誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    書籍

書籍

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
類似テーマ: 書籍  読書 お勧めの本 本・雑誌 本の紹介 書籍・雑誌 書籍紹介 書評 読書感想 読書感想文 読書記録 読書日記
子テーマ: 絵本 電子書籍 漫画 古本 雑誌 小説
テーマ「書籍」のブログを一覧表示!「書籍」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
テーマ「書籍」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

加藤浩子《バッハ〜「音楽の父」の素顔と生涯》を読む ●2018年7月8日(日)、加藤浩子さんの最新刊《バッハ〜「音楽の父」の素顔と生涯》(平凡社新書)を読了した。まさに著者渾身の力作、精緻で優れた「評伝」である。新書としては随分と厚い。内容が濃くしかも豊富なので読みごたえがあるが、バッハの音 ... » more
テーマ 加藤浩子 音楽

今川って何 四月からこっちもう六回も風邪でぶっ倒れてるのですが私には免疫力とかないのでしょうか押せば免疫つくにほんブログ村4コマ ブログランキングへ ... » more
テーマ 4コママンガ 漫画 単発(仮)

ミャンマーの仏様 白い像 シャトル などなど 大阪・千葉の地震西日本地方の水害今どこでなにが起こるかわからないような天災に見回られていますね被害に遭われた皆さまお見舞い申し上げま ... » more

僕が好きなのは曜変天目茶碗 9:39 2018/07/02先日偶然ながら二冊の本を同時に借りそしたら載っておった!(*_*)芸術新潮1月号現在MOA美術館には、桃山時代の諸記録を元に昭和63年(1988)に復 ... » more
テーマ 読書 音楽

文春新書の一冊として、文藝春秋社から2018年5月に刊行されました。劉備と諸葛亮を中心に、『三国志』の時代を経済と民衆への負担という観点から見直しています。『三国志』の時代から1000年以上経過して成立した『三国志演義』を源とする、さまざま ... » more
テーマ 読書 アフロユーラシア史前近代

のんびり行こうよ2018年6月に読んだ本
6月は8冊。久しぶりにいっぱい読みました(^^♪6月の読書メーター読んだ本の数:8読んだページ数:2429ナイス数:98夏は終わらない 雲は湧き、光あふれて (集英社オレンジ文庫)の感想シリーズ最終巻。三 ... » more
テーマ 読書

『水の世界地図』5 <『水の世界地図』5>図書館で『水の世界地図』という本を、手にしたのです。内容は画像が多くビジュアルで、わりと専門的で堅い本なのだが・・・在職中に造水プラントにも携わっていたので、いわば守備範囲の本なのです。【水の世 ... » more
テーマ 経済 自然

私いくつに見えるときかれた時は? 4コマ漫画の補足説明は こちら有江's IT 4コマ漫画(IT向上委員会が発信中!4コマ漫画の補足説明は こちら有江's IT 4コマ漫画(IT向上委員会が発信中! ... » more

音楽徒然草地元パン手帖
地元パン手帖 調子に乗って購入したこの本。「マツコの知らない世界」で紹介されたことを覚えていたのは、神戸のあん食だけでした。印象に残らなかったというよりは、地域限 ... » more
テーマ 読書 街歩き

出かける寸前、庭でそういわれる。「何かあったん・・」「おおありじゃ、あいつらどこまでもあんたを」「どうすると・・」「それがね・・」其処から意外や意外な話を聞かされた。「ええ〜じゃ俺は親父の子供じゃないんか・・」「そうなる ... » more
テーマ エッセイ 小説

◆書き終わって思ったこと:「ヒロイン・上条当麻」振り返ってみると、「第一位・御坂美琴」としてのテーマはレベル6シフト編で書き尽くしたと言えるんですよね(ェレムナント編やインターバルの構成と方向性からしても ... » more
テーマ 小説

 ラムダ音楽日記ATC NewSCM40
『レコード芸術』のオーディオコーナーで、ATCのNewSCM40の紹介記事を読みました。NewSCM40は、ペアで66万円という3ウェイのトールボーイ型スピーカーです。ATCは、イギリスのスピーカー・メーカーです。大きな特徴は、ミッドレ ... » more

『お釈迦さま以外はみんなバカ』 〔公園で一輪だけ咲いていたヒルザキツキミソウ〕稀代の読書家で作家である高橋源一郎さんの、本の紹介というか読書案内の本『お釈迦さま以外はみんなバカ』を紹介する。高橋さんは、2012年からNHKの「すっぴん! ... » more

『アメリカ 暴力の世紀』3 <『アメリカ暴力の世紀』3>図書館に借出し予約していた『アメリカ暴力の世紀』という本を、およそ半年待ってゲットしたのです。ジョン・ダワーといえば、日本通の学者として著名であるが・・・トランプ時代を危惧する日本語版オリジナルの序文 ... » more
テーマ 歴史 アメリカ

この素晴らしい世界に祝福を!14巻  感想ブログ  あろえの台詞に共感星☆☆☆☆あろえ「悪い事は言わない、今からでもゆんゆんルートに戻るんだ」その通り!思わず膝を打ってしまった、そんなこのすばの第14巻です。前回の引きの通り、ゆんゆんが紅魔族の ... » more
テーマ アニメ このすぱ ラノベ

