誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    もも

もも

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「もも」のブログを一覧表示!「もも」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「もも」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「もも」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

商売繁盛を祈願する「十日戎」〜「ゑびす」に込められた意味と、商売繁盛の神である理由とは・・・?! お正月の気分はすっかり抜けて、また普段の生活に戻っている日々であると思いますが、商売繁盛の神様「えべっさん」で知られる兵庫県の西宮神社では、「十日えびす」の1月10日未明、参拝一番乗りを競う恒例の「福男選び」 ... » more
テーマ 古事記 もも

新しい年になりました・・・明けましておめでとうございます。 明けましておめでとうございます。今年も、みなさまにとって実りが多い年であることを願っています。さて、新しい年の初めに日本のほとんど多くの人は、初詣のために、近くの氏神神社や離れたところにある大 ... » more
テーマ 古事記 もも

おかえり〜〜♪ 毎日暑いですね〜ってここのところ東日本方面台風が・・・例年だと西日本を通過して・・・ってだったですよね?やっぱり異常です!そんな中今日の海〜!暑い中での夕立前の様な雲〜!大気が不安定でところによりにわか雨!の直前 ... » more
テーマ 収穫 チンク帰宅 もも  コメント(12)

わんと私とにゃんのお話もも復活!
もも復活! 七夕にどえらい目にあってしまったももでしたがおかげさまですっかり回復致しました(ほっ♪)首の斜頸が残ってしまうかと懸念されましたがほとんど気にならくなりました。こうして散歩もしっかり出来ています。一日 ... » more
テーマ もも

人が聞くことができる音の領域とは?!そして、イルカやコウモリが発している超音波の存在とは!? 音の振動は、目で見ることはできないですから、何も捉えることができないかというと、そうではありません。空気を振動させている音を見るためには、オシロスコープという機械を使うことによって、その振動を図として表すことができます。 ... » more
テーマ 生命の神秘 もも

あらゆる音の振動を集めて、その振動を私たちの内部に伝えている「耳」、その音が聞こえる仕組みとは? 私たちは日常生活でのあらゆる音の振動を「耳」で知覚していますが、そもそも「耳」の中ってどうなっているのでしょうか???色々な音の振動を、あらゆる方向から私たちのために集めてきてくれる「耳」。そんな耳の中を覗いてみると ... » more
テーマ 生命の神秘 もも

人が発する言葉の音、楽器の音、花火の音・・・私たちの生活に密接に関わっている「音」の正体とは?! 私たち人は、相手から発せられた言葉という意味を含んだ音を聞いて、その言葉の意味を理解して、相手と会話したり、話を聞いたりしています。その言葉という音は、理解して使うためには、その国の言語を学ばなければならないけれども ... » more
テーマ 生命の神秘 もも

光の演出によって作られている、私たちが住む不思議な世界・・・光の正体と私たちの目に見える光とは?! 光の正体とは、一体何なのでしょうか・・・光の速さは、秒速およそ30万キロと言われており、1秒間に地球を7周半に相当するようです。昭和39年、世界一速い新幹線として登場した「ひかり」は、何よりも速い光を象徴して名付 ... » more
テーマ 生命の神秘 もも

私たちが物を見ることができるのは、光のおかげだった?! 物が見える仕組みとは・・・?!!  どうして、私たちは物が見えるのでしょうか。それは、物体にぶつかった光が、目に反射して、物を見ることができています。ですから、当たり前のことではありますが、そこに物があっても、暗闇の部屋などでは完全に認識することは ... » more
テーマ 生命の神秘 もも

神は「光あれ」と言われた、すると光があった ・・・全てのものの成長と生活に欠かせない”光”の正体とは 私たちは、光で満ち溢れた世界で生きているとも言えると思います。海の奥深いところでは、太陽の光が届かないので、色のない世界であり、そこに住む生物たちの体は豊かな色を装っていません。しかし、私 ... » more
テーマ 生命の神秘 もも

第30代・敏達天皇、第31代・用明天皇、第32代・崇峻天皇、第33代・女帝推古天皇 <沼名倉太玉敷天皇(敏達天皇)>沼名倉太玉敷命(ぬなくらふとたましきのみこと)、第30代・敏達天皇は、大和の他田(をさだ)の宮、現在の奈良県桜井市戒重でお出でになって、十四年天下をお治めになりました。この天皇が、庶妹 ... » more
テーマ 古事記 もも

