誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    有川浩

有川浩

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「有川浩」のブログを一覧表示!「有川浩」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「有川浩」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「有川浩」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

『シアター』 by有川浩 (メディアワークス文庫) 久しぶりに読んだ有川作品だが今回は劇団モノ。しかも人気はソコソコ在りながらも本人たちには自覚が無く、降って沸いたような300万という負債額に存亡の危機が迫っている「社会人」としては小学生並みの甘ちゃん劇団が、2年間で見事復活をとげるかど ... » more

シアター! 有川浩 メディアワークス文庫 午後から雨が降り出して頭が重い。眠気と闘っていたが、有川浩さんの「シアター!」を読んで一気に目が覚める。有川さんの文章には、読者を巻き込むテンポとパワーがありますね。『守銭奴けっこう!金は正義だ!』鉄血宰相のお兄ちゃ ... » more

ダ・ヴィンチ2010年2月号掲載の短篇。双子の兄の婚約者に恋してしまった弟くんのお話。ということで、ちょっと切ない恋愛小説というところでしょうか。ソックリな双子の兄弟って、実は身近で接した事がないんですよね。中学時代、ソック ... » more
テーマ 読書 著者(あ) 有川浩  コメント(2) トラックバック(2)

Bookwormシアター!(有川浩)
こ、ここで終わるかーっ!・・・と、叫んだのは私だけじゃないハズ。読みながら残りページを確認しては、ちょっと不安はあったんだけどねぇ。まさかまさか、こんな終わり方だとは思わなかったんだよね。「つづく」かと思いきや「fin.」なんだもん ... » more

有川浩 ‘フリーター、家を買う。’ ‘フリーター、家を買う。’は新卒で就職した会社を3カ月で辞めて、フリーターになった主人公の物語です。はじめのうちは、自由気まま生活していたのですが、しばらくすると主人公のお母さんが突然鬱病になってしまいます。そのことがきっかけにフリーターの ... » more

タイトル:ラブコメ今昔作者:有川浩出版:角川書店★★★☆☆恋愛短編集。(自衛隊ラブコメ)「クジラの彼」ほどには、胸にきたわけではないが、甘い恋愛小説。舞台を他ではなかなか読めない自衛隊に置いているところに、作 ... » more

タイトル:レインツリーの国作者:有川浩出版:新潮社★★★☆☆著者の「図書館内乱」に描かれている小説の書籍化。図書館シリーズのファンとしては、是非読みたい作品だと思う。逆もまたしかり。難聴者を主人公にした恋愛小 ... » more

タイトル:クジラの彼作者:有川浩出版:角川書店★★★★★恋愛短編集。読んだときに、久々にグッときた恋愛小説。「図書館戦争」シリーズや、自衛隊三部作とは一転しているため、好みは分かれるのかもしれないが、ぜひ ... » more

タイトル:空の中作者:有川浩出版:メディアワークス★★★★★著者の自衛隊3部作の1作。空の上の怪獣という奇想天外なものを描きながら、見事なまでに現代社会と融合させた作品。「海の底」でも感じたが、違う視点に立つ ... » more

タイトル:塩の街作者:有川浩出版:メディアワークス★★★★★著者の自衛隊3部作の1作。人が塩になるという塩害の時代。社会が崩壊していく中で出会い同居する少女真奈と、秋庭の物語。電撃文庫で購入しいつの間にか手元 ... » more

タイトル:海の底作者:有川浩出版:メディアワークス★★★★★著者の自衛隊3部作の1作。横須賀を襲った巨大甲殻類と警察関係者の攻防、潜水艦に閉じ込められた船員2名と子供達の6日間の物語。他の作品と同様に、巨大な ... » more

タイトル:別冊図書館戦争T・U作者:有川浩出版:メディアワークス★★★★☆Tは★★★☆☆。Uは、★★★★★。間をとって4つに設定。恋愛を全面に出したT。主人公カップルにはあまり愛着がなかったため、あまり嵌らず ... » more

タイトル:図書館戦争/図書館内乱/図書館危機/図書館革命作者:有川浩出版:メディアワークス★★★★★デビュー時から、好きな作家のひとり。アニメにもメディア展開されたため、多分一番有名な作品。女性らしい恋愛面( ... » more

「三匹のおっさん」 一気に読んでしまったなぁ。有川浩さんの本は何冊か読んだことがあった。オバハンにはちょっと甘ったるくて、こそばゆい感じだったけど。今回の「3匹のおっさん」はタイトルからして今までとはちょっと感じ ... » more
テーマ 読書 三匹のおっさん 有川浩

前半、思ったより重苦しい感じでしたが主人公が動き出してからは、予想に近い展開。ラブ要素はわりと少なめでも、オトコマエなおねーさんあり、ツボを押さえたスピンオフありで、有川作品に期待するものとしては過不足なしでした。こんな ... » more

フリーター、家を買う。 有川浩 幻冬舎 未曾有の就職難だとか・・。ちょうど就職活動に入る息子を持つ身としては、色々と心配なわけです。しかしねえ・・こればっかりは、もう、親の出る幕はありません。とにかく、自分で何とかしてもらわんと。まあ、スーツ作ったりしてやるく ... » more

