誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    書籍

書籍

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
類似テーマ: 書籍  読書 お勧めの本 本・雑誌 本の紹介 書籍・雑誌 書籍紹介 書評 読書感想 読書感想文 読書記録 読書日記
子テーマ: 絵本 電子書籍 漫画 古本 雑誌 小説
テーマ「書籍」のブログを一覧表示!「書籍」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「書籍」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「書籍」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

『センサが一番わかる』 <『センサが一番わかる』>図書館で『センサが一番わかる』という本を、手にしたのです。ぱらぱらとめくると、画像を多用してセンサの仕組みを物理法則、科学法則に則って説明しています。元エンジニアとしての興味を惹く、なかなか優れた本だと ... » more
テーマ 科学 メディア

八朔の雪 みをつくし料理帖 〜高田 郁〜 小説のご紹介を・・・この小説は現在、NHKで土曜日の18時から黒木華主演で放映中でもあります。神田明神下御台所町の蕎麦屋「つる家」というお店がこの話の中心となります。このお店の料理人、澪は上方出身の女性です。この時代、女 ... » more
テーマ 書籍

朝起きが早くなる、子供の所為で起こされるし、田舎は朝が早かった。「おはよう・・」「多恵さん・・」「如何じゃ寝起きは・・」「あはっ・・、爽快ですよ・・」「あらら・・、聞いたかね恵子さん・・」「うふっ、私も添寝のお陰で爽快ですの・・ ... » more
テーマ エッセイ 小説

◆◆◆1年前。「貴様がイザク・イシュタールか。」静謐な空気の漂う図書館にて、神邪に声をかけてきたのは、すらりとした長身の男だった。この神聖な空間に引けを取らない存在感を纏った彼は、珍しく細いフレームの ... » more

e-x-m-sJackie
Jackie 「ジャッキーファーストレディ最後の使命」川崎市アートセンター・アルテリオ映像館、2017.06.08.thu.17:35の回。JFKの寝室ケネディとジャクリーンの封印された「性」クリストファー・アンダーソ ... » more
テーマ 音楽 映画

毎日3104「FLIX 2017年8月号」
「FLIX2017年8月号」2017年6月21日 11時03分今月のCOVER:大野 智FLIXNo.242 撮影:七海麻子『忍びの国』で主役の忍者・無門を演じた大野 智は、「無門って普段は怠け者で、イザとな ... » more
テーマ 忍びの国 大野智 雑誌

聖書レビ記、読了 医学的知識がなかったとしても、らい病に対する偏見、結婚に対する女性の理想化のおしつけ。週に1日休むというのはいいが。他の人間のために、畑の作物を全部取り入れるなというのは、いい話なのだろうか?エジプトから出られたのは主のおかげだ ... » more
テーマ

日本語とジャーナリズム (犀の教室) 武田 徹 ぼくはうなぎだ テーマが興味深く、期待していたのだが、文体、書き方、かきぶり、、、何が原因なんだか、なんだか文章として面白くなかった。なんだか漠然としているというのか漫然としているというのか、とりとめがないというのか、的が絞れていないという ... » more
テーマ 日本語とジャーナリズム (犀の教室) 読書 武田 徹

BICYCLE CLUB 08月号で見つけた逸品(?) BICYCLE CLUB 2017年 08月号を見ていて、ある商品に目を引かれてしまいました。それが、WOLF TOOTH/B-RAD。写真はリンク先のページの下の方にあるもの、またはBICYCLE CLUB 2017年 0 ... » more
テーマ 工具・用具 自転車 書籍

農家の嫁の日記戦う君に、花束を 117
「ああ。俺は別に構わないぞ」「……………!」その言葉に、それまで少し硬く強張っていたノゾム少年の表情に、ぱっと花が咲いたような笑顔が宿る。「じゃあ、決まりだな。行こうか」にこやかに言うシュバルツに、ドモンもノゾム ... » more
テーマ 二次創作 戦う君に、花束を 小説

だんだんひどくなる気がする。イージス艦の事故で、映画「バトルシップ」の放送中止。しまいには「類似の事故があったから、この事故は報道中止」とか言い始めるのか? ... » more
テーマ 漫画

大鎌殺人と収穫の秋:ハヤカワミステリ文庫、中年警部クルフティンガーシリーズ第2弾 南ドイツのド田舎、アルゴイのクルフティンガー警部再び!!あの恐妻家でそこつ者警部シリーズ第2作目の邦訳が、7月20日ハヤカワ・ミステリ文庫で出版されます。待ちに待った第2弾!フルネーム、アーダルベルト・イグナティウス・クルフ ... » more
テーマ 読書

『鳥のいる空』2 <『鳥のいる空』2>図書館で『鳥のいる空』という本を、手にしたのです。ぱらぱらとめくると、博物誌のように野鳥や草花の名前がでてくるわけで・・・ええでぇ♪【鳥のいる空】沢野ひとし著、集英社、2001年刊 ... » more
テーマ アート

『ぼくがいま、死について思うこと』4 <『ぼくがいま、死について思うこと』4>図書館に予約していた『ぼくがいま、死について思うこと』という本を、待つこと4日でゲットしたのです。この本は、先日読んだ『孫物語』でシーナが言及していたので、即、図書館に借出し予約していたもので ... » more
テーマ アート

