介しましたが、徳 ... » more

これは海音寺潮五郎さんの『歴史余話』だったかに書かれていた話ですが、戦前(最近ではこの表現で何の戦争を指しているのか分からない人が増えているという話を聞いたことがあります。もちろん、ここでいう戦争は太平洋戦争=大東亜戦争のことです。)、武勇 ... » more
テーマ 小西行長 源為朝 加藤清正

筑摩書房の「昭和国民文学全集」に「海音寺潮五郎集」という巻があり、その中に海音寺さんの『立花宗茂』が収録されています。この立花宗茂は戦国時代末に活躍した人物で、西郷隆盛や上杉謙信ほどではないものの、海音寺さんが高評価する人物の一人ですが、現 ... » more
テーマ 立花宗茂 加藤清正 福島正則  トラックバック(3)

 

最終更新日: 2016/11/23 10:25

「加藤清正」のブログ関連商品

» 「加藤清正」のブログレビュー をもっと探す

「加藤清正」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る