誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    創作

創作

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「創作」のブログを一覧表示!「創作」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「創作」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「創作」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

手作り絵本『ふくろうのポウ まほうのそうじきでおおさわぎ』 2016年製作、『ふくろうのポウ まほうのそうじきでおおさわぎ』です。このおさるの魔女のような茶目っ気のあるお婆ちゃんになりたいものです。ピグ博士や、博士が主人公だった作品に出てきた牛のカウさん、一度主役を務めた事のある山羊 ... » more
テーマ 絵本 手作り絵本 創作

手作り絵本『ポンポンポンとポケットみっつ』 2015年製作の絵本、『ポンポンポンとポケットみっつ』です。うさぎのラビくんとはりねずみのヘホちゃんが主人公です。次回作で主人公を務めるふくろうのポウちゃんもどこかにいます。この絵本には、付録がついています。 ... » more
テーマ 絵本 手作り絵本 創作

手作り絵本『ゴトさんとふしぎなこづつみ』 2014年製作の絵本、『ゴトさんとふしぎなこづつみ』です。前作『ピグはかせのはつめいくろうばなし』で、ぶたのピグ博士と一緒に特大風船を追い掛けていたやぎの郵便屋ゴトさんが、今回は主人公を務めます。やぎって、歯並びが実に良いで ... » more
テーマ 絵本 手作り絵本 創作

なろうに二話目をシュゥゥゥーッ!!(挨拶)序章の伏線だけでなろうの構成勢潰す予定だけど文章力がアレだし掴みに自信が無いのでちゃんと回収するところまで読者がついてきてくれるか不安だ。…… ... » more
テーマ ゲーム 創作

手作り絵本『ピグはかせのはつめいくろうばなし』 2013年製作の絵本、『ピグはかせのはつめいくろうばなし』です。スキャンとコピーをするうちに、少し色が抜けてしまった感じで、ちょっと残念(汗)。画像をワンクリックして頂きますと、拡大表示されます。更に拡大させる時はMac ... » more
テーマ 絵本 手作り絵本 創作

SuperNarouRun. 『無職転生』を読破。ターミネーターを複雑にしたようなお話だった。……。長かったので全部読むの大変だったんだけど本格的にナロウランする前にトップの作品くらいは読んでおきたいなと思ったので頑張って ... » more
テーマ 創作

さて、製本の話など。(2) 前回に続いて、製本のお話です。今回は、中身と表紙の貼り合わせから仕上げまでをご紹介します。*厚紙(>私は2mmの厚紙を使っています)を用意し、小口3辺それぞれに2〜3mmの余白を加え、 ... » more
テーマ 絵本 製本 創作

さて、製本の話など。(1) スプレー糊は事前の養生が大変なので、ここ4年程、幅広(4〜5cm)の両面テープを使って製本しています。新作手作り絵本『ポコポとマチューのなんでもや』を例に、製本の工程をご紹介しましょう。*今回は、表裏の見返し ... » more
テーマ 絵本 製本 創作

日々の出来事つらつら日記準備中♪
準備中♪ 作成環境が変わってしまい、サイトの更新も思うように出来ないので、ここ4年程続けている上製本のやり方と、新作絵本の画像をこちらのブログにアップすべく、準備しています。用意出来次第、順次アップしていこうと思います。<TH ... » more
テーマ 絵本 展覧会 創作

千葉市と村井弦齊「小弓御所」 ―生実から猪鼻、君待橋へ― 谷仲秀夫 村井弦斎は明治・大正期に活躍した平塚市出身の小説家で、「食道楽」という作品が当時のベストセラーとなり、徳冨蘆花の「不如帰」等と並んで、よく知られている。 千葉 ... » more
テーマ 創作

息抜きで長編ラノベの試作版をテスト投稿していくことにしました。(現状ではほんの少量ですが)私はゲームでは話をサクサクと進めるシナリオを書くのですが『ひょっとして小説には多少の冗長性が必要なのではな ... » more
テーマ 創作  コメント(1)

ようやく全十二章のうちの第一章のシナリオが完成。シナリオを完成させるのに思っていたより時間がかかりそう。なろうはゲームや漫画と比べて修正が容易なんできっちり完成させる前に何かお ... » more
テーマ 創作

弟がお兄ちゃんのネクタイを結んであげている絵 弟がお兄ちゃんのネクタイを結んであげている絵ですBLっぽい絵は体格差とか顔立ちの違いみたいなギャップがあるのが好きですv ... » more

木更津と三島由紀夫「青の時代」 谷仲秀夫 1950年10月31日の日付となっている三島の小説「青の時代」は、1949年(昭和34年)11月に起こった実際の「光クラブ事件」を題材にしたモデル小説である。木更津出身の山崎晃嗣が高利貸し ... » more
テーマ 創作

ナロウラン(なろうで長編ラノベを連載すること)目指してシナリオ作業を始めることにした。プレッシャーでお腹痛くなるけど。なろうびとのこうせいちからに負けたくないのでがんばる。……。『無職転生』は ... » more
テーマ 創作  コメント(2)