嬉有箱フリーター、家を買う。
フリーター、家を買う。 『フリーター、家を買う。』有川浩有川浩も新刊が出たら必ず読む作家さんのひとり。どの作品もその時々で色々楽しませてもらってます。今回は…大いなるバカ、誠治が新入社員を形容した表記だけどこの表記だけで笑ってしまった! ... » more

嬉有箱植物図鑑
『植物図鑑』有川浩道草料理がいっぱい出てくる。ちょっと気になったのがノビルのパスタノビルの球根のカリッとした食感は試してみたいかも〜と思いました。彼は躾のできたよ ... » more

きまぐれ日記(。−∀−)」図書館戦争
図書館戦争 有川浩さんの図書館内乱を読みました♪最初からかなり面白いので1日で350ページ読みきってしまいました(笑)ノイタミナでもやっててそっちもオススメです(^○^)あと主題歌がbaseballbearのcangesです(^O^)図 ... » more
テーマ 図書館内乱 図書館戦争 有川浩  トラックバック(1)

Bathing Bear『植物図鑑』(有川浩)
『植物図鑑』(有川浩) 本人も自覚していたようだけど、イツキはヘタレすぎ!料理ネタが多かったけど思ったほど食べたいとは思いませんでした。野草や山菜って、あまり好きじゃないから。イマドキのカジュアルな言葉で気持ちを表現するのは相変わらず上手いと思 ... » more

日経ネット丸の内officeにて2007年7月〜12月にかけてweb連載されたもの。その時の感想はこちらです。紙媒体じゃなかったので別ブログにUPしております。この時は、サラリと書いただけだと思ってたけど、改めて読み返すと結構きっちりグダグ ... » more

いや、有川浩という人は、ほんとにオトコマエな人たちを描くのが上手いね〜。いかにもイマドキありがちな犯罪やトラブルに巻き込まれる家族やご近所を、三匹+αが多少(?)危なくも気持ち良く解決してくれます。オトコマエなだけで ... » more

うわ、このフレーズをタイトルに持ってくるとは、有川さんシブイなぁ・・・!ちなみに、サビなら歌えるよ、私(笑)。甘酸っぱい、甘酸っぱいよ〜!!てな訳で、今回も理性投げ打って、萌えモードで参りま〜す♪皆さん、逃げてぇ〜、萌え萌え無法 ... » more

水無月・R大絶賛!読んだら即萌え!萌えの女神降臨!の有川浩さんですよ〜!本作『植物図鑑』も、ばっちり高糖度な「ベタ甘ラブロマ」です。もう〜、きゅうきゅう言いまくりです。鼻が、鼻が鳴る!やっぱり、理性大崩壊な ... » more

野性時代vol.69(2009年8月号)掲載の短編。「植物図鑑」番外編。私と同じ世代の方で、このタイトルを節なしで読める方は少ないと思われます、きっと。ついつい「♪すっきだよーといえずにぃ〜はーつぅ〜こいはぁ〜」って歌っちゃうな。ん ... » more
テーマ 読書 著者(あ) 有川浩  コメント(5) トラックバック(3)

どんなに話しても、通じ合えないのは、考え方が別次元だから?ある日突然、同居することになった伯母の奇矯な言動は、彼女たち家族に多大なる迷惑と恐怖を与えた・・・。水無月・R大絶賛!読んだら即萌え!萌えの女神降臨!の ... » more

「三匹のおっさん有川浩文藝春秋」について気になる本。次に本屋で見たら買ってしまうかも・・・三匹のおっさん文藝春秋有川 浩ユーザレビュー:勧善懲悪にうんざりレ ...ノリ萌えです!w甘々 ...地域限定正義の味方還 ...Amazon ... » more

三匹のおっさん 有川浩 文藝春秋 有川さんは、面白いなあ。図書館戦争シリーズで、日本中を萌えさせた有川節が、どんな感じでやってくるのか楽しみだったんですが、これまた、渋いところを主人公にもってきましたね。連載が別冊文藝春秋ということで新しいファン層も、き ... » more

Bathing Bear『海の底』(有川浩)
スピンオフ(「クジラの彼」と「有能な彼女」)が先で本編が後になってしまいましたが、それもまたOKということで。潜水艦の構造や横須賀周辺の地理、自衛隊・警察・米軍あたりの関係に疎いので流されるままに勢いだけで読み終わってし ... » more

『・・・うみ、うみ、うみ、うみ、うみーーーっ!!』という心の声を無視できずに、渋々手に取りました。だって、何にも考えずに予約を入れまくった図書館本が大量に手元に届いてるっていうのに、なかなか読書が進まないこの頃。返却期限との戦い ... » more
テーマ 読書 著者(あ) 有川浩  コメント(2) トラックバック(1)

 

最終更新日: 2018/03/29 21:35

「有川浩」のブログ関連商品

» 「有川浩」のブログレビュー をもっと探す

「有川浩」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る