誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    一般書

一般書

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「一般書」のブログを一覧表示!「一般書」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「一般書」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「一般書」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

隠蔽捜査シリーズ第4巻。相次いで変死した二人の外務官僚。全く関係のない別々の事故・事件であるかのように思えたが、ひょんなつながりから、思わぬ展開が訪れる。また、捜査をめぐる厚労省・麻薬取締り官とのトラブル発生。竜崎はいつものよう ... » more

川越スタイル 先月出た『川越スタイル』(エイ出版)は、もう見ましたか?うちのお店にもやっと入れました(^.^)うちは載ってませんが(笑)これもなかなか面白いです。ご来店下さったことがあるオーナーさん、お知り合いのオーナーさんも ... » more

『舟を編む』(三浦しをん/著光文社)って読みました?Sちゃんが面白かったと薦めてくれたし、I先生の昨年のお薦めリストにも載っていたので、読みたいかも〜(^◇^)でした。ところが、図書館の予約は、100番近かったので、 ... » more
テーマ 独り言 一般書

主人公・竜崎伸也の幼馴染でライバル?の伊丹俊太郎の視点で綴られる短編集。シリーズ1巻の「隠蔽捜査」と2巻の「果断」(hontyuの感想はこちら)から3巻の「疑心」(hontyuの感想はこちら)までの裏話です。・「初陣」 ... » more

*hontyuの読書日記*禁猟区 〜乃南アサ
監察官の女性警察官の物語。連作短編集です。警察官の不正を見つけるのが仕事の監察官。男性ばかりのその職場で奮闘するのが、沼尻いくみ。それぞれの短編でさまざまな警察官の話(昔補導した少年がホストになり、そこへ通う女性警官が情 ... » more

真夏の方程式 〜東野圭吾 ガリレオシリーズの最新刊です。今回は主に、偶然出会いその後かかわる事になった小学生5年生の男の子・恭平の視点で、書かれている。湯川は、大学の仕事でとある町へ出張に行く途中、偶然同じ電車に居合わせた少年の親戚・川畑一家が経営し ... » more

瀬田貞二さん 今月号の「こどもの図書館」(児童図書館研究会)は、瀬田貞二さん特集でしたね瀬田さんと言えば、斎藤惇夫氏。ということで、巻頭文は斎藤さんでした。それから、『落穂ひろい』『絵本論』『児童文学 ... » more
テーマ 児童文学者 一般書

栗原一止は信州松本の本庄病院の内科医。夏目漱石が好きな青年だ。写真家の妻と2人で、一風変わったアパート(?)に住んでいる。地方医療を担っている本庄病院での勤務は、医師不足もあり忙しく、しょっちゅう呼び出されゆっくり休む間もないほ ... » more

つい先日やーーーーっと納品された『松居直自伝』シリーズ松居直の世界1(ミネルヴァ書房)。今日、読み終わりました10月刊行予定が、1月って・・・そんなんあり?(^_^;)でもまぁ、やっぱり ... » more
テーマ 日記 児童文学者 一般書  コメント(2)

去年の秋から、またバターが品薄だということで、無塩バターは前年比の7割しか納品してもらえません。年明けしたらどうかな?とちょっと期待していたんですが、ダメらしい{%表情きら〜いdeka%}うーーーむ、スイ ... » more
テーマ 独り言 一般書

玄武書房勤務の馬締は、営業部から辞書編集部へ異動。営業部では変人扱いされていた馬締だったが、辞書編集部の荒木は、定年間近な自分の後釜にと呼び寄せたのだった。そして馬締は、新しく作る「大渡海」という辞書の編纂メンバーになる。そこは ... » more

仁は25歳、ネットカフェ難民。母親の再婚後、新しい家族に馴染めず、工場の上司を殴って首になった後、単身上京したが就職先は不況で倒産。日雇いの派遣でネットカフェで寝泊りする毎日だった。なけなしの貯金を騙し取られ、切羽詰って追い詰め ... » more

新刊から 昨日今日と朝、氷が張ってました〜゜・_・゜〜でも日中は暖かいですよねそんな中で、一季咲きのはずのサマースノーが咲いてます(笑)やっぱり端っこの方で咲いてるのは、微妙にピンクがかってま ... » more

佃航平は、実験衛星の打ち上げロケットに搭載する新開発エンジンに携わっていた。が、衛星は打ち上げ失敗に終わり、航平は実家の佃製作所を継ぐ。離婚も経験し、失意を抱えつつ、家業の売上を順調に伸ばしていたが、ある日突然主要取引先から取引 ... » more

現在の特集展示は・・・ 追悼の意味も込めて、<長谷川摂子さん特集>です。長谷川さんの本で、先日やっと読んだのは、『家郷のガラス絵-出雲の子ども時代』(長谷川摂子/著未来社)家郷のガラス絵: 出雲の子ども時代未来社 長谷川 摂子 Amazon ... » more