一週間ほどかけてプロットを改良していくつもりだったけど昨日だけでとんでもなく質を上げられたのでこれで十分かなという感じになったのでシナリオ作業に移ろうかなとオモウ。必要だった最後のピースが ... » more
テーマ 創作

一年半ぶりくらいにDLsite専用の銀行口座をチェックしたらニンテンドースイッチ(定価)を15台くらい買えそうな金額が入金されていてビックリした。まあ、トップ勢と比べるとぜんぜんよわい〜なんだ ... » more
テーマ 創作

プロット完成? ファンタジー的雄大さを加味するためにここ2日で既存の十章の合間に強引に二章ほどねじ込んでみた。まあまあ悪くないねじ込みだったんじゃないかと思う。これ以上章を増やすと構成 ... » more
テーマ 創作

◆◆◆ちば文学10月読書会◆◆◆期日10月22日(日)午後3時〜5時場所千葉市中央コミュニティセンター5階第2サークル室会場は文化芸術村の会谷仲で予約(千葉都市モノレール市役所前駅下車) テキストちば文学第17号内容掲載作品のうち小説の感想 ... » more
テーマ 創作

コミケ関連の情報(「ヨルノトバリ」アクリルフィギュアについて) コミケに関しては私は毎回友人のサークルで売り子のお手伝いをしているのですが、先日ブログに書いた通り、拙作「ヨルノトバリ」シリーズのアクリルフィギュアを、イラストを描いてくださった南風麗魔さんのサークル「101号室」で頒布します。3日 ... » more
テーマ 個人出版 コミケ 創作

進捗。 なんとか最低限の十章分のプロットをでっち上げる。それなりの材料は揃えたしこのままシナリオ(本文ではない)を書き始めてもそれなりの物が書けるような気がするんだけど大長編ファンタジーを ... » more
テーマ 創作

日々の出来事つらつら日記本の展覧会
今年も<THE LIBRARY 2017>に参加します。期間は今月15日から26日まで。外苑前のギャラリー<Toki Art Space>が会場です。会期中は無休。開廊は11:30〜19:00(最終日は17:00まで)。 ... » more
テーマ 絵本 展覧会 創作

ほたる・狐火・蜃気楼 谷仲秀夫夏になると、とても気になる風物がある。ほたる・狐火・蜃気楼である。これらはいずれも、文学作品としても登場している。宮本輝「蛍川」、山本周五郎「狐火」、芥川龍之介「蜃気楼」等々である。 ほたるは、私が幼 ... » more
テーマ 創作

災厄の文学鴨長明「方丈記」谷仲秀夫 鴨長明は一一五五年(久寿二年)に生まれ、一二一六年(建保四年)に六十二歳で亡くなっている。「ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。」で始まるこの「方丈記」は、一二一二年(建暦二年)に ... » more
テーマ 創作

シナリオを、(今はラノベを)やっていると自分がやっているこの分野はコンピュータによる代替技術に取って代わられないだろうということは幸福なことだよなと思う。百年先もコンピュータのロジック ... » more
テーマ 創作

>aさん美術館は脳みそ空っぽにして味だけで楽しむのでは駄目なんかええんやで。(ニッコリ)ただ、実際に『脳味噌を空っぽにして味だけで楽しもうとしている人』はそんなに居ないと思う。大抵の人は物を鑑賞するの ... » more
テーマ 創作

ブログのヘッダーを加筆しました! 何年も前に描いた絵のキャラの線画を抽出しましてそれを下書きに戻してそこから書き起こしました顔の描き方や色の塗り方も変わっていますが身体バランスなどもかなり変わっています新たに描いたのはキャラとソファだけ ... » more

日記。 明らかに3DCGを援用して造られた絵を手書きだと思ってる人が多くてビビる。ちょっとでも絵を勉強したことのある人間なら『手書きの限界』みたいなものがわかってだからこそ完璧にはなりきれない ... » more
テーマ 創作  コメント(1)

ちば文学会ちば文学 第16号評より
◆◆◆ちば文学第16号評(全作家第105号横尾和博氏評より)◆◆◆★「ちば文学」16号では評論の小沢美智恵「屹立する物語―吉野せい」が秀でている。短い作家生活の吉野せいに光をあてる批評家はあまり存在しないが作者の姿勢に脱帽。★小説では大野俊 ... » more
テーマ 創作

ちば文学会ちば文学第17号紹介
★★★ちば文学第17号★★★掲載作品柳句柳句連載(16)もうよっつ砂町銀座―古稀祭―正蓮寺ますだ詩含蓄他小松綾子詩四行詩集5はにわ砂丘エッセイ東庄町の誕生物語他塘崎和美エッセイ古都の散歩みち美村亜希 書評「ことり」私の読後感壇浦幸夫書評花島 ... » more
テーマ 創作

 

最終更新日: 2017/12/12 16:36

「創作」のブログ関連商品

» 「創作」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る