誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    読み物

読み物

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「読み物」のブログを一覧表示!「読み物」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「読み物」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「読み物」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

緑の光線やっと読了
やっと読了 いったい何年かかったか・・・とりあえず文庫本の第1巻読了。ちょうど幕末にかかっているので、昨年の龍馬伝とか坂の上の雲とも関連して、興味深く読むことができた。でもね、これ、全4巻。1巻というのは、やっと明治時代にな ... » more
テーマ 読み物

【5話】算数の大嫌いだった僕が、今はなぜ大好物・大得意になってしまったか? ピタゴラスの定理―4000年の歴史岩波書店 E. マオール Amazonアソシエイト by ある日の家族との団らんの中での出来事である。おやじがいきなり、テーブルの上にあった鉛筆と割り箸、ボールペンそれぞれ1本ずつを取り出し ... » more

緑の光線また買ってしまった
また買ってしまった フィガロ・ヴォヤージュ。アルザス、ノルマンディ、ブルターニュ、行ったところも、行ってないところも、いずれも魅力的な町ばかり。アルザスワインは好きだけど、行ったことはない。ストラスブールやコルマール・・・ドイツ ... » more
テーマ 読み物

『図説 地図とあらすじでわかる!古事記と日本書紀』(坂本勝監修, 2009, 青春新書, 219p.,930円税別, ISBN978-4-413-04222-2 C0221, 青春出版社)を読む。〔本書は2005年『図説 地図とあら ... » more
テーマ 読み物

やがて僕は、小学校を卒業し、中学生になった。真新しいぶかぶかの学生服(いわゆる”ガクラン”というヤツだ)を身にまとい、隣り近所のおばさんたちにチヤホヤされ、半ば得意気になって通学したのを覚えている。ある日先輩と話す機会があって、こん ... » more

ひさびさの本の紹介です。今回は書籍ではなく、漫画。よしながふみさんの「きのう何食べた?」です。見た目も職種(弁護士)も申し分ないくらいに完璧すぎる主人公が実はゲイ&お料理 ... » more
テーマ 読み物

【3話】算数の大嫌いだった僕が、今はなぜ大好物・大得意になってしまったか? 同じクラスのあまり一緒に遊ぶことのない、名前が三郎(仮名)というヤツが、たまたま将棋を知っているということがわかって、僕はそいつを将棋をやろうと誘った。三郎は、当時超初心者の僕にとってかなりの強敵で、こてんぱんにやつけられた。ぼくはあまりの ... » more

ウサンくさいこの「植木算」なるもの、以外に実生活に役に立つのには驚いた。たとえば−:<例><「植木算」なるもの>・12/10〜12/22までの期間限定、半額!!22-10+1=13ほほう、13日間ということか。・ ... » more

夏居草堂「トポロジーの発想」
『トポロジーの発想』(川久保勝夫 著, 1995, ブルーバックスB-1076, 241pp., 760円税別, ISBN4-06-257076-9, C0241)を読む。充実した妄想の日々を過ごすため、積読の本を読む。私は ... » more
テーマ 読み物  コメント(1)

夏居草堂「トポロジー 基礎と方法」
『トポロジー 基礎と方法』(野口廣, 2007, ちくま学芸文庫, 366p., 1300円税別, ISBN978-4-480-09086-7 C0141,筑摩書房)を読む。― 本書は、1971年3月31日、日本評論社より刊行されたもの ... » more

四谷ふく おかみのひとりごと読書の秋
先日お客様にご紹介頂いた本がとっても面白く、皆様にもご紹介しますね〜高田郁著「みをつくし料理帖」シリーズです。江戸時代、大阪の料理屋で料理修業していた女の子が天災で店を失い、文化も味付けも全く ... » more
テーマ 読み物

『地底を這うが如く男一匹、辛抱・奮闘の人生「伊勢工業」物語』(北村皓一 著, 2009, 株式会社文芸社, 257pp., 1500円税別, ISBN978-4-286-08072-7, C095)を読む。私は、ある日、TVニュース ... » more

夏居草堂「ギルガメシュ叙事詩」
「ギルガメシュ叙事詩」 『ギルガメシュ叙事詩』(矢島文夫 訳, 1998, ちくま学芸文庫, 166pp., 900円税別, ISBN4-480-08409-6, C0198)を読む。―本書は1965年7月30日に山本書店より刊行された同タイトルの作品に、 ... » more
テーマ 読み物

お勉強中 x4を購入してかれこれ2カ月ほどになろうとしてますが、未だかんたんモードしか使ったことがありません。絞りだとか露出だとか設定がいろいろありますが、全くもってわからん。ってなわけで、x4を購入してしばらく経ったときに、マニュアル本 ... » more

夏居草堂‘inside out’
“inside out” −children’s poets discuss their work− edited by JonArno Lawson, 2008 , Walker Books Ltd, 105pp. (UK £6.99 ... » more
テーマ 読み物

