誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ことば

ことば

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ことば」のブログを一覧表示!「ことば」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ことば」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ことば」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

昨日、be動詞の話をしたが、しかし、起源的にいうと、英語 is の s は、三人称単数の s ではない。 is に語尾はなく、s は語根の一部である。その点で、スペイン語の es と同じである。このスペイン語はラテン語の e ... » more

「日本語の先生」とは言えるが、「*日本語先生」とは言えない。「日本語教師」、「科学の教師」とは言える。しかし、「?科学教師」はちょっと違和感がある。「*情報科学教師」は無理だが、「情報科学の教師」とは言える。「*人生論教師」はむりだ ... » more

「引っ張りだこ」とは、蛸なのか凧なのか。どうも、蛸が先で、後に凧となったようだ。よくタコを、板か何かに押し付けて乾かしているのをテレビで見るが、イメージ的には、蛸が八本足を引っ張られているほうが忙しそうで面白い。しかし、原義 ... » more

読むべきものと伝説について legenda はイタリア語で、「記号、シンボル」の意味だが、英語の legend 「伝説」とほぼ同じ綴りである。これは偶然ではなく、両者の語源は同じである。「伝説」とは、「読まれるべきもの」の原義であると、今、イタリア語語源辞典を ... » more

訳すということ。good morning を、「良い朝」と訳す人はいない(正確には「良い朝を」である:ドイツ語の guten Morgen における4格を参照)。ここでは、英語圏で、good morning という時、日本で ... » more

店主のつぶやき八百屋お七
唐突ですが、「八百屋お七」をご存じですか?浄瑠璃や歌舞伎は見たことがなくても八百屋お七といえば、江戸の町娘が髪を振り乱して半鐘をカンカン打ち鳴らす図…などを想像するかたもあるのではないでしょうか。先日、友人が、若い世 ... » more
テーマ ことば

ゼミナール合宿の夜。男子たちが「イヤフォンガンガン伝言ゲーム」をやるのを見ていた(女子は2人いるが、参加しなかった)。相手の口の動きだけで何を言っているのか伝えていくものである。見ているとかなり面白いが、何かの言葉を、O君が ... » more

試験について イタリア語のレッスンは、ずっとただイタリア人のレッスンを受けるだけで、どうにか復習しなくてはと、ずっと思っていた(この3年間)。大学ではないので、筆記試験も、口述試験もなく、何一つ定着しない(社会に出ると、試験はありがたかったと思う ... » more

「ぐっすり」は英語の good sleep からきているという説が流れていて、驚く。「ぐっすり」という日本語の初出は、日本人が英語など耳にすることがない1679年なので、その説はあり得ない。こういう、もっともらしいが、言語学 ... » more

あぶないところ 先日、宴席で、同僚が「あの2人カクシュウ」がある、と言った。(えっ、確執(カクシツ)じゃないの?)と思ったが、世論(ヨロン、セロン)、重複(ジュウフク、チョウフク)のように、ふた通りの読み方があることも少なくない。念のため辞 ... » more

簡体字の中にはひどいものがあるなと思っていた。略せばいいというものではないだろう、と。とくに「習」が「习」なのはバランスが悪すぎる。「風」は「风」なのも投げやりに見えてしまう。なんでも略して「×」 ... » more

ライ麦畑麦 麩 麹 麺 麺麭
むぎふこうじめんぱん麩の字の部首は、むぎにょう。けれど、正しくは、古い麦へんに夫。むぎにょうは、おかしい。麹は、もともとは、古いむぎにょう。現在の字体は簡易慣用字体というそうな。麺は、古いむぎにょうのときから俗字。現在の字体 ... » more
テーマ 漢字 ことば

言語について インクのしみ。これが網膜に写り、視神経から脳に行くと、思考がはじまり、答案が書かれる(あるいは理解できなくて0点になる)。いづれにしても、脳が動くきっかけはインクのしみだ。しみは、かたち、記号、約束で ... » more

お母様、お兄様、お姉様、と言えるが、逆に、息子、弟、妹への呼称はない(「*弟!」とは言えない)。部長! と呼びかけられるが、*部下!とは言えない(係長!と言えるのか?)。日本語では、上から下へしか呼びかけの語はないの ... » more

「もってこい」という表現が可笑しい。たぶん、命令形だから、「持ってこい!」という感じに聞こえてしまう。特に、恰幅のよい、こわそうなおばさんが「まったく持ってこいなんです」などと言うと、ほんとうにもってこい!と命令しているよう ... » more