応神天皇の五世の孫・継体天皇の皇子、安閑天皇と宣化天皇と欽明天皇の時代とは?! 第26代継体天皇<広国押建金日命(ひろくにおしたけかなひのみこと)、第27代・安閑天皇> 継体天皇の御子である広国押建金日命(ひろくにおしたけかなひのみこと)、第27代・安閑天皇あんかんてん ... » more
テーマ 古事記 もも

雄略天皇に父を倒され、その霊に報復しようとした顕宗・仁賢天皇の御代と、武烈天皇と継体天皇の御代とは <雄略天皇に父を倒されて、その霊に報復しようとした顕宗・仁賢天皇> 顕宗天皇は、その父王をお殺しになった大長谷天皇(雄略天皇)を深くお恨みになって、 その霊に仕返しをしようと思われました。そこで、その雄略天皇 ... » more
テーマ 古事記 もも

父・市辺王イチノベノミコの御骨を探して陵を作り、父を倒した雄略天皇の霊に報復しようとした顕宗天皇 <袁祁之石巣別(おけのいわすわけのみこと)顕宗天皇> 伊弉本別王(いざほわけのみこ:履中天皇)の御子(みこ)の市辺忍歯王(いちのべのおしはのみこ)の御子である袁祁之石巣別命(をけのいはすわけ)は、近つ飛鳥の宮にお出でになって ... » more
テーマ 古事記 もも

雄略天皇から逃れるために、身分を隠して播磨国に落ち延びた履中天皇の皇子の二人の御子の話とは!? <身分を隠して播磨国に落ち延びた二人の王子>さて、山部連(やまべのむらじ)の小盾(をだて)が、播磨国の国造(地方を治める職)に任命されたときに、その国の志自牟(しじむ)という者が新築祝いの宴をするからといって、小盾( ... » more
テーマ 古事記 もも

雄略天皇の盃に落ちた葉を国生みに例えて歌を歌った伊勢の女官、そして皇子も后もいなかった清寧天皇とは? <新嘗祭の宴で、伊勢の国の三重采女(みへのうねめ)が歌った歌>また、天皇が長谷(はつせ)の百枝槻(ももえつき:枝の茂った槻木)の下にお出でになって、 豊楽(新嘗祭の宴)をされたときに、伊勢の国の三重の采女(みへのうね ... » more
テーマ 古事記 もも

わんと私とにゃんのお話熱中症?
熱中症? どえらい、暑くなったセディプママ地方、体温越えってね〜ぇ!犬達は、朝のお散歩行ってごはん食べて一寝入り。しばらくしてベルが鳴いてみんなで庭に出てベルが鳴いて部屋に入れて再び寝ているものと思っていました。エアコン効いて ... » more

雄略天皇のと分別できない程に行列と装束の形が同じだった、葛城山で遭遇した人たちの正体とは!? <一言主大神(ひとことぬしのおおかみ)>またある時、天皇が葛城山(かづらきやま)にお登りになったときに、多くの百官の人たちは、紅い紐を つけた青摺りの衣服を賜って着ていました。その時に、その向こうの山の尾 ... » more
テーマ 古事記 もも

雄略天皇に”他の男の嫁にいかないでくれ”と言われて、待ち続けた三輪山の乙女・赤猪子(アカイコ)とは? <雄略天皇から交わされた結婚の約束を待ち続けた、三輪山の乙女・赤猪子(あかいこ)>奈良県桜井市の三輪山またある時、雄略天皇が三輪川にお遊びにお出でになったときに、河の辺で衣を洗う童女(をとめ)がいました。その姿が ... » more
テーマ 古事記 もも

第21代・雄略天皇が、河内の豪族の娘・若日下部王(ワカクサカベノミコ)と結婚するまでの経緯とは?! 〜雄略天皇の皇居と后とその御子〜大長谷若建命(オホハツセノワカタケノミコト)は、長谷朝倉(はつせのあさくら)の宮にお出でになって、天下をお治めになりました。長谷朝倉(はつせのあさくら)の宮は、現在の奈良県桜井市初瀬です。 ... » more
テーマ 古事記 もも

後の雄略天皇、大長谷王(オオハツセノミコ)のまるでスサノオのような荒々しさとは?!! 〈兄・安康天皇を討ち斬った者をどうにかしたいと考える弟・大長谷王兄と、何少しも驚かない二人の兄〉大長谷王子(オホハツセノミコ:後の雄略天皇)は、まだ童男(をぐな:少年)でした。そして、兄・安康天皇が后の連 ... » more
テーマ 古事記 もも