夏居草堂‘Writing Scientific Papers in English’
“Writing Scientific Papers in English” An ELSE-Ciba Foundation Guide for Authors by Maeve O’Connor and F. Peter Woodford ... » more

『図説 地図とあらすじでわかる!万葉集』(坂本勝監修, 2009, 青春新書, 219p.,930円税別, ISBN978-4-413-04233-8 C0221, 青春出版社)を読む。旅のルート選定のネタにと思い、厠にて少しずつ読 ... » more
テーマ 読み物

夏居草堂「ヴィヨンの妻」
『ヴィヨンの妻』(太宰治, 1950, 新潮文庫, 206p.,362円税別, ISBN978-4-10-100603-1 C0193, 新潮社)を読む。忙中閑あり、と云うよりも忙中に閑をつくり‘太宰(以下、敬称略)’を読む。太 ... » more
テーマ 読み物

夏居草堂「行為と妄想」
『行為と妄想 わたしの履歴書』(梅棹忠夫, 2002, 中公文庫, 343p., 819円税別, ISBN4-12-204006-x- C1123, 中央公論社)を読む。裏に、“『行為と妄想―わたしの履歴書』1997年6月 日本経済新聞 ... » more
テーマ 読み物

夏居草堂「零戦撃墜王」
『零戦撃墜王 空戦八年の記録』(岩本徹三, 2004, NF文庫, 396p., 800円税別, ISBN978-4-7698-2050-5 C0195, 光人社)を読む。本書は「今日の話題社」が昭和47 (1972) 年7月、昭和30年( ... » more
テーマ 読み物

ものすごく売れていると聞いて読んでみました。(流行りものに弱いもんで・・・)マネジメントとは何かたった10文字のこのフレーズですが、色々な意味で考えさせられました。前評判では文章が拙いとか、マンガみた ... » more
テーマ 読み物

夏居草堂「論理哲学論考」
「論理哲学論考」 『論理哲学論考』 (ウィトゲンシュタイン 著、野矢茂樹 訳, TRACTATUS LOGICO-PHILOSOPHICUS_1933改訂版, 2003訳, 岩波文庫_青689-1, 240p., 700円税別, ISBN4-00-33689 ... » more
テーマ 読み物

夏居草堂「ねぼけ人生」
『ねぼけ人生<新装版>』(水木しげる,1999, ちくま文庫, 254p., 580円税別, ISBN4-480-03499-4 C0179, 筑摩書房)を読む。― 本書裏に、‘本書は1982年3月20日、小社より刊行し、1986年2月26 ... » more

緑の光線読了
読了 「1Q843」読了。なんだかなあ・・・ストーリーとしては、まあ、納得できるようなものだけど、どうも変なんだな。そして、もう少し書かないといけないような雰囲気。なんだかなあ・・・ ... » more
テーマ 読み物

緑の光線説明が多すぎる
何か変だ。「1Q84」の3を借りて読んでいるけど、何か変だ。説明が多すぎる。ストーリーは1,2の続き的なもので、内容に違和感はないけれど、今までなら何も語られずに、読者の想像にまかされていたように思えた余白のような部分に ... » more
テーマ 読み物

宮部みゆき著「楽園」上・下 しばらくぶりの読書ものは宮部さんの長編ミステリーです。ちょいと厚めの文庫サイズが上&下巻あり、読む時間なさそう・・・と、躊躇したものの、気長に読むか〜と購入したら、あっさり読めちゃいました。こちらの「楽園」は、以 ... » more
テーマ 読み物

緑の光線「見る」本
「見る」本 TOKYO BASIC。図書館から、貸出OKの連絡。意外に早く順番が回ってきた。それもそのはず。「読む」というよりは「見る」と言った感じの本で、すぐ見終わってしまう。はっきり言って、立ち読みで十分。私は菊池京子の ... » more
テーマ 読み物

夏居草堂「朝の知的生活術」
『朝の知的生活術』(現代情報工学研究会 著, 1994, 講談社+α文庫, 226p, 524円税込, ISBN4-06-256036-4 C0195)を読む。― 本作品は1988年6月、実務教育出版より刊行されたものを取材しなおし、加筆修 ... » more
テーマ 読み物

緑の光線また、本
また、本 読まないといけない本がいっぱいになってきたという話をしたら、また本が増えた。図書館に予約していた本の順番が回ってきた。なんの関連もない2冊。なぜ「野田秀樹」か?なんとなく興味があったから。夢の遊眠社の舞台はいくつ ... » more
テーマ 読み物

緑の光線
本 借りてる本や、買った本。読まなければいけない本だらけなのに、それにさらに1冊加わってしまった。「世界一の美女になるダイエット」私のような美人には不要な本だけど(←はぁ?)、ね。いや、美人といっても外見的な美人じゃなくて、 ... » more
テーマ 読み物

 

最終更新日: 2016/11/23 05:06

「読み物」のブログ関連商品

» 「読み物」のブログレビュー をもっと探す

「読み物」ブログの人気商品

「読み物」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る