30年ぶり マーシャ・ブラウンの写真絵本が、なんと30年ぶりに復刊されました(☆o☆)ただ、以前佑学社から出ていた絵本形態ではなく、『めで あるく』『かたち を きく』『さわって みる』の3冊を1冊にしての新書サイズでの復刊です。目 ... » more

怒ってる? 先日、8月に出た『いまファンタジーにできること』(アーシュラ・K・ル=グウィン/著河出書房新社)をやっと読み終わりました。ル=グウィン、怒ってるかも(笑)何に怒ってるかというと、批評家たちや最近のファンタジー作品に。。。 ... » more

原画展 先日、Sさんからいろいろ資料をいただいたんですが、原画展やらなにやら、今たくさんやってますね(^-^)<かこさとしの世界>鎌倉文学館2011年9月25日(日)まで安野光雅さんは、2ケ所でやってますね{%打ち上げ花火( ... » more
テーマ 独り言 原画展 一般書

どっちが好きですか? 先月の特集展示は、夏休みのお薦め本だったので、読み物が多かったんですが、今月はまた絵本中心でーーす(^-^)テーマは、<あなたは、ねこ派?いぬ派?>ということで、にゃんこ&わんこ本を集めま ... » more
テーマ 絵本 一般流通しないもの 一般書

人気高いホテル・アーマルティウェディングサロンのある1日。結婚式を挙げる4組のカップルと、ホテル側の人々のお話です。加賀山妃美佳には双子の姉がいる。彼女は今日結婚式なのだが、周りを偽って新郎にさえ内緒で、姉の鞠香 ... » more

名門イェール大学のロースクールの成績優秀な学生・カイル。弁護士の父を持ち、そんな父の元で育った彼も、弁護士を目指していた。彼は卒業を目前に控えていた。が、そんなカイルの前に、FBIの捜査官を名乗る者が現われ、カイルの過去の過 ... » more

絵本美術館のある旅 ざっと中身を確認して発注した『絵本美術館のある旅』(MOE編集部/編白泉社)。絵本美術館のある旅 (MOE BOOKS)白泉社 Amazonアソシエイト by 納品されてからも、ちゃんと見る間もなくいつも売れてまうの ... » more

加賀恭一郎シリーズ最新作です。日本橋の麒麟像の下で、ある男性が亡くなる。その男性・青柳武明の死因は、刺殺によるものだった。すぐに容疑者が見つかるが、その容疑者・八島は、交通事故に遭い、意識不明の重体。八島が青柳の貴重 ... » more

やっと入りました! やっとやっと『ターシャが愛した花の名前』(メディアファクトリー)が入ってきました(^-^)ターシャ・テューダーが、長年育ててきた植物が、約250種紹介されていいます。パラパラ見ているだけで、楽しい本ですが、なんと、< ... » more
テーマ ガーデニング 田原 一般書

神宮司みずほはフリーライター。故郷を離れ、東京で夫と二人で暮らしていた。その彼女に、郷里の幼馴染である望月チエコが、自分の母親を刺殺し逃亡したというニュースが入る。望月家は知る人ぞ知る、仲の良い一家で、到底そんな事件が起こるとは思え ... » more

*hontyuの読書日記*心霊特捜 〜今野敏
今野さんの本にしては、軽いタッチの連作短編集です。夏にぴったり。読んで涼しくなるかも・・・?岩切大悟は、神奈川県警刑事部の刑事総務課勤務。刑事部全体の連絡係だ。ここにはR特捜班と呼ばれる部署があって、心理現象が絡 ... » more

絶版 今日、お客様に「片山健さんの『だーれもいないだーれもいない』(福音館書店)は、もう買えないんですか?」と聞かれました。そうなんですよ〜もう大分前から絶版です(;-;)だーれもいない だーれもいない ( ... » more
テーマ 絵本 日記 一般書

ちょっとレトロ(?)なアパート、木暮荘に住む人々をコミカルに描いた短編集です。なんとなく、奥田英朗さんの「家日和」(hontyuの感想はこちら)の一編や、感想を書いていませんが映画にもなった「ララピポ」を思い浮かべました。花 ... » more

6つの短編集。うち、「博打眼」については、こちら(hontyuの感想)で書いています。ほか、強い恨みを抱いて亡くなった者の話「ばんば憑き」(これは、老女の話より、話を聞かされた入り婿の妻に対する心情の変化に注目)、ツケは ... » more

スキー場に脅迫状が届く。ゲレンデに爆弾を埋めてあるというものだ。スキー場は、昨今の苦境から閉鎖を選ばず、警察にも知らせず、脅迫通り大金を支払うことを選ぶ。犯人の全て監視しているかのような言動に、スキー場側も緊張を強いられる。 ... » more

 

最終更新日: 2017/03/17 21:35

「一般書」のブログ関連商品

» 「一般書」のブログレビュー をもっと探す

「一般書」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

きゃべつばたけのいちにち (かがくのとも絵本) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル きゃべつばたけのいちにち (かがくのとも絵本)
福音館書店 甲斐 信枝

小さな生きものたちの不思議なくらし の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 小さな生きものたちの不思議なくらし
福音館書店 甲斐信枝

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る