仁徳天皇の皇子が三代続いて天皇の位についた御代と、仁徳の孫・安康天皇が討ち取られた”目弱王の変”とは 履中天皇が64歳でお亡くなりになった後、皇位を継いだのは、反逆心がないことを兄・履中天皇に示した弟・水歯別命(ミズハワケノミコト)、反正天皇でした。この天皇は、身の丈約2メートル80センチ、その歯は長さが約3センチ、幅は6ミ ... » more
テーマ 古事記 もも

兄の履中天皇を焼き打とうとした弟の運命と、反逆心がないことを天皇にしたもう一人の弟の運命とは!? <仁徳天皇の次の第17代・履中天皇(りちゅうてんのう)>仁徳天皇には、5人の皇子と1人の皇女がいました。そのうち、3人の皇子が次々と天皇の位につきました。すぐ後に位についたのは伊邪本和気命(イザホワケノミコト)、履中天皇 ... » more
テーマ 古事記 もも

夢桜もも
もも まるごとピーチ用の桃です(*^□^*)そろそろ桃の季節ですね!みずみずしくて、美味しそうです♪うっちーの更新でしたぁ☆ ... » more
テーマ もも

大雀命(仁徳天皇)を討ち取ろうとした弟と異母妹の反逆!そして大阪を発展させた仁徳天皇の巨大古墳 〈大雀命(オオサザノミコト:仁徳天皇)を捕ろうとした異母妹・女鳥王(メトリノミコ)と弟・速総別王(ハヤブサノミコ)〉また、天皇はその弟、速総別王を仲人にして、庶妹(異母妹)の女鳥王(メトリノミコ)をお求めになりました ... » more
テーマ 古事記 もも

皇后・石之日売命は嫉妬深くされていた?!仁徳天皇への反逆を企んでいた者がいたのではないか!? ところで、仁徳天皇は、吉備の海部(あまべ)の直の娘、名は黒日売(くろひめ)が大層美 しいと聞いて、召し上げてお使いになりました。しかしながら、その大后、石之日売命(いしのひめ)が嫉妬するのを恐れて、黒日売(くろひめ)本国 ... » more
テーマ 古事記 もも

治水事業を行って、課役を免除した思いやり深い仁徳天皇、しかしその后は嫉妬深かった?!! <古事記下巻仁徳天皇の后とその皇子>父君・応神天皇がお亡くなりになった後、ウジノワキイラツコが天皇の位につくという父君のご意思に背いて、兄・大山守命が謀反を起こしましたが、ウジノワキイラツコによって討たれ亡くなり、兄・大雀命(お ... » more
テーマ 古事記 もも

宇治川での皇位を巡る兄の謀反!その兄を討ち、皇位を譲り合った弟ウジノワキイラツコと後の仁徳天皇とは 滋賀県の琵琶湖から流れ出る川は、滋賀では瀬田川といい、京都府内に入ると宇治川と呼び、大阪に入れば淀川といいいます。その流れの早い宇治川で、謀反を起こした兄とその兄を討とうと待ち構えるウジノワキイラツコとの話です。伊勢神宮内宮の宇 ... » more
テーマ 古事記 もも

応神天皇が宇治の地で出会ったヤカワエヒメ、その皇子・ウジノワキイラツコとその兄との戦とは!? 〜応神天皇の御后、京都宇治の木幡村のヤカワエヒメ〜ユネスコの世界遺産に「古都京都の文化財」の構成資産の一つとして登録されている、宇治上神社。主祭神には、応神天皇とその皇子・宇遅能和紀郎子(ウジノワキイラツコ)が祀られ ... » more
テーマ 古事記 もも

歌いながら醸造されたお酒でお祝いをした神功皇后、その皇子・第15代応神天皇の時代とは!? 〜神功皇后の酒楽の歌〜さて、謀反を起こした忍熊王(おしくまのみこと)を討ち終えて、タケウチノスクネは禊のために近江の敦賀に、品陀和気命(ホムダワケノミコト:後の応神天皇)をお連れしました。そして、そこから大和 ... » more
テーマ 古事記 もも

 

最終更新日: 2017/02/06 13:06

「もも」のブログ関連商品

» 「もも」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る