『人の心に木を植える』(^^) 大雨で西日本を中心に被害が出ています。被害にあわれた方々にお見舞い申し上げます。こちら千葉県では1時間ほど前に大きめの地震がありました。自然が励起状態ににあるというか活性化している印象です。で、本題。 ... » more

ゆっくり生きたい棋士という生き方
2018年の20冊目(5/19)。石田和雄『棋士という生き方』イースト新書(2018年)★★★NHKで見た将棋の名解説は忘れられない。著者の温かい人柄が滲み出た語りで、また、アマチュアの視聴者にわかりやく解説をする姿が印象的 ... » more
テーマ 将棋 人生

『菅ちゃん英語で道案内しよッ!』2 <『菅ちゃん英語で道案内しよッ!』2>図書館に借出し予約していた『菅ちゃん英語で道案内しよッ!』という本を、およそ半年待ってゲットしたのです。ぱらぱらとめくってみると、1ページに大きな活字で1〜2行だけという・・・おそろしく手抜 ... » more
テーマ 言語 アメリカ

【解説が余計だが、諸作品は面白い】「早稲田文学」2018年初夏号 表紙で帽子を冠っている某教授はもう早大をやめたのでしょうかw 本書を購入した理由はあくまで表紙に井伏、上林、春夫らの名を見たからで、妙な野次馬根性によってではありませんw アマゾンで購入。大東亜戦争時に上海で刊行されていた「大陸」な ... » more
テーマ 読書

往復書簡/湊かなえ 7月7日なので七夕が内容の短編小説。 七夕にも各地方によって言い伝えが違うらしい。今日は台風大雨の被害がこれ以上酷くならない様に願う。 ... » more
テーマ 衣食住 生活

さばとらさん 完成! や〜っと「さばとらさん」が完成しました前回からだいぶ経ち過ぎだろ〜どんだけのんびりしてんだよ!とかは言わないでくださいね〜前回の記事、「しろねこさん完成!」はコチラからhttp://non ... » more

『ツレと貂々、うつの先生に会いに行く』 『ツレと貂々、うつの先生に会いに行く』細川貂々・大野裕朝日文庫うつ病というのはやっかいな病気である。原因も様々、何が回復に効果があるかも個人差が大きいという。身の回りの人が罹っていそうだったら、注意してよく観察して対処を専門 ... » more
テーマ 健康 読書

今日は。 小説の執筆状況と『習わし』の歌謡詞(同音異義語の和歌、巨人戦)を下記のgooブログに書き込みましたので、アドレスをクリックしてご覧下さい。 gooブログhttp://blog.goo.ne.jp/tokuichit/ ... » more

☆★☆ 書籍入荷情報 ★☆★ 大和民族はユダヤ人だった、他 ・俳句A5カバー高橋睦郎(撰・文)/平15/ピエブックス・フィリピン歴史研究と植民地言説B6カバー帯レイナルド・C・イレート、ビセンテ・L・ラファエル、フロロ・C・キブイェン永野善子編・監訳/平16/めこん ... » more
テーマ 新入荷 古書 古本

【眠る狼】グレン・エリック・ハミルトン ★★★ 著者グレン・エリック・ハミルトンは2015年のデビュー作である本作でアメリカの3つのミステリ賞を受賞している・・というので読んでみた。正統派ミステリ&アクション/ハードボイルド小説といったところか。たいへん面白くまた人間ドラマも ... » more
テーマ 書評 眠る狼 グレン・エリック・ハミルトン

いつもコメントを下さる海さんのブログでも、だいぶ以前にご紹介があった本です。読みたい読みたいと思いつつはや二年が過ぎました。ようやく図書館で借りて読むことができたのです。貸し出し順を2年も待っていたのではありません。単なる予約忘れで ... » more
テーマ 音楽 書籍

第1485夜 【おはなを あげる】 【おはなをあげる】ポプラ社2016年4月発行ジョナルノ・ローソン作シドニー・スミス絵家までの帰り道、お父さんと一緒に歩く女の子。赤いパーカーを着て、フードをかぶっています。道端のあちこちで見つけた小さな花を摘 ... » more
テーマ シドニー・スミス 絵本 ジョナルノ・ローソン

『ビゴーを読む』2 <『ビゴーを読む』2>図書館で『ビゴーを読む』という絵本を、手にしたのです。表紙の副題に「明治レアリスム版画」とあるように・・・ビゴーに惹かれるのは、まさにその点だと思うのです♪【ビゴーを読む】清水勲 ... » more
テーマ 民俗学 アート

同時通訳者ロンブ・カトー(2) 16か国語を操る! 前回に続き,世界初の同時通訳者と言われるハンガリー出身のロンブ・カトーについてです。前回,彼女の名前の語順について間違った表記があったので訂正しました。日本と同じ姓・名の順のハンガリー式で,ロンブ・カトー。 ... » more
テーマ 人物 学習法

 

最終更新日: 2018/07/15 13:37

「書籍」ブログのユーザランキング

あああ 2 位.
あああ
雑記帳 13 位.
雑記帳
海cafe2 16 位.
海cafe2
TALKING MAN 20 位.
TALKING MAN
もこ日記 29 位.
もこ日記
日々佳良好 34 位.
日々佳良好
日記の部屋 37 位.
日記の部屋
なんかん 40 位.
なんかん
Ban'ya 43 位.
Ban'ya
道楽三昧 48 位.
道楽三昧

テーマのトップに戻る