誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    一般書

一般書

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「一般書」のブログを一覧表示!「一般書」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「一般書」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「一般書」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

*hontyuの読書日記*民王 〜池井戸潤
武藤泰山は、政権を担う民政党の幹事長。2代続けて首相が短期内閣だった後、総裁選に立候補、みごと首相になる。多忙極める合い間に、虫歯の治療に歯医者へ行き、無事所信表明演説を終えてほっとしたのもつかの間、閣僚が問題発言。国会の質疑応 ... » more

*hontyuの読書日記*同級生 〜東野圭吾
東野圭吾さん、続きます。今回は加賀恭一郎シリーズではありません。高3の俺は、クラスメイトから同級生の由希子がトラックに撥ねられて亡くなったと聞く。通夜の帰りに、別の同級生・緋絽子から、由希子が撥ねられる直前、誰か ... » more

*hontyuの読書日記*悪意 〜東野圭吾
加賀恭一郎シリーズ4作目です。ある事件から教師を辞め、刑事に転職した加賀。有名作家の日高が殺された事件で、以前同じ学校に勤務していた野々口に出会う。死んでいた日高を発見したのが、野々口だったのだ。第一発見者である ... » more

加賀恭一郎シリーズです。(シリーズ2作目にあたります。)未緒の元に、同居の親友で同じバレエ団のバレリーナの葉瑠子が人を殺したとの連絡が入る。葉瑠子は正当防衛らしい。未緒と葉瑠子は、小学校の頃からの親友でありライバルだ ... » more

CDも 暑い!って毎日言ってますけど(笑)今日もお客さまとハーブの話になって、その説明のために外に。でも、5分くらいで、ぜぇ〜ぜぇ〜しちゃって、中へ入る。で再び外へ行き、また5分くらいで、中へ。何度やってたか(笑) ... » more
テーマ 日記 川越 一般書

直木賞受賞作の「まほろ駅前多田便利軒」(hontyuの感想はこちら)の番外編です。個人的には、「星良一の優雅な日常」で強面の星の意外な一面にへぇ〜と驚き、「岡夫人は観察する」(岡夫人の夫が、バス会社のまびき運転を告発するため ... » more

心中をテーマとした短編集です。以下、ちょっと印象的だった短編を。・「森の中」樹海で死のうとした中年の男・富山は、失敗して若い男・青木に助けられる。コンパス一つで樹海を突っ切るという青木に付いて行く内、だんだんと死ぬ気 ... » more

*hontyuの読書日記*慟哭 〜貫井徳郎
佐伯はキャリア組みの怜悧な警視。父親は大物政治家で婚外子であるため、その影響力に反発しながら育った。東大を卒業し、警察官の道を選んだ後、同僚の紹介で警察長官の娘の美恵と知り合って結婚したが、式が決まった後、佐伯の父の思惑に嵌ったと知 ... » more

貫井さんの作品2冊目です。小学校で、子ども達に人気もあって情熱もあった若い女性美人教師が殺される。一体誰が殺したのか・・・女性教師の担任していた子ども達は、大人に聞きながら、犯人を捜し始める。すると、女性教師に言い寄って ... » more

*hontyuの読書日記*卒業 〜東野圭吾
テレビドラマにもなった「新参者」(hontyuの感想はこちら)の切れ者刑事・加賀恭一郎の最初の本です。大学卒業間近の加賀恭一郎。剣道部の加賀は前の大会で優勝したため、次の大会を控えていた。そんなある日、お茶仲間の祥子がア ... » more

東京第一銀行長原支店で働く銀行員に焦点を当てた、連作短編集です。古川は、長原支店の副支店長。高卒だったが、同期の中ではまずまずの出世スピードで副支店長を拝命。今年は業績を上げ、更なる出世・支店長への試金石にしたい年だった ... » more

*hontyuの読書日記*愚行録 〜貫井徳朗
初の貫井作品です。物語は、虐待で3歳の女の子が衰弱死したニュースから始まります。あるルポライターが、一家惨殺事件を調べて、関係者を訪ねて回り、インタビューに答える形で事件が明らかになっていきます。交互に、ある女の子の独白 ... » more
テーマ 読書 オカルト・ホラー 一般書  トラックバック(2)

19才の添木田蓮は、中学生の妹・楓と義父の3人暮らし。7ヶ月前に母を亡くした後、義父は飲んだくれ、暴力を振るったり自室に閉じこもる生活をしていた。そのため、連は酒屋・レッドタンで気のいい店長・半沢の下、働いて妹と義父を養っていた ... » more

久しぶりの宮部さんの本です。かなり分厚いので、ちょっと気合入れて読み始めました。英一は両親と年の離れた弟との4人家族。一風変わった両親が、都内に一風変わった古い中古住宅を購入する。その家は、”小暮写眞館”。紹 ... » more

生誕100年赤羽末吉展 今日やっと、ちひろ美術館でやっている<生誕100年赤羽末吉展-絵本は舞台だ!->に行ってきました\(^o^)/赤羽さんの原画は、何度か見てますが、やっぱり何度見ても良いっ!!今回、見られた原 ... » more
テーマ 絵本 原画展 一般書

