誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ハードボイルド

ハードボイルド

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ハードボイルド」のブログを一覧表示!「ハードボイルド」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ハードボイルド」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ハードボイルド」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

設計事務所24時第一夜−狼狽−
「あ、ここスパン変わったから」そう言われたのはもう既に大半の図面が出来上がった後だった。細かい食い違いなどのチェックをし、‘人様向け’に編集している時だ。ここで言う『スパン』とは柱同士の距離のことであ ... » more
テーマ 設計 設計事務所24時外伝 ハードボイルド  トラックバック(2)

設計事務所24時前夜−胎動−
枯れ葉舞う路地裏を一人の男が滑るように歩いていく。背中を丸めまるで何かから隠れるかのように襟を立て、足早に通りすぎる。路地裏を抜けるとそこには巨大な人波が無秩序に交錯していた。男はひとつ深呼吸をすると ... » more
テーマ 設計 設計事務所24時外伝 ハードボイルド  トラックバック(4)

隙間式本棚犯人に告ぐ
犯人に告ぐ(上・下)/雫井脩介/双葉文庫同じ作者の作品「火の粉」を読んでから手を出しました。これが面白かったので、「上下巻でも怖くない!」ってことで(笑)映画化されるので平積みバンバンされてて気にはなっていたんですが ... » more

隙間式本棚触発
触発/今野敏/中公文庫あらすじを見て買った作品。最近読む本読む本はずれがなくて楽しいんですが…これは違う意味でもニヤリとしました。(全く個人的な理由で)今野敏氏の小説はキャラ読みもできて楽しいんですが ... » more
テーマ 中央公論社 今野敏 ハードボイルド

隙間式本棚隠蔽捜査
隠蔽捜査/今野敏/新潮社文庫ジャンルとしては警察小説。主人公はバリバリキャリアのエリート。内容はさぞかしお堅いのかと思いきや。確かに主人公はお堅いんですが、その堅さが気持ちいい。エリートには相応の責任 ... » more

隙間式本棚交渉人
交渉人/五十嵐貴久/幻冬舎文庫書店に行って本を探す時。目当ての本だけ探す場合と、何かいいのないかな〜とふらふら探す場合とあると思います。最近、後者の場合でヒットが多いです。しかも、本から『読んで〜』って呼びか ... » more

藤原伊織 『名残り火 てのひらの闇U』 あの堀江雅之はもう帰ってこない。 2007年5月17日に逝去された藤原伊織氏の遺作である。2002年から2005年まで別冊文芸春秋に連載されたもので連載終了後、全38章中第8章までは著者が加筆、改稿作業を完了していた経緯のある遺稿だそうだ。氏の食道ガン発症を知ったのは2 ... » more

Show the ショウ傷痕の街
生島治郎のデビュー作である「傷痕の街」僕の世代だと、「片翼だけの天使」の作者というイメージ。あと週刊プレイボーイか平凡パンチかどちらで人生相談的な連載物を持っていたと記憶する。まぁ、生島治郎自体は僕の親の世代になるかと。それ ... » more

隙間式本棚それでも、警官は微笑う
それでも、警官は微笑(わら)う/日明恩(たちもりめぐみ)/講談社文庫ハードカバーで出た時に気になったんですが。値段高いし幅取るし、文庫になるまで待とうと思ってた本です。ちなみに新書でも出ましたが、千円したんで見送りま ... » more

隙間式本棚漂泊者
漂泊者(ながれもの)/風間一輝/角川文庫薦められて読んだ一冊。正直、まったく興味のない、読む気の起こらない本だった。でも、なんと「面白いから!」と、郵送して貸してくれたので(笑)でも読むまで時間かかりました(読む ... » more
テーマ 角川書店 風間一輝 ハードボイルド

レイモンド・チャンドラー  村上春樹訳 『ロング・グッドバイ』  ハードボイルドの原点を名訳 『TheLongGoodbye』。チャンドラーの傑作中の傑作、いや古今のミステリー史上十指に入ると言われる名作である。わたしが『長いお別れ』として清水俊二訳を初めて読んだのが二年前だった。そして世評どおりの印象を受けた。これを村上春樹が ... » more

レイモンド・チャンドラー、ロス・マクドナルド、ダシール・ハメット、ハドリー・チェイス、古くはヘミング・ウエイ などアメリカのハードボイルド小説は数え上げればキリがない。ところで日本では・・・若い頃、大薮春彦 の 「 野獣死すべし 」 ... » more

悟りに至る道「先生!」
「先生?!先生じゃないですか!!」浅黒く妙に歯だけが白い男、少し頭の剥げた男が嬉しそうにが呼びとめた。新栄の山本屋の暖簾からでた倉田は、お勘定を済ませれる京子を置いて、いつものように栄へに歩き出した。その背後から、呼び止める声がした ... » more

「ダーク」 闇の中を生き延びるということ ミロシリーズ一作目の「顔に降りかかる雨」その他の先行する作品を読んでいないせいか、俄かには納得しかねる展開もある。けれども、憎しみ、恋情、バイオレンスを、ここまで濃密にリアルにハードボイルドに書ける女の作家は珍しい。フィ ... » more

CINEMA@Review不夜城
不夜城出演: 金城武, 山本未来, 椎名桔平 監督: リー・チーガイ 新宿・歌舞伎町を舞台に中国系マフィアの抗争に巻き込まれる男と女の話金城武は日本語がうまいのか下手なのかよくわかりません山本未来の役はもとも ... » more

著者は古川日出男さんです。方々の書評で話題になっていて、知人にも勧められたので、興味が湧き読んでみました。20世紀の後半に起きたいくつもの戦争。その陰に、軍用犬として生きた犬達がいました。全ての物語は、犬からの視 ... » more