TVガイド表紙:櫻井翔思わず笑顔がこぼれおちる! 櫻井翔さんが今年も番組を私物化?!http://www.tvguide.or.jp/column/coverstory/2017/0630_coverstory.html ... » more
テーマ 櫻井翔 雑誌

こころの文庫つれづれに
つれづれに いま宅配が届きました。表にお茶川柳コンテスト入賞とありました。開けてみるとお茶の詰め合わせでした。お茶好きな私には、最高の贈り物です。作品は道の駅「飯高駅」に展示されてあります。三重県です。ちょっ ... » more
テーマ マンガ 入賞 お茶

趣味の記録帳読書
読書 ■6月に読んだ本〇〇、【のぞきめ】348ページ、著者:三津田信三。前回、同じ著者の『黒面の狐』を読んで面白かったので、今回も期待して読んだ。「序章」「第一部 覗き屋敷の怪」「第二部 終い屋敷の怪」「終章」に組み立てられて ... » more
テーマ 読書

支配下デビューした昨年は、不甲斐ない年になってしまった。もし最後の試合で打たれてなかったら、先発ローテ入りも夢ではなかった。でも6月10日―この記念日も梶村さんは覚えてくれていた―、ようやく初先発の夢を叶えた。この日は、なぜか梶村さんと ... » more
テーマ 野球 小説

なんかん老獪・驕慢・狷介
老獪・驕慢・狷介 先日の読了ヒポクラテスの誓い(祥伝社)著者は、中山七里さん1961年岐阜県生まれ平成27年5月20日初版第一刷発行5〜336ページ初出 月刊 小説NON 連載2014年4月号〜11月号 ... » more

はらへったのブログ読書録2017の続き
読書録2017の続き http://harahetta.at.webry.info/201702/article_3.htmlの続きです。127冊有ったので、それまでの30冊と足して157冊。例年通りならずいぶんな読書量なのですが、今までの限界を超越した ... » more
テーマ 読書

『鳥のいる空』 <『鳥のいる空』>図書館で『鳥のいる空』という本を、手にしたのです。ぱらぱらとめくると、博物誌のように野鳥や草花の名前がでてくるわけで・・・ええでぇ♪【鳥のいる空】沢野ひとし著、集英社、2001年刊< ... » more
テーマ 動物 アート

佐伯泰英著『声なき蝉『空也十番勝負 青春篇(下)(2017年50冊目)薩摩から無事帰還した。 ... » more
テーマ

『ぼくがいま、死について思うこと』3 <『ぼくがいま、死について思うこと』3>図書館に予約していた『ぼくがいま、死について思うこと』という本を、待つこと4日でゲットしたのです。この本は、先日読んだ『孫物語』でシーナが言及していたので、即、図書館に借出し予約していたもので ... » more
テーマ アート

どこかのあべさんは日本の文化にぴったりということか。------------------------「切腹考」より 我と人の間に、線を引けない。人は人と、話したがらない。若い人が腰を屈めて、何かを憚るように、人と会話する。話 ... » more
テーマ

購入済みの個人作家の電子書籍を更新する方法 現在Amazon Kindleストア、楽天 Koboストア、BOOK☆WALKERの3箇所で自作の小説を販売している私ですが、つい先日、大掛かりな改訂作業を行いました。誤記の修正が主ですが、すでに購入済みの読者が改訂版を入手しようとする ... » more
テーマ 電子書籍 個人出版 セルフパブリッシング

換水録6588 ≪私の殺した男≫
6588 ≪私の殺した男≫ ≪私の殺した男≫角川文庫6968角川書店1987年初版高木彬光著高木彬光さんというと、名探偵、神津恭介シリーズを書いた人ですが、私は、読んだ事がありません。この本は、短編集で、家にあった本。家にある小説で、私が買 ... » more
テーマ 読書

ガスコーニュのつわものたち15-147 ... » more
テーマ 漫画

著者がどのような人物かは巻末の著者紹介を見てもよくわからないが、博識とある。日本史の中から、脈絡なく、面白い視点の話を書いている。本当かな?と思えるものから「なるほど」と思えるものまで種々雑多である。「なるほど」と思ったのは、俳人松 ... » more
テーマ 歴史

錯綜 キャサリン・コールター著 二見文庫:門外漢はお呼びでない? コールター作品のFBIシリーズ第14巻目である。実はこの作家の小説は初めてなので、シリーズの登場人物については何も知らずにとりあえず読んでみた。シリーズの中心人物はディロン・サビッチとレーシー・シャーロックのおしどり ... » more
テーマ 読書

 

最終更新日: 2017/06/23 05:19

「書籍」のブログ関連商品

» 「書籍」のブログレビュー をもっと探す

「書籍」ブログの人気商品

「書籍」ブログのユーザランキング

毎日3104 1 位.
毎日3104
あああ 4 位.
あああ
海cafe2 16 位.
海cafe2
TALKING MAN 22 位.
TALKING MAN
蟲毒の歌声 24 位.
蟲毒の歌声
音楽徒然草 27 位.
音楽徒然草
日記の部屋 34 位.
日記の部屋
むーごよみ 37 位.
むーごよみ
もこ日記 39 位.
もこ日記
The April Fools 42 位.
The April Fools
Ban'ya 50 位.
Ban'ya

テーマのトップに戻る