ニュースで、温泉につかったおじいさんが、「いゃー百点満点」と言っている。温泉に点数をつけているのだ。あんたは教師か、と突っ込みを入れたくなる。ふとなぜ100点なのか、と思う。たぶん、やはり、学校の試験が100点だったからだろう。 ... » more

Suicaでいいですか? と、目的地に着いて、タクシーの運転手に言う時、なんとなく言いやすいなと感じていたが、分析すると、SuiKA-DE ī-DEs KA? だからka-de-de-kaという左右 ... » more

ピンチヒッター、ホームラン、大逆転、セーフ、アウト、ホームグラウンド(に戻る)、変化球、直球、くせ球。こういう野球用語が、日本語の日常用語を侵食しているレヴェルには常軌を逸したものを感じる。よほど日本人は野球が好きに違いない。なぜな ... » more

民衆の声は神の声である、vox popoli vox dei と言われる。これはアルクィヌス Alquinus という中世の英国人学者の言葉とされている。しかし、引用の仕方がフェアではない。アルクィヌスは、「民衆の声は神の声 ... » more

wind breaker を着ている男子が多い。おしゃれな(と思われる)学生はあまり着ていない気がする。カンガルーと逆だが、首の後ろに袋がついている。暖かいらしい。ところが、break wind と、逆の語順にするとまったく ... » more

これまでの人生で、「また話を聞かせてください」と言われたことが二回ある。この文には、特に意味はなく、さようなら、ないし、忙しいです、また今度、という記号、符丁にすぎない。あまり言われて気持ちの良い文ではない。使わないように心 ... » more

電車内、男子高校生が、隣で「ゼンゼンネレンジャン」と言っている。まるでアゼルバイジャン語のようだ(よく知らないが)。ぜんぜん ne-ra-re-ru-de-ha-nai-ka 寝られるではないか、が崩れた形だろう。「ら抜き言 ... » more

瀬戸内寂聴が仏教者が「馬鹿」という言葉を使うべきではなかった、と言っている。しかし、「馬鹿」は、当て字である。もともとは「莫迦 ばか」という仏教語であり、मोह moha (モーハ)というサンスク ... » more

明け方か深夜かわからないが、あれ?「へそ」って英語でなんていうんだっけ?という疑問がふわふわ浮かんでくる。n と v が入っていた気がする。knave は「悪党」だ、違う。Knabe はドイツ語の「少年」、違う。nave かもしれな ... » more

ことば雑感見出し語(entry word)
見出し語(entry word) set という英単語は現代文明と密接に関連している松野町夫 (翻訳家)実務翻訳という仕事がら、私は40種類ほどの辞典類を常用する。すべて電子辞書(CD)で自分のコンピュータのハードディス ... » more
テーマ ことば

早食いは急いで食べること。しかし、踊り食いは、踊りながら食べるわけではない。食べられてしまう方の魚は、踊っておらず、むしろ、苦しんでいる(と思われる)。しかし、立ち食いは立って食べることだ。買い食いは、買って食べること(買わ ... » more

「歩きスマホ」という複合語。逆にして、「スマホ歩き」というと、早歩き、カニ歩き、というように、「スマホのように歩く」という意味不明な語になってしまうだろう。しかし、「歩きスマホ」には、後ろへ動詞の連用形が隠れていると感じられ ... » more

五七日記「馬耳東風」
私は、津軽のシニアブロガーにして俳人、津軽わさおである。シニアナビに登録したのは、2013年3月4日だ。もう3年7か月が経過した。シニアナビでの活動は、2013年5月20日に「PCペイント画 ポトス」を描いて投稿したのが初めてだ。次 ... » more
テーマ ことば

ことば雑感プチ暗号の作り方
プチ暗号の作り方 プチ暗号の作り方日本語を数字で表記する松野町夫 (翻訳家)プチ暗号とは、作成や解読がとても簡単な暗号をいう。簡単に解読されるのでは暗号の主旨に反するが、プチ暗号は秘密保持ではなく、パズルのような知的な遊びの一種。たとえば ... » more
テーマ ことば

駅弁。*駅弁当とは言わない。駅で売っているが、正確にはプラットフォームで売っている。新幹線の車内販売は駅弁と言えるのか? *車内弁当ではないだろうか(*は言語学において使われていない語を示す)。また、百貨店の催事場で「駅 ... » more

 

最終更新日: 2017/05/29 09:48

「ことば」のブログ関連商品

» 「ことば」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る