設計事務所24時収束
紫煙がゆっくりと立ち昇っていく。「ふぅ、やはり葉巻はハバナ産に限る。」もちろん"彼"は葉巻など吸わない。テレビ画面でマヌケ面したオヤジがそう言っていた。とっととガンになって死ねばいいのに。 ... » more
テーマ 設計 設計事務所24時外伝 ハードボイルド

設計事務所24時焦燥
・・・!・・・!・・・また電話がなっている。まったく、どいつもこいつも仕事熱心過ぎる。年内も年明けも大して変わらないだろうに。ヨシ、ここは一つガツンと言ってやらねばなるまい。"彼"は鷹揚な動作 ... » more
テーマ テツヤ 設計事務所24時外伝 ハードボイルド

設計事務所24時逃走
"彼"は愛車のフュラーリに乗り込むと、一気に加速させた。事務所の机に一日中しがみついているワケにもいかず、他のヤマの現場にも行かなくてはならない。捜査には『現場百回』という言葉があるが、全くそのとおりだと ... » more
テーマ 設計 設計事務所24時外伝 ハードボイルド

設計事務所24時起因
「なんてことだ・・・。」"彼"はそう一つ呟くと嘆息した。すべてはあの日、そう、アレは三日前、街中がクリスマスイヴに浮かれ、誰もが幸福感に包まれていた夜のコトだった・・・。。。。。。。。。・ ... » more
テーマ テツヤ 設計事務所24時外伝 ハードボイルド

ミス・ブランディッシの蘭 (ハドリー・チェイス著・井上 一夫訳) ミス・ブランディッシの蘭posted with amazlet on 06.02.19ハドリー・チェイス 井上 一夫 東京創元社 (2000/00)売り上げランキング: 652,162Amazon.co.jp で詳細を見る美貌の富豪令嬢 ... » more
テーマ ハードボイルド ハドリー・チェイス  コメント(3)

誰もが知っているあのセリフの真相 チャンドラー 『プレイバック』 「男はタフでなければ生きていけない。やさしくなければ生きていく資格がない」ハードボイルドを地でいくような、女にモテる男を象徴する名セリフです。カッコイイ!!!といつごろからか僕の脳細胞にインプットされていました。応用範囲が広い言葉だ ... » more

藤原伊織の最新作『シリウスの道』あの期待を肩すかしされた傑作 広告業界、異彩のサラリーマンが現場で大活躍するその展開に引き込まれて、電車を乗り過ごした。だが直後に藤原伊織のあのイメージからは期待がはずれた凡作と思った。そして一日たったところでこれは傑作だと気がついた。辰村祐介38歳独身、テ ... » more

藤原伊織『テロリストのパラソル』忘れがたいこの名作をいま再読する 空には轟音をたてて旋回するヘリコプター。屋上から降りそそぐ火焔ビン、投石。粉塵や地上からの催涙ガスと放水で周囲は白煙にけぶっていた。1969年東大安田講堂。会社に入ってようやく3年がたとうとする頃だった。「ここまでいっちまっ ... » more

「BOOK54:「血の収穫」★☆☆☆☆」についてハメットは今まで読んだことありませんでした。つい最近 「マルタの鷹」の方を読んでみました。muuminnの穴さんのこのコメントがあったのでやはり古臭いのかと心配していたのですが、60歳以上 ... » more
テーマ ダシール・ハメット 海外ミステリー ハードボイルド

ダシール・ハメット 『マルタの鷹』  文中にあるハメットの人生観が凝縮されるこの一節は見逃せない。 「少しも古さを感じさせないハードボイルドの古典」と賞賛するのにはそれだけの理由がある。数年前まで『マルタの鷹』を『鷲は舞い降りた』や『ナバロンの要塞』のような戦争冒険小説と思っていた程度に本格ハードボイルドには疎いものだったが、昨年 ... » more
テーマ ダシール・ハメット 海外ミステリー ハードボイルド  コメント(1)

「蚊トンボ」、「冒険」なんていい大人が読むには題名からして人を食った本だと誤解されかねない。さらに内容が超能力者ものなのだからばかばかしいと思い込まれる方も多いに違いない。とすれば題名のつけ方が間違っている。むしろいい歳をした大 ... » more

03/08/21 自己確立のプロセスが娼婦への道であった女 桐野夏生『グロテスク』 じっとりと湿ってすえた万年床の異臭、安手の脂粉に混じった体液と汚物に加え、病んだ精神の腐敗臭がページを繰るごとに強まってくる。グロテスク!日本人の描く哀しい女の生涯には伝統的に末路として春をひさぐ娼婦の物語が多い。自由が奪われた ... » more

ハードボイルド 今回ご紹介は、大沢在昌のハードボイルドシリーズ「新宿鮫」です。新宿署の刑事でキャリアの刑事が、同僚の死をきっかけに落ちた偶像となったが、刑事としての使命感を忘れず一匹狼として、やくざに「鮫」と恐れられる刑事としての活躍。恋人 ... » more

03/01/05 憎悪をエネルギーとして暴走する女の自己破壊 桐野夏生『ダーク』主人公のミロは14歳の時に死の床にある実母から、枕元にいて見取って欲しいと懇願されるのを拒絶し、中学の行事八ヶ岳合宿へ参加する。やくざ組織の調査員である父は合宿へ向かう不実の娘に背を向ける。細い山道の奥の合宿現場に ... » more

 

最終更新日: 2016/11/23 03:58

「ハードボイルド」のブログ関連商品

» 「ハードボイルド」のブログレビュー をもっと探す

「ハードボイルド」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る