10人が限界(^_^;) 今日は、オールドローズの新苗販売初日なので、ランチタイムは<ナチュラル・サロン>系のお客さまがきてくださるかなぁ〜o(^o^)oなんて思っていたら、、、全然違うランチの予約をしていただきました。しかも、10名様{%びっくり2 ... » more

昭和の高度成長期が背景の警察小説短編集です。土門功太朗は、容疑者を自白に導く手腕に定評がある。黙秘を決め込む容疑者に対して、状況証拠を上手くちりばめながら、自白に導く。短編集最初の「アメリカ淵」で、その手腕がいかんなく発揮さ ... » more

岳彦は警視庁の刑事。数ヶ月前に捜査でミスを犯したため、ノンキャリではあったが情熱も持ち、優秀な刑事であったのに、出世コースから外れてしまった。殺人犯が現れる僅かな可能性のために、東京から離れた典型的な過疎地・縹(はなだ)村へ行く ... » more

林弥は同じ道場に、源吾と和次郎とともに通っている元服前の若者。2年前に、尊敬する15歳年上の兄・結之丞を亡くし、病がちな母と兄嫁の七緒と女中のみねと暮らしていた。林弥の兄・結之丞は、帰宅途中に何者かに切られ絶命した。いつか兄を切 ... » more

しゃばけシリーズです。今回の主役は”生目八幡宮”、目の神様を巡るお話で、一太郎の少し幼い頃(12才)のお話です。豪商・長崎屋の一人息子・一太郎は、幼い頃から筋金入りの病持ち。いつものように寝付いていたところに、馴染みの日限親 ... » more

丘のある古い家に、作家が越してくる。その家は、何かと曰くつきの家で、何度も持ち主が代わり、長く居ついたことがないことで近所にも有名な家だった。その作家の所へ、霊を探しに男性が訪ねて来る・・・持ち主が遡る形の連作短編集 ... » more
テーマ 読書 オカルト・ホラー 一般書  トラックバック(1)

小学校5年生の我茂凰介は、母・咲枝を癌で亡くし、父・洋一郎と2人暮らしになった。2人でお互いを支え合って暮らしていたが、父・洋一郎の様子がおかしい。凰介は、父の働く大学病院の精神科に以前も治療し担当医だった、田地教授に相談し、父 ... » more

教師という仕事が生来嫌いな25才のおれは、就職活動に出遅れたため、仕方なく非常勤講師をしていた。憂鬱な気分で、この度の職場である一文字小学校にやってきた。担当の5年2組は、問題児が2人いるらしい。おれは、問題児を一目で見抜き、我 ... » more

小さな探偵事務所”ファントム”を営む三梨は、自身の特徴的な耳を生かして、盗聴を専門としていた。谷口楽器に依頼され、ライバル会社によるスパイ行為の証拠探しをしていた。仕事中に偶然知った冬絵を、三梨のライバル探偵会社”四菱エージェン ... » more

夕暴雨 東京湾臨海署安積班 〜今野敏 テレビドラマ”ハンチョウ”でお馴染みになりました、東京臨海署安積班シリーズです。今回は数年前の夏に多かった”ゲリラ豪雨”が、随所に描写されています。引越しして新しい庁舎に移り、捜査課の強行犯が安積班の第一係のみだったのが ... » more

*hontyuの読書日記*鉄の骨 〜池井戸潤
富島平太は大学卒業後、中堅ゼネコンの一松組に入社して3年、現場で打設作業を担当していた。その平太に、本社業務課へ異動命令が出される。業務課は別名”談合課”と呼ばれる。業務課は、一松組きっての凄腕・尾形常務の直轄だった。平 ... » more

片貝耕平は、大卒後東証2部上場の企業に勤めていたが、上司が気に食わないため2ヶ月で辞職。その後やっと次の職にありついたものの、今度は会社が倒産したため、5ヶ月で職なしに。日々の生活に迫られて派遣会社に登録し、勤務し始めたのは良か ... » more

外務省の外交官・黒田康作は上司の命で、イタリアで日本の外務大臣の外遊による現地警備のため、イタリアの日本大使館に入った。準備に入った矢先、イタリアの日系旅行会社からSOSが入る。それは、女性日本人旅行者の9歳の娘が不明というもの ... » more

総勢9人の作家による”50”をキーワードとした作品集です。気に入っている作家さんの話のみ、感想を書かせて頂いています。*宮部みゆき「博打眼」醤油問屋の近江屋は、先祖が「博打眼」と契約を交わしたため、代々「博打眼」の主 ... » more

*hontyuの読書日記*外事警察 〜麻生幾
少し前にNHKで放映されていたドラマの原作です。が、ドラマとかなりストーリーが違っていました。住本は外事3課(テロリスト担当部署)に勤務。そこは、けして姿を公にせず、町に溶け込んで秘匿作業する、プロの集団。プロ意識を ... » more

 

最終更新日: 2017/03/17 21:35

「一般書」のブログ関連商品

» 「一般書」のブログレビュー をもっと探す

「一般書」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

きゃべつばたけのいちにち (かがくのとも絵本) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル きゃべつばたけのいちにち (かがくのとも絵本)
福音館書店 甲斐 信枝

小さな生きものたちの不思議なくらし の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 小さな生きものたちの不思議なくらし
福音館書店 甲斐